超ワールドサッカー

面白くて強い…サッリがプレミア新人監督として最高のスタート2018.11.05 09:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今シーズンからチェルシーの指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督がプレミアリーグ初挑戦の監督として最高のスタートを切った。▽チェルシーは、プレミアリーグ開幕から11戦無敗(8勝3分け)。首位のマンチェスター・シティ(9勝2分け無敗)を追う状況だが、志向するボールの主導権を握るアクションサッカーで結果と共に、早くもチェルシーサポーターの心を掴み取っている。

▽データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、プレミアリーグデビューから11戦負けなしのサッリ監督は、歴代における新人監督の中でも最高のスタートに。1994年にノッティンガム・フォレストで記録したフランク・クラーク氏に並ぶ数字だという。

◆サッリのプレミアリーグ成績
第1節vsハダースフィールド 3-0 ◯
第2節vsアーセナル 3-2 ◯
第3節vsニューカッスル 2-1 ◯
第4節vsボーンマス 2-0 ◯
第5節vsカーディフ 4-1 ◯
第6節vsウェストハム 0-0 △
第7節vsリバプール 1-1 △
第8節vsサウサンプトン 3-0 ◯
第9節vsマンチェスター・ユナイテッド 2-2 △
第10節vsバーンリー 4-0 ◯
第11節vsクリスタル・パレス 3-1 ◯

コメント

関連ニュース

thumb

ジルー&キンペンベが映画『スパイダーマン』の声優に!

▽チェルシーFWオリヴィエ・ジルーとパリ・サンジェルマンDFプレスネル・キンペンベのフランス代表2選手が来月フランスで公開予定のアニメ映画『スパイダーマン~ニュージェネレーション~』でフランス語版の声優を務めることになった。配給元の『Sony Pictures France』が伝えている。 ▽今回の映画でジルーが声優を務めるのは、主人公スパイダーマンの宿敵グリーン・ゴブリン。一方、キンペンベが声優を務めるのは、同じく敵対するスコーピオンの役だ。 ▽なお、フランス代表ではジルーとキンペンベに先駆けて『レゴバットマン ザ・ムービー』でアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスMFブレーズ・マテュイディが、それぞれスーパーマンとフラッシュ役でフランス語版の声優を務めている。 2018.11.13 21:09 Tue
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表MFジョー・コールが現役引退! チェルシーやハマーズで活躍

▽元イングランド代表MFジョー・コール(37)が13日に現役引退を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽2016年からUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレーし、今季からアシスタントコーチも兼任していたコールだが、同クラブでのシーズン終了をもってスパイクを脱ぐ決断をした。 「すべての夢を叶えることができた。今後の20年間がこれまでプロとしてやってきたこれまでの20年間と同じように特別なものとなることを願っているよ」 「チェルシーで獲得したトロフィーは僕にとって本当に特別なものだ。それらの思い出は自分と共に永遠に生き続けるはずだ。そして、プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだった」 「すべてのプロキャリアを通じて多くの重要な瞬間があった。そのひとつはウェストハムの若手時代だね」 「キャリアの終盤に差し掛かっていたベテランプレーヤーが“すべてのゲームを楽しめ。そうしないとキャリアはあっという間に過ぎて大事な瞬間を見逃してしまうぞ”って言われたんだ」 「彼の言葉は正しかったよ。そういった言葉は昔も今でさえも響くものだと思うよ。プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだったし、僕は彼からのアドバイスを聞きながら毎日努力してきたんだ」 「ファンとしてはテクニックのある往年のプレーヤーを見ることが好きだったんだ。そういったプレーヤーたちからインスピレーションを受けた」 「スタンドに座ってそういったプレーヤーがプレーするところを見るのは僕にとって特別なものだった。そして、それを自分がプレーヤーとして再現しようとしていたんだ。僕のプレーを長年見守ってくれたファンや多くの人たちにそういう気持ちを与えることができていたとしたら嬉しいな」 ▽ロンドンで生まれ育ったコールはウェストハムのアカデミーに在籍。1998-99シーズンに17歳でトップチームデビューを果たすと、以降は“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にすぐさま主力に定着。4年後には名門ハマーズの若きキャプテンを務めた。 ▽その後、2003年にハマーズの2部降格に伴い、ロマン・アブラモヴィッチ体制1年目のチェルシーに完全移籍を果たすと、その翌年に指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、右ウイングの主力としてチームのプレミアリーグ2連覇に貢献した。 ▽2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したコールは、リバプールやリール(レンタル)、ウェストハム、アストン・ビラ、コヴェントリー・シティと幾つかのクラブを渡り歩いた後、2016年から大西洋を渡り、タンパベイ・ローディーズに加入し、現役引退までプレーした。 ▽また、2001年にデビューを飾ったイングランド代表では通算56試合に出場し10ゴールを記録。2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会と3大会連続でワールドカップにも出場した。 2018.11.13 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア出場ゼロ…苦境のチェルシーDFクリステンセンが去就に言及

▽チェルシーに所属するデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(22)が、今冬の去就に関して口を開いた。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽2012年夏にチェルシーの下部組織に入ったクリステンセンは、2015年夏からの2年間に渡りボルシアMGへレンタルされ、昨シーズンに復帰。すると、アントニオ・コンテ前監督の下で公式戦40試合に出場するなど、ポジションを確保した。 ▽しかし、マウリツィオ・サッリ監督を招へいして迎えた今シーズンは大幅に出場機会が減少。ここまででプレミアリーグでの出場は一切なく、公式戦全体でも6試合の出場に留まっている。クリステンセンは、苦しい現状について以下のように語った。 「昨シーズンとは違う。僕は多くの試合でプレーしてたけど、今シーズンはそうじゃない。これはプレーヤーにとって困難なものだよ。でも、何が起こるか見ていこう」 ▽また、「トランスファーリクエストを提出するかどうか」と直接的な質問を受けたクリステンセンは、断言はしなかったもののやんわりと否定している。 「それは難しい質問だ」 「どんな選手でも、プレーしていない時に幸せかどうか聞けば『ノー』と答えるだろうね。全員がプレーしたがっているけど、僕には何もできない。トレーニングして、機会を得るためにベストを尽くすだけだ」 「彼(マウリツィオ・サッリ監督)からの信頼を得られるような、良いプレーを見せなければ。そこら辺に座りたいと思ってはいないし、すぐにプレーしたいと思って待っている。それが僕らがフットボールをする理由だよ」 「プレーしなければ楽しくない。けど、(CLを逃した)昨シーズンとは違うんだ。(1月に移籍しようとは)考えてないよ」 ▽チェルシーは今シーズン、プレミア第12節終了時点で8勝4分けと無敗を維持。チームはポジティブな戦いを続けているが、クリステンセンがその輪に加わることはできるのだろうか。 2018.11.13 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

画期的orセコい? セスクのエバートン戦での卑怯行為が物議!

▽チェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスのエバートン戦での卑怯な行為が物議を醸している。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽チェルシーは11日に行われたプレミアリーグ第12節のエバートン戦を0-0のドローで終えた。この試合では後半に入ってホームチームが怒涛の攻撃を見せるも、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードを中心とするエバートンの堅守を最後までこじ開けられず、マウリツィオ・サッリ体制での公式戦無敗を18試合に更新するにとどまった。 ▽この試合で後半途中にイタリア代表MFジョルジーニョに代わって途中出場したセスクだが、同選手が試合途中に見せたひとつの卑怯な行為が話題を集めている。 ▽チェルシーが相手陣内の左サイドでFKを獲得すると、ケビン・フレンド主審がボールをセットする場所にバニシング・スプレーで印を付けた。そして、同主審がその場を離れた直後、セスクはバニシング・スプレーの白い泡をおもむろに右手で掴むと、当初の位置よりも数十cm前に白い泡を置き直し、何食わぬ顔でボールの位置も移動させた。 ▽この大胆かつ素早い技にフレンド主審、エバートン陣営は全く気付かず。セスクと共にキッカーを務めようとしていた同僚MFエデン・アザールが唯一気付いていたものの、同選手も我関せずの態度を決め込んだ。ただ、セスクの卑怯行為も実らず、このFKがゴールチャンスに結びつくことはなかった。 ▽この中継映像が1人のツイッターユーザーによって投稿されると、SNS上で瞬く間に話題に。チェルシーファンを中心にセスクの画期的な発想を好意的に受け止める意見があった一方、エバートンファンやその他のクラブのファンは何らかの処分を科すべきだと糾弾する姿勢を見せていた。 ▽今回の出来事に関してイングランドサッカー協会(FA)が正式に調査に乗り出す可能性は微妙なところだが、今後選手たちの間で流行しないようにセスクとチェルシーに釘がさされる可能性は高そうだ。 ◆画期的orセコい? https://twitter.com/NorthBankNadim/status/1061653798077284352 2018.11.13 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

新監督はリスペクトされるべき? S・ラモスにコンテが反論

▽アントニオ・コンテ氏が、レアル・マドリーのキャプテンであるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの発言に反論した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽コンテ氏は今月初め、フレン・ロペテギ前監督を解任したマドリーの後任指揮官候補に浮上。しかしながら、徐々に招へいの噂は立ち消えとなり、今ではサンティアゴ・ソラーリ暫定監督の正式就任が決定的となっている。 ▽『マルカ』によると、マドリーの新指揮官招へい問題が落ち着いていなかった期間に、セルヒオ・ラモスが「新監督へのリスペクトは義務じゃない。それは彼らが獲得するものだ」と発言。有力候補の1人と見なされていたコンテ氏は、このコメントに対して以下のように返している。 「(セルヒオ・)ラモスの言葉? 監督がチームに到着する時には、敬意や経験を持ち込まなければならない。そして、それは監督が選手に期待するものでもある」 「ここを間違った時に問題が浮かび上がるんだ」 「(新天地に関して)私のようなレベルの指揮官にとっては、6月まで待つことが得策だ。キャリアでは電車に乗らない方が良い。来シーズンまで待つよ」 2018.11.13 15:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース