大迫先発のブレーメン、マインツに7試合ぶり白星献上で6位後退《ブンデスリーガ》2018.11.05 03:57 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは4日、ブンデスリーガ第10節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は56分までプレーしている。

▽前節レバークーゼン戦を6発粉砕された4位ブレーメン(勝ち点17)は、今季2ゴール目を決めた大迫が引き続き先発となり、[4-4-2]の右MFでスタートした。

▽6試合勝利のない13位マインツ(勝ち点9)に対し、ポゼッションを許す立ち上がりとなると、10分にピンチ。左クロスに反応したマテタにバー直撃のシュートを打たれてひやりとさせられる。続く16分にもサイド攻撃で揺さぶられ、ボックス右からカンディのシュートでGKを強襲された。

▽そして25分、マインツに先制を許す。右クロスをモイサンデルがクリアできずボックス中央のマテタに受けられると、シュートを決められた。

▽33分にもベルのシュートでGKを強襲されたブレーメンは、44分に大迫が右クロスにヘディングで合わせるもシュートは枠を捉えられず、低調な前半を1点ビハインドで終えた。

▽後半から大迫を2トップの一角に据えたブレーメンが攻勢に出るも、51分に追加点を奪われる。ボックス手前右からグバミンの放った左足ミドルがゴール右に突き刺さった。

▽2点を追う展開となったブレーメンは大迫に代えてピサーロとM・エッゲシュタインの弟であるヨハネスの両アタッカーを投入。

▽なかなか反撃の機会を窺えずにいたブレーメンだったが、78分に1点差に詰め寄る。右サイドをJ・エッゲシュタインが深くえぐってクロスを送ると、ピサーロが合わせた。

▽途中から入った2選手でゴールを奪ったブレーメンだったが、反撃はここまで。ブレーメンは2連敗となり、6位に後退している。
コメント
関連ニュース
thumb

“大迫問題”は一件落着か…ブレーメンSD、現地訪問の日本代表マネジャーと「話し合った」

日本代表FW大迫勇也はアジアカップ2019では準決勝や決勝で出場しながら、ブレーメンには実戦に出場できない状態で帰還。この件に関する話し合いを目的に日本代表マネジャーの津村尚樹氏がクラブに訪問したようだ。<br><br>大迫はアジアカップではグループステージ第1節トルクメニスタン戦(1月9日)にフル出場すると、右でん部の問題を抱えていたため、同24日に行われた準々決勝のベトナム戦の途中出場で復帰。そのままイランとの準決勝、カタールとの決勝にはフル出場を果たしていた。<br><br>だが大会後には所属チームへ復帰するも、背中の問題で再び戦線離脱。それを受けたクラブはJFA(日本サッカー協会)に向けて同選手のコンディションを考慮せずに起用したと非難し、今夏のコパ・アメリカに向けた日本代表への招集を拒否する姿勢を示した。<br><br>そして、地元メディア『ダイヒシュトゥーベ』曰く、この件でJFAの津村氏がクラブに訪問したとのこと。ブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)は「この件ついて意見交換をし、話し合った」と認め、JFAのメディカルスタッフが大迫は出場できる状態と判断したことや「ユウヤも自らプレーの準備ができていると話していた」と大会での状況についての説明を受けたことを明かした。<br><br>バウマンSDはまた、準決勝や決勝に出場したことは「回復のためにはならなかっただろう」と強調。それでも「私たちがどうこうすることはできないからね。状況を受け止めて最善を尽くすだけだ」と語り、この件は収束したと見なしている様子をうかがわせた。<br><br>なお、同SDは3月3日に行われるブンデスリーガ第24節ヴォルフスブルク戦で大迫が復帰する可能性について、「まだ望みはあるが、この先数日間様子を見なければいけない」とコメントしている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.27 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

背中を痛めた大迫勇也の復帰は遠く…ブレーメンSD「選択肢に入らない」

日本代表としてアジアカップを戦ったブレーメンのFW大迫勇也だが、まだ戦列復帰は遠いようだ。ドイツ『Deichstube』が報じた。 大迫は、1月に日本代表の一員としてアジアカップに参加。4ゴールを記録するなど、日本の準優勝に貢献した。 ブレーメンとしては、大迫の復帰を待ちわびていたものの、チームに復帰した大迫は背中の痛みにより欠場。アジアカップ以降は試合に出られていない。 この件に関しては、ブレーメンも日本サッカー協会(JFA)を非難し、6月に行われるコパ・アメリカに大迫を派遣しないという異例の声明を発表している。 大迫の状態について、スポーツディレクターのフランク・バウマン氏がコメント。22日に予定されているブンデスリーガ第23節のシュツットガルト戦には間に合わないとの見解を示した。 「ユウヤは特別なプログラムを終えた。徐々に良くなっている」 「しかし、私は彼がシュツットガルト戦の選択肢には入らないと思っている」 それでも、大迫の状態は回復しているとのこと。バウマン氏は「試合の間隔は8日間ある。それで十分だ」とコメント。3月3日に予定されている第24節のヴォルフスブルク戦には間に合うとの見解を持っているようだ。 大迫は第17節を最後に出場はなし。前半戦は14試合に出場し3ゴールを記録しており、チームとしては早く復帰してもらいたいところだろう。 2019.02.21 13:37 Thu
twitterfacebook
thumb

40歳クラウディオ・ピサーロがブンデス最年長弾! 22年ぶり更新

ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(40)がブンデスリーガ史に名を刻んだ。様々なデータを扱う『Opta(@OptaFranz)』が取り上げた。 ブレーメンは16日に行われたブンデスリーガ第22節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦。61分からピッチに入ったピサーロが1点ビハインドの後半アディショナルタイム6分に劇的ゴールを決め、土壇場で価値ある勝ち点1をもぎ取った。 昨年10月3日に40歳の誕生日を迎えたピサーロにとって、この劇的弾は40歳136日での得点。かつてブレーメンで活躍したミルコ・ボターバ氏が1996年に打ち立てた40歳121日のブンデスリーガ最年長得点記録を更新した。 ピサーロは1999年のブレーメン移籍を機に海外挑戦。その後、バイエルンやチェルシー、ケルンを経て、昨夏に4度目のブレーメン復帰を果たした。ブンデスリーガ通算成績は463試合195得点76アシスト。今シーズン3得点目を記録している。 2019.02.17 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がコパ・アメリカ不参加を承諾

ブレーメンは14日、日本代表FW大迫勇也のコパ・アメリカ不参加承諾を日本語版のクラブ公式ツイッター(@werderbremen_jp)で発表した。 今冬にアジアカップを戦った大迫はブレーメン合流後、背中の痛みを理由に、依然として公式戦出場なし。そうした状況を受け、ブレーメンは12日に「大迫をコパ・アメリカに行かせない」との声明文で、招待国としてコパ・アメリカに参戦する日本代表の招集拒否を表明した。 声明から2日後の14日、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督は「彼はコパ・アメリカへの不参加に理解を示し受け入れた。話し合いは選手の同意の下、JFAとの密接な調整の上で行っている。代表への派遣の義務はなく、その為、この様な決断を下した」とコメントした。 コパ・アメリカは6月に開幕。1999年以来2度目の出場となる日本代表はグループCに入り、チリ代表(6月18日)、ウルグアイ代表(同月21日)、エクアドル代表(同月25日)と対戦する。 2019.02.15 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、日本代表に不満…「大迫をコパ・アメリカに行かせない」

ブレーメンは12日、日本代表FW大迫勇也の状態を心配し、公式サイト上に声明を掲載した。 日本代表にとって最も欠かせない存在となっている大迫は、今年行われたアジアカップでも臀部の痛みを抱えつつ4試合に出場。惜しくも優勝はカタール代表に譲ったものの、準決勝のイラン代表戦では2ゴールを決めて森保ジャパンを決勝に導いた。 しかし、その後所属元であるブレーメンに帰還した大迫は未だ試合に出ることが出来ず。コンディション不良が伝えられており、公式戦2試合でベンチを外れている。 ブレーメンは12日、「大迫をコパ・アメリカに行かせない」というタイトルの声明を公式サイト上に掲載。声明の中では、「大迫はワールドカップでも日本のためにブンデスリーガの準備期間を逃し、1月にはアジアカップで使われた。腰痛で戻り、現在は起用不能だ」と日本代表への不満を露わにしている。 また、フランク・バウマンSDの「私たちは勇也がアジアカップの準決勝と決勝でプレー出来たことに驚いている。プレー出来ない状態で(ブレーメンに)戻ってきたにも関わらず、アジアカップで彼の負傷は悪化しなかったのだろう」と皮肉めいたコメントを紹介。さらに、「もちろん勇也は代表チームを助けたいと思っている。だが、ブレーメンは日本の最も重要な代表選手の一人が燃え尽きないように注意しなくては」と、大迫や日本代表を思ってこそのことだと主張している。 今年6月14日から7月7日にかけてブラジルで行われるコパ・アメリカ2019に、招待国として出場する日本。選手の招集には国際サッカー連盟(FIFA)に保障された強制力が働かないため、大迫を招集するのは困難と言えそうだ。 2019.02.13 12:05 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース