今季6得点目の鎌田大地「固め取りできるように」2018.11.05 11:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
▽シント=トロイデンに所属するMF鎌田大地がコメントした。

▽シント=トロイデンは4日にホームで行われたジュピラー・プロ・リーグ第14節でズルテ・ワレヘムと対戦。フル出場の鎌田は1点ビハインドの61分に同点弾を挙げ、4試合ぶりの白星となる2-1の逆点勝利に貢献した。

▽チームトップのシーズン6得点目を記録するなど、今最も勢いに乗る海外日本人選手と言っても過言ではない鎌田。ズルテ・ワレヘム戦後、次のように試合を振り返り、さらなる活躍に意欲を示した。

「難しい試合になって、2点取られていたら難しかったが、VARで1点になった。後半からチームとしてやり直すことができて、後半は良いサッカーができたし、逆転に値するゲームができたと思います」

「(自身の6得点については)今は1点取れると安心するというか、毎試合1点しか取れてないので、僕自身は1試合で固めて点を取ってもっと気持ち的に楽になりたいなとは思っていますが、なかなかチャンスがないので、固め取りできるようになればもっと楽になるかなと思います」

「(ベルギーリーグの)ディフェンス自体がそこまで悪いイメージはありません。むしろ、上位チームとの対戦は、オープンな展開が多い。逆に、下位チームとの方が難しくて、今日も相手に守備をしっかりとオーガナイズされて、マークもつかれたので難しいと感じる部分はありますが、今は少ないチャンスでゴールを決めることができているので、そこは良い感じかなと思っています」

▽なお、シント=トロイデンは、10日に行われる次節、FW豊川雄太が所属するオイペンとアウェイで対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

元U-19日本代表FW木下康介、シント=トロイデン入り目前か 横浜FCユース時代にはシティからオファー

シント=トロイデンが元U-19日本代表FW木下康介(24)の獲得に迫っているようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えている。 木下は横浜FC下部組織出身。同クラブ在籍時には、自ら入団テストを打診したマンチェスター・シティからオファーを受けたが、2013年にフライブルクU-19への移籍を決断した。その後、トップに上がることはできなかったが、ドイツ4部リーグのホンブルクを経て、2017年にスウェーデン1部のハムスタッズBKに入団。同年にチームは2部に降格したが、木下は昨シーズン公式戦34試合15ゴール3アシストを記録した。 今回伝えられるところによると、ベルギーのシント=トロイデンが木下の獲得が決定的になっている模様。15日に現地に到着し、16日にメディカルチェックを受けるようだ。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。木下が加入することになれば、6人目の日本人選手となる。 2019.01.16 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代期待のDF板倉滉、シント=トロイデン移籍か 昨季は川崎Fから仙台にレンタル

川崎フロンターレに所属するDF板倉滉(21)に海外移籍の可能性が浮上している。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えた。 川崎F下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられていたが、どうやらシント=トロイデン加入が近づいている模様。同メディアは「新たな日本人がやってくる」と報じ、クラブ側がアジア市場のさらなる拡大を考えていることを伝えている。また、板倉と川崎Fの契約が2020年1月31日までとなっており、市場価格は70万ユーロ(約8700万円)になるようだ。 なお、日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。板倉が加入することになれば6人目の日本人選手となる。 2019.01.10 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

森岡亮太への興味を認めるも…シント=トロイデンTDが早急な獲得を否定「現段階で何もない」

シント=トロイデンのテクニカルディレクターが森岡亮太の獲得に興味を持っていることを認めた。ベルギー『voetbalnieuws.be』が報じている。<br><br>1年前に当たる2018年1月にジュピラーリーグのワースランド・ベフェレンから強豪アンデルレヒトに移籍した森岡。移籍当初はチームの主軸として活躍した同選手だが、今シーズンはリーグ戦に5試合を含む全公式戦9試合に出場したのみと、十分に出場機会を得られていない。<br><br>現状を受け、森岡が今冬の移籍市場でアンデルレヒトから退団する可能性もあると伝えられており、古巣のワースランド・ベフェレンに加え、シント=トロイデンも獲得に興味を示しているという。シント=トロイデンは司令塔であるロマン・べズスに移籍の噂が流れており、その代役として日本人MFに白羽の矢を立てると考えられている。<br><br>そんな中、同メディアはシント=トロイデンのテクニカルディレクターを務めるトム・ファン・デン・アビーレ氏に取材を敢行。同氏は森岡への興味を認めている。<br><br>「もちろん、他の良い選手たち同様に我々は森岡に興味を持っている。実現可能か?今はどのように事が進むか見守らなければならないが、現段階では何も起きていない」<br><br>「日本の企業が経営権を握ってから、私は毎週のように日本人選手からオファーを受け取っていて、その後はミスター・タテイシ(クラブCEOの立石敬之氏)の手に委ねられる。森岡のような選手はいつもその中に入っている。しかし、現段階では何もない」<br><br>提供:goal.com 2019.01.01 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋の市場価値が急騰!異例の17倍増でジュピラーリーグ最高価格のDFに

ドイツメディアの『transfermarkt.de』は27日、ベルギー1部ジュピラー・リーグでプレーする選手たちの推定市場価格データを更新。シント=トロイデンに所属するDF冨安健洋の市場価値が600万ユーロ(約7億5600万円)に跳ね上がった。<br><br>選手それぞれのパフォーマンスや将来性、市場効果やユーザーの意見などを考慮して市場価値を評価する『transfermarkt.de』。今回の更新ではヘンクのノルウェー代表MFサンダー・ベルゲ(1200万&rarr;1700万ユーロ(約21億4300万円))やベルギー代表に呼ばれ始めている左ウィングのレアンドロ・トロッサール(1000万&rarr;1400万ユーロ(約17億6400万円))、クラブ・ブリュージュのブラジル人FWヴェスレイ(900万&rarr;1400万ユーロ)の3人が同リーグ最高の市場価値に。<br><br>一方で、冨安はスタンダールのU-21ベルギー代表DFジーニョ・ファンフースデンやコンゴ代表DFクリスチャン・ルインダマ、今秋にベルギー代表入りを果たしているブランドン・メシェレと並んで600万ユーロでDF部門では同リーグ1位タイに躍り出た。そのなかで冨安は今回の更新で35万ユーロ(約4400万円)から565万ユーロ(約7億1200万円)のアップ、17倍以上となるジュピラー・リーグ単独トップの増加率での急騰を記録している。<br><br>今年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデンへと渡った現在20歳の冨安だが、新クラブでは昨シーズンは1試合のみに出場。しかし、今季からはシント=トロイデンで全試合にフル出場し、森保一体制の日本代表からも声が掛かり始めると、最近ではドイツやイタリアメディアでFW大迫勇也が所属するブレーメン、セリエAのラツィオやウディネーゼからの関心も伝えられていたところ。所属チームの躍進への貢献、他クラブからの注目を引き寄せたことが今回の異例のアップにつながったようだ。<br><br>また、今夏にレンタルでフランクフルトからシント=トロイデンに加わり、公式戦17試合で11ゴールをマークしている鎌田大地の市場価値も100万ユーロ(約1億2600万円)から300万ユーロ(約3億7800万円)と3倍増。一方で、アンデルレヒトで出場機会を得られていないMF森岡亮太は、350万ユーロ(約4億4100万円)から250万ユーロ(約3億1500万円)の減少となった。<br><br>【『Transfermarkt』によるジュピラー・リーグ所属日本人選手市場価値】<br><br>1位 冨安健洋(シント=トロイデン、35万&rarr;600万ユーロ)<br />2位 鎌田大地(シント=トロイデン、100万&rarr;300万ユーロ)<br />3位 森岡亮太(アンデルレヒト、350万&rarr;250万ユーロ)<br />4位 遠藤航(シント=トロイデン、150万&rarr;150万ユーロ)<br />5位 豊川雄太(オイペン、100万&rarr;140万ユーロ)<br />6位 植田直通(セルクル・ブリュージュ、110万&rarr;120万ユーロ)<br />7位 関根貴大(シント=トロイデン、60万&rarr;45万ユーロ)<br />8位 小池裕太(シント=トロイデン10万&rarr;10万ユーロ)<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.28 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安、鎌田、遠藤が先発出場もオーステンデとドローで年内最終戦を終える《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは26日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でオーステンデと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽公式戦4戦未勝利のシント=トロイデンは、DF冨安健洋、MF遠藤航、MF鎌田大地の3選手が揃って先発出場。また負傷していたMF関根貴大がベンチ入りを果たした。 ▽試合は4分、ボタカのゴールで先制すると、22分にはドリブルを仕掛けた鎌田がボックス内に侵入。相手に倒されPKを獲得する。 ▽PKのキッカーは先制ゴールのボタカが務めるも、シュートはGKにセーブされてしまい、リードを広げられない。 ▽すると33分、ボックス手前からのクロスをデ・ボックがヘッド。これが決まり、1-1の同点に追いつかれる。 ▽結局その後はスコアが動かずに試合終了。シント=トロイデンは2018年最終戦を勝利で飾ることはできなかった。 ▽試合後、フル出場を果たした日本代表DF冨安健洋とPKを獲得したMF鎌田大地がコメントしている。 ◆DF冨安健洋 「早い時間帯にチャンスもかなりありましたし、2点、3点を取るチャンスもあって、そこでゲームを決められる可能性もあったと思いますが決められなかったですし、それよりも自分たちから崩れてしまった試合でした」 「良くない時の試合は、相手がどうこうというよりは自分たちで崩れていくゲームになることが多いので。1点を取ってから相手の方がボールを持つ時間は多かったと思いますし、僕らもミスが多くなっていて、相手がどうこうというより、自分たちで改善していかないとPO1にはいけないのかなと思います」 「(来年については)引き続きチームでしっかり試合に出て活躍してPO1に出るという目標があるので、そこを続けられれば自ずと代表活動にも繋がってくると思うので、ここでやれることをやろうと思っています」 ◆MF鎌田大地 「(得点を)取れない時期も来るとは思っていました。今は自分としてあまり良くないとは思いますが、そこまで焦ることなくやっていけばまた上手くやっていけると思います」 「連戦の疲れもありましたし、相手がとても警戒しているのもあるし、自分が触りたいゴール前でボールを触れていないのが原因かなと思います」 「(今年を振り返って)ここ最近の3試合はチームの結果としては良くなかったですが、今年1年という意味では僕自身の結果としては悪くないと思うし、個人的な目標が15得点なので残り試合は2試合で1点ペースで取ればいいので狙える位置にはいますし。個人的には昨年からここまで難しいシーズンを過ごしてきてなんとか盛り返せてきてるかなと思っているので、よくここまで自分の状態を戻せたという気持ちは強いです」 「もちろん、試合に出続けることがまずは大事だと思うし、試合に出続けられれば15点も狙えますし、自分のプレー内容はもっとこだわるべきかなと思っています」 ▽なお、シント=トロイデンの2019年初戦は、1月19日(金)の28時30分にホームでゲンクとのダービーを戦う。 オーステンデ 1-1 シント=トロイデン 【オーステンデ】 デ・ボック(前33) 【シント=トロイデン】 ボタカ(前4) 2018.12.27 20:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース