超ワールドサッカー

シャキリ、リバプールにリスペクト求める「僕はバイエルンでプレーしていた」2018.11.04 21:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するスイス代表FWジェルダン・シャキリが、バイエルン時代に受けていた愛情をリバプールにも要求している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。▽昨シーズンまで所属していたストーク・シティがチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格したシャキリは、今シーズンからリバプールに加入。しかし、ここまでの公式戦でのプレー時間は388分間(約4試合相当)と、ポジション確保には至っていない。

▽インタビューに応じたシャキリは、リバプールでも自身がリスペクトされるべきだと語った。

「ストークが降格したことは、クラブや自分自身にとって非常に悪い経験になった。彼らが(プレミアリーグに)早く戻ってくることを願うよ。でも、あそこであんな目に遭ったとしても、僕はチャンピオンズリーグウィナーだ。リスペクトされるに相応しいと思う」

「僕は、ミュンヘンにある世界最大級のクラブの1つでプレーしていた。そして今、またしてもビッグクラブでプレーしている」

「だから、リバプールのシャツには何らプレッシャーを感じないよ」

「ミュンヘンに戻った時には、あそこのファンからは愛情を感じる。ここ(リバプール)でも同じものが欲しい」

▽シャキリは、2012年から2015年まで所属していたバイエルンでは、公式戦通算81試合17ゴール19アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)を制した2012-13シーズンには、公式戦39試合8ゴール13アシストの活躍を披露していた。

コメント

関連ニュース

thumb

リヴァプールに忠誠を誓うシャキリ、激しい定位置争いも「バイエルンで経験済み」と歓迎

リバプールで調子を上げ、第10節カーディフ戦、第12節フルアム戦とゴールを決めているシェルダン・シャキリ。フルアム戦の後、記者団の前でリバプールが自身にとって&ldquo;求めていた場所&rdquo;だったと語っている。<br><br>「リバプールで調子を上げてつつあるよ。チャンスを与えられているたびにベストを尽くそうとしているしね」<br><br>今月上旬、ツルヴェナ・ズヴェズダ戦のアウェー遠征では&ldquo;コソボ出身である&rdquo;という理由で現地入りメンバーから外されたことについては「僕がそこに行ったことで良からぬ注目を集めるのであれば、自宅にいたほうが妥当な判断だと思う。それに誰がプレーするかは(ユルゲン)クロップ監督の判断だからね」と発言。同選手はロシア・ワールドカップのセルビア戦でゴールを決めた後、両手をクロスさせ「双頭の鷲」を表現し、政治的なパフォーマンスにあたると物議を醸していた。<br><br>「クロップ監督は僕にもっとサッカーに集中してもらいたいと思ってくれているし、そんな中でも実際にチャンスを与えてくれる。常に最高のコンディションを保って、いつピッチに出てもいいようにマネージメントしないとね」<br><br>シャキリは現時点で、リバプールにおいてスタメンの座を奪うまでには至っていない。モハメド・サラーやサディオ・マネとのポジション争いについて聞かれると「その状況だって楽しんでいるよ。だって、バイエルンにいたときは(フランク)リベリ、(アルイェン)ロッベンとチームメイトだったからね。こういった環境はすでに熟知している。素晴らしい選手がたくさんいる環境であることは言うまでもない。リバプールの一員でいることを誇りに思っている」と述べている。<br><br>旧ユーゴスラビアのコソボで生まれたシャキリは、幼くして移住したスイスのバーゼルで育った。FCバーゼルで評価を高めた後、2012年にバイエルンへ移籍。その後2015年1月にインテルへ新天地を求め、同年の夏からストークでプレーしていた。ここで3シーズン過ごした後、2018年夏にリバプールへ完全移籍で加わっている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.13 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

もっとやれる! シャキリがゴール量産に自信

▽リバプールに所属するスイス代表FWジェルダン・シャキリがさらなる活躍に意欲を示した。 ▽今夏にストーク・シティから加入したシャキリ。ここまで出場したプレミアリーグ8試合でわずか3試合の先発にとどまっているが、11日に行われた第12節のフルアム戦で2試合ぶりのシーズン2得点目を記録するなど、出番があれば持ち前のバイタリティ溢れるパフォーマンスを披露している。 ▽だが、シャキリ自身は完全にポジションを掴み取るまで、活躍を続ける覚悟だ。イギリス『FourFourTwo』によれば、次のようにさらなるアピールを誓ったという。 「もっとゴールを決められる自信がある。自分の周りに良い選手がいて、より攻撃的で、ボールを支配できる条件が揃っていればね」 「でも、毎日の練習から準備をしておく必要がある。今の僕は感覚が良く、フィットしていて、チャンスごとにベストを尽くそうとトライしている」 「僕はバイエルンでフランク・リベリや、アリエン・ロッベンと一緒にプレーした。だから、才能のある選手がどれだけすごいのか、何ら驚きじゃない」 「異なる監督、異なるスタイルのフットボールだけど、バイエルンとリバプールの強さは同じさ。チームの比較は難しいね」 2018.11.13 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

黒い噂…スタリッジに賭博疑惑

▽リバプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)に黒い噂が浮上した。 ▽イギリス『BBC』によれば、スタリッジは今年1月、イングランドサッカー協会(FA)が違反行為として定める賭けごとに関与。フットボール選手の立場を利用した外部に対する情報漏洩の疑いがあり、FAから告発を受けた模様だ。 ▽これを受け、リバプールの広報は「彼がフットボール賭博に関与した事実はない」とコメントしたという。なお、スタリッジに対しては、20日までならば、この告発に応答する権利がある。 ▽なお、賭博関与の疑いがある時期は、スタリッジが丁度リバプールからWBAに移籍したタイミング。果たして、真実はいかに…。 2018.11.13 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、今季出場機会ゼロのFWソランケを今冬レンタルへ! プレミア中堅2チーム関心

▽リバプールがイングランド代表FWドミニク・ソランケ(21)を今冬にレンタル移籍させる意向のようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽チェルシーの下部組織出身のソランケは昨夏リバプールにフリーで加入。昨年行われたFIFA U-20ワールドカップ2017でU-20イングランド代表の初優勝に貢献し大会最優秀選手賞にも輝いた万能型FWは、試合終盤の途中出場がメインながら昨季は公式戦27試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽しかし、今季はセンターフォワードの2番手であるイングランド代表FWダニエル・スタリッジの復活やスイス代表FWジェルダン・シャキリの加入に伴い、ここまでトップチームでの出場機会はゼロ。先日にはイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が若手逸材の出場機会減に関して懸念を示していた。 ▽この状況を受けて、ユルゲン・クロップ監督はソランケに出場機会を与えるため、今冬の移籍市場でのレンタル移籍を検討しているようだ。そして、そのレンタル先としてウェストハムとクリスタル・パレスの2チームが名乗りを上げているようだ。 ▽とりわけ、ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケの長期離脱などの影響によってリーグ戦12試合でわずか8ゴールと得点力不足に悩まされるパレスは強い関心を示している模様だ。 2018.11.12 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのレジェンドDFヴィディッチが天敵フェルナンド・トーレスを語る

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドとして知られる元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチ氏が、現役時代に苦しめられた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスについて語った。同氏が『beIN SPORTS』で語っている。 ▽現役時代にサー・アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッドで元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏と共に鉄壁のセンターバックコンビを形成したヴィディッチ氏。 ▽攻守両面で質の高いパフォーマンスを見せていたヴィディッチ氏だが、唯一苦手としていたのがリバプール戦と当時エースストライカーとして活躍していたトーレスとのマッチアップ。なんと同氏はプレミアリーグでのリバプール戦12試合のうち、4試合で退場を経験していた。 ▽11日の“マンチェスター・ダービー”前に行われた『beIN SPORTS』のスタジオトークの中でリバプールに関する質問を受けた同氏はアンフィールドでの難しさと現サガン鳥栖FWについて語った。 「マンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーにとってアンフィールドは最もプレーするのが難しい場所だった。相手のファンは自分たちのすぐ上に居て、ピッチとスタンドの近さも難しい要因だった」 「あそこでのプレーを愛していたよ。なんせあそこで2度もレッドカードをもらったからね。個人的に楽しみ過ぎていたのかもしれない(笑)」 「私はリバプール戦で3度退場(実際は4度)を経験したが、トーレスに対してのプレーではなかった。確か、一度はシャビ・アロンソ、ジェラード相手にいずれも2枚目のカードをもらっていたと思う」 「トーレスはトッププレーヤーだった。恐らく、当時のプレミアリーグで最高のストライカーだったと思う。彼はユナイテッド相手にも幾つかのゴールを決めていたしね」 「トーレスに関しては一度良いプレーができたが、ある時は酷いゲームもあった。それがプレミアリーグというもので、必ずしも毎週最高のプレーができるわけではない」 「ただ、それがプレミアリーグでの魅力でもあるし、ある試合ではドログバのようなパワフルな相手と戦い、その次にはトーレスやアグエロのような相手と戦う」 「現役時代に多くの人が『あなたはもっとムキムキな人だと思っていた』と言ってきたよ。実際、私はそこまでムキムキに鍛えていなかったが、すべてのチャレンジに全力を注いでいた」 「その理由はドログバらと戦う一方、その次にはトーレスやアグエロのような相手と戦うことを知っていたからなんだ。彼らのようなタイプに対応する必要があったから、あまりジムで多くの時間を過ごすことはなかった」 「ただ、重心が低いタイプのプレーヤー相手にはなかなかうまくプレーできなかった」 2018.11.12 15:42 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース