超ワールドサッカー

乾欠場のベティス、逆転許すもカナレスのゴラッソでセルタと土壇場ドロー《リーガエスパニョーラ》2018.11.05 06:42 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽乾貴士が所属するベティスは4日、リーガエスパニョーラ第11節でセルタと対戦し、3-3で引き分けた。▽13位のベティス(勝ち点12)と、11位のセルタ(勝ち点13)の対戦。乾は負傷のためベンチからも外れている。

▽まずはセルタ4分、エムレ・モルがドリブルで持ち込んでボックス手前左から挨拶代わりのミドルシュート。ベティスも8分にお返し。ウィリアム・カルバーリョのミドルパスを、ゴール前のカナレスがオーバーヘッド。きれいにミートさせたが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。

▽セルタは12分にもエムレ・モルがチャンスに。同じようにドリブルから今度はボックスの内側からシュートを狙ったが正面に飛んでしまった。

▽16分にはベティスに決定機が訪れる。ゴール前のロレンの巧みなヒールパスからロ・セルソがボックス左でゴールチャンス。シュートはGKに弾かれ、さらにカナレスが押し込みにかかるも枠へ飛ばすことはできず。

▽互いにゴールに迫るオープンな展開となる中、セルタは31分にブライス・メンデスのボックス右からシュートがGKパウ・ロペスに止められCKを獲得。右CKをファーサイドのアスパスが頭で折り返し、ヨクシュルが押し込んでネットを揺らすがオフサイドの判定に。

▽ピンチの後にはチャンスあり。ゴール前のFKから再開したベティスは、GKパウ・ロペスが見事なフィードで右サイドに展開。そこからボックス手前ののロ・セルソに渡り、ボックス左に入ったロレンにラストパス。ロレンは右足アウトサイドできっちり決めて、ベティスが先制点を奪った。

▽後半、選手を入れ替えテコ入れを図ったセルタは47分、最終ラインからのビルドアップで一気にチャンスを作ると、最後はアスパスからボールを貰ったエムレ・モルがボックス左からシュート。だがGKの正面に蹴ってしまった。

▽後半に入って攻勢を強めてきたセルタをいなすベティスは57分、カウンターからグアルダードが敵陣中央をドリブル突破。ゴール前で混戦となり流れたボールをボックス左からフィルポが流し込んでベティスに2点目をもたらした。

▽その後、セルタはエムレ・モルを下げてマキシ・ゴメスを投入。するとこの采配が的中する。投入から2分後の63分、こちらも途中出場のヒュルサガーの右サイドからのクロスに合わせたのがマキシ・ゴメス。ダイビングヘッドで僅かにコースを変えてゴールに流し込んだ。

▽このゴールで勢いを増したセルタは69分、フンカのアーリークロスがボックス右でフリーになっていたプライス・メンデスにきれいに渡ると、トラップからコンパクトに左足を振り抜きゴールに突き刺した。

▽なおもこの流れは続く。84分、セルタは1点目と同じように右サイドのヒュルサガーがクロスを送る。このクロスがDFとGKの間を抜けてファーサイドのマキシ・ゴメスが押し込んで逆転。ベニト・ビジャマリンが一瞬静寂に包まれた。

▽しかし、再び歓喜をもたらしたのはこの男だった。87分、ボックス手前のやや距離のある位置でFKを獲得したベティス。キッカーポジションにはカナレス。カナレスはこれを直接ゴール右上に決めるゴラッソで同点に戻した。

▽点の取り合いとなった試合はセルタのアスパスのFKがクロスバーを叩くなど最後までスペクタクルな展開となったが、結局3-3のドロー決着。ベティスはリーグ戦4試合未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ベルギーのレジェンドが9戦8発の鎌田大地を絶賛「得点力はリーグで最高レベル」

ジュピラーリーグのシント・トロイデンでプレーする鎌田大地に対して、ベルギーのレジェンドが賛辞を贈っている。<br><br>今シーズン、フランクフルトからのレンタルによりシント・トロイデンでプレーしている鎌田大地。第15節終了時点で9試合8ゴールと、ジュピラーリーグ初挑戦ながら持ち前の得点力を発揮。得点ランキングでも4位タイに躍り出た。<br><br>そんな鎌田に対し、ベルギー代表として1970年、1982年と2度ワールドカップに出場したウィルフリード・ファン・ムール氏が賛辞を贈っている。ベルギーメディア『Het Belang van Limburg』が伝えた。<br><br>「カマダがピッチ上で示した得点力は確かだね。シント・トロイデンはベルギーで最高レベルのアタッカーを抱えていると言っていいだろう」<br><br>「デ・カーナーリス(シント・トロイデンの愛称)は優勝プレーオフに加わることができるかもしれない。シーズンの最初はそれほど期待されていなかったかもしれないが、彼らの恐れを知らないスタイルは目を見張るものがある」<br><br>シント・トロイデンはリーグ第15節を終えて5位。優勝プレーオフ圏内である6位以内に着けているが、果たして今シーズンはこのまま上位フィニッシュできるのだろうか。また、今季限りでのレンタルで同チームに加わった鎌田大地が、チームをさらなる上位へと導けるのか。同僚である遠藤航、関根貴大、冨安健洋、小池裕太の奮闘とともに、目の離せない展開が続きそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

今季2点目の本田圭佑がAリーグ第4節ベスト11選出! すでに3度の選出に「褒め言葉が尽きてしまう」

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第4節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦。前節アシストを記録した本田は、[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場し、この日も多くのチャンスで顔を出してゴールに迫った。すると30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、ボックス右手前でボール奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を制した。その後もメルボルン・Vの攻撃をけん引し、フル出場で4-1での勝利に貢献している。 ▽本田はこれですでに3回目のベストイレブン選出。公式サイトは「まだ11月なのにビクトリーの日本人プレーメーカーへの褒め言葉が尽きてしまう。日本のスターは4度のチャンスを作り、勤勉なプレーを魅せた」 ◆リーグA第4節ベスト11 GK フィリップ・クルト(ウェリントン・フェニックス) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) シェイン・ローリー(パース・グローリーFC) アレックス・グラント(セントラルコースト・マリナーズ) ジョプ・ファン・デル・リンデン(シドニーFC) MF 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) アレックス・ロペス(ブリスベン・ロアー) フローリン・ベレンガー(メルボルン・シティ) FW アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) オリオル・リエラ(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC) 2018.11.12 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】鎌田、南野、堂安がゴール!

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽シント=トロイデンに所属するMF鎌田大地は、10日にアウェイで行われたジュピラー・プロ・リーグ第15節のオイペン戦に先発。2戦連発の得点を含む2ゴールの活躍で4-1の連勝に貢献した。 ▽そのほか、ザルツブルクでプレーするFW南野拓実と、フローニンヘンに所属するMF堂安律の両日本代表選手は、揃ってゴールを記録。今月の代表ウィークに向け、弾みをつける結果を手にした。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 H 0-0 バーンリー △ 84分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334027">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 2-1 ボーンマス 〇 ベンチ入りせず [サウサンプトン]吉田麻也 H 1-1 ワトフォード △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334030">詳細ニュース</a> ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 H 0-1 バレンシア ● ベンチ入りせず [ベティス]乾貴士 A 4-3 バルセロナ 〇 86分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334201">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 H 3-2 バイエルン 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334047">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 H 2-1 ヴォルフスブルク 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=333927">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 H 2-1 ヴォルフスブルク 〇 87分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=333927">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H 0-2 シュツットガルト ● ベンチ入りせず [フランクフルト]長谷部誠 H 3-0 シャルケ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334214">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 H 1-3 ボルシアMG ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334026">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 H 4-1 ヘルタ・ベルリン 〇 フル出場、50分に今季初ゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334024">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 H 2-0 ディジョン 〇 フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 A 0-0 リール △ ベンチ入りせず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 0-2 フローニンヘン ● 56分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334191">詳細ニュース</a> [フローニンヘン]堂安律 H 2-0 ヘーレンフェーン 〇 93分までプレー、38分にゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334191">詳細ニュース</a> ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 A 3-0 カイセリスポル 〇 ベンチ入りせず ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 A 0-2 モレイレンセ ● フル出場 ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 A 2-0 オーストリア・ウィーン 〇 67分からプレー、94分にゴールを記録 [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 H 1-0 ラインドルフ・アルタッハ 〇 ベンチ入りせず ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 H 2-0 ゼニト 〇 ベンチ入りも出場せず ◆ベルギーリーグ [アンデレヒト]森岡亮太 H 2-0 ヘント 〇 ベンチ入りせず [シント=トロイデン]遠藤航 A 4-1 オイペン 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334077">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]鎌田大地 A 4-1 オイペン 〇 87分までプレー、13分と56分にゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334077">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 A 4-1 オイペン 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334077">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 A 4-1 オイペン 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334077">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]小池裕太 A 4-1 オイペン 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334077">詳細ニュース</a> [オイペン]豊川雄太 H 1-4 シント=トロイデン ● 66分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334077">詳細ニュース</a> [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 2-0 ワースランド・ベフェレン 〇 74分からプレー ◆Aリーグ [メルボルン・ビクトリー]本田圭佑 H 4-1 セントラルコースト・マリナーズ 〇 フル出場、30分に今季2ゴール目を記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=334151">詳細ニュース</a> 2018.11.12 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、絶好調ヨビッチのドッペルパックなど3発でシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは11日、ブンデスリーガ第11節でシャルケをホームに迎え、3-0で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節シュツットガルトに3-0と快勝してリーグ戦ここ5試合で4勝1分けと絶好調の5位フランクフルト(勝ち点17)は、ヨーロッパリーグ(EL)では早くもグループステージ突破を決めた。そのフランクフルトは3日前に行われたアポロン戦でもフル出場した長谷部が引き続き3バックの中央でスタメンとなった。 ▽14位シャルケ(勝ち点10)に対し、立ち上がりから押し込む姿勢を見せたフランクフルトだったが、8分にピンチ。ウートのスルーパスでボックス左に抜け出したブルクシュタラーに右足でシュートに持ち込まれる。だが、GKトラップがファインセーブで凌いだ。 ▽その後は互いにシュートまで持ち込めずにいた中34分、シャルケがロングカウンターからウートのミドルシュートでゴールの可能性を感じさせたものの枠を捉えきれず、見せ場の少ない前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からボールを保持したシャルケだったが、52分にアクシデント。左足太もも裏を痛めてプレー続行不可能となったウートに代わってコノプリャンカが投入された。 ▽そのシャルケに対し、フランクフルトが61分に先制する。レビッチがルーズボールを拾って持ち上がり、ラストパスを受けたヨビッチがボックス中央に侵入して左足でゴール右へシュートを突き刺した。 ▽さらに66分、S・サネと入れ替わったレビッチがボックス左から右ポスト直撃のシュートを浴びせると、73分に突き放す。コスティッチがボックス左深くまでえぐって送ったクロスをヨビッチが左足ボレーで蹴り込んだ。 ▽78分にコノプリャンカのシュートがバーを直撃してひやりとしたフランクフルトは、81分にCKの流れからヨビッチのシュートのこぼれ球をアラーが蹴り込んで3-0。終わってみれば快勝のフランクフルトがリーグ戦3連勝としている。 2018.11.12 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰のメッシが2発もバルセロナ、ホアキン弾など4発のベティスに打ち負ける… 乾は87分から出場《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第12節、バルセロナvsベティスが11日に行われ、3-4でベティスが勝利した。ベティスのMF乾貴士は87分から出場している。 ▽前節ラージョ戦を終盤の2ゴールで何とか逆転勝利した首位バルセロナ(勝ち点24)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグのインテル戦を1-1の引き分けに持ち込まれたものの、決勝トーナメト進出を決めた。そのインテル戦のスタメンから2選手を変更。デンベレと負傷したコウチーニョに代えてインテル戦で移籍後初ゴールを決めたマウコムと負傷明けのメッシを起用した。 ▽一方、前節セルタ戦を打ち合いの末に3-3で引き分けた14位ベティス(勝ち点13)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのミラン戦を優勢に運びながらも1-1の引き分けに持ち込まれた。そのミラン戦のスタメンから3選手を変更。カナレス、サナブリア、フェダルに代えてロレン、グアルダード、シドネイを起用した。 ▽開始1分にメッシに決定機が訪れ、6分にはマウコムがボックス左から際どいシュートを浴びせたバルセロナ。直後にはホアキンに決定機が訪れるなど、試合はオープンな展開で立ち上がっていった。 ▽しかし、マンツーマンを敷くベティスがバルセロナのパスワークを封じて流れを引き寄せると、20分に先制した。W・カルバーリョのスルーパスに抜け出したフィルポがボックス左でセルジ・ロベルトを交わし右足でシュートを蹴り込んだ。 ▽失点したバルセロナは25分、ゴール正面からのFKをゴール前のラングレが左足ボレーで合わせるも、GKパウ・ロペスのファインセーブに阻まれる。 ▽すると、ここからベティスの猛攻が始まる。まずは30分、ボックス右で仕掛けたテージョが左足で狙ったシュートが枠の右隅を捉えた。だが、GKテア・シュテーゲンの好守に阻まれる。 ▽さらに31分、フィルポの左クロスにロレンがダイレクトで合わせたシュートはわずかに枠の右に外れた。それでも34分、サイド攻撃で揺さぶってベティスがリードを広げる。左サイドから流れてきたクロスボールをボックス右で拾ったテージョがクロスを入れると、ホアキンがゴール左に流し込んだ。 ▽40分にもカウンターからロレンがゴールに迫ったベティスが、バルセロナを圧倒するまさかの展開で前半を終えた。 ▽後半からアルトゥールに代えてビダルを投入したバルセロナは、そのビダルが開始直後にミドルシュートでゴールに迫ると、48分にはメッシも際どいミドルシュートを浴びせていった。 ▽後半からギアを上げたバルセロナがマウコムに代えてムニルを投入すると、直後の58分にはスルーパスに抜け出たスアレスがボックス右から際どいシュートを放った。 ▽耐えるベティスは62分、ホアキンに代えてカナレスを投入。すると64分、ボックス右からテージョが際どいシュートを浴びせて牽制する。 ▽しかし66分、バルセロナがPKを獲得する。ジョルディ・アルバがメッシとのワンツーでボックス左に侵入すると、テージョに後方から引っ張られて倒された。このPKをメッシが決めてバルセロナが1点差に詰め寄った。 ▽だが71分、守護神のミスでバルセロナは再びリードを広げられる。ボックス右からロ・セルソが右足で放った何でもないシュートをGKテア・シュテーゲンは弾ききれなかった。 ▽追い上げムードに水を差されたバルセロナは79分、再び1点差に詰め寄る。メッシのスルーパスでボックス左に抜け出したムニルの折り返しをビダルが押し込んだ。 ▽ところが82分、ラキティッチがロ・セルソへのスライディングタックルで2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。そして10人となったバルセロナは83分に決定的な4失点目を食らう。 ▽フィルポの左クロスからカナレスにスライディングシュートで流し込まれた。結局、試合終了間際の追加タイム4分にメッシが1点を返したバルセロナだったが、3-4で敗れリーガ2敗目を喫している。一方、勝利したベティスはリーガ5試合ぶりの白星とした。 2018.11.12 02:14 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース