超ワールドサッカー

武藤が無念の負傷交代もニューカッスルがA・ペレス弾で今季初勝利を飾る!《プレミアリーグ》2018.11.04 02:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第11節のニューカッスルvsワトフォードが3日に行われ、1-0でニューカッスルが勝利した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は47分までプレーした。▽公式戦11戦未勝利で19位のニューカッスルが、リーグ2連勝で6位のワトフォードをホームに迎えた一戦。前節サウサンプトンと引き分けたニューカッスルは、その試合からアジョセ・ペレスに代えてロンドンをスタメンで起用。武藤も4試合連続でスタメンに名を連ねた。

▽立ち上がりから一進一退の展開となる中、先にチャンスを迎えたのはワトフォード。15分、右CKをファーサイドのマリアッパが頭で合わせるも、これは相手DFがブロック。さらにセカンドボールをヒューズがダイレクトシュートで狙うと、味方の当たったボールを再びマリアッパが押し込んだが、これはゴール左に外れた。

▽ワトフォードは24分にも、R・ペレイラのパスでボックス左に侵入したホレバスの折り返しからゴール前に走り込んだデウロフェウが左足で合わせたが、シュートはゴール左に逸れた。

▽対するニューカッスルは26分、相手ボックス付近でパスカットしたケネディがボックス内に持ち上がりシュート。しかし、これは相手DFのスライディングブロックに阻まれた。

▽なかなか攻撃の形が作れないニューカッスルは、前半終了間際にアクシデント。47分、負傷した武藤に代えてアジョセ・ペレスを投入。さらに後半開始時にラッセルズを下げてシェアー、51分に負傷したシェルヴェイに代えてキ・ソンヨンをピッチに送り出し、早々と3枚の交代カードを使い切った。

▽すると、ニューカッスルは交代選手の活躍でニューカッスルがセットプレーから試合を動かす。64分、ケネディとのパス交換でボックス内侵入を試みたキ・ソンヨンがボックス左角手前でヒューズに倒されてFKを獲得。キ・ソンヨンが上げたシュート性のクロスをニアサイドのアジョセ・ペレスが頭で流し込んだ。

▽その後、A・グレイやオカカ、チャロバーと攻撃的な選手を投入したワトフォードの猛攻を受けたニューカッスルだが、相手のフィニッシュ精度に救われ、1-0で試合終了。ニューカッスルが公式戦12戦目にして今季初勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤ライバルが2ゴールでアピール…ベニテスも2連勝を手繰り寄せた活躍を絶賛

ニューカッスル・ユナイテッドのラファエル・ベニテス監督は、2ゴールを奪って勝利に貢献したFWサロモン・ロンドンを称賛した。<br><br>10日に行われたプレミアリーグ第12節でニューカッスルはホームでボーンマスと対戦。前節にようやく今シーズン初勝利を挙げたニューカッスルはこの試合、ロンドンが2ゴールをマークする活躍を見せ、ボーンマスを2-1で下して2連勝を飾った。なお、武藤嘉紀はベンチ外となっている。<br><br>今夏にニューカッスルに加入し、活躍が期待されるも無得点が続き、さらにはコンディションを落として試合から遠ざかっていたロンドンだが、リーグ戦初ゴールを含む2得点をマークして勝利に貢献。同選手の活躍に対してベニテス監督は『BBCスポーツ』で賛辞を送った。「ロンドンはよくやった。良い働きを見せ、相手ディフェンダーに立ち向かっていった。彼は持っている能力を見せつけ、我々に違いを与えてくれた」<br><br>また、今シーズン初の連勝を飾ったことへの喜びも口にした。「難しい試合になると思っていた。しかし、選手たちは全力を尽くし、雰囲気も良かった。これまでの試合でも良いプレーを見せていたが、この試合では最高のメンタリティを持って戦えていた」<br><br>復調を見せるロンドンの活躍により勝利したニューカッスル。前節に負ったケガが理由でこの試合を欠場した武藤とは対照的に、ベネズエラ代表ストライカーが2ゴールのアピールに成功したことで、前線のポジション争いはますます激化しそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.11 11:50 Sun
twitterfacebook
thumb

4戦連続スタメンの武藤嘉紀、前半で負傷交代も現地メディアは高評価「精力的だった」

ニューカッスルFW武藤嘉紀は、ワトフォード戦で負傷により途中交代したものの高評価を得ている。<br><br>3日に行われたプレミアリーグ第11節で、ニューカッスルはホームでワトフォードと対戦。アヨセ・ペレスが65分にこの試合唯一の得点を奪い、この1点を守り抜いたニューカッスルが待望のリーグ戦初勝利を手にした。<br><br>4試合連続でスタメン出場を果たした武藤だったが、前半終了間際に負傷。アヨセ・ペレスと交代となっていた。それでも、現地メディアは及第点以上をつけている。<br><br>『クロニクル・ライブ』は、武藤を「7」と採点。「2度フリーキックを手に入れた。負傷でベンチに下がるまでは、活力のあるプレーを見せていた」と評している。また、『スカイ・スポーツ』は「6」と採点した。<br><br>なお、武藤の状態についてラファエル・ベニテス監督は「ムトウはふくらはぎを痛めた。しかし、状態について言及するのは時期尚早だ」と言及するにとどめている。<br><br>提供:goal.com 2018.11.04 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀にブンデスから新たなライバル?1月のターゲットは長谷部同僚のフランス人FWか

日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは今冬、ブンデスリーガから新たなストライカーを獲得するのかもしれない。地元メディア『ノーザン・エコー』が伝えている。<br><br>報道によれば、ラファエル・ベニテス監督は決定力不足を解消するため、1月の移籍市場に向けて攻撃的MFとFWの獲得を要求しているとのこと。FWとしては当初、フランスのリールでブレイク中のFWニコラ・ペペを狙っていたが、4000万ポンド(約58億円)以上と高額な移籍金が発生するため、より安価で獲得が可能なターゲットを切り替えたと報じられている。<br><br>そこで獲得リストの最上位に浮上したのは、元日本代表MFの長谷部誠がプレーするフランクフルトで今季6ゴール5アシストと絶好調なフランス人FWセバスティアン・アラーだという。『ノーザン・エコー』は、ニューカッスルがニューカッスルは昨夏ユトレヒトからドイツに渡ったストライカーを以前から視察してきたことや、「ベニテス好みの前線をリードできる選手」であることが指摘している。<br><br>今夏にフランクフルトのライバルでもあるマインツから加わった武藤は、これまで新天地では公式戦10試合に出場しながら得点数は「1」にとどまっている。ここ最近は3試合連続スタメンと出場機会が増えているが、ポチェンシャルをすべて発揮しているとは言い難い状況にある。<br><br>苦しむイングランドの名門は、冬にもストライカーの補強に動くのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.02 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルが主将DFラッセルズと2024年まで契約延長!

▽ニューカッスルは1日、イングランド人DFジャマール・ラッセルズ(24)と、2024年までの新契約を結んだことを発表した。 ▽2014年にノッティンガム・フォレストから加入したラッセルズは6年の長期契約締結に喜んでいる。 「月まで飛んでいっちゃいそうだよ。ニューカッスルと長期契約が結べてとても嬉しい。本当に望んでいたことなんだ」 「選手として、僕たちはファンが満足できるようなものを与えなければならないし、そのためのパフォーマンスをしないといけない。そして、よりスペシャルなことをしなければならない」 「ここに来てから、あらゆることがポジティブだった。そして今は頭を上げる時だ。このチームを上位に連れていくためにね」 ▽ラッセルズは2014年にノッティンガム・フォレストから加入。1年間はノッティンガムで武者修行に励み、2015-16シーズンから本格的にニューカッスルの仲間入りを果たした。2016-17シーズンからは、当時22歳ながらキャプテンを任されるようになり不動の地位を獲得。これまでに公式戦112試合に出場している。 2018.11.01 19:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル戦後の不適切発言を指摘されたモウリーニョに処分なし

▽イングランドサッカー連盟(FA)は10月31日、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に対し、処分を行わないことを発表した。 ▽モウリーニョ監督は10月6日に行われ、3-2と劇的な大逆転勝利を収めたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦後、ピッチを去る際にポルトガル語で何か言葉を発する姿を映像で捉えられていた。 ▽その発言に対し、FAは同16日にモウリーニョ監督が不適切発言を行ったことを認定していたが、24日にモウリーニョ監督のヒアリングを行った結果、不適切発言を証明できず、当初のFAの決定が覆る格好となった。 ▽これにより報じられていたモウリーニョ監督のベンチ入り禁止処分はなされないこととなった。 2018.11.01 02:10 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース