超ワールドサッカー

バイエルンが異例の声明、ミュラー妻はインスタの件で監督に謝罪…さらに夫の写真を全て削除2018.11.05 23:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ドイツ代表MFトーマス・ミュラーの妻であるリサさんは、バイエルン率いるニコ・コバチ監督を皮肉るインスタグラムへの投稿に関して本人に謝罪した。それだけではなく、さらに思い切った行動にも出ている。

3日に行われたブンデスリーガ第10節・フライブルク戦(1-1)でもベンチスタートとなったミュラー。71分から途中出場すると、リサさんは自身のインスタグラムで「彼(コバチ)がひらめくまで70分もかかった」とつづり、夫の扱いへの不満を覗かせていた。

ミュラーは試合後、こうした妻の振る舞いに「彼女は感情にあふれていたんだろう。考え直せば、やるべきだったとは思わないが、彼女は僕のことがただ大好きなんだろう」と苦笑しながらフォロー。またコバチ監督は「何も言うことはない。トーマスが彼自身でやったことではないしね」と、気に留めていない様子を示していた。

リサさんが該当コメントを、すぐさま自身のインスタグラムのストーリーから削除。クラブが翌日に出した異例の声明によると、彼女は試合後にコバチ監督に直接謝罪して、それを同監督が受け入れたという。しかし、リサさんはそれだけにとどまらず、インスタグラムのコメント機能を停止して、夫との写真をすべて削除するという行動にも出た。また、夫のインスタグラムのフォロワーリストからも姿を消している。

コバチ新体制の下で好調なスタートを切っていたバイエルンだが、フライブルクとのドローでホームではここ4試合勝ちなし(3分け1敗)と失速。今回の騒ぎで周囲からは「選手たちが家で監督についてどう話しているのかがうかがえる」などと指摘され、不協和音がチーム内外から生まれ始めていることは、もはや否定できなくなりつつある。

提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース