超ワールドサッカー

ラッシュフォードの成長を望むOBファーディナンド氏「ルカクではなく彼に先発の機会を…」2018.11.05 13:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードはもっと先発で起用されるべきだとクラブOBのリオ・ファーディナンド氏が語った。

3日のボーンマス戦で、ラッシュフォードは56分にピッチに立つと、試合終了間際に逆転ゴールを奪い、マンチェスター・Uの2-1の勝利に貢献。しかし、この試合ではいくつかの決定機をものにできず、逆転勝利のヒーローから危うく戦犯になる可能性があった。

試合後、ファーディナンド氏は『BTスポーツ』で、21歳のラッシュフォードが成長するためは、この試合を負傷により欠場し、直近の9試合で得点のないロメル・ルカクらよりも先発で出場する必要があると話した。

「マーカス・ラッシュフォードは素晴らしい才能を持っているが、それに磨きをかける必要がある」

「モウリーニョは彼に多くのプレー時間を与えているが、彼はスタートで出られないことにがっかりしているだろう。それに彼はもうベンチからピッチに送り出され、インパクトを残すことに満足するような選手ではない。彼は“自分が先発で出るべきだ”って考えているはずだ」

「それに彼が絶対に9番の位置でプレーしなければならないとは思えない。トップ選手たちを見ればわかるが、ウェイン・ルーニーはユナイテッドで当初左ウィングで、クリスティアーノ・ロナウドはウィングやフォワードでプレーした。若手選手の成長を考えると、ポジションを移しながらプレーして、自身に合った場所を見つければ良い」

提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース