アトレティコがリベンジ達成しドルトムントに今季初黒星を付ける! 初勝利の遠いアンリ監督率いるモナコのGS敗退が決定…《CL》2018.11.07 07:21 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節のアトレティコ・マドリーvsドルトムントが6日にワンダ・メトロポリターノで行われ、2-0でアトレティコが勝利した。▽10月24日に行われた前回対戦で0-4と惨敗したアトレティコは、直近に行われたリーガエスパニョーラ第11節で格下レガネスにまさかのドロー。この一戦では、前回対戦から先発4人を変更。ジエゴ・コスタ、コケ、レマル、ゴディンに代えてカリニッチ、コレア、ロドリゴ・エルナンデス、ホセ・ヒメネスを先発で起用した。

▽一方、グループステージで未だ無敗のドルトムントは、直近に行われたブンデスリーガ第10節のヴォルフスブルク戦も1-0で勝利するなど好調をキープ。そのドルトムントは、前回対戦から先発を4人変更。ゲッツェ、ラーセン、ディアロ、ザガドゥに代えてアルカセル、サンチョ、トプラク、アカンジを先発に起用。日本代表MF香川真司ばベンチ外となっている。

▽試合は立ち上がりから素早い攻守の切り替えを見せるアトレティコに対し、ドルトムントはしっかりとパスを繋ぎ、攻撃を組み立てる。すると11分、アトレティコはバイタルエリアのカリニッチが供給したワンタッチパスで抜け出したグリーズマンがボックス左からシュート。しかし、これはオフサイドの判定を取られる。

▽一進一退の展開が続く中、ホームチームが均衡を破る。33分、サウールのパスでボックス左までオーバーラップしたフィリペ・ルイスがダイレクトで折り返すと、コレアのスルーしたボールをボックス内に走り込んだサウールがシュート。アカンジが右足でブロックするも、ディフレクトしたボールはそのままゴールネットに突き刺さった。

▽先制点で完全に主導権を握ったアトレティコは、38分にトーマス、39分にフェリペ・ルイス、41分にサウールと立て続けにドルトムントゴールを脅かしたが追加点は奪えず、前半は1-0で終了した。

▽迎えた後半、アトレティコは前半終了間際に相手のシュートを頭でブロックしたホセ・ヒメネスに代えてCLデビュー戦となるモンテーロを投入。後半も素早い攻守の切り替えでカウンターを狙うアトレティコと、ポゼッションを高めて攻撃を組み立てようとするドルトムントの構図で攻防が繰り広げられた。

▽すると61分、先にチャンスを迎えたのはアトレティコ。中盤でボールを奪ったフアンフランが素早く前線にパスを送ると、ボックス右から侵入したコレアがゴールエリア右まで持ち込みシュートを放ったが、これは飛び出したGKビュルキが弾き出した。

▽対するドルトムントも65分に決定機。サンチョの早い縦パスをボックス付近で受けたアルカセルがボックス右まで持ち上がりクロス。これをゴール前に走り込んだ途中出場のラファエウ・ゲレイロが頭で合わせたが、ボールは枠の上に外れた。

▽膠着状態が続く中、80分にホームチームのカウンターが炸裂。自陣でボールを奪うと、左サイドでボールを受けたジェウソン・マルティンスが前線にスルーパスを供給。相手DFの裏に抜け出したトーマスが相手DF2人を引き付けてワンタッチで中央に送ると、これを受けたグリーズマンがボックス左から侵入し、左足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。終始ドルトムントを圧倒したアトレティコが、見事に前節のリベンジを達成した。

▽また、同日に行われたCLグループA第4節もう一試合のモナコvsクラブ・ブルージュは、0-4でクラブ・ブルージュが勝利した。試合が動いたのは12分、マタのパスで右サイド深くまで切り込んだリッツの折り返しをニアサイドに走り込んだウェズレイがスルーすると、ファーサイドでフリーのヴァナケンがワンタッチでゴールに流し込み、クラブ・ブルージュが先制した。

▽勢いづくクラブ・ブルージュは、14分にもボックス手前でボールを受けたヴァナケンがミドルシュートを放つと、ボックス内でブロックに入ったバレッカのハンドを誘い、PKを獲得。このPKをヴァナケンが真ん中に突き刺し、あっというまに追加点を奪った。

▽2失点を喫し、前掛りに攻撃を仕掛けるモナコに対し、クラブ・ブルージュのカウンターが炸裂。24分、自陣でボールを奪うとフォルメールのロングフィードを左サイドで拾ったウェズレイがドリブルでボックス左手前まで切り込み、コントロールショットでゴール右隅を打ち抜いた。

▽後半に入り猛攻を仕掛けたモナコだったが、クラブ・ブルージュ守備陣の堅い守りを崩し切れない。すると85分、クラブ・ブルージュは自陣からのロングフィードをレザエイがヘディングでつなぐと、このボールで相手DFの裏に抜け出したフォルメールがボックス右からシュートを流し込み、試合を決定づける4点目。

▽結局、試合はそのまま0-4で終了。またもアンリ監督の初勝利を逃したモナコは、グループステージ2節を残し、CL敗退が決まった。
コメント
関連ニュース
thumb

ゴディン退団濃厚のアトレティコ、マノラスに熱視線か

アトレティコ・マドリーが、ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』の情報をもとに『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 長年センターバックを務めてきたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)の契約が今シーズン限りとなっているアトレティコ。ウルグアイ代表DFは同クラブ退団で既に合意しているとも伝えられており、インテル移籍が近づいているようだ。 そして、アトレティコは後釜確保に動いており、マノラスに熱視線を送っているという。また、同選手の推定契約解除金は3600万ユーロ(約45億4000万円)であり、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスからの関心も伝えられている。 2014年にオリンピアコスからローマへ加入したマノラス。189cmという恵まれた体躯と鋭い読み、抜群の瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨し続け、今シーズンの公式戦29試合に出場している。 2019.03.23 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ラビオ争奪戦に参戦へ

アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の争奪戦に参戦するようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今シーズンのアトレティコは、既にチャンピオンズリーグ(CL)とコパ・デル・レイで敗退。リーガエスパニョーラでは第28節終了時点で2位に付けているが、首位バルセロナとの勝ち点差は「10」となっており、数字的には可能性を残しているが、逆転優勝は現実的なものではない。 そのため、アトレティコのスポーツディレクター(SD)を務めるアンドレア・ベルタ氏は既に視点を切り替え、来シーズンに向けて動き出している模様。中でも中盤のアップグレードを掲げており、ラビオに関心を寄せているようだ。 そのラビオは、契約延長オファーを固辞したことにより今シーズン限りでのPSG退団が極めて濃厚。フランス代表MFの動向は欧州中に見守られ、今夏の争奪戦勃発は必至とみられており、アトレティコの他にマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどプレミア勢からの関心も伝えられている。 また、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、アトレティコからは主力として活躍するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)とガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が流出する可能性があるという。ラビオの他にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(30)の獲得に動いていることも伝えられており、アトレティコは今夏にチームの立て直しを図ることとなるかもしれない。 2019.03.22 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

フランス発! リュカ・エルナンデス、バイエルンと5年契約締結!

フランス『RMC Sport』が、アトレティコのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)がバイエルンと個人間で5年間契約を結んだことを報じたようだ。 今冬の移籍市場でもバイエルン移籍が大きく報道されていたリュカ。ところがクラブからの説得もあったというリュカは残留を選択。移籍は持ち越しとなっていた。 それでもリュカのバイエルン移籍はほぼ決定的となっていた中で、この度スペインメディアから両者が個人間で5年間契約を結んだことが伝えられた。『フットボール・エスパーニャ』によると、フランス人ジャーナリストのモハメド・ブファフシ氏は、個人間契約を結んだものの、バイエルンが8000万ユーロ(約100億円)の契約解除金をまだ用意できていないと主張しているようだ。 アトレティコ出身のリュカは2015-16シーズンにトップチームデビュー。サイドバックとセンターバックをこなせるマルチプレイヤーで、昨年のロシア・ワールドカップでは全試合にフル出場し優勝に貢献。今夏のバイエルン移籍が内定している同胞のDFバンジャマン・パヴァールからも、歓迎のコメントが届いていた。 2019.03.22 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

タグリアフィコ、移籍金25億円に設定か バルセロナは獲得に難色

アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(26)の移籍金額が設定されたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 先月末に、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)との契約を2024年6月末まで延長したことを発表したバルセロナ。不動の左サイドバックの確保に成功し、契約解除金を5億ユーロ(約630億円)に設定したことで当面の不安も無くなった。 しかし、ジョルディ・アルバの年齢や例年の過密日程を踏まえて、バルセロナは今夏の移籍市場で左サイドバックの補強を標榜。そして、そのうちの候補の1人として挙げられているのがタグリアフィコだ。 母国のバンフィールド、インデペンディエンテでのプレーを経て昨年1月にアヤックスに加入したタグリアフィコは、左足のキック精度と攻撃性能に長けた左サイドバック。今シーズンもここまでの公式戦34試合で5ゴール5アシストを記録しており、アルゼンチン代表においても昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で同国の全4試合に出場し、その後の親善試合でも主将を務めている。 今回の報道によれば、タグリアフィコの移籍金が恐らく2000万ユーロ(約25億2000万円)に設定されたとのこと。しかし、バルセロナはあくまでジョルディ・アルバのバックアップとしての役割を求めており、この金額に難色を示しているようだ。とはいえ、アーセナルやアトレティコ・マドリーからの関心も以前に伝えられており、去就が見守られる選手の1人となっている。 2019.03.22 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

“股間パフォ”のC・ロナウドにUEFAが250万円の罰金処分! 出場停止は回避!

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが先日のアトレティコ・マドリー戦で行った“股間パフォーマンス”に対して2万ユーロ(約250万円)の罰金処分を科すことを決めた。『Sky Sport Italia』が伝えている。 C・ロナウドは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでアトレティコとホームで対戦し、圧巻のハットトリックを決めてチームを3-0の勝利に導いた。そして、ユベントスは2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。 劇的な逆転突破を決めた同選手は、興奮冷めやらぬ試合後、スタンドの前で両手で股間を囲うパフォーマンスを披露。自身の睾丸の大きさ=肝っ玉を強調していた。 この“股間パフォーマンス”に関しては1stレグで対戦相手のディエゴ・シメオネ監督が行ったパフォーマンスへのお返しとして話題になっていた。 その後、UEFAはこのパフォーマンスに関して不適切なジェスチャーの可能性があるとして公式な調査開始を発表し、同選手に処分を下すことを決定。そして、その処分内容は先日にシメオネ監督に科したものと同等の2万ユーロの罰金処分となった。 一部ではC・ロナウドが同パフォーマンスを行った場所がアトレティコファンの集まったアウェイスタンドの前であったことから、相手サポーターへの挑発行為の可能性を指摘し、出場停止などのより重い処分が科されるのではないかと伝えられていた。 しかし、今回の処分は罰金処分にとどまったため、C・ロナウドは4月10日に行われるアヤックスとの準々決勝1stレグにも出場可能だ。 2019.03.22 00:40 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース