イブラ「プレミアリーグは過大評価だが…」2018.11.06 09:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが「プレミアリーグは過大評価されているリーグだが…」と持論を展開した。▽イブラヒモビッチは当時35歳だった2016年夏、マンチェスター・ユナイテッドに加入。移籍初年度の終盤に負った重傷でコンディションを落としたが、ヨーロッパリーグとEFLカップのタイトル獲得に貢献した後、今年から活躍の場をアメリカに移した。

▽イギリス『FourFourTwo』のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、そのユナイテッド時代を振り返り、プレミアリーグに抱いた率直な感想を包み隠さず話した。

「俺には長いキャリアがある。色々な国に行き、様々なクラブでプレーした。だが、人々はこう言った。『お前がイングランドに行く必要はない。あそこでヘマをすれば、実力不足だと批判されるぞ』ってね。誰もがそうやって俺の決断を反対した。だが、どうしてそう決めつける? 俺のモチベーションになったね。しかも、俺のアドレナリンをかき立てた」

「俺はプレミアリーグが好きだった。すごくモチベーションが高く、すごく刺激的だった。しかも、注目度もある。クオリティは少し過大評価されている部分があるけどね。特に、個々の質や技術で。でも、あの場所では最高の選手だったとしても、特有のリズムとスピードに適応できなければ、成功はない」

「俺は、ユナイテッドでプレーできたことを誇りに思っていて、すごく幸せだよ。正しい移籍だった。俺はケガをするまでにやれることをやり、優勝した。素晴らしい時間を過ごさせてもらった。今では素晴らしい思い出だ。俺は永遠にユナイテッドに寄り添う。俺のキャリアを通じても、すごく大切な瞬間の1つだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

超大特価! バルサ、コウチーニョ移籍金の大幅値下げを考慮

バルセロナが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の移籍金を大幅に値下げする意向があるようだ。『GOAL』が報じている。 昨年1月にリバプールからクラブ史上最高額の移籍金で迎えられたコウチーニョ。昨季はリーグ戦18試合で8ゴール5アシストと、すぐに順応したかに思われたが、今季はこれまでの実力を発揮することが出来ず、カンプ・ノウではファンからブーイングが起こることも珍しくない。今季ここまでの成績はリーグ戦26試合で4ゴール2アシスト。そのうち先発出場は16試合で、今年に入ってからフル出場した試合はない。 エルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取れていない今、バルセロナはコウチーニョの放出はやぶさかでない様子だ。伝えられるところによると、クラブは同選手の移籍金を8000万ユーロ(約100億円)に設定。獲得した際の基本的な移籍金が1億2000万ユーロ(約150億円)だったことを考えると、大幅な値下げだ。なお、この移籍金は出来高次第で1億6000万ユーロ(約200億円)まで上昇する可能性もあり、そうなった場合、バルセロナは半額の値段でコウチーニョの退団を認めることになる。 そんなコウチーニョに関心を寄せるクラブは多く、今のところ最も可能性が高いとされているのがマンチェスター・ユナイテッドだが、『GOAL』はこの移籍は実現しないと踏んでいる。一方で、同メディアが最も自然な移籍と主張するのがパリ・サンジェルマン(PSG)だ。イギリスの生活への適応に苦労したと言われるコウチーニョがイングランドに戻ることは考えにくいようで、フランス王者にFWネイマールをはじめ、DFチアゴ・シウバやDFマルキーニョスなど、多くのブラジル人選手が在籍していることは、コウチーニョにとって心強いことだと説明している。 また、ユベントスやバイエルンなどは移籍金を用意することが難しいと推測しているが、PSGからのアプローチは今のところないようだ。 2019.03.21 22:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがCLバルサ戦のアウェイチケット代の一部を肩代わり?

マンチェスター・ユナイテッドとバルセロナの間で、チャンピオンズリーグ(CL)のチケット代を巡って小さな問題が生じている。 両チームはCL準々決勝で激突する。4月10日のファーストレグはユナイテッドのホームで、16日のセカンドレグはバルセロナのホームで行われるのだが、それぞれの試合のアウェイチケットが高額化しているようなのだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、バルセロナがカンプ・ノウで行われるセカンドレグのユナイテッドサポーターに向けたアウェイチケットの価格を102ポンドに(約1万4800円)に設定したことを受け、ユナイテッドもオールド・トラフォードのアウェイチケット代を同じ102ポンドに設定したとのこと。 「難しい決断」だったと説明するユナイテッドは、102ポンドに設定した理由については、アウェイへの応援に向かう各サポーターに27ポンドの補助金を支払うためとしている。普段より高額に設定したチケットの余分な売り上げをサポーターに無償で割り当てるという。 ユナイテッドは、今季CLのグループステージのバレンシア戦や、昨季の同大会ラウンド16のセビージャ戦でも同じように補助金をサポーターに寄付していた。 2019.03.21 15:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに満足感も…ポグバ「マドリーでのプレーは誰にとっても夢」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、レアル・マドリーについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マドリーは今月、今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったことで、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任。後任として前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成した同クラブのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン監督(46)が約9カ月ぶりに復帰した。 フランス代表として22日のユーロ2020予選グループH第1節のモルドバ代表戦を戦うポグバは、そのマドリーについて問われ、憧れを隠さず。ユナイテッドでの満足感を示しながらも、マドリーでのプレーが「夢」であることを明かした。 「常に言ってきたように、マドリーでプレーすることは誰にとっても夢だよ。世界最大クラブの一つだからね」 「監督にはジダンもいる。それはフットボールが好きな人間からすれば全員が夢見ることだ」 「今、僕はユナイテッドにいる。将来どんなことが待ち受けているかはわからないが、ユナイテッドにいて、幸せだよ」 2019.03.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSVのメキシコ代表FWロサーノ獲得に動く! 正指揮官就任間近のスールシャールが熱望

マンチェスター・ユナイテッドが、PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に強い関心を示しているようだ。イタリア『CalcioNapoli24』が伝えている。 2017年夏にパチューカからPSVに加入して以降、オランダの地で躍動を続ける逸材アタッカーは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)、今季のチャンピオンズリーグ(CL)といった大舞台でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を遺憾なく発揮。ヨーロッパの4大リーグのビッグクラブから関心を集めている。 そのロサーノに関してはナポリが強い関心を示していると言われているが、同クラブの地元メディア『CalcioNapoli24』はユナイテッド行きの可能性を伝えている。 同メディアによると、ユナイテッドの正指揮官就任が間近と言われているオーレ・グンナー・スールシャール監督が、クラブに対してロサーノの獲得を強く希望しているという。 そして、ユナイテッドがPSVの望む4000万ユーロ(約50億5000万円)の支払いに同意した場合、マンチェスター行きの可能性が非常に高くなると主張している。 2019.03.21 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ヘアとクルトワの大型トレードはなしか

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)のトレードが行われる可能性はなくなったようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 以前からマドリーが関心を寄せているデ・ヘア。同選手自身もマドリー移籍のためにユナイテッドからの契約延長の打診を断り続けているのではないかと推測されており、果てはデ・ヘアとクルトワのトレードが今夏に成立するという報道まで出ていた。 しかし、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー残留を希望しており、退団するとしてもパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍しか考えていないようだ。 11日にジダン監督の復帰が発表されたマドリーでは、初陣となった16日のリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦は、クルトワではなくGKケイロル・ナバスがゴールマウスを守った。だが、ジダン監督によると、それがナバスが正GKであることを意味するものではないという。 だが、クルトワがナバスとの守護神争いに敗れることになれば、移籍の可能性は一気に高まることになるだろう。 2019.03.20 22:10 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース