アトレティコ、グリーズマン直接FKで先制もレガネスとのダービーはドロー…CLドルト戦に暗雲《リーガエスパニョーラ》2018.11.03 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは3日、リーガエスパニョーラ第11節でレガネスとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。▽リーガ7戦負けのないアトレティコと、前節レバンテに0-2で敗北したレガネスによるダービーマッチ。

▽アトレティコは、1-0で勝利したミッドウィークのコパ・デル・レイ、サン・アンドレウ戦からスタメンを6名変更。最後尾にGKオブラク、最終ラインにアリアス、サビッチ、リュカ、フィリペ・ルイス、中盤にコレア、サウール、ロドリ、レマル、2トップにグリーズマン、ジェウソン・マルティンスを起用した。

▽大方の予想通り試合の序盤からアトレティコが優位に試合を進行するが、レガネスはほぼ全員で自陣に守備ブロックを形成し簡単にはシュートを許さない。

▽キックオフ直後の2分に、グリーズマンのパスに抜け出したコレアがボックス右から右足を振り抜きバーを叩いたシーンも見られたが、これはオフサイドの判定。目立った見せ場がなく時計の針が進んでいく。

▽アトレティコの前線では個人技を頼りにジェウソン・マルティンスが打開を図ろうとするが、レガネスの守備を崩すには至らない。逆に30分にはカウンターからレガネスがボックス手前左でFKを獲得し、オスカルが直接狙う。枠を捉えなかったものの、左ポストを掠めるシュートがアトレティコゴールを脅かした。

▽さらに38分、アトレティコ陣内浅い位置の右サイドでボールを持ったエル・ザハルが思い切って右足を振り抜く。GKオブラクにキャッチされたものの、鋭いシュートが枠を捉えた。

▽レガネスの勢いに押されるアトレティコがやや守備的になり始めると、試合はこう着状態に。ゴールレスで折り返しを迎えることになった。

▽後半に入ると、勝ち点3が欲しいアトレティコが再び攻勢をかける。しかし、50分にフィリペ・ルイスがボックス手前中央にまで入り込んで放ったシュートはGKクエジャールにキャッチされ、スコアを動かすには至らず。

▽流れを変えたいシメオネ監督は、コレアに代えてビトロを投入。ダイナミックな動きが特徴的なアタッカーを送り出した。

▽69分、ついに試合が動く。再三に渡りドリブルでの仕掛けを繰り返しているジェウソン・マルティンスがボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのグリーズマンが直接狙うと、鋭くブレるボールが壁を越えてゴール右を射抜いた。

▽待望の先制点を奪い切ったアトレティコは、直後の72分にレマルに代えてトーマスを送り出す。アタッカーの枚数を1枚減らし、中盤のバランスを保ちつつ時間を進めていく。

▽しかし82分、今度はレガネスがアトレティコ陣内中央付近でFKを獲得。キッカーがボックス右に蹴り込むと、タリンの中央への折り返しがバーに当たり跳ね返る。最後は途中出場のカリージョが押し込み、スコアは1-1に。

▽再びリードを奪いたいアトレティコは、88分にジェウソン・マルティンスに代えてカリニッチを投入して猛攻をかけようとするが、再びネットを揺らすことはできず。試合はドローの結果に終わった。

▽この結果、アトレティコはリーガ8試合負けなしとしたものの、勝ち切ることができず。6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節ドルトムント戦に向けて暗雲を漂わせることとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージ守り抜いたマドリーがレガネスに雪辱果たして8強進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、レガネスvsレアル・マドリーが16日に行われ、ホームのレガネスが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り抜いたマドリーが2戦合計3-1としてベスト8進出を決めた。 ホームで戦った先週ミッドウィークの1stレグを3-0で快勝したマドリーは、先週末に行われたリーガエスパニョーラのベティス戦もダニ・セバージョスの劇的恩返し弾で競り勝ち公式戦2連勝を達成。絶対優位で迎えた敵地での2ndレグに向けてはベティス戦から先発4人を変更。セルヒオ・ラモス、カルバハル、モドリッチ、ベンゼマに代わってマルセロ、オドリオソラ、イスコ、ルーカス・バスケスを起用。システムも[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。 トップ下にイスコ、左右ウイングにバスケス、マルセロ、1トップにヴィニシウスを配した攻撃ユニットでこの試合に臨んだマドリーは序盤からボールを握るもののアタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュの形を見いだせない。 すると、時間の経過と共に相手のシンプルな縦に速い攻撃に手を焼き始める。それでも、相手のフィニッシュの精度に助けられて大きなピンチはなかったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制を許す。右サイドのエラソからのクロスをブラースヴァイトに頭で合わせられると、これは右ポストに救われる。だが、ゴール前の混戦からブラースヴァイトに蹴り込まれてネットを揺らされた。 その後も勢いづくレガネスにレシオ、ブスティンサとゴールを脅かされたマドリーは何とか1点ビハインドの状態で前半を終えた。 迎えた後半、マドリーはレギロンを下げてセバージョスをハーフタイム明けに投入。この交代でイスコを“ファルソ・ヌエベ”に配した[4-3-3]の布陣に変更した。 ここから試合の流れを好転させたいマドリーだが、前半同様に前線で起点を作れず、ヴィニシウスらの個人技以外で決定的な場面を作り出せない。その一方、守備の局面では粘り強い対応で決定機は許さない。 その後、精彩を欠いたイスコに代えてクリスト、バスケスに代えてディアスをピッチに送り込み逃げ切りを図るマドリーだったが、85分には最終ライン裏へ抜け出したサビンにあわや2点目という決定機を許す。 試合終盤にかけては左サイドを圧巻のスピードで突破したヴィニシウスのお膳立てからディアスに移籍後初ゴールのチャンスが訪れるが、これは相手GKと左ポストに阻まれる。その直後にはレガネスの猛攻からブラースヴァイト、サビンと続けて決定機が訪れたが、GKケイロル・ナバスの驚異的な連続セーブにより試合はこのまま0-1でタイムアップ。 敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージを守り切ったマドリーが2戦合計3-1のスコアで昨季準々決勝で敗れたレガネスにリベンジを果たし、ベスト8進出を決めた。 また、同日行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、セビージャvsアスレティック・ビルバオは、ビルバオが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り切ったセビージャが2戦合計3-2でベスト8進出を決めている。 2019.01.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ジローナ、レガネスからDFラウール・ガルシアをレンタルで獲得

ジローナは15日、レガネスからスペイン人DFラウール・ガルシア(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 デポルティボのカンテラで育ったラウール・ガルシアは、2008年にセカンドチームのデポルティボBに昇格すると、2010年にトップチームデビュー。その後、いくつかの国内クラブを渡り歩いた後、2017年の夏にレンタル移籍で加入していたレガネスへ完全移籍。 レガネスでは、在籍1年半で公式戦30試合に出場。しかし、今季はスポルティング・リスボンからレンタル移籍で加入した元アルゼンチン代表DFホナタン・シルバにポジションを奪われ、公式戦6試合の出場にとどまっていた。 2019.01.16 05:20 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、因縁のレガネスにホームで3発先勝! ディアスがデビュー《コパ・デル・レイ》

レアル・マドリーは9日、コパ・デル・レイ5回戦1stレグでレガネスをホームに迎え、3-0で先勝した。 4回戦でメリリャに2戦合計10-1で大勝したレアル・マドリーは、0-2で敗れたレアル・ソシエダ戦のスタメンから6選手を変更。ベンゼマやセルヒオ・ラモス、カゼミロにヴィニシウスらが引き続きスタメンとなった。そして、この冬にシティから獲得したディアスがベンチ入りした。 昨季コパ・デル・レイ準々決勝で敗退に追い込まれた因縁のレガネスに対し、年明け以降のリーガで1分け1敗と躓いているレアル・マドリーは[4-3-3]を採用。GKにケイロル・ナバス、4バックに右からオドリオソラ、ナチョ、セルヒオ・ラモス、レギロン、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにダニ・セバージョスとバルベルデ、3トップに右からL・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べた。 そのレアル・マドリーがポゼッションする流れで立ち上がっていくと、10分にセバージョスが枠内シュートを浴びせる。そして、ベンゼマが際どいシュートを放ってゴールに近づいていったが、18分にCKからブラースヴァイトにヘディングシュートでGKケイロル・ナバスを強襲されると、流れが暗転していく。 26分にはピンチを迎え、ブラースヴァイトにディフェンスライン裏を取られて決定的なシュートを許してしまった。さらに37分、CKからブラースヴァイトのヘディングシュートで再びGKケイロル・ナバスを強襲されてしまう。 それでも42分、オドリオソラが右サイドで仕掛けたところでグンバウにボックス内で倒され、PKを獲得。これをセルヒオ・ラモスが決めてレアル・マドリーが先制し、前半を終えた。 迎えた後半、敵陣で試合を進める優勢のレアル・マドリーは、68分に突き放した。バックパスをベンゼマがカットして飛び出したGKを引き付けてヴィニシウスへパス。ヴィニシウスが冷静にフリーのL・バスケスへパスを送り、無人のゴールに流し込んだ。 さらに77分、右サイドからのオドリオソラのクロスをヴィニシウスがボレーでゴール左に流し込んで3-0としたレアル・マドリーは、ヴィニシウスをお役御免としてディアスを投入。 そのまま3-0で勝利したレアル・マドリーが新年初勝利を飾り、16日に敵地で行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2019.01.10 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

レガネスがボロからデンマーク代表FWブラースヴァイトをレンタル!

レガネスは3日、イングランドチャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラからデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のエスビャウでキャリアをスタートしたブラースヴァイトはトゥールーズで頭角を表すと、2017年にミドルズブラに加入。昨季途中にはボルドーへのレンタル移籍を経験。今季はここまで公式戦19試合に出場し3ゴールを記録していた。 また、2013年にデビューを果たしたデンマーク代表ではセンターフォワードや左ウイングを主戦場に29試合で3ゴールを記録。昨年行われたロシア・ワールドカップでは全試合に出場していた。 2019.01.03 22:27 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡がレガネスからGKセランテスを獲得「日本は本当に私を惹きつける国」

▽アビスパ福岡は30日、レガネスからGKセランテス(29)が完全移籍加入したことを発表した。 ▽スペイン人のセランテスはビルバオの下部組織や、スペイン2部や3部のチームを渡り歩いて、2014-15シーズンからレガネスでプレー。加入当初はスペインのセグンダ・ディビシオンに所属していたが、15-16シーズンに2位でシーズンを終え、プリメーラ昇格。セランテスはそのシーズンはリーグ戦42試合に出場した。 ▽自身初のプリメーラ挑戦となった16-17シーズンは、シーズン途中に負ったケガにより大半を棒に振り、以降はほぼ出場機会を得られていなかった。 ▽今季もここまで未出場だったセランテスは福岡加入に際し、喜びのコメントを残している。 「アビスパ福岡が与えてくれたこの機会に、私はとても幸せで感謝しています」 「日本は本当に私を惹きつける国であり、そして今回、私がアビスパ福岡の野心的なプロジェクトを聞き、これに参加することができ幸運に感じています」 「できるだけ早くアビスパ福岡に適応し、アビスパ福岡に関係する皆さんが私を獲得して良かったと思えるようハードワークしていきます」 2018.12.30 19:31 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース