超ワールドサッカー

今季1勝で18位に沈むエンポリ、イアキーニ氏を新監督に招へい2018.11.06 22:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エンポリは6日、ジュゼッペ・イアキーニ氏(54)の新監督就任を発表した。

▽昨季、途中就任のアウレリオ・アンドレアッツォーリ監督(65)の下でセリエBを制して1年でのセリエA復帰を果たしたエンポリ。しかし、今季はセリエA11試合を終えた時点で1勝3分け7敗と苦戦。降格圏の18位に沈んでいた。この成績不振を受けて5日にアンドレアッツォーリ監督を解任していた。

▽そして、後任監督として招へいされたのが、プロビンチャで豊富な監督経験を持つイアキーニ氏となった。

▽これまでサンプドリアやシエナ、パレルモ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任してきたイアキーニ氏は、昨年11月にクリスティアン・ブッキ前監督の後任として当時降格圏と1ポイント差の16位に低迷していたサッスオーロの新指揮官に1年半の契約で就任した。そして、崩壊しかけていたチームを見事に立て直して最終的に11位でフィニッシュさせた。

▽だが、昨シーズン終了後にクラブとの面談を行ったイアキーニ氏はその話し合いの中で契約解消という結論に達したようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

今季1勝で18位に沈むエンポリ、アンドレアッツォーリ監督を解任

▽エンポリは5日、アウレリオ・アンドレアッツォーリ監督(65)を解任したことを発表した。 ▽ローマでコーチや監督を長年務めていたアンドレアッツォーリ監督は、2017年12月にエンポリの指揮官に就任。就任後はリーグ戦23試合無敗でセリエBを制覇し、エンポリを1年でセリエA昇格に導いていた。 ▽しかし今季、11試合を終えたセリエAで1勝3分け7敗と苦戦。降格圏の18位に沈んでいた。前々節ユベントス戦(1-2で敗戦)では善戦していたが、直近のナポリ戦では1-5と大敗し、開幕以降勝利がない状況だった。 ▽なお、後任にはパレルモやサッスオーロで指揮を執っていたジュゼッペ・イアキーニ氏(54)が就任すると報じられている。 2018.11.06 03:29 Tue
twitterfacebook
thumb

メルテンスのトリプレッタなどでナポリが5発大勝!《セリエA》

▽ナポリは2日、セリエA第11節でエンポリとサン・パオロで対戦し、5-1で勝利した。 ▽公式戦5試合負けなしの3位ナポリが、9試合勝利の未勝利中のエンポリをホームに迎えた一戦。前節、ローマとの“デルビー・デル・ソーレ”を引き分けに終えたナポリは、その試合から先発を7人変更。GKカルネジスやメルテンス、ジエリンスキ、ログらが先発に名を連ねた。 ▽試合は地力に勝るナポリが立ち上がりから攻勢を強めると10分、中盤でボールを奪ったクリバリがドリブルでカウンターを仕掛けると、ラストパスに反応したインシーニェがボックス左から冷静にゴール右隅へシュートを流し込んだ。 ▽先制を許したエンポリの反撃は15分、ウチャンのパスをボックス左で受けたアントネッリがカプートとのパス交換でゴール左前に抜け出しシュート。これがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽一進一退が続く中、ナポリが再び試合を動かす。38分、中盤でボールを受けたメルテンスがドリブルで持ち上がると、ボックス左手前からミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、待望の追加点を奪った。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはエンポリだった。58分、クルニッチのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したカプートがボックス右からシュートをゴール左隅に流し込んだ。さらに62分にも、ディ・ロレンツォ右クロスをゴール前のウチャンが胸トラップからのボレーシュートで狙ったが、これは右サイドネットに外れた。 ▽1点差にされたナポリは、63分にファビアン・ルイスとログを下げてカジェホンとアランを投入する2枚替えを敢行。すると、直後の64分にカジェホンのパスをボックス右手前に走り込んだメルテンスのダイレクトシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げたナポリは、試合終了間際の90分にも途中出場のミリクがゴールネットを揺らすと、93分にはインシーニェのロングスルーパスに反応したメルテンスが、飛び出したGKをかわし無人のゴールにボールを流し込んだ。 ▽結局、試合はそのまま5-1で終了。メルテンスのトリプレッタなどで大勝のナポリが、インテルをかわし暫定2位に浮上している。 2018.11.03 06:48 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが会心のミドル弾含むドッピエッタ! ユベントスがエンポリに逆転勝利《セリエA》

▽ユベントスは27日、セリエA第10節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ジェノア戦を1-1と引き分け、開幕からの連勝が8で止まった首位ユベントス(勝ち点25)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦をディバラのゴールで制してCL3連勝とした中、ユナイテッド戦のスタメンから3選手を変更。クアドラード、カンセロ、直前に負傷したキエッリーニに代えてベルナルデスキ、デ・シリオ、ルガーニを起用した。 ▽18位エンポリ(勝ち点6)に対し、 3トップに右からベルナルデスキ、ディバラ、C・ロナウドと並べたユベントスは、6分にCKからアレックス・サンドロのヘディングシュートでオンターゲットを記録。 ▽10分にもピャニッチのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスがハーフコートゲームを展開するも、徐々にエンポリの反撃を許してしまう。 ▽そんな中、26分にFKからアレックス・サンドロが再びオンターゲットのヘディングシュートを放ったユベントスだったが、28分に失点する。右サイドからのクロスのルーズボールをボックス右のカプートに左足でゴール左へ蹴り込まれた。 ▽まさかの失点を喫したユベントスは、39分にC・ロナウドがアレックス・サンドロのクロスにヘディングで合わせるも、シュートはGKの守備範囲に飛んでしまい、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、ユベントスは開始3分にアレックス・サンドロがGKを強襲するシュートを浴びせると、直後にはボックス右のピャニッチのシュートがバーを直撃。 ▽すると、良い後半の入りを見せていたユベントスが52分にPKを獲得する。ベナセルがボックス内でボールをロストすると、カットしたディバラが倒された。このPKをC・ロナウドが決めてユベントスが試合を振り出しに戻した。 ▽C・ロナウドのリーグ戦3戦連発弾で追いついたユベントスが攻勢を続ける中、61分にベルナルデスキに代えてクアドラードを投入。 ▽すると70分、C・ロナウドが魅せる。ボックス手前右でボールを持ったC・ロナウドがゴール左上に弾丸シュートを突き刺した。C・ロナウドの会心ミドル弾で逆転したユベントスは、ボールを動かしてエンポリをいなしていく。 ▽最終盤、エンポリに押し込まれたユベントスだったが、追加タイム3分のベナセルの際どいシュートはわずかに外れて2-1で逃げ切り。リーグ戦での勝利を取り戻している。 2018.10.28 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

エンゾンジの移籍後初弾と相手のPK失敗でエンポリに辛勝のローマが公式戦4連勝《セリエA》

▽ローマは6日、セリエA第8節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節ラツィオとのダービーでは途中出場のペッレグリーニが躍動して3-1と勝利したローマは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のビクトリア・プルゼニ戦ではゼコがハットトリックの活躍を見せて5-0と大勝し、公式戦3連勝とした。V時回復しているチームは、プルゼニ戦のスタメンから5選手を変更。フロレンツィやコラロフ、クライファートらに代えてデ・ロッシやエル・シャーラウィ、マノラスらが先発に戻り、ルカ・ペッレグリーニがトップチームデビュー後初スタメンを飾った。 ▽開幕節以来勝利のないエンポリに対し、最前線にゼコ、2列目に右からジェンギズ、ペッレグリーニ、エル・シャーラウィと並べる[4-2-3-1]で臨んだローマは、4分にジェンギズのミドルシュートでGKを強襲した。 ▽その後は主導権争いが続いて互いにシュートに持ち込めない状況の中、24分にローマにチャンス。左サイドをペッレグリーニがドリブルで持ち上がって中へクロスを入れ、ルーズボールをジェンギズがシュート。しかし、枠の右に外れた。 ▽33分にカプートにディフェンスライン裏を突かれて枠内シュートを打たれるもGKオルセンが防いだローマは、36分に先制する。中央やや右の位置で得たFKからペッレグリーニのフィードをボックス中央のエンゾンジが頭でゴール左に流し込んだ。 ▽エンゾンジの移籍後初ゴールで先制したローマは、ハーフタイムにかけて主導権を握り、前半を1点リードして終えた。 ▽後半開始3分にジェンギズのミドルシュートで追加点に迫ったローマだったが、50分にベナセルの直接FKが右ポストを直撃するピンチを迎えると、55分にPKを献上する。CKのルーズボールがボックス内のジェンギズの手に当たってしまった。しかし、キッカーのカプートはシュートを大きく枠の上に外し、ローマは救われる。 ▽オープンな展開を強いられる中、70分にもピンチ。クルニッチのシュートをボックス内でカットしたカプートがシュート。しかし、枠の上に外れてまたも助かった。73分にもカプートにボックス右まで持ち運ばれて決定的なシュートを許したローマは、ジェンギズに代えてファン・ジェズスを投入し、5バックとして守備を固めにかかる。 ▽81分にもラ・グミナにも際どいシュートを打たれたローマだったが、85分に勝負を決定付ける。エル・シャーラウィのパスを受けたゼコがボックス右に侵入してシュートを流し込んだ。 ▽ゼコの公式戦2戦連続ゴールが生まれたローマが2-0でエンポリに辛勝。公式戦4連勝としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.07 05:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、格下に追いつかれリーグ3戦連続ドローに「高い代償を払った」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが、27日のエンポリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、3試合連続のドローに落胆した。<br><br>ミランは27日、セリエA第6節で昇格組のエンポリと敵地で対戦。10分にMFレオナルド・カペッツィのOGにより先制したが、71分、DFアレッシオ・ロマニョーリのミスからPKを献上して1-1のドローに持ち込まれた。これでミランはリーグ戦において、3試合連続の引き分けとなったほか、前節のアタランタ戦(2-2)に引き続き、終盤に追いつかれる展開に、指揮官は苦い思いを口にした。<br><br>「ミスは起こりうるものだが、高い代償を払うことになった。前を向いて行かなければならないが、最も後悔しているのは試合を決定づけることができなかったことだ。チャンスは何度も作っていたが、またしても運に恵まれなかった。フィニッシュの所を改善しなければならない。(ゴール前でミスを犯した)ロマニョーリに対して言うことは何もない。彼に何かを言うとしたら、何度も決定機を迎えた選手にも何か言うべきだからね」<br><br>「ミスを減らしていかなければならない。前半はピンチを2回迎えたが、そのあとはチャンスをほとんど与えていなかった。このプレーを続けていけば、結果も自ずとついてくるはずだ。後半は下がってプレーし、試合を少しコントロールしようとしていたが、PKでやられてしまった」<br><br>またガットゥーゾは、筋肉系のトラブルによりエンポリ戦を欠場したエースFWゴンサロ・イグアインの状態についても言及。「酷い状態ではなかった。次戦には間に合うことを願っている」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.28 22:50 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース