大迫先発のブレーメン、マインツに7試合ぶり白星献上で6位後退《ブンデスリーガ》2018.11.05 03:57 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは4日、ブンデスリーガ第10節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は56分までプレーしている。

▽前節レバークーゼン戦を6発粉砕された4位ブレーメン(勝ち点17)は、今季2ゴール目を決めた大迫が引き続き先発となり、[4-4-2]の右MFでスタートした。

▽6試合勝利のない13位マインツ(勝ち点9)に対し、ポゼッションを許す立ち上がりとなると、10分にピンチ。左クロスに反応したマテタにバー直撃のシュートを打たれてひやりとさせられる。続く16分にもサイド攻撃で揺さぶられ、ボックス右からカンディのシュートでGKを強襲された。

▽そして25分、マインツに先制を許す。右クロスをモイサンデルがクリアできずボックス中央のマテタに受けられると、シュートを決められた。

▽33分にもベルのシュートでGKを強襲されたブレーメンは、44分に大迫が右クロスにヘディングで合わせるもシュートは枠を捉えられず、低調な前半を1点ビハインドで終えた。

▽後半から大迫を2トップの一角に据えたブレーメンが攻勢に出るも、51分に追加点を奪われる。ボックス手前右からグバミンの放った左足ミドルがゴール右に突き刺さった。

▽2点を追う展開となったブレーメンは大迫に代えてピサーロとM・エッゲシュタインの弟であるヨハネスの両アタッカーを投入。

▽なかなか反撃の機会を窺えずにいたブレーメンだったが、78分に1点差に詰め寄る。右サイドをJ・エッゲシュタインが深くえぐってクロスを送ると、ピサーロが合わせた。

▽途中から入った2選手でゴールを奪ったブレーメンだったが、反撃はここまで。ブレーメンは2連敗となり、6位に後退している。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン、オーストリア代表MFカインツのケルン移籍合意を発表

ブレーメンは15日、オーストリア代表MFフロリアン・カインツ(26)がブンデス2部のケルンへ移籍することで合意したことを発表した。 シュトゥルム・グラーツでプロキャリアをスタートしたカインツは、ラピド・ウィーンでのプレーを経て、2016年にブレーメンに移籍。左ウイングを主戦場とする右利きのドリブラーは、昨シーズンのブンデスリーガで30試合に出場し3ゴール3アシストをマークしたが、今シーズンはバックアップ以上の役割をなかなか得られず、リーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 また、ブレーメンによればカインツは18日にケルンのメディカルチェックを受診するとのこと。なお、契約年数は公表されていないが、ドイツ『キッカー』によれば2022年までの契約となるようだ。 2019.01.16 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、ブレーメンから元チェコ代表GKドロブニーを獲得!

フォルトゥナ・デュッセルドルフは14日、ブレーメンから元チェコ代表GKヤロスラフ・ドロブニー(39)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「40」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 正GKのミヒャエル・レンジングをバックアップする頼れるベテランGKを獲得したデュッセルドルフのクラブ幹部、ルッツ・ファンネンシュティール氏は、「ヤロスラフ・ドロブニーを獲得したことにより、前半戦でのGKの負傷離脱による問題を解決することができた。彼はプロフェッショナルなプレーヤーであり、ピッチの内外でチームに貢献してくれるはずだ」とコメントしている。 母国のチェスケー・ブジェヨヴィツェでキャリアをスタートしたドロブニーは、ギリシャ、イングランド、オランダでのプレーを経て2007年にレンタル移籍したボーフムでドイツでのキャリアをスタート。 その後、ヘルタ・ベルリン、ハンブルガーSV、ブレーメンでブンデスリーガ通算200試合に出場。また、チェコ代表では通算7キャップを記録している。 なお、デュッセルドルフでは昨季ブンデスリーガ2部昇格に貢献した第2GKのラファエル・ヴォルフ、若手GKティム・ウィーズナーが負傷離脱を強いられており、当面はドロブニーが第2GKを務めることになる。 2019.01.14 23:06 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫勇也が本坊酒造とアンバサダー契約! 生まれ故郷と同じ創業地に「とても強い縁を感じています」

日本代表FW大迫勇也が、地元・鹿児島県の本坊酒造株式会社とアンバサダー契約を締結した。 大迫は鹿児島県南さつま市加世田の出身で、本坊酒造の創業の地も同じ鹿児島県南さつま市加世田ということで、今回の契約締結となった。 本坊酒造は百有余年に亘り一貫して変わらぬ姿勢、地域に根ざすという創業の精神を今に受け継ぎ、この地より蒸留酒とともに歩みながら発展。現在、鹿児島県、山梨県、長野県の製造拠点で、世界の人々に認められる品質を目指し、世界基準を見据えた誠実かつ独創性のある商品づくりの挑戦を続けている。 今回の契約に至った経緯について本坊酒造は、「同郷の出身として縁のある大迫選手が、世界の舞台で活躍し、人々の共感を呼び感動させる姿は、弊社の目指す「世界品質」のイメージと合致することから、このたび広告出演などアンバサダーとして起用する契約を結ぶこととなりました」と発表。また、「今回の契約により、世界での活躍がますます期待される大迫選手を応援するとともに、本坊酒造のブランド価値の一層の向上を目指してまいります」としている。 大迫本人もこの契約締結にコメント。「この度、本坊酒造株式会社とアンバサダー契約を結ばせて頂きました。プロサッカー選手として、今は海外でプ レーさせて頂いていますが、故郷である鹿児島に貢献したいという思いが、今回、この様な形で実現できることを大変嬉しく、光栄に思います。本坊酒造さんの創業地である鹿児島県南さつま市加世田は、僕が生まれた場所であり、とても強い縁を感じています。これから本坊酒造さんと一緒に鹿児島を盛り上げて行ければと思っておりますのでよろしくお願いします」と故郷への思いを語っている。 2019.01.11 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫勇也の不在を嘆かないブレーメン指揮官、アジアカップに理解「彼らは我々にとってのユーロに臨む」

日本代表の一員としてAFCアジアカップに臨むFW大迫勇也は、ブレーメンの冬季キャンプに参加できない。フロリアン・コーフェルト監督は同選手の不在を「嘆くのは偽善的」との見解を述べた。<br><br>ブレーメンは2018-19シーズンに好スタートを切るも、ブンデスリーガ第9節レヴァークーゼン戦を2-6で落としてからの8試合で1勝2分け5敗と大きく失速。そんななか、リーグ戦14試合に出場し3ゴール1アシストを記録した大迫がクラブがウィンターブレイク中に実施する南アフリカのキャンプに参加しないことも決定することに。<br><br>だが、コーフェルト監督は大迫の不在を嘆くことはないという。地元紙『ヴェーザー・クリーア』に対し、「私は代表選手に関しては明確な考えを持つ」と語り、「代表選手を獲得すれば、通常はクオリティーを加えることになる。なので、後になって彼らが代表に行かなければいけないことを嘆くのは偽善的だ」と強調した。次のように続けている。<br><br>「ユウヤは日本代表ではチームを背負うレギュラーの1人。彼らは我々にとってユーロと同じ位置づけの大会に臨む。ドイツでも1人の選手がユーロのためにチームから離れることになっても誰も疑問に思わないだろう」<br><br>「もちろん、ユウヤが冬季中断期中我々と一緒に過ごせたら良かったと思う。だが、希望するとおり成功に満ちた大会をプレーし、その後にはまた我々のチームの一員になるのでね」<br><br>日本代表はアジアカップで2月1日に行われる決勝に進出した場合、大迫は19日のブンデスリーガ第18節でブレーメンが臨むハノーファーとのアウェイ戦、26日のフランクフルト戦(ホーム)、2月2日のニュルンベルク戦(アウェイ)を欠場。コーフェルト監督はこれらの試合において同選手の不在を既に覚悟しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.04 21:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、RBザルツブルクからU-19オーストリア代表MF獲得!

ブレーメンは3日、RBザルツブルクからU-19オーストリア代表MFロマーノ・シュミット(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 母国のシュトゥルム・グラーツでプロキャリアをスタートした168cmの攻撃的MFのシュミットは、2017年にトップチームデビュー。その翌シーズンには国内の盟主ザルツブルクに加入。だが、日本代表FW南野拓実らを筆頭に分厚い攻撃陣の中で出場機会を得られず、ここまではリザーブチームにあたFCリーフェリングを主戦場にオーストリア2部でプレーしてきた。 なお、オーストリアの年代別代表の常連である逸材アタッカーを確保したブレーメンのスポーツ・ディレクターを務めるフランク・バウマン氏は、同選手を即戦力と考えておらず、18カ月間他クラブに武者修行に出す意向であることを明かしている。 2019.01.03 23:25 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース