超ワールドサッカー

「トップ4に入る準備ができている」ジャカ、エメリ体制での成功を確信2018.11.05 18:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカが、ガナーズのトップ4フィニッシュを確信している。イギリス『Four Four Two』が伝えた。▽昨シーズンプレミアリーグを6位で終えたアーセナルはウナイ・エメリ監督を招へいし、新シーズンを迎えた。プレミアリーグ開幕2試合こそ連敗を喫したものの、その後は怒涛の7連勝を飾り、一気に上位へ。前節のクリスタル・パレス戦で連勝記録がストップしたものの、直近13試合で12勝1分けと絶好調な戦いぶりを見せている。

▽そのアーセナルは3日、プレミアリーグ第11節でリバプールと対戦。試合は63分に先制点を許してしまうも、82分にイウォビの縦パスに反応したラカゼットがゴールネットを揺らして上位対決を1-1のドローで終えた。

▽アーセナルは現在5位。リバプールとの一戦でフル出場したジャカは、エメリ体制での手応えを口に。また、「トップ4に入る準備ができている」と好成績を収めることに自信を抱いていることを明かした。

「僕らは全ての試合において、自分たちが何をしなくてはいけないかを理解している。相手を知り、どこが良くて、どこが悪いのかも分かっているんだ。エメリはとても重要さ。彼は僕らを助けてくれる。僕だけではなくて全員をね。戦術的なところから小さなものまで、ピッチ上のことを理解しているんだ」

「この試合に負けることはないと思っていたよ。僕らはとてもうまくプレーし、自分たちの特徴を上手く出せたからね。このゲームを見れば、僕らがトップ4に入る準備ができていると思えるんじゃないかな」

コメント

関連ニュース

thumb

重傷のウェルベック、2度目のオペが無事成功…復帰時期未定

▽アーセナルは12日、重傷を負ったイングランド代表FWダニー・ウェルベックの最新情報を公表した。 ▽ウェルベックは、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節のスポルティング・リスボン戦で右足首を痛め、30分に交代。その後、ウナイ・エメリ監督の口から重傷であることや、9日に手術を受けたことが明らかになった。 ▽そして、アーセナルが発表したところによれば、ウェルベックは2度目の手術を受けて無事成功。現時点で離脱期間こそ定まっていないものの、早期復帰を目指してリハビリに励んでいくという。 ▽27歳のウェルベックは2014年夏、マンチェスター・ユナイテッドから加入。今シーズンはここまで公式戦14試合5得点をマークしている。 2018.11.13 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

支配率71%も…引き分けのアーセナル、エメリ監督「リスクを犯したが…」

アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、11日に行われたウォルバーハンプトン戦後のインタビューに答えた。<br><br>アーセナルは11日、プレミアリーグ第12節でウォルバーハンプトンとホームで対戦した。試合開始早々にウォルバーハンプトンのFWイバン・カバレイロに先制点を奪われて序盤から苦しい展開となる。圧倒的にボールを支配するアーセナルだが、決め手を欠いて得点を奪うことができない。試合終盤にヘンリク・ムヒタリアンが同点弾を叩き込み1-1にするも、追加点を奪うことはできなかった。ボール支配率71%を記録しながらも、勝ち点は1にとどまることとなった。<br><br>昇格組に手を焼く展開となったアーセナル指揮官のエメリは試合後のインタビューで勝ち点2を取り逃したことを悔やんだ。<br><br>「スロースタートは我々の修正すべきポイントだ。自然と改善されていくとは思うがね。同点ゴールの前にもいくつかチャンスはあった。勝つための道を探し続けていったが、今回は引き分けに終わってしまった。最後の10分はリスクも犯した。勝ちにいくことを考えたんだ。リスクをとって勝ちに行った試合だったよ。我々にも相手にもチャンスはあった」<br><br>プレミアリーグは12試合を消化して、首位マンチェスター・シティから3位チェルシーまでがいまだに負けなしとハイレベルな戦いを繰り広げている。アーセナルは首位と8ポイント差の5位。次節は25日、6位ボーンマスとアウェイで対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.12 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェルベック、今季アウトか…9日に手術

▽アーセナルに所属するイングランド代表FWダニー・ウェルベックに今シーズン終了の可能性が浮上した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ウェルベックは、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節のスポルティング・リスボン戦に先発。だが、右足首を痛め、30分にピッチを退いた。 ▽アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ケガの程度に注目が集まるウェルベックについて次のようにコメントした。 「重傷だ。彼は9日に手術を受けた」 「(今シーズン中の復帰?) 医者の方が私より答えてくれるよ」 ▽27歳のウェルベックは2014年夏、マンチェスター・ユナイテッドから加入。今シーズンはここまで公式戦14試合5得点をマークしている。 2018.11.12 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表FWアルシャビンが37歳で現役引退! ゼニトやアーセナルで活躍

▽カザフスタンのカイラトに所属する元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン(37)が、今季限りでの現役引退を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽先週初め11日に行われる今季カザフスタンリーグ最終節のシャフチョール・カラガンダ戦を最後に現役引退の意向を示していたアルシャビンは、自身ラストマッチとなった同試合に後半の50分から途中出場。だが、試合はゴールレスドローに終わり、有終の美を飾ることは叶わなかった。 ▽なお、カイラトは今月24日に国内カップ決勝のアティラウ戦を残しているものの、アルシャビンは同試合でプレーすることはないようだ。また、引退後は指導者としての道を歩むことも決定している。 ▽ゼニトでプロキャリアをスタートさせたアルシャビンは、2006-07シーズンにリーグ最優秀選手賞を受賞。また、ロシア代表として臨んだユーロ2008での活躍を受け、2009年2月に引き抜かれる形でアーセナルに移籍した。アーセナルでは2009年4月のリバプール戦で1試合4ゴールの圧巻のパフォーマンスを披露しサポーターのハートを一気に掴むなど公式戦144試合31得点の記録を残した。 ▽その後、ゼニトに復帰を果たすも2014-15シーズン終了後に契約満了で退団。母国クバン・クラスノダールでの1年間のプレーを経て、2016年に加入したカイラトでは在籍3年間で公式戦97試合に出場し28ゴール34アシストの数字を残した。 ▽また、2002年にデビューを果たしたロシア代表では通算76試合に出場し16ゴールを記録。ワールドカップ本大会でのプレーは叶わなかったものの、2度のユーロ本大会出場を果たしていた。 2018.11.12 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアン弾で同点のアーセナルが公式戦3試合連続ドロー《プレミアリーグ》

▽アーセナルは11日、プレミアリーグ第12節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦10試合負けなしのアーセナルが、本拠地のエミレーツ・スタジアムに3連敗中のウォルバーハンプトンを迎えた一戦。 ▽7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループEのスポルティング・リスボン戦をゴールレスドローで終え、公式戦2試合ドロー中のアーセナルは、その一戦から先発メンバーを9人変更。スポルティング戦で負傷したウェルベックやGKチェフ、ムヒタリアンらにラカゼットやオーバメヤン、エジル、GKレノらが先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりから素早い攻守の切り替えを見せるウォルバーハンプトンに苦戦を強いられるアーセナルは、13分に先制を許す。中盤でコラシナツのパスミスをカバレイロに奪われると、ボックス右のヒメネスとのパス交換でゴール前まで侵入したカバレイロにゴールネットを揺らされた。 ▽早い時間に失点を喫したアーセナルの反撃は22分、イウォビのパスをボックス左で受けたエジルが針の穴を通すパスでゴールエリア手前のラカゼットへラストパス。これを受けたラカゼットが巧みなトラップでマークをかわしシュート。しかし、これはゴール前でブロックを敷いた相手DFに阻まれた。 ▽その後も何度かウォルバーハンプトンゴールに迫ったアーセナルだが、身体を張ったブロックでシュートを阻む相手DF陣を突破できず。前半は0-1で終了した。 ▽迎えた後半、1点を追うアーセナルはイウォビを下げてグエンドウジを投入。すると60分、ショートコーナーの流れからボックス手前でパスを受けたトレイラがミドルシュートを狙うも、これはGKパトリシオが右手一本で好セーブ。 ▽後半もボールを保持して押し込むアーセナルは、70分にスルーパスでボックス左深くまで侵入したジャカの折り返しからベジェリンが左足で合わせるも、シュートは枠の上に外れる。さらに73分にも、トレイラのパスをボックス右までオーバーラップしたベジェリンが折り返すと、ゴール前に走り込んだオーバメヤンが合わせたが、これは右ポストに弾かれた。 ▽同点ゴールの遠いアーセナルは、76分にエジルとコラシナツを下げてラムジーとムヒタリアンを投入する2枚替えを敢行。すると86分、ショートコーナーの流れからボックス左角付近でボールを受けたムヒタリアンがシュート性のクロスを供給すると、このボールがそのままゴール右に吸い込まれた。 ▽結局、試合終盤の猛攻も実らず、逆転勝利には至らなかったアーセナルだが、ムヒタリアンの同点弾でなんとかドローに持ち込み、直近の公式戦3試合連続ドローとなった。 2018.11.12 03:40 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース