サッリ、ドリンクウォーターとモーゼスの構想外を示唆「4-3-3に適していない」2018.11.04 14:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターとナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼスについて言及した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。▽昨シーズン公式戦22試合に出場したドリンクウォーターと公式戦38試合に出場したモーゼス。しかし、サッリ新体制を迎えた今シーズンドリンクウォーターは、ここまでプレミアリーグでの出場はなく、ベンチ入りはわずか1度だけ。モーゼスは公式戦出場時間がわずか176分にとどまっている。

▽そんな中、サッリ監督は両選手についてコメント。自身が採用する[4-3-3]のシステムに適していないと構想外を示唆している。

「ドリンクウォーターは私が敷く中盤3枚の中でプレーするのに適していないと思っている」

「2カ月前に私は考えを彼に伝えた。モーゼスはウイングやサイドバックよりもウイングバックが適していると思っている」

「彼らは良くならなくてはならない。ただ、その特徴は少し異なるものだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ウィリアン、再度チェルシー残留を強調

ブラジル代表MFウィリアン(30)が、改めてチェルシー残留を強調している。イギリス『メトロ』が伝えた。 チェルシーとの契約が残り1年となっているウィリアンには様々な移籍の噂が流れている。30歳のウィリアンは、クラブの方針から単年契約しか結ぶことは出来ないが、ブラジル代表アタッカーはチェルシー残留を望んでいるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』に語った。 「契約は残り1年だけど、もちろん僕はこのクラブに留まりたいと思っている。彼らが僕をどう思って入りかわからないけど、僕自身はここでプレーを続けたい」 「このクラブは僕にとって特別なんだ。いくつもタイトルを手にしてきたし、ファンやこのクラブで働く人たちからの愛情を感じることができる」 「ここは本当に心地いいよ。良いプレーをしてゴールができればすごく嬉しい。違った光を与えられることが出来ると信じている」 ウィリアンがこのように語るのは今回が初めてではない。以前からチェルシーへの忠誠を誓っており、クラブもそれに応えようと異例の2年契約を結ぶのではないかと報道もされた。2013年の加入以降、これまで公式戦282試合に出場しているウィリアン。現在のところ、チェルシーから契約延長のオファーは届いてないようだが、今後の動向に注目したい。 2019.03.21 20:51 Thu
twitterfacebook
thumb

サッリ監督にさらなる向かい風、数百名単位のサポーターがチケットを転売

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督に更なる向かい風が吹いている。 イギリス『デイリー・メール』によると、現在数百人のシーズンチケットホルダーがクラブ公式の交換サービスにホーム戦のシートを売りに出しているという。これは不甲斐ない成績を続けるサッリ監督への反抗的な態度の表れであり、最近では試合中にサッリ監督の戦術「サッリ・ボール」を批判するチャントを歌われたことが話題にされた。 17日に行われたプレミアリーグ第31節のアウェイでのエバートン戦に0-2で完敗したことも受け、サッリ監督への向かい風はさらに強まりを見せている。 来月8日の第33節のウェストハム戦では、ダービーにも関わらず400名以上のチケットホルダーが売りに出しており、また、同22日の第35節のバーンリー戦でも多くのチケットが売りに出されているほか、中にはシーズンチケットを持っていても試合を見に行かない者もたくさんいるようだ。 信頼を失い続けるサッリ監督。果たして、離れていったサポーターの心を取り戻すことはできるのだろうか。失敗した場合の未来は想像に難くない。 2019.03.21 18:41 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、オドイのイングランド代表招集を歓迎せず?

チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得を狙うバイエルンだが、夏の移籍市場に向けて懸念点があるようだ。イギリス『メトロ』がドイツ『ビルト』の情報をもとに伝えている。 FWフランク・リベリとFWアリエン・ロッベンという2人の重鎮が今季限りで退団濃厚となっているバイエルンは、彼らの代わりとなり得る若く有望なウインガーを探している。その中でもとりわけ強い関心を示してきたのがオドイだ。今冬の移籍市場では数回にわたってオファーを出し続けたが、最終的な3500万ポンド(約50億円)のオファーもチェルシーに拒否されたことが伝えれれている。 だが、バイエルンのオドイへの関心は留まることを知らず、夏にも獲得に動くと見られているが、懸念されているのが、オドイがイングランド代表に初招集されたこと。イングランドサッカー協会(FA)は18日、前線の選手に故障者が続出していることから、18歳のオドイに初招集をかけた。 これにより、オドイの市場価格が高騰することが予想されており、現在2500万ポンドと見積もられている同選手の価値が急上昇してしまうことをバイエルンは恐れているようだ。 今後、オドイがさらなる活躍を見せればその価値はどんどん高まっていくことになるが、バイエルンはどのように対応していくのだろうか。 2019.03.21 17:27 Thu
twitterfacebook
thumb

J王者・川崎フロンターレが7月にチェルシーと対戦が決定!《明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ》

Jリーグは20日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」にて、川崎フロンターレとチェルシーが対戦することを発表した。 「明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2019」は、Jリーグとして海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催される。 試合は7月19日(金)に日産スタジアムで開催される。キックオフ時間などは未定だ。今回の対戦実現に関して、Jリーグの村井満チェアマン、川崎フロンターレの小林悠、チェルシーのブルース・バック会長がコメントしている。 ◆村井満チェアマン(Jリーグ) 「今年、2年ぶりに明治安田生命Jリーグワールドチャレンジを開催いたします。Jリーグは今年から外国籍枠を緩和し、より高水準の競争力をクラブに求めておりますが、本大会は「Jリーグの中に世界をつくる」ために必要だと認識しております」 「開催目的に相応しい対戦相手として、プレミアリーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグの優勝経験もある欧州屈指のビッグクラブ、チェルシーFCを招待することになりました。現在リーグ戦2連覇中の川崎フロンターレがチェルシーFC相手にどこまで通用するのか、今から楽しみでなりません。Jクラブを代表して戦う川崎Fには「勝利」という結果も期待しています」 「また、本大会は明治安田生命保険相互会社様が特別協賛社となります。明治安田生命様には、日頃よりトップパートナーおよびタイトルパートナーとして日本サッカーの水準向上、スポーツ文化の醸成、国際社会における交流と親善というJリーグの理念にご賛同いただき、Jリーグやクラブへの協賛を通じて多大な貢献をいただいておりますが、本大会のご協賛を通じて、国際社会における交流と親善という三つ目の理念の実現への更なるご協力を大変うれしく思います。ご協賛に恥じない素晴らしい大会にしてまいります」 ◆小林悠(川崎フロンターレ) 「この度、Jリーグを代表して世界的に有名なビッグクラブ、チェルシーFCと試合ができるということですごく楽しみですし、自分たちのサッカーがどれだけ通用するかを試せる素晴らしい相手だと思います。メンバーを見ても知っている選手ばかりで、私が言うまでもなくワールドクラスの選手が揃っているチームです」 「以前、ボルシア・ドルトムントとの試合を行った際には、何も出来ず相手に翻弄されてしまったので、今回こそ日本のクラブ、Jリーグチャンピオンチームの意地を見せたいです」 「フロンターレのサポーターだけはなく、チェルシーの試合を見たいという皆さんもたくさん来てくれると思います。そんな皆さんたちにもこれがフロンターレのサッカーだというものを見せたいですし、フロンターレのことも好きになってもらえればと思います」 「また、Jリーグのサッカーって面白い、楽しいと感じてもらえるような試合にしたいと思います。明治安田生命保険相互会社様、Jリーグの関係者の皆様にこの素晴らしい機会をいただいたことを感謝します。 チーム一丸となって精一杯頑張ります!」 ◆ブルース・バック会長(チェルシー) 「チェルシーFCの来季プレシーズン日程に関して、その最初となる試合を正式に発表出来る事を非常に嬉しく思います。クラブにとって刺激的な夏になるでしょう。約7年ぶりに日本を再訪できる機会を非常に嬉しく思い、この試合の実現にあたりJリーグに感謝します。横浜国際総合競技場に集まる情熱的なファンを前に、新シーズンの準備を整える我々にとって、川崎フロンターレは間違いなく手強い対戦相手となるでしょう」 2019.03.20 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー期待の若手エイブラハムが来季のトップチーム挑戦を希望

チェルシーに所属するイングランド代表FWタミー・エイブラハムが、来季のトップチーム挑戦を誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2014年にチェルシーのアカデミーに入団したエイブラハムはブリストル・シティやスウォンジーシティへのレンタル移籍を重ねて順調に成長を続けている。今季はアストン・ビラにレンタルし、ここまでチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で31試合に出場し21ゴールを挙げる活躍を見せている。 昨年11月にイングランド代表デビューも果たしたエイブラハムには、ウォルバーハンプトンやライプツィヒからの関心が伝えられている。しかし、同選手の来季の目標は、チェルシーのトップチームで活躍することにあるようだ。 「それは来季の目標だね。子供の頃からチェルシーでプレーすることを信じていた」 「僕にはその力があると思う。チャンスが来ればそれを両手で掴み取る必要がある」 2019.03.20 15:32 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース