超ワールドサッカー

インモービレのドッピエッタなど4発のラツィオが快勝《セリエA》2018.11.04 22:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは4日、セリエA第11節でSPALをホームに迎え、4-1で快勝した。▽前節インテル戦を0-3と完敗した4位ラツィオ(勝ち点18)が、14位SPAL(勝ち点12)をホームに迎えた一戦。

▽立ち上がりから地力に勝るラツィオが押し込む展開で推移すると、9分にカイセドが決定機を迎える。これは枠を外して先制のチャンスを逸したラツィオだったが、26分に先制した。

▽右CKからファーサイドのインモービレが完璧なボレーシュートで枠の右に突き刺した。その2分後、自陣左サイドを突破された流れからアンテヌッチのゴールを許してSPALに同点とされたラツィオだったが、気落ちすることなく攻勢をかけると、35分に再びインモービレがゴールを挙げる。

▽カイセドの粘りからペナルティアーク中央のインモービレがミドルシュート。DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。ハーフタイムにかけては慎重に試合を進めたラツィオが1点をリードしたまま前半を終えた。

▽迎えた後半もラツィオが主導権を握ると、59分に3点目を奪った。敵陣でボールを奪ったカタルディがボックス手前左から強烈なシュートをゴール左に突き刺した。

▽さらに70分にもパローロのミドルシュートが決まったラツィオが4-1で快勝。インモービレのドッピエッタなど4ゴールを挙げたラツィオが勝利を取り戻している。

コメント

関連ニュース

thumb

攻め手を欠いたラツィオ、サッスオーロとの上位対決はドロー《セリエA》

▽ラツィオは11日、セリエA第12節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節SPAL戦を4発快勝した4位ラツィオ(勝ち点21)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のマルセイユ戦では2-1と逃げ切り勝利を飾り、早々に決勝トーナメント進出を決めた。そのマルセイユ戦のスタメンから6選手を変更。ミリンコビッチ=サビッチやルリッチ、ラドゥ、負傷明けのルーカス・レイバといった主力が先発に戻った。 ▽6位サッスオーロ(勝ち点18)に対し、ラツィオは7分に先制する。インモービレのパスをボックス右で受けたL・アルベルトのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをパローロが押し込んだ。 ▽しかし15分、CKの流れからフェッラーリにヘディングシュートを決められ、あっさり試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽その後も押し込まれるラツィオは25分にベラルディに際どいボレーシュートを浴びた中、29分にボックス右からインモービレが際どいシュートを放って牽制した。ただ、ハーフタイムにかけては互いにチャンスを作れず1-1で前半を終えた。 ▽後半もサッスオーロにポゼッションを許したラツィオは、56分にL・アルベルトに代えてコレアを投入。 ▽しかし、引き続きチャンスを作れずにいると70分にピンチ。ダンカンのミドルシュートが枠の右隅を捉えたが、GKストラコシャが好セーブで凌いだ。 ▽終盤にかけては互いにゴールに迫れずにいた中、追加タイム3分にコレアがドリブルシュートに持ち込むも枠の上に外れ、1-1で引き分け。攻め手を欠いた上位対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2018.11.12 04:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオが決勝トーナメント進出、酒井フル出場のマルセイユは敗退決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節ラツィオvsマルセイユが8日に行われ、2-1でラツィオが勝利した。マルセイユDF酒井宏樹はフル出場している。 ▽前節アウェイでのマルセイユ戦を3-1と快勝した2位ラツィオ(勝ち点6)は、インモービレやパローロ、アチェルビといった主力が先発になり、ミリンコビッチ=サビッチがベンチスタートとなった。 ▽一方、ホームでラツィオに敗れた最下位マルセイユ(勝ち点1)は、トヴァンやグスタボが先発し、パイエがベンチスタートとなった中、酒井が5バックの右サイドでスタートとなった。 ▽試合は7分、まずはマルセイユがゴールに迫る。スローインの流れからゴール前に詰めていた酒井が押し込みにかかるも、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 ▽その後も勝利が必要なマルセイユが前がかり、酒井も攻撃参加を図るが、慎重に試合を進めるラツィオ相手にシュートに持ち込むことはできない。 ▽前半終盤の43分、ボックス手前右からトヴァンがミドルシュートを浴びせてGKストラコシャを脅かしたマルセイユだったが、前半終了間際の追加タイム1分に失点する。左サイドに流れたインモービレのクロスをパローロにヘッドで押し込まれた。 ▽少ないチャンスを生かして先手を取ったラツィオは迎えた後半、マルセイユの攻撃を受け止めると、55分に追加点を奪った。インモービレのスルーパスをボックス左で受けたコレアがGKとの一対一を制した。 ▽2点を追いかける展開となったマルセイユは60分、相手陣内でパスをカットしてショートカウンターを仕掛けると、サンソンのパスを受けたトヴァンがボックス右からシュートを流し込んで1点差に詰め寄った。 ▽勢いに乗るマルセイユは続く65分、ストロートマンがミドルシュートでゴールに迫ると、パイエを投入。一方のラツィオはミリンコビッチ=サビッチを投入し、71分にはインモービレがヘディングシュートで3点目に迫った。 ▽終盤、サールの投入によって左サイドに回った酒井が攻撃の活性化を図ったマルセイユだったが、試合終了間際のエンジエのボレーシュートはGKストラコシャのビッグセーブに阻まれ、ラツィオが逃げ切り。昨季ファイナリストであるマルセイユの敗退が決まり、ラツィオが決勝トーナメント進出を決めている。 2018.11.09 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオが32歳ラドゥと延長合意! 新契約は2021年6月まで

▽ラツィオは3日、ルーマニア代表DFステファン・ラドゥ(32)の契約更新を発表した。新契約は2021年6月までとなる。 ▽ラドゥは、2004年にディナモ・ブカレストでプロデビュー。センターバックと左サイドバックでプレー可能なDFとして、2008年からラツィオに籍を置く。 ▽そのラツィオで公式戦通算323試合7得点18アシスト。今シーズンは、ここまで公式戦8試合に出場して1アシストを記録している。 2018.11.04 08:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオの右サイドのスペシャリストを巡り、リバプールとトッテナムが熱視線

▽リバプールとトッテナムが、ラツィオに所属するモンテネグロ代表MFアダム・マルシッチ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 ▽セルビアのヴォジュドヴァツで2012年にプロデビューを飾ったマルシッチ。その後、ベルギーのコルトレイク、オーステンデを経て、2017年夏にラツィオ加入を果たした。主戦場は右サイドハーフとしながらも右サイドバックもこなすことができ、クラブでは右サイドのスペシャリストとしてウィングバックに定着。今シーズンも主力として公式戦10試合に出場している。 ▽今回伝えられるところによると、リバプールとトッテナムはマルシッチ獲得に既に動き出しているという。また、ドルトムントもここ数か月間マルシッチを注視しており、来年1月の移籍市場で獲得に動き出す可能性があるようだ。 ▽しかし、マルシッチとラツィオの契約は2022年までのため、獲得するには大金を費やす必要があることも伝えられている。 2018.10.31 17:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ルーカス・レイバに続きバデリも1カ月の離脱へ

▽ラツィオのクロアチア代表MFミラン・バデリが負傷し、1カ月の離脱を強いられるようだ。イタリア『Radio Sei』が伝えている。 ▽バデリは29日に行われたセリエA第10節インテル戦で先発出場していたが、右足太ももを痛めて34分に交代していた。 ▽また、同メディアによると25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節マルセイユ戦で負傷し、後半3分にピッチを後にしていた元ブラジル代表MFルーカス・レイバも約1カ月戦列を離れるとのことだ。 ▽共に中盤アンカーを務める両選手の離脱は、今後ELでマルセイユ戦(11/8)、セリエAでミラン戦(11/25)を控えるラツィオにとって大きな痛手となりそうだ。 2018.10.30 23:21 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース