超ワールドサッカー

チームは「団結」、モウは「素晴らしい人間」…マティッチが反論2018.11.06 16:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチがジョゼ・モウリーニョ監督をフォローした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。▽ユナイテッドは現在、プレミアリーグ6勝2分け3敗の7位。首位のマンチェスター・シティとは9ポイント差と開幕3試合1勝2敗の最悪な出足が響いている格好だが、直近4試合は無敗(3勝1分け)と立ち直りの兆しを見せつつある。

▽だが、ユナイテッドに対しては、依然としてモウリーニョ監督とチームの間で軋轢が囁かれており、懐疑的な見方も少なくないが、マティッチがそうした報道を一蹴。さらに、矢面に立たされ続けるモウリーニョ監督を擁護した。

「僕らは団結している。勝とうが、負けようが、僕らはどんなときも一緒だ。メディアの報道は真実じゃない。僕らは懸命に努力している。この先もね。マンチェスター・ユナイテッドでは、プロフェッショナルであり続け、できるだけ早く今の状況から抜け出すことが義務付けられる。今はそれをまさにやっているところだよ」

「彼は素晴らしい人間だ。ピッチにいるときと、そうじゃないときの彼は別人さ。今の彼は勝利を求められ、凄いプレッシャーがかかっている。みんな、勝てなかったときの彼の反応を待っているんだ。彼は勝利を好み、敗れれば、僕ら選手により良いプレーを求める。そして、可能な限り勝利を取り戻せるよう解決策を見いだそうとする」

「彼はプレミアリーグにやってきて以来、リーグにあらゆる変化をもたらしてきた。彼がいるからこそ、プレミアリーグがより面白みのあるリーグになったんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド延長交渉も…今季契約満了のエレーラにアトレティコ&ビルバオが注視

▽アトレティコ・マドリーとアスレティック・ビルバオが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『AS』の情報を引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽今シーズン限りでユナイテッドとの契約が満了になるエレーラ。ユナイテッドがエレーラとの新契約締結交渉を行っていることを、マンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が先日に伝えていた。 ▽しかし、来年1月までに契約延長に至らなければ、他クラブがフリーでの獲得交渉を行うことが可能に。そうなった場合は、アトレティコと古巣ビルバオが交渉に動くという。 ▽2011年にサラゴサからビルバオに加入したエレーラは、公式戦通算128試合で11ゴール20アシストを記録。この活躍が認められ、2014年にユナイテッド移籍を果たした。加入後は、初年度からプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録しており、2016-17年シーズンにはファンが選ぶ年間最優秀選手賞にも選出された。今シーズンはここまでの公式戦8試合に出場している。 2018.11.13 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マジか! 2018年度のスウェーデン年間最優秀選手賞をリンデロフが初受賞!

▽スウェーデンサッカー協会(SvFF)は12日、2018年度のスウェーデン年間最優秀選手賞をマンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが初受賞したことを発表した。 ▽スウェーデン年間最優秀選手賞は、最多受賞記録(11回)を誇るマンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが2007年から10年連続で選出されるなど、同選手の独壇場となっていた。 ▽しかし、昨シーズンはイブラヒモビッチの長期離脱に伴い、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会出場に貢献したキャプテンのDFアンドレアス・グランクヴィストが初受賞していた。 ▽今年度の受賞候補に関してはグランクヴィストやRBライプツィヒのMFエミル・フォルスベリ、ローマのGKロビン・オルセンらの名前が挙がっていたが、リンデロフの初受賞という意外な結果となった。 ▽リンデロフの受賞に関して大会主催者は、「ビクトル・リンデロフは代表チームとマンチェスター・ユナイテッドでの努力の結果、今回ゴールデンボール(年間最優秀選手賞)を勝ち取った。彼はワールドカップ本大会や世界最高のリーグの1つでチャレンジを続けている」と説明した。 ▽また、リンデロフは授賞式の場で、「ありがとう、今日この場に立ててこの賞を受賞できたことに感謝を示したい。今は本当に誇り高い気持ちだよ。マンチェスター・ユナイテッドと代表のチームメートたちに感謝を示したい」と喜びを語った。 ▽今回のリンデロフの受賞に関しては国内でも賛否が大きく分かれるところだが、今季のユナイテッドでは安定したパフォーマンスを見せており、その批判を少しずつ払拭していきたいところだ。 2018.11.13 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

北アイルランド代表DFエバンス、直接対決を前にアイルランド代表MFへの悪戯を回想

▽レスター・シティに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エバンスが、バーンリーに所属するアイルランド代表MFロビー・ブレイディに仕掛けた悪戯を回想している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽北アイルランドは16日、国際親善試合アイルランド戦に臨む。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織時代の後輩であるブレイディとの対戦を前に、エバンスは同選手とのあるエピソードを回想している。 「僕は彼らと何年間に渡って沢山プレーしたし、昔から知っているんだ」 「マンチェスター空港までロビー・ブレイディと一緒にタクシーで行ったんだ。道中で彼を拾ったよ」 「そして、彼に料金を支払わせたよ」 「僕ら(北アイルランド代表とアイルランド代表)は選手として少し自分たちを少し誇示するけど、それは全て良いスピリットで行われるものになると思う。競争力のある試合になるだろうけど、それは正しい方法でだ」 2018.11.13 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

サバレタ、ユナイテッドの若手アタッカー陣に同情「それがモウリーニョの哲学だけど…」

▽ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタがマンチェスター・ユナイテッドの若手アタッカー陣に同情を示した。同選手がイギリス『スカイ・スポーツ』で語った。 ▽マンチェスター・シティのレジェンドの1人であるサバレタは、11日に行われたマンチェスター・ダービーを中継した『スカイ・スポーツ』の番組にゲスト出演。古巣シティの3-1の勝利に終わった試合後、試合の分析を求められた際、同試合で先発出場したFWアントニー・マルシャル、FWマーカス・ラッシュフォードの若手コンビに関して、あまりに多くの守備のタスクを負わされ、攻撃の場面で力を発揮し切れていないと指摘。ジョゼ・モウリーニョ監督の採用する戦術の問題で犠牲を強いられていると同情を示した。 「それがモウリーニョの哲学だと思っている。それはインテルやレアル・マドリーでも見てきたものだ」 「監督は自分の求めるプレーをさせるためプレーヤーたちを説得する必要がある。それはシンプルなことだ。その中で数人のプレーヤーはよりプレーを楽しめる状況となり、逆に数人のプレーヤーにとっては楽しみが少なくなる」 「マルシャルとラッシュフォードを見てもらえばわかるけど、彼らはいつも自分が攻撃するよりも相手のサイドバックを追いかけることを求められている。そして、彼らが一対一で仕掛けていくような状況はほとんどない」 「もし、自分が彼らの立場ならば、攻撃的なプレーやアタッキングサードでプレーできず、ほとんど相手のサイドバックを追いかけるのは厳しいと思うよ」 ▽また、サバレタはダービーでPKを決めてリーグ5試合連続ゴールを記録したものの、攻撃面で思うような活躍ができなかったマルシャルに関して、今年9月にマッチアップしたときのエピソードを明かした。 「もちろん、シティとの対戦では彼らがポゼッションを支配するためどんなチームでもそういう状況を強いられる。逆に、クオリティの劣るチームとの対戦では彼らの状況は変わってくると思うだろ。だけど、僕たちがユナイテッドと対戦したときも彼らのやり方はあまり変わらなかった」 「僕がオーバーラップを仕掛けていったとき、マルシャルは僕のことを追ってきた。それを繰り返しているうちに彼は“(凄く運動量があるけど)あなたはいったい何歳なの”と聞かれたよ。その言葉で自分があと10年はプレーできる感覚になったよ」 「彼は僕のことを若い気持ちにしてくれたけど、個人的に気の毒に感じたよ。彼はあの試合でずっと僕のことを追っかけていたからね」 2018.11.13 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに内紛! 精彩欠くも“アンタッチャブル”なマティッチ起用に多くの選手が不満

▽懸念のジョゼ・モウリーニョ監督3年目のマンチェスター・ユナイテッドで新たな内紛が生まれているようだ。イギリス『タイムズ』はセルビア代表MFネマニャ・マティッチの重用に関して、多くの選手たちから不満の声が上がっていると伝えた。 ▽11日に行われたマンチェスター・シティとの今季最初のダービーで屈辱的な1-3の惨敗を喫したユナイテッドは来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位トッテナムと勝ち点7差の8位に低迷。この成績不振によってロッカールーム内の雰囲気は最悪のようだ。 ▽『タイムズ』が伝えるところによれば、現在ユナイテッドのチーム内で大きな問題となっているのが、今季低調なパフォーマンスながらもケガとサスペンションで欠場した3試合を除きここまでの公式戦全試合で起用されるマティッチの起用法だという。 ▽チェルシー時代にモウリーニョ監督とリーグ優勝を経験したマティッチは昨夏、その指揮官の求めに応じてユナイテッドに加入。初年度は中盤のフィルター役として獅子奮迅の活躍を見せたが、今季はケガやロシア・ワールドカップ(W杯)参加の影響か攻守両面で精彩を欠く。シティとのダービーでもMFイルカイ・ギュンドアンのマークを簡単に外して3失点目に絡んだことが非難の的となっていた。 ▽それにも関わらず、マティッチが起用され続けていることに多くの選手たちは不満を示しているという。 ▽また、先日に同選手が、「僕らは団結している。勝とうが、負けようが、僕らはどんなときも一緒だ。メディアの報道は真実じゃない。モウリーニョは素晴らしい人間だ。彼はプレミアリーグにやってきて以来、リーグにあらゆる変化をもたらしてきた。彼がいるからこそ、プレミアリーグがより面白みのあるリーグになったんだ」と、選手とモウリーニョ監督の確執を否定し、同監督を称賛したことも影響しているようだ。 ▽現在、チーム内で“アンタッチャブル”な存在と揶揄されるマティッチとしては今後のパフォーマンス向上によって自身が主力に相応しいことを証明する必要があるのかもしれない。一方、モウリーニョ監督も今後のパフォーマンス次第で同選手を外すという決断も必要になってくるはずだ。 2018.11.13 16:06 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース