超ワールドサッカー

アトレティコがリベンジ達成しドルトムントに今季初黒星を付ける! 初勝利の遠いアンリ監督率いるモナコのGS敗退が決定…《CL》2018.11.07 07:21 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節のアトレティコ・マドリーvsドルトムントが6日にワンダ・メトロポリターノで行われ、2-0でアトレティコが勝利した。▽10月24日に行われた前回対戦で0-4と惨敗したアトレティコは、直近に行われたリーガエスパニョーラ第11節で格下レガネスにまさかのドロー。この一戦では、前回対戦から先発4人を変更。ジエゴ・コスタ、コケ、レマル、ゴディンに代えてカリニッチ、コレア、ロドリゴ・エルナンデス、ホセ・ヒメネスを先発で起用した。

▽一方、グループステージで未だ無敗のドルトムントは、直近に行われたブンデスリーガ第10節のヴォルフスブルク戦も1-0で勝利するなど好調をキープ。そのドルトムントは、前回対戦から先発を4人変更。ゲッツェ、ラーセン、ディアロ、ザガドゥに代えてアルカセル、サンチョ、トプラク、アカンジを先発に起用。日本代表MF香川真司ばベンチ外となっている。

▽試合は立ち上がりから素早い攻守の切り替えを見せるアトレティコに対し、ドルトムントはしっかりとパスを繋ぎ、攻撃を組み立てる。すると11分、アトレティコはバイタルエリアのカリニッチが供給したワンタッチパスで抜け出したグリーズマンがボックス左からシュート。しかし、これはオフサイドの判定を取られる。

▽一進一退の展開が続く中、ホームチームが均衡を破る。33分、サウールのパスでボックス左までオーバーラップしたフィリペ・ルイスがダイレクトで折り返すと、コレアのスルーしたボールをボックス内に走り込んだサウールがシュート。アカンジが右足でブロックするも、ディフレクトしたボールはそのままゴールネットに突き刺さった。

▽先制点で完全に主導権を握ったアトレティコは、38分にトーマス、39分にフェリペ・ルイス、41分にサウールと立て続けにドルトムントゴールを脅かしたが追加点は奪えず、前半は1-0で終了した。

▽迎えた後半、アトレティコは前半終了間際に相手のシュートを頭でブロックしたホセ・ヒメネスに代えてCLデビュー戦となるモンテーロを投入。後半も素早い攻守の切り替えでカウンターを狙うアトレティコと、ポゼッションを高めて攻撃を組み立てようとするドルトムントの構図で攻防が繰り広げられた。

▽すると61分、先にチャンスを迎えたのはアトレティコ。中盤でボールを奪ったフアンフランが素早く前線にパスを送ると、ボックス右から侵入したコレアがゴールエリア右まで持ち込みシュートを放ったが、これは飛び出したGKビュルキが弾き出した。

▽対するドルトムントも65分に決定機。サンチョの早い縦パスをボックス付近で受けたアルカセルがボックス右まで持ち上がりクロス。これをゴール前に走り込んだ途中出場のラファエウ・ゲレイロが頭で合わせたが、ボールは枠の上に外れた。

▽膠着状態が続く中、80分にホームチームのカウンターが炸裂。自陣でボールを奪うと、左サイドでボールを受けたジェウソン・マルティンスが前線にスルーパスを供給。相手DFの裏に抜け出したトーマスが相手DF2人を引き付けてワンタッチで中央に送ると、これを受けたグリーズマンがボックス左から侵入し、左足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。終始ドルトムントを圧倒したアトレティコが、見事に前節のリベンジを達成した。

▽また、同日に行われたCLグループA第4節もう一試合のモナコvsクラブ・ブルージュは、0-4でクラブ・ブルージュが勝利した。試合が動いたのは12分、マタのパスで右サイド深くまで切り込んだリッツの折り返しをニアサイドに走り込んだウェズレイがスルーすると、ファーサイドでフリーのヴァナケンがワンタッチでゴールに流し込み、クラブ・ブルージュが先制した。

▽勢いづくクラブ・ブルージュは、14分にもボックス手前でボールを受けたヴァナケンがミドルシュートを放つと、ボックス内でブロックに入ったバレッカのハンドを誘い、PKを獲得。このPKをヴァナケンが真ん中に突き刺し、あっというまに追加点を奪った。

▽2失点を喫し、前掛りに攻撃を仕掛けるモナコに対し、クラブ・ブルージュのカウンターが炸裂。24分、自陣でボールを奪うとフォルメールのロングフィードを左サイドで拾ったウェズレイがドリブルでボックス左手前まで切り込み、コントロールショットでゴール右隅を打ち抜いた。

▽後半に入り猛攻を仕掛けたモナコだったが、クラブ・ブルージュ守備陣の堅い守りを崩し切れない。すると85分、クラブ・ブルージュは自陣からのロングフィードをレザエイがヘディングでつなぐと、このボールで相手DFの裏に抜け出したフォルメールがボックス右からシュートを流し込み、試合を決定づける4点目。

▽結局、試合はそのまま0-4で終了。またもアンリ監督の初勝利を逃したモナコは、グループステージ2節を残し、CL敗退が決まった。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、シメオネ監督と契約延長へ

▽アトレティコ・マドリーを指揮するディエゴ・シメオネ監督(48)の契約延長が近づいているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2011年からアトレティコの監督を務めているシメオネ監督。当初は1年半契約だったが、就任1年目にヨーロッパリーグ(EL)を優勝すると、翌シーズンにはコパ・デル・レイとUEFAスーパーカップの2冠を達成し、2013年3月に4年間の契約延長を勝ち取った。2013-14シーズンにはバルセロナとレアル・マドリーの2強だったリーガエスパニョーラを制するなど、世界有数の名指導者になっている。 ▽今回伝えられるところによると、夏から新契約締結に動いていたアトレティコはシメオネ監督に対し、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを上回る年俸を提示した模様。 ▽一方で、シメオネ監督側は、契約が残っている場合でも容易に退任ができる条項を盛り込むことを要求しているようだ。 2018.11.15 21:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、今夏PSVからアトレティコ加入のS・アリアスに未練か

▽ナポリが、アトレティコ・マドリーに所属するコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス(26)の獲得を諦めてはいないようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ナポリは今夏の移籍市場で元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョが退団し、その後釜として当時PSVに所属していたS・アリアスの獲得に動いていた。しかし、獲得寸前に迫るも、EU圏外枠の関係からアトレティコに付け入るスキを与えてしまい、同クラブにS・アリアスを奪われることに。最終的にナポリはリールからフランス人DFケヴィン・マルキュイ(27)を獲得してSB問題を解決したものの、今回伝えられるところによるとナポリは未だにS・アリアスに未練があるようだ。 ▽今夏アトレティコと5年契約を結んだS・アリアスは、開幕当初こそケガの影響もあり、定位置確保とはいかなかったものの、次第にフィットして今シーズンここまで公式戦7試合に出場。現在市場価格は2000万ユーロ(約25億円)と見られているようだ。 ▽これに対してナポリは、S・アリアス獲得のリベンジに動く可能性があるようだが、同メディアは今夏に加入したばかりで出場時間を延ばし続けている同選手を簡単に手放すことはないと見解を示している。 2018.11.15 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

3年連続サモラ賞獲得のオブラク、今冬退団も視野に? 不満を吐露か

▽アトレティコ・マドリーに所属するスロベニア代表GKヤン・オブラク(25)が今冬に退団する可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽オブラクは12日、『マルカ』の主催する2017—18シーズンのリーガエスパニョーラ授賞式に出席。昨シーズンもリーガ37試合22失点(失点率0.59)でリーグ最少の数字を記録した守護神は、3年連続となる『サモラ賞(リーガ最少失点率GK賞)』を獲得した。鉄壁のアトレティコを最後尾から支えているパフォーマンスが、改めて称賛を集めている。 ▽また、その授賞式で「今後もアトレティコに在籍するか」聞かれたオブラクは、「分からない。今はここにいる」と回答。実際、アトレティコがフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスら主力と次々長期契約を結ぶ中、オブラクは2016年に契約更新以降、新契約締結には至ってはおらず。『マルカ』によれば、チームが満足のいく条件を提示しないことに不満を抱いているという。 ▽オブラクはアトレティコとの契約を2021年まで残しており、契約解除金は1億ユーロ(約129億円)に設定されており、過去にゴールキーパーに対してそれ程の移籍金が支払われた例はない。しかし、昨夏にチェルシーがスペイン代表GKケパ・アリザバラガを獲得する際に8000万ユーロ(約103億円)を投じており、昨今の移籍市場では絶対的に安心とは言えないかもしれない。 2018.11.14 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド延長交渉も…今季契約満了のエレーラにアトレティコ&ビルバオが注視

▽アトレティコ・マドリーとアスレティック・ビルバオが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『AS』の情報を引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽今シーズン限りでユナイテッドとの契約が満了になるエレーラ。ユナイテッドがエレーラとの新契約締結交渉を行っていることを、マンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が先日に伝えていた。 ▽しかし、来年1月までに契約延長に至らなければ、他クラブがフリーでの獲得交渉を行うことが可能に。そうなった場合は、アトレティコと古巣ビルバオが交渉に動くという。 ▽2011年にサラゴサからビルバオに加入したエレーラは、公式戦通算128試合で11ゴール20アシストを記録。この活躍が認められ、2014年にユナイテッド移籍を果たした。加入後は、初年度からプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録しており、2016-17年シーズンにはファンが選ぶ年間最優秀選手賞にも選出された。今シーズンはここまでの公式戦8試合に出場している。 2018.11.13 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタが足を負傷…離脱期間は不明も代表ウィーク明けバルサ戦に不安

▽アトレティコ・マドリーは13日、スペイン代表FWジエゴ・コスタが練習中に足に打撲を負ったことを発表した。 ▽今回の代表ウィークでスペイン代表に招集されなかったジエゴ・コスタだが、クラブでのトレーニング中に足に強い打撲を負ったという。そして、今後は経過を観察しながらチームメートとは別メニューでの調整を行う予定だ。 ▽現時点で同選手の離脱期間は不明だが、代表ウィーク明けの24日に行われるリーガエスパニョーラ第13節のバルセロナ戦に向けて不安を残す。 2018.11.13 21:33 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース