トッテナムで躍動するルーカス・モウラ「まだ自分のベストをファンに披露できていない」2018.11.04 20:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムに所属するブラジル代表FWルーカス・モウラがさらなる成長に意気込んでいる。イギリス『ミラー』が伝えた。▽今年1月にパリ・サンジェルマン(PSG)からトッテナムに完全移籍したルーカス・モウラは、昨シーズンリーグやチームスタイルの変化に苦戦し、無得点に終わった。しかし、今シーズンは開幕3試合で3ゴールを記録するなど、順調な滑り出しを見せ、ここまで公式戦15試合5ゴール。10月には追加招集ながら2年半ぶりにブラジル代表に招集されるなど、復活に向かっている。

▽そんなルーカス・モウラは、今シーズンここまでのプレーに充実感を示すも、「まだ自分のベストを披露できていない」と主張している。

「僕は今シーズンうまくプレーできていると感じている。それでもまだ自分のベストをトッテナムのファンのみんなに見せることができているとは思っていないんだ。僕は自分自身への要求が多いし、常にもっと良くなりたいと思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

FKの名手エリクセン、今季直接FK8発のデンマーク代表後輩の台頭に危機感

トッテナムとデンマーク代表で絶対的司令塔に君臨するMFクリスティアン・エリクセンは、代表チームにおけるメインプレースキッカー剥奪の危機感を抱いているようだ。同選手がデンマーク『Bold』で語った。 アヤックス時代から卓越したキック精度とパワーを武器にメインプレースキッカーを担ってきたエリクセンは、数々の直接FKからのゴールやアシストを記録するなど、世界屈指のプレースキッカーとして知られる。 しかし、デンマーク代表においては新進気鋭のライバルの存在が気がかりになっているようだ。 その名手を脅かす存在となっているのが、コペンハーゲンに所属するFWロバート・スコブだ。現在、22歳のスコブは昨夏シルケボーからコペンハーゲンに加入すると、レアル・マドリーMFガレス・ベイルを彷彿とさせる大型レフティとして躍動。ここまでリーグ戦28試合に出場し24ゴール8アシストという圧巻のスタッツを残している。 とりわけ、注目を集めているのがパワフル且つ正確な左足のキックを生かしたプレースキックで前述の24ゴールのうちの8ゴールを直接FKによって決めている。 その新鋭の8ゴールに対して今季のトッテナムで一度も直接FKによるゴールを記録していないエリクセンは、危機感を抱いているようだ。 「デンマークリーグで多くのFKによるゴールを決めているロバートに大きな敬意を抱いているよ。それは本当に凄いことだよ」 「現時点で彼がプレースキックの役割を引き継ぐかはわからないけど、ロバートはそのうちチームに加わるから、そのときに見極める必要があると思う」 「確かに彼がこのまま成長を続けていけば、フリーキックシューターとして危機感を覚えるかもしれない。少なくとも今でも脅威に感じているよ」 ただ、ベイルのようにブレ球を使いこなすスコブに対してミスショットの少ないオーソドックスな蹴り方をするエリクセンは総合的に見れば、自身にアドバンテージがあると考えているようだ。 「もちろん、彼の左足を生かしたキックはアドバンテージになると思うけど、距離や角度、ボールといったシチュエーションに左右される部分も多いね」 なお、今回の代表ウィークでも招集されているスコブだが、ケガの影響でコソボ戦、スイス戦のいずれも欠場する見込みだ。そのため、真のプレースキッカー争いは次回以降の楽しみとなる。 2019.03.22 01:52 Fri
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトがスパーズ残留に心が傾く?

トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(30)がクラブ残留に前向きな姿勢を見せているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 アルデルヴァイレルトとトッテナムの現行契約は今季終了までとなっていたが、クラブ側は今年1月に1年間の契約延長オプションを行使。これによって2020年まで残留することが決まった。 ただ、サラリー面で不満を示すアルデルヴァイレルトは新契約には同意しておらず、選手自身が移籍を望んだ場合、今夏2500万ポンド(約36億円)での移籍が可能となっている。そして、マンチェスター・ユナイテッドやユベントス、バルセロナといったクラブが獲得に興味を示している。 今後の去就に注目が集まるアルデルヴァイレルトだが、20日に自身のインスタグラム『tobyalderweireld』でベルギー代表でのトレーニングの様子を写した画像を投稿した際に、スパーズ残留に前向きな反応を示した。 この投稿に対してスパーズファンから、「もう少し長くスパーズに残留してくれないかな?」というメッセージを受けたアルデルヴァイレルトはこのメッセージに“いいね”を押し、残留に前向きな姿勢を示した。 また、直近のイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでは、「今シーズンはまだまだやるべきことがたくさんある。そして、僕とスパーズにはあと1年の契約が残っているし、現時点で今シーズンよりも先のことを見るべきではないと思う。僕はスパーズにとても満足している。そして、未来がもたらすものを見守ろうじゃないか」と、今後について語っていた。 2019.03.21 03:01 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ペリシッチ獲得に動くか ミラノダービーにスカウト陣派遣?

トッテナムがインテルに所属するクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(30)への関心を強めているようだ。イタリア『FCInterNews』が伝えている。 インテルで好パフォーマンスを披露して続けているペリシッチには、今冬の移籍市場でアーセナルから関心を寄せられていた。選手本人もクラブに移籍の希望を伝えるなど、実現するかに思われたが、移籍期間を過ぎても発表はなく、破談に終わった。 そんな中、昨夏にも興味を抱いていることが伝えられていたトッテナムが再び動き出している模様。同クラブの指揮官であるマウリシオ・ポチェッティーノ監督も来シーズンの強化に向けた一手としてペリシッチ加入を望んでおり、17日に行われたセリエA第28節のミランvsインテルのミラノダービーにスカウトを派遣していたようだ。 しかし、30歳の選手にインテル側が求めているとされる移籍金3500万ユーロ(約44億円)を投じることにはまだ踏み切れていないという。以前にもプレミアリーグ行きが「夢」だと語っていたペリシッチだが、果たしてトッテナムは獲得に動くのだろうか。 2019.03.20 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、CL展望を語る「優勝候補はバルセロナ。しかし…」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の展望を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヨーロッパNO.1の座を争うCLもラウンド16が終わり、ベスト8が出揃った。4月9日から開催される準々決勝の対戦カードは、アヤックスvsユベントス、リバプールvsポルト、トッテナムvsマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドvsバルセロナに決定している。 そんな中、トッテナムのポチェッティーノ監督は優勝候補筆頭にバルセロナを挙げた。しかし、トッテナムが大会をかき乱す存在になることを期待している。 「優勝候補を挙げるとするならバルセロナだ。バルベルデは素晴らしい仕事をしている。それにバルセロナには驚異的な選手たちがいる。それに(リオネル・)メッシもいるからね」 「マンチェスター・シティやユベントスのようなチームにも常にチャンスはある。それを成し遂げるだけの力があるチームだ。ただ、CLには常にサプライズが起こる可能性がある。それがトッテナムであることを願っている」 「マンチェスター・ユナイテッドのここ数年の構築は、大きなことを成し遂げるためのものであったと思う。ただ、CLやプレミアリーグのような大きな大会は、常にディティールが分かれ目となる」 「もちろん彼らにもバルセロナを困難に陥れることができる選手たちがいる。しかし、バルセロナはユナイテッドより一個上にいると思っている」 2019.03.19 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、新スタジアムのこけら落としが4月3日のC・パレス戦に決定!

トッテナムの新スタジアムのこけら落としが4月3日に行われるプレミアリーグ第31節延期分のクリスタル・パレス戦に決定した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 トッテナムは1899年から使用していたホワイト・ハート・レーンを2016-17シーズンを最後に取り壊し、6万2000人収容の新たなスタジアム建設へ着手。当初の予定では昨年8月に完成し同9月から公式戦を戦う予定になっていた。 しかし、「セキュリティー・システムに重大な欠陥が見つかった」として数回にわたって工期の延期が伝えられてきた。その後、今月8日には新スタジアムの開場時期が4月上旬になる見込みであることを発表していた。 その開催日に関してトッテナムとパレス、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの3者による話し合いが先週行われ、ブライトンがFAカップを勝ち上がった場合、4月3日に行われるプレミアリーグ31節延期分のパレス戦がこけら落としの一戦に。敗れた場合は4月7日に行われる33節のブライトン戦とすることで合意に至っていた。 そして、17日に行われたFAカップでブライトンがPK戦の末にミルウォールを破って準決勝進出を決めたことで、4月3日のパレス戦がこけら落としの一戦となることが決まった。 なお、正式開場に向けて今月24日と30日にテストイベントが開催される予定だ。24日のテストイベントでは、クラブの生え抜きで昨季限りで現役を引退した元イングランド代表MFのライアン・メイソン氏が率いるU-18チームがサウサンプトンのU-18チームと対戦する。 また、30日に行われる最終イベントではスパーズのレジェンドチームがインテルのレジェンドで構成される“インテル・フォーエバー”と対戦する。前者は3万人収容、後者は4万5000人収容の形で開催される。 2019.03.18 02:05 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース