FFP抵触疑惑のPSG、UEFAの再調査に不服…CASに提訴2018.11.06 12:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、パリ・サンジェルマン(PSG)が動いたと報じた。▽ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の疑いが長らく取り巻くPSG。各クラブに健全経営を求める欧州サッカー連盟(UEFA)は9月、一時的に凍結状態にあった調査の再開決定を下した。だが、これにPSG側が反発。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に対して、UEFAの再調査決定を不服として、提訴したという。

▽PSGは昨夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約286億8000万円)でバルセロナからブラジル代表FWネイマールと、1億8000万ユーロ(約232億5000万円)の買取りオプション付きレンタルでモナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得。その動きを巡り、FFP抵触の疑いが指摘され、UEFAが調査に長らく乗り出していることが明らかになっている。

▽なお、PSGが有罪判決を受けた場合、一定期間にわたる補強禁止のほか、チャンピオンズリーグなど欧州大会への出場停止といった重い処分が科されることになる。
コメント
関連ニュース
thumb

ラビオ、今夏でのバルセロナ移籍はやはり既定路線…フランス紙報じる

パリ・サンジェルマン(PSG)MFアドリアン・ラビオは、やはり今夏にバルセロナに加入するのかもしれない。<br><br>今季限りで切れるPSGとの契約を延長することを拒み、チームから切り離されている状況のラビオ。フランス『パリジャン』は、同選手の関係者から、今夏にバルセロナでプレーする可能性が高いことを聞きつけたようだ。<br><br>曰く、ラビオはバルセロナと年俸額や移籍のボーナス額、自身の起用法などについて合意に達しているという。<br><br>なおラビオはPSGとの契約が切れるまで半年となった状況で、他クラブとの交渉が可能となった。バルセロナは同選手をMFイバン・ラキティッチの後継者に据える考えとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 23:48 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、下部組織出身のグエンドウジを注視か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、アーセナルに所属するU-20フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(19)を注視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 PSGでは、昨夏から守備的MFの獲得にプライオリティー置いていることが各紙によって報じられている。それに加え、契約延長を拒否したフランス代表MFアドリアン・ラビオが今夏にフリーで退団することが確実視されており、中盤の強化が急務になっている。 そのためPSGは、2022年までアーセナルと契約を残すグエンドウジに目を光らせているという。 PSG下部組織出身のグエンドウジは、2014年にロリアン下部組織へ加入。2016-17シーズンからトップチームに昇格し、2018年7月に推定移籍金700万ポンド(現在のレートで約10億円)でアーセナルへステップアップを果たした。今シーズンはプレミアリーグ23試合に出場するなど、将来が渇望されている逸材だ。 2019.02.16 16:37 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ氏がネイマールに求めるものとは?「彼の才能に疑いはないが…」

元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ氏は、ネイマールがブラジル代表のレジェンドと肩を並べるために代表での成功が必要だと話した。<br><br>2013年からプレーしたバルセロナで数々のタイトルを勝ち取ったネイマールは、2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユーロ(当時約290億円)でパリ・サンジェルマンに加入。以降、フランスの地で活躍を見せ、近い将来に世界最高の選手になるであろうと称賛される。<br><br>また、ブラジル代表のエースとしても活躍し、これまでに2016年オリンピックでの金メダルや2013年のコンフェデレーションズカップでの優勝を手にした。しかし、依然としてワールドカップやコパ・アメリカといったメジャートーナメントでは優勝できておらず、一部ではペレ氏らブラジルのレジェンドの功績にまだまだ及ばないとも考えられている。<br><br>そんな中、『DAZN』でネイマールについて問われたモウリーニョ氏は、同選手がクラブレベルでは世界最高のタレントを有していると認めるものの、セレソンでの実績を見ればロナウド氏やリバウド氏らからは後れを取っていると話した。<br><br>「ネイマールはファンタスティックなタレントで、彼の才能に疑いを持つ者はいないだろう。ヨーロッパにやって来て、すぐに多くを手にした。しかし、ロナウドやリバウドといった世界最高だった選手たちの存在を忘れている人たちがいると私は考えている。彼らもヨーロッパに来てファンタスティックなプレーを見せ、さらに代表の舞台でも栄光を勝ち取った」<br><br>「ネイマールはこれからもヨーロッパの最高峰の舞台で戦い続けるべきであり、ブラジルとともに勝利を掴むことをこれからも目指さなくてはならない」<br><br>今夏にブラジルで開催されるコパ・アメリカ2019で、母国からネイマールに寄せられる期待は計り知れない。モウリーニョ氏が考えるようにブラジルのレジェンドたちと肩を並べるために、この大会で実績を積むことができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.16 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ラビオ争奪戦から撤退か ポールポジションは?

バイエルンが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得レースから撤退するようだ。スペイン『マルカ』がドイツ『ビルト』の情報を引用して伝えている。 PSGとの現行契約が今シーズン限りまでとなっているラビオ。クラブとの新契約を拒否したことで、今夏フリーで新天地を求めることが確実視されている。 そのため、現在は複数のクラブがラビオの獲得に動いており、熾烈な争奪戦を繰り広げている。しかし今回伝えられるところによれば、バイエルンが獲得レースから撤退。この結果、ポールポジションにバルセロナとユベントスが立ったようだ。 他にもマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リバプール、トッテナムが獲得に動いていると報じられているが、どのクラブが獲得にこぎ着けるか注目が集まる。 2019.02.15 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

“反撃のシャウト”ディ・マリアに処分か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに対して、挑発行為による処分の可能性が浮上した。フランス『レキップ』が報じた。 PSGは12日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦を2-0で勝利。2014-15シーズンのわずか1年でユナイテッドを去ったディ・マリアが古巣相手に2アシストの輝きを解き放ち、PSGはベスト8進出へ前進した。 だが、この試合を通して古巣サポーターから厳しいブーイングを浴び続けたディ・マリアは、53分に右CKから先制点をお膳立てすると、気持ちが高ぶり、古巣サポーターに“反撃のシャウト”。この際、Fワードなど汚い言葉を発したという。 これが欧州サッカー連盟(UEFA)の調査対象に。観客挑発の規則違反が認められてしまった場合、ディ・マリアは少なくとも1試合の出場停止処分を科される恐れがある模様だ。 なお、ユナイテッドとのリターンレグは3月6日に開催。今度はPSGがホームにユナイテッドを迎え撃つ。 2019.02.15 09:05 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース