原口フル出場のハノーファー、シャルケとの下位対決に敗れる《ブンデスリーガ》2018.11.04 03:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハノーファーは3日、ブンデスリーガ第10節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。

▽前節アウグスブルク戦を原口のPK献上などもあって1-2と敗れた16位ハノーファー(勝ち点6)は、4日前に行われたDFBポカールのヴォルフスブルク戦では原口と浅野が共に先発した中で0-2と敗戦し、公式戦2連敗となった。苦境が続く中、原口は引き続きスタメンとなった。

▽15位に沈むシャルケ(勝ち点7)に対し、[3-4-2-1]で臨んだハノーファーは原口が左シャドーの位置に入った。

▽そのハノーファーが押し込む入りとなったものの、徐々にシャルケのポゼッションを許すと、20分には浮き球パスに抜け出したウートにネットを揺らされたが、わずかにオフサイドで助かった。

▽そして31分にはPKを献上しかけるも、VARで判定が覆り、再びハノーファーは救われる。さらに40分、スルーパスに抜け出したウートにGKとの一対一の局面を作られたが、枠を外してここも助かり、ハノーファーは何とかゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半開始4分、原口がゴールに迫る。ボックス手前中央から狙いすましたミドルシュートを放つと、ボールはわずかに枠の右に外れた。

▽すると56分、ハノーファーは軽率なミスからPKを献上する。GKチャウナーが浮き球のスルーパスを不用意に弾くと、ボックス左でこぼれ球を拾ったウートを倒してしまった。これをベンタレブに決められたハノーファーだったが、61分にアルボルノスのロングシュートで同点ゴールに迫ると、70分に追いついた。

▽原口のパスを受けた右サイドのベブが鋭いクロスを入れると、ウェイダントが頭で押し込んだ。

▽しかし、直後に勝ち越しを許す。ブルクシュタラーとのワンツーでボックス中央に侵入したエンボロにシュートを決められた。そして85分、シャルケに勝負を決定付けられる。アリのラストパスからボックス中央のウートにゴールを許した。

▽このまま1-3でハノーファーは敗戦。シャルケとの下位対決に敗れ、浮上のキッカケを見いだせずにいる。
コメント
関連ニュース
thumb

浅野拓磨にライバル出現! ハノーファーが長谷部誠の元同僚MFニコライ・ミュラーを獲得

▽ハノーファーは30日、フランクフルトからMFニコライ・ミュラー(31)をレンタル移籍で獲得した。同選手は2019年1月2日にチームに合流する予定だ。 ▽フランクフルトのユースチームを経てグロイター・フュルトでプロデビューを飾ったミュラーは、マインツを経て2014年にハンブルガーSV(HSV)に加入。同クラブでは左右のウイングを主戦場に加入から3シーズンに渡って活躍したが、クラブの2部降格に伴い、今夏にフランクフルトへ加入した。 ▽今シーズンは、ブンデスリーガ開幕から3試合連続出場を果たしたが、それ以降は出場機会が激減。ここまでリーグ戦7試合の出場に留まっていた。右ウィングやセカンドトップを主戦場とするミュラーは、日本代表FW浅野拓磨にとっては、強力なライバルとなる。 2019.12.31 02:45 Mon
twitterfacebook
thumb

後半戦での巻き返しを狙うハノーファー、ホッフェンハイムDFアクポグマをレンタルで獲得

▽ハノーファーは30日、ホッフェンハイムからDFケビン・アクポグマ(23)をレンタル移籍で獲得した。アクポグマは2019年1月2日にハノーファーに合流する。 ▽カールスルーエの下部組織出身のアクポグマは、2012-13シーズンにトップチームに昇格すると、翌年の夏にホッフェンハイムへ完全移籍。加入当初からセカンドチームでのプレーが続くと、2015年の夏からはデュッセルドルフへ2年間のレンタル移籍で加入した。 ▽ホッフェンハイムへ復帰した昨シーズンは、ブンデスリーガで22試合に出場するなど主力としてプレーしたが、今シーズンはここまでリーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 2019.12.31 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

MF原口元気がMF堂安律の展開力を賞賛! 「あのボールが来て嫌な選手はいない」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は29日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。練習で好連携を見せていたMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)を賞賛している。 ◆MF原口元気(ハノーファー/ドイツ) ──今日の練習ではMF堂安律との好連携を披露していたが 「彼は元々いい選手ですし、展開力もすごくあるので。ただ張ってるだけなのにスパンとサイドチェンジが来たりするし、それが彼の展開力良さかなと。あのボールが来て嫌な選手はいないので(笑)。よく見ててくれてるなと」 ──堂安と二人で逆足の両サイドを形成することに関して 「そうですね。久しぶりに左利きの選手が逆サイドにいるので、よくボールは来ますね。中入ってることが多いので。それはでもあんまり一緒に出ている時間もないので、今日とかはいい時間になったと思います」 ──明日の練習試合でも試しておきたいか 「でもまだ時間があるので色々な組み合わせを試せるだろうし、律だけじゃなくて組んだことがない選手が一杯いるので」 ──特に組んでみたい選手はいるか 「まずはコンディション。試すというよりも、練習生も入っての試合なので、難しい中でどれだけやれるかが一つ大事かなと。こういうところからしっかりやっていかなきゃな、というのはあります」 2018.12.29 22:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯で活躍も…MF原口元気、定位置奪取へ意気込み「1、2試合で変わる世界。逆を言えば…」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は28日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。森保一監督体制でポジションが奪われている状況の中、サッカーは「1試合、2試合で変わる世界」と語り、レギュラー奪取へ意気込んだ。 ◆MF原口元気(ハノーファー/ドイツ) ──現在定位置が奪われている状況。そういう状況で自身は「悔しさを気持ちで表せる」人だとある人が言っていたが 「昔からそうです。そういった状況の方が好きです。代表に入ってきた時も先輩たちがいて、彼らに追いつかなくてはいけない、奪い取らなくてはいけないという気持ちでやってきました。W杯でしばらくこの先出られるかなと思った矢先に、そういう状況になりました(笑) ただ、これはプラスだと思います」 「試合に出れるか出れないかの状況が好きですし、そういうメンタリティの方が自分は頑張れるということを知っています。自分にとってはでかいです」 ──調子が悪いという訳ではなく、いない時に奪われる形になったが 「サッカーなんてそういうものです。1試合、2試合で変わる世界なので。そんなことは何年もやって分かっています。逆にいえば、1、2試合スーパーなプレーをすれば変わります。それは舞台が大きくなればなるほど、その評価も上がります」 「試合に出るためにやっている訳ではなく、まずはアジアを取りに行くという中で、彼らのサポートもしたいと思います。その中で自分自身も奪いにいかなくてはいけないです。大前提として優勝しなくてはいけません。どんな状況でもチームのためにやりますけど…自分自身としては出て勝ちたいです。そのトライはしていきます」 2018.12.28 23:18 Fri
twitterfacebook
thumb

原口と宇佐美がマッチアップの日本人対決はデュッセルドルフがAT弾で制し3連勝!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節、ハノーファーvsデュッセルドルフが22日に行われ、0-1でデュッセルドルフが勝利した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨は負傷欠場、デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は70分までプレーしている。 ▽前節フライブルク戦を勝ち切れず1-1で引き分けた17位に沈むハノーファー(勝ち点11)は、昨季後半にレンタルで所属して昇格に貢献した原口がデュッセルドルフ相手に引き続きスタメンとなった。 ▽一方、首位ドルトムント相手に2-0と番狂わせを演じて金星を挙げた15位デュッセルドルフ(勝ち点15)は、宇佐美が4試合連続スタメンとなった。 ▽[3-5-2]の右ウイングバックで先発した原口と、フラットな[4-4-2]の左サイドで先発した宇佐美がマッチアップした一戦。 ▽互角の攻防で立ち上がっていった中11分、デュッセルドルフは好調のルケバキオのコントロールシュートでまずはゴールに迫る。 ▽その後はヴァイダントが攻撃を牽引するハノーファーが押し気味に試合を運ぶ中、36分にデュッセルドルフにチャンス。宇佐美のスルーパスでボックス左に抜け出したカラマンが枠内シュートを浴びせたが、GKの好守に阻まれた。続く37分にはボックス左に侵入した宇佐美がシュートと、デュッセルドルフが効果的に攻撃を仕掛けて前半を終えた。 ▽後半もハノーファーが押す流れで推移する中、カウンターを狙うデュッセルドルフが61分にチャンス。FKからジーセルマンの合わせたシュートがゴールラインを割りかけたが、GKエッサーのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もカマランのシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフは66分にはヘニングスのダイビングヘッドでゴールに近付いていく。そして70分に宇佐美がピッチを後にしたデュッセルドルフだったが、74分にも決定機。カラマンのポストプレーでボックス右に侵入したストガーがGKと一対一となったが、エッサーに止められてしまった。 ▽それでも追加タイム2分、デュッセルドルフが押し切った。ドリブルで持ち上がったフィンクがボックス手前左から左足でシュートを放つと、ここまで再三好守を見せてきたGKエッサーが守備範囲のボールを弾ききれずゴールに吸い込まれた。 ▽これが決勝点となってデュッセルドルフが勝利。3連勝とし、前半戦を締めくくっている。 2018.12.23 01:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース