超ワールドサッカー

マインツ、U-21スペイン代表DFアーロンを買い取り2023年まで契約延長2018.11.06 02:32 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツは5日、U-21スペイン代表DFアーロン・マルティン(21)をエスパニョールから完全移籍で買い取り、2023年6月30日まで契約したことを発表した。

▽今夏、エスパニョールから加入した左サイドバックのアーロンは、今季ここまでブンデスリーガで9試合、DFBポカールに1試合先発し、レギュラーとして活躍している。契約条項により、公式戦10試合に出場すると完全移籍に切り替わるとのことで、エスパニョールには600万ユーロ(約7億7000万円)が支払われるという。なお、今後アーロンの出場試合数が増えると、最大で1200万ユーロまで移籍金が増額するとのことだ。

▽エスパニョールの下部組織出身であるアーロンは、U-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた。2016年10月にエスパニョールでトップチームデビューを飾り、昨季はリーガエスパニョーラ32試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

元オーストリア代表MFイヴァンシッツが35歳で現役引退! 多くの国を渡り歩いた天才MF

▽元オーストリア代表MFアンドレアス・イヴァンシッツ(35)が現役引退を発表した。同選手が5日に自身のSNSで明かした。 ▽母国のレジェンド、“アンドレアス・ヘルツォークの再来”と評された天才型の攻撃的MFは19年のキャリアに幕を閉じることに際して以下のようなコメントを残している。 「今日、19年を過ごしてきたプロキャリアを終える決断をした。このスポーツは僕に多くのものを与えてくれた」 「勝利、敗北、情熱、興奮、異なる国の異なるチームに加入すること。だけど、素晴らしいことはいつか終わりを迎えるものなんだ。家族やクラブ、監督やスタッフ、チームメート、そのすべてに大きな感謝を示したい」 「そして、僕のキャリアを通じて常にサポートしてくれたすべてのファンに感謝したい。あなた方はいつでも自分がホームにいることを感じさせてくれたんだ。そのことは生涯忘れない。本当に素晴らしい旅立った。みんな、ありがとう!」 ▽母国の名門、ラピド・ウィーンでプロキャリアをスタートしたイヴァンシッツは、その後パナシナイコスやマインツ、レバンテで活躍。その後、メジャーリーグサッカーのシアトル・サウンダーズでのプレーを経て2017年からはビクトリア・プルゼニでプレー。だが、昨季限りで同クラブとの契約が終了した後はフリーの状態が続いていた。 ▽また、高精度の左足を生かしたプレースキックを売りとする攻撃的MFは、オーストリア代表として通算69試合に出場して12ゴールを記録。母国オーストリアとポーランドの共催となったユーロ2008本大会でもプレーしていた。 2018.11.07 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、マインツに7試合ぶり白星献上で6位後退《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは4日、ブンデスリーガ第10節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は56分までプレーしている。 ▽前節レバークーゼン戦を6発粉砕された4位ブレーメン(勝ち点17)は、今季2ゴール目を決めた大迫が引き続き先発となり、[4-4-2]の右MFでスタートした。 ▽6試合勝利のない13位マインツ(勝ち点9)に対し、ポゼッションを許す立ち上がりとなると、10分にピンチ。左クロスに反応したマテタにバー直撃のシュートを打たれてひやりとさせられる。続く16分にもサイド攻撃で揺さぶられ、ボックス右からカンディのシュートでGKを強襲された。 ▽そして25分、マインツに先制を許す。右クロスをモイサンデルがクリアできずボックス中央のマテタに受けられると、シュートを決められた。 ▽33分にもベルのシュートでGKを強襲されたブレーメンは、44分に大迫が右クロスにヘディングで合わせるもシュートは枠を捉えられず、低調な前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半から大迫を2トップの一角に据えたブレーメンが攻勢に出るも、51分に追加点を奪われる。ボックス手前右からグバミンの放った左足ミドルがゴール右に突き刺さった。 ▽2点を追う展開となったブレーメンは大迫に代えてピサーロとM・エッゲシュタインの弟であるヨハネスの両アタッカーを投入。 ▽なかなか反撃の機会を窺えずにいたブレーメンだったが、78分に1点差に詰め寄る。右サイドをJ・エッゲシュタインが深くえぐってクロスを送ると、ピサーロが合わせた。 ▽途中から入った2選手でゴールを奪ったブレーメンだったが、反撃はここまで。ブレーメンは2連敗となり、6位に後退している。 2018.11.05 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴレツカ&チアゴ弾のバイエルンがマインツに競り勝って公式戦3連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは27日、ブンデスリーガ第9節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽前節ヴォルフスブルク戦ではロッベンが退場しながらもレヴァンドフスキの2発でリーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした4位バイエルン(勝ち点16)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のAEKアテネ戦をレヴァンドフスキの2戦連発弾などで2-0と勝利して公式戦連勝とした。コバチ監督の解任報道が落ち着いてきた中、AEKアテネ戦のスタメンから4選手を変更。ハメス・ロドリゲス、ラフィーニャ、出場停止のロッベン、直前に負傷したフンメルスに代えてミュラー、ゴレツカ、アラバ、J・ボアテングを起用した。 ▽12位マインツ(勝ち点9)に対し、3トップに右からミュラー、レヴァンドフスキ、ニャブリと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは、ボールを持つ展開となったものの、相手の守備網を攻略するような仕掛けは見せられない。 ▽攻めあぐねていたバイエルンは、27分にようやく決定機を演出する。レヴァンドフスキの落としからボックス右のキミッヒが強烈なシュートを放つと、ボールはバーに直撃した。 ▽続く31分、ボックス左でルーズボールを拾ったニャブリの折り返しをチアゴが左足ボレーで蹴り込んだが、VARの末にレヴァンドフスキの相手DFに対するファウルを取られてノーゴールに。 ▽それでも39分、バイエルンが順当に先制する。キミッヒの右サイドからのクロスをゴレツカが右足ボレーで綺麗に合わせてゴール左に流し込んだ。 ▽しかし後半開始3分、試合を振り出しに戻される。スローインの流れから右サイドのブロジンスキのクロスをボエティウスにボレーで蹴り込まれた。 ▽50分に右足首を痛めたゴレツカがプレー続行不可能となってレナト・サンチェスを投入したバイエルンは、57分にニャブリに代えてリベリを投入。 ▽すると62分、ショートカウンターに転じたバイエルンは右サイドからのレヴァンドフスキのクロスをチアゴがスライディングシュートで流し込んで勝ち越した。 ▽終盤にかけてもゴールに迫ったバイエルンは、78分にハビ・マルティネスのミドルシュートが左ポストを直撃。続く79分にはロングカウンターからジューレがボックス内まで持ち上がってシュートを放つなど、マインツに反撃を許さずに2-1で勝利。公式戦3連勝としている。 2018.10.28 00:54 Sun
twitterfacebook
thumb

フル出場の久保が見せ場を作るもニュルンベルク、マインツに1-1ドロー《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは1日、ブンデスリーガ第2節でマインツをホームに迎え、1-1で引き分けた。ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽開幕節のヘルタ・ベルリン戦で早速フル出場デビューを飾ったニュルンベルクの久保は、引き続き[4-1-4-1]の左サイドで先発となった。 ▽試合は開始6分、CKの流れからマルグリッターがヘディングシュートを浴びせてニュルンベルクがまずはゴールに迫る。対するマインツも8分、CKからマテタのヘディングシュートでニュルンベルクのゴールを脅かした。 ▽一進一退の攻防で立ち上がる中、ニュルンベルクは15分にリーボルドがミドルシュートを放ったが、惜しくも枠の右に外れる。すると25分、マインツに先制を許す。左クロスをマテタにヘッドで決められた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半開始3分、ニュルンベルクは右CKのサインプレーからボックス中央でフリーとなったイシャクがゴール右に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。 ▽57分にも左クロスからイシャクがボレーシュートを浴びせたニュルンベルクが攻勢に出ると、63分には久保がペナルティアーク中央から右足トゥキックで狙うが、枠の右を捉えたシュートはGKにセーブされる。 ▽その後もミドルシュートで圧力をかけたニュルンベルクは76分、久保がボックス右でうまくDFを交わしてラストパスを送り、ローヴェンがシュートに持ち込むも、ここもGKにセーブされた。 ▽終盤の88分にはボックス右でDFを交わした久保が左足でシュートを放つも枠の右に外れ、1-1のままタイムアップ。ニュルンベルクは勝ち点1を得るにとどまった。 2018.09.02 00:49 Sun
twitterfacebook
thumb

エイバル、武藤元同僚MFパブロ・デ・ブラシスを獲得

▽エイバルは30日、アルゼンチン人MFパブロ・デ・ブラシス(30)をマインツから獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの2年間となる。 ▽デ・ブラシスは29日にメディカルチェックを通過。エイバルは、ウィングを主戦場とするこの身長165cmの小兵を、ボールコントロールにと献身性に優れていると評し、獲得を喜んでいる。 ▽デ・ブラシスは、2014年8月にギリシャのアステラス・トリポリスからマインツに入団。昨シーズンは、公式戦28試合に出場し5ゴール4アシストの成績を収めていた。 2018.08.30 21:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース