超ワールドサッカー

アトレティコ、グリーズマン直接FKで先制もレガネスとのダービーはドロー…CLドルト戦に暗雲《リーガエスパニョーラ》2018.11.03 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは3日、リーガエスパニョーラ第11節でレガネスとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。▽リーガ7戦負けのないアトレティコと、前節レバンテに0-2で敗北したレガネスによるダービーマッチ。

▽アトレティコは、1-0で勝利したミッドウィークのコパ・デル・レイ、サン・アンドレウ戦からスタメンを6名変更。最後尾にGKオブラク、最終ラインにアリアス、サビッチ、リュカ、フィリペ・ルイス、中盤にコレア、サウール、ロドリ、レマル、2トップにグリーズマン、ジェウソン・マルティンスを起用した。

▽大方の予想通り試合の序盤からアトレティコが優位に試合を進行するが、レガネスはほぼ全員で自陣に守備ブロックを形成し簡単にはシュートを許さない。

▽キックオフ直後の2分に、グリーズマンのパスに抜け出したコレアがボックス右から右足を振り抜きバーを叩いたシーンも見られたが、これはオフサイドの判定。目立った見せ場がなく時計の針が進んでいく。

▽アトレティコの前線では個人技を頼りにジェウソン・マルティンスが打開を図ろうとするが、レガネスの守備を崩すには至らない。逆に30分にはカウンターからレガネスがボックス手前左でFKを獲得し、オスカルが直接狙う。枠を捉えなかったものの、左ポストを掠めるシュートがアトレティコゴールを脅かした。

▽さらに38分、アトレティコ陣内浅い位置の右サイドでボールを持ったエル・ザハルが思い切って右足を振り抜く。GKオブラクにキャッチされたものの、鋭いシュートが枠を捉えた。

▽レガネスの勢いに押されるアトレティコがやや守備的になり始めると、試合はこう着状態に。ゴールレスで折り返しを迎えることになった。

▽後半に入ると、勝ち点3が欲しいアトレティコが再び攻勢をかける。しかし、50分にフィリペ・ルイスがボックス手前中央にまで入り込んで放ったシュートはGKクエジャールにキャッチされ、スコアを動かすには至らず。

▽流れを変えたいシメオネ監督は、コレアに代えてビトロを投入。ダイナミックな動きが特徴的なアタッカーを送り出した。

▽69分、ついに試合が動く。再三に渡りドリブルでの仕掛けを繰り返しているジェウソン・マルティンスがボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのグリーズマンが直接狙うと、鋭くブレるボールが壁を越えてゴール右を射抜いた。

▽待望の先制点を奪い切ったアトレティコは、直後の72分にレマルに代えてトーマスを送り出す。アタッカーの枚数を1枚減らし、中盤のバランスを保ちつつ時間を進めていく。

▽しかし82分、今度はレガネスがアトレティコ陣内中央付近でFKを獲得。キッカーがボックス右に蹴り込むと、タリンの中央への折り返しがバーに当たり跳ね返る。最後は途中出場のカリージョが押し込み、スコアは1-1に。

▽再びリードを奪いたいアトレティコは、88分にジェウソン・マルティンスに代えてカリニッチを投入して猛攻をかけようとするが、再びネットを揺らすことはできず。試合はドローの結果に終わった。

▽この結果、アトレティコはリーガ8試合負けなしとしたものの、勝ち切ることができず。6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節ドルトムント戦に向けて暗雲を漂わせることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

低調バルサがレガネスに今季初勝利献上で痛恨の今季初黒星…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、レガネスvsバルセロナが26日にムニシパル・デ・ブタルケで行われ、ホームのレガネスが2-1で勝利した。 ▽前節、アルトゥール、ビダル、ラングレを初先発させるターンオーバーを採用したバルセロナだが、そのラングレの一発退場が響きジローナ相手にドロー。今季開幕からの公式戦連勝がストップした。開幕から4敗1分けで未勝利のレガネスのホームに乗り込んだ今回の一戦では先発6人を変更。出場停止のラングレに代えてユムティティを復帰させたほか、左右のサイドバックにセルジ・ロベルトとヴェルメーレン。中盤はラキティッチとコウチーニョが復帰し、ルイス・スアレスに代わってムニルが最前線で起用された。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むバルセロナ。デンベレのミドルシュートで早速相手ゴールに迫ると、12分には右サイドのメッシから横パスを受けたペナルティアーク付近のコウチーニョがファーストタッチでボールを浮かせてしまうが、これを見事な右足のボレーシュートでゴール右隅に流し込んだ。 ▽幸先良く先制したバルセロナはその後も17分にメッシが枠を叩くシュートで2点目に迫るなど、上々の戦いぶりを見せる。しかし、時間の経過と共に不用意なボールの失い方から相手にカウンターを許すと、フアンフランやエン=ネスティリにボックス内で決定機を与える。ここはGKテア・シュテーゲンの冷静な対応で凌ぐもやや嫌な流れで前半を終えた。 ▽すると、後半の立ち上がりにバルセロナは痛恨の連続失点を喫する。52分、ボックス左に抜け出したホナタン・シルバの浮き球のクロスに対してDFヴェルメーレンの戻りが遅れると、これをエル・ザハルに頭で押し込まれ同点ゴールを献上。さらに直後の53分には相手のカウンターに対して後手を踏み、ボックス内でDFピケが無理な体勢でクリアしたボールがオスカルへの絶妙な折り返しとなり、これを難なく流し込まれた。 ▽いずれも緩い守備から逆転を許したバルセロナはムニル、ヴェルメーレン、デンベレを下げてスアレス、ジョルディ・アルバ、マウコムと続けて攻撃的なカードを切っていく。だが、ラキティッチの惜しいシュートなど散発的にチャンスを作るもののなかなかチャンスを作り切れない。 ▽今季未勝利のレガネス相手に勝ち点逸は許されないバルセロナは80分に最大の決定機を迎える。ボックス手前からコウチーニョがミドルシュート、このこぼれ球にラキティッチがダイレクトシュートで合わせるが、いずれも相手GKクエジャールのビッグセーブに阻まれた。その後も引いたレガネス相手に攻勢を続けたバルセロナだったが、試合はこのまま1-2のスコアでタイムアップした。 ▽10人での戦いを強いられた前節の影響か攻守に精彩を欠いたバルセロナはレガネスに今季初勝利を献上し、痛恨の今季初黒星となった。 2018.09.27 05:18 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝マドリーが開幕3連勝! ベイル公式戦10戦連発にベンゼマ&S・ラモスも連発!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第3節、レアル・マドリーvsレガネスが1日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが4-1で快勝した。 ▽敵地のジローナ戦をベンゼマの2ゴールなどによって4-1で勝利し、バルセロナと同様に唯一の開幕連勝を飾ったマドリー。今節では開幕2戦勝ちなしのレガネスとのマドリード自治州ダービーに臨んだ。今週中にリヨンからFWマリアーノを買い戻し、前線のポジション争いがより熾烈になる中、ロペテギ監督はアセンシオとベイル、ベンゼマと直近と同じ3トップを起用。その一方で、ヴァラン、モドリッチが先発に復帰し、GKにはチェルシーから新加入のクルトワがケイロル・ナバスに代わってデビューを果たした。 ▽開始6分にマルセロの浮き球パスに抜け出したアセンシオが惜しいシュートを放つなど、立ち上がりから攻勢を見せるマドリー。すると17分、ボックス右で味方からの浮き球のパスをカルバハルが頭で中央に折り返す。これをベイルが利き足とは逆の右足のボレーで合わせると、GKの手を弾いたボールがネットを揺らした。 ▽ベイルの公式戦10試合連続ゴールで先制に成功したマドリーだったが、23分にはボックス内でエラソの足をかけたカゼミロがファウルを取られ、痛恨のPK献上。デビュー戦のクルトワにいきなり見せ場が訪れるも、ここはキッカーのカリージョに難なく決められて同点に追いつかれた。 ▽この同点ゴールでレガネスに勢いを与えてしまったマドリーだが、その勢いを吸収しながら引き続きボールを握って勝ち越しゴールを目指す。だが、ベンゼマやベイルのシュートは相手GKのセーブに遭い、前半は1-1のイーブンで終了した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽迎えた後半、再びマドリーが早い時間帯にスコアを動かす。48分、左サイドのアセンシオが入れたクロスをゴール前のベンゼマが頭で右隅に流し込む。当初、主審はDFとの競り合いで手を使ったベンゼマのファウルと判断しノーゴールの判定を下すも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆りゴールが認められた。 ▽リードを手にしたマドリーはここから畳みかける攻めを見せる。61分には左サイドでベイルと絡んだマルセロがボックス手前のベンゼマにパス。ここでベンゼマはモドリッチとのパス交換でボックス右にボールを運ぶと、最後は右足の対角線のシュートをゴール左隅に突き刺し、この試合の自身2点目とする。続く66分にはボックス内で仕掛けたアセンシオが相手に足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのセルヒオ・ラモスがきっちり決めて試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽その後、モドリッチ、アセンシオ、ベイルと主力を下げてイスコ、ダニ・セバージョス、ルーカス・バスケスを次々に投入したマドリー。新7番マリアーノのお披露目というマドリディスタの願いは叶わなかったものの、最後まで積極的にゴールを目指すマドリーはイスコの超絶技巧などでスタンドを沸かせ、このまま4-1で快勝。攻撃陣爆発でレガネスに快勝のチームは開幕3連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、レガネスから攻撃的MFガブリエウ獲得!

▽ベンフィカは27日、レガネスからブラジル人MFガブリエウ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽なお、ポルトガル『A BOLA』の伝えるところによれば、移籍金は800万ユーロ(約10億3000万円)となったようだ。 ▽母国のレゼンデでキャリアをスタートしたガブリエウは2011年にユベントスに加入。ただ、同クラブのトップチームでは出場機会を得られず、スペツィアやペスカーラなどイタリア国内の複数クラブへのレンタル移籍を経て2015年夏には当時スペイン2部に所属していたレガネスにレンタルで加入した。 ▽そして、186cmの長身に加えて高精度の左足を兼備する攻撃的MFはリーグ戦7ゴールでレガネスのプリメーラ昇格に貢献すると、翌年に完全移籍で正式加入。昨シーズンはリーグ戦29試合に出場し5ゴール2アシストの数字を残していた。 2018.08.28 14:27 Tue
twitterfacebook
thumb

レガネスが今夏マドリー加入のウクライナ代表GKルニンをレンタルで獲得

▽レガネスは27日、レアル・マドリーからウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。 ▽ルニンはドニプロの下部組織出身で、2016年7月にトップチームへと昇格。2017年7月にゾリャ・ルハンシクへと完全移籍すると、2018年7月にマドリーへ完全移籍で加入。6年契約を結んでいた。 ▽すでにウクライナ代表としてもプレーしているルニンだが、チェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワが加入。コスタリカ代表GKケイロル・ナバス、元スペイン代表GKキコ・カシージャと層が厚く、出場機会が限られるため、レンタル移籍で武者修行することとなった。なお、背番号は「99」となる。 2018.08.28 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーのウクライナ期待の若手GKルニン、レガネスへのレンタル移籍が濃厚に

▽レアル・マドリーに所属するウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)のレガネスへのレンタル移籍が濃厚となっているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽各年代別のウクライナ代表に選出され、19歳にしてすでにフル代表デビューも飾っているルニンは、今夏に6年契約で母国のゾリャ・ルハンシクからマドリー入り。プロデビューを飾ってからこれまでの2シーズンでは、公式戦通算51試合に出場して20試合でクリーンシートを達成している欧州で最も評価されている若手GKの1人だ。 ▽伝えられるところによると、ルニンにはバジャドリーとラージョ・バジェカーノからも関心を寄せられている模様。ベルギーGKティボー・クルトワの加入によるチリ代表GKケイロル・ナバスの退団や、元スペイン代表GKキコ・カシージャのセビージャ移籍の噂からルニンが残留する可能性もあったようだが、前者はすでに残留希望を表明し、後者は未だ決まっておらず不透明となっている。 ▽そこでマドリーは、ルニンの武者修行を決断。プレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップですでにトップチームとのプレーを経験していることからカスティージャでのプレーよりも、トップリーグを経験することが適切であると判断したようだ。 2018.08.23 12:50 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース