超ワールドサッカー

2戦連続決勝弾のミランDFが歓喜「素晴らしい時間。ミランに控え選手はいない」2018.11.05 19:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ミランのDFアレッシオ・ロマニョーリは4日、リーグ戦2戦連続で劇的な決勝弾を挙げ、勝利を喜んだ。イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで語った。

4位のミランは4日、セリエA第11節において敵地でウディネーゼと対戦。なかなかゴールを奪えず、スコアレスドローのまま後半アディショナルタイムに突入したが、試合終了間際に主将のロマニョーリが2試合連続となる決勝弾を挙げて1-0での劇的な勝利に導いた。ロマニョーリは自身が決定的な役割を担ったことを喜ぶ一方、チームの連帯感を誇った。

「僕がチャンピオンズリーグ(出場権獲得)のキーマンに? まだ早い。このペースで続けていきたい。以前は相手にもっとチャンスを与えていたが、今はよりコンパクトになれている。僕らは全員がレギュラー。控えの選手は誰もいない。選手全員がこの偉大なクラブのためにプレーし、全力を尽くしている」

「美しい試合だった。前半は苦しめられたが、試合に勝利することができた。素晴らしい時間を過ごしている。僕はこれで重要な2ゴールを挙げることができた。だがこれからもっと素晴らしい瞬間が訪れることを願っている」

11日に行われるリーグ戦の次節では、首位ユヴェントスとの対決が予定されている。だが、23歳DFは、「日曜日のミラン対ユヴェントス戦? ベティス戦の方が先だ。きっと難しい試合になる」と語り、目の前のヨーロッパリーグの一戦へ目を向けた。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース