超ワールドサッカー

4戦連続スタメンの武藤嘉紀、前半で負傷交代も現地メディアは高評価「精力的だった」2018.11.04 12:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ニューカッスルFW武藤嘉紀は、ワトフォード戦で負傷により途中交代したものの高評価を得ている。

3日に行われたプレミアリーグ第11節で、ニューカッスルはホームでワトフォードと対戦。アヨセ・ペレスが65分にこの試合唯一の得点を奪い、この1点を守り抜いたニューカッスルが待望のリーグ戦初勝利を手にした。

4試合連続でスタメン出場を果たした武藤だったが、前半終了間際に負傷。アヨセ・ペレスと交代となっていた。それでも、現地メディアは及第点以上をつけている。

『クロニクル・ライブ』は、武藤を「7」と採点。「2度フリーキックを手に入れた。負傷でベンチに下がるまでは、活力のあるプレーを見せていた」と評している。また、『スカイ・スポーツ』は「6」と採点した。

なお、武藤の状態についてラファエル・ベニテス監督は「ムトウはふくらはぎを痛めた。しかし、状態について言及するのは時期尚早だ」と言及するにとどめている。

提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース