アトレティコ、グリーズマン直接FKで先制もレガネスとのダービーはドロー…CLドルト戦に暗雲《リーガエスパニョーラ》2018.11.03 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは3日、リーガエスパニョーラ第11節でレガネスとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。▽リーガ7戦負けのないアトレティコと、前節レバンテに0-2で敗北したレガネスによるダービーマッチ。

▽アトレティコは、1-0で勝利したミッドウィークのコパ・デル・レイ、サン・アンドレウ戦からスタメンを6名変更。最後尾にGKオブラク、最終ラインにアリアス、サビッチ、リュカ、フィリペ・ルイス、中盤にコレア、サウール、ロドリ、レマル、2トップにグリーズマン、ジェウソン・マルティンスを起用した。

▽大方の予想通り試合の序盤からアトレティコが優位に試合を進行するが、レガネスはほぼ全員で自陣に守備ブロックを形成し簡単にはシュートを許さない。

▽キックオフ直後の2分に、グリーズマンのパスに抜け出したコレアがボックス右から右足を振り抜きバーを叩いたシーンも見られたが、これはオフサイドの判定。目立った見せ場がなく時計の針が進んでいく。

▽アトレティコの前線では個人技を頼りにジェウソン・マルティンスが打開を図ろうとするが、レガネスの守備を崩すには至らない。逆に30分にはカウンターからレガネスがボックス手前左でFKを獲得し、オスカルが直接狙う。枠を捉えなかったものの、左ポストを掠めるシュートがアトレティコゴールを脅かした。

▽さらに38分、アトレティコ陣内浅い位置の右サイドでボールを持ったエル・ザハルが思い切って右足を振り抜く。GKオブラクにキャッチされたものの、鋭いシュートが枠を捉えた。

▽レガネスの勢いに押されるアトレティコがやや守備的になり始めると、試合はこう着状態に。ゴールレスで折り返しを迎えることになった。

▽後半に入ると、勝ち点3が欲しいアトレティコが再び攻勢をかける。しかし、50分にフィリペ・ルイスがボックス手前中央にまで入り込んで放ったシュートはGKクエジャールにキャッチされ、スコアを動かすには至らず。

▽流れを変えたいシメオネ監督は、コレアに代えてビトロを投入。ダイナミックな動きが特徴的なアタッカーを送り出した。

▽69分、ついに試合が動く。再三に渡りドリブルでの仕掛けを繰り返しているジェウソン・マルティンスがボックス手前中央でFKを獲得。キッカーのグリーズマンが直接狙うと、鋭くブレるボールが壁を越えてゴール右を射抜いた。

▽待望の先制点を奪い切ったアトレティコは、直後の72分にレマルに代えてトーマスを送り出す。アタッカーの枚数を1枚減らし、中盤のバランスを保ちつつ時間を進めていく。

▽しかし82分、今度はレガネスがアトレティコ陣内中央付近でFKを獲得。キッカーがボックス右に蹴り込むと、タリンの中央への折り返しがバーに当たり跳ね返る。最後は途中出場のカリージョが押し込み、スコアは1-1に。

▽再びリードを奪いたいアトレティコは、88分にジェウソン・マルティンスに代えてカリニッチを投入して猛攻をかけようとするが、再びネットを揺らすことはできず。試合はドローの結果に終わった。

▽この結果、アトレティコはリーガ8試合負けなしとしたものの、勝ち切ることができず。6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節ドルトムント戦に向けて暗雲を漂わせることとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

主力温存のアトレティコがサウール弾でリーグ戦4連勝! CLユベントス戦に向け好調を維持《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは9日、リーガエスパニョーラ第27節でレガネスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦3連勝中の2位アトレティコ・マドリーが、本拠地ワンダ・メトロポリターノに13位のレガネスを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのユベントス戦を控えるアトレティコは、前節ソシエダ戦の先発からグリーズマン、ロドリゴ・エルナンデス、ホセ・ヒメネス、GKオブラク以外の7人変更して試合に臨んだ。 試合序盤はショートパスを多用しボールを保持するレガネスに対して、アトレティコは堅い守りからカウンターを狙う。すると7分、アトレティコは中央を持ち上がったコレアのパスを受けたグリーズマンがボックス右から右足を振り抜いたが、このシュートは僅かに枠の上に外れた。 さらに13分には、コレアのパスでボックス右に抜け出したビトロの折り返しをゴール前のカリニッチが頭で合わせたが、これは相手GKが正面でキャッチ。 その後は互いに決定機が作れず膠着状態続く。そんな中、アトレティコは41分に左サイド高い位置でFKを獲得すると、グリーズマンのFKをファーサイドのホセ・ヒメネスが頭で折り返したが、これはゴール前に詰めたカリニッチの前で相手DFにクリアされた。 迎えた後半、アトレティコはグリーズマンとソラーノを下げてレマルとサウールを投入する2枚替えを敢行。すると49分、カリニッチと入れ替わったコレアがボックス右でオメルオに倒され、PKを獲得。サウールのPKはGKルニンが弾くも、こぼれ球を再びサウールが押し込み、アトレティコが先制した。 先制点で勢いづくアトレティコは、52分にもボックス手前でパスを受けトーマスがミドルシュートで相手ゴールを脅かすも、相手DFにディフレクトしたボールは惜しくもクロスバーを直撃。さらに61分には、ボックス左手前獲得したFKをレマルが直接狙うも、このFKは相手GKがわずかに触り左ポストを叩いた。 1点を追うアラベスは71分にエラソとブラースヴァイトを下げてエル・ザハルとカリージョを投入。対するアトレティコは、73分にカリニッチを下げてフアンフランを投入し、3枚の交代カードを使い切る。 終盤にはレガネスに押し込まれる展開が続いたものの、なんとか耐えたアトレティコがサウールにゴールを守り抜き、リーグ戦4連勝を飾った。 2019.03.10 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、コンドグビア弾で先制も終盤レガネスに追いつかれ4戦連続ドロー…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第25節のレガネスvsバレンシアが24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 リーガ6試合負けなしも3試合連続ドロー中の暫定10位バレンシア(勝ち点32)が、前節ソシエダに0-3で完敗して4戦ぶりの黒星を喫した暫定14位レガネス(勝ち点29)のホームに乗り込んだ一戦。 バレンシアは、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのセルティック戦からスタメンを8名変更。ガライ、パレホ、サンティ・ミナらに代えて、ガヤ、コンドグビア、ロドリゴらを起用した。 試合開始早々の2分、左CKを獲得したレガネスがバレンシアゴールを脅かす。ゴール前の競り合いからボックス手前中央にボールが浮き上がると、エン=ネスティリが左足でオーバヘッドシュート。しかし、これはGKネトが弾き出した。 いきなりヒヤリとさせられ、その後も思う様に攻め込めないバレンシアだったが、10分に反撃に出る。右サイドからのクロスが中央まで流れると、飛び込んだガヤが左足を強振。バーに阻まれて得点とはならなかったが、惜しいシーンを作り始める。 そして22分、バレンシアが試合を動かす。ボックス手前右のFKの場面でキッカーを務めるのはソレール。ボックス内に蹴り込むと、レガネスDFとの競り合いを制したコンドグビアが放ったヘディングシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 その後ややレガネスが息を吹き返すものの、奮闘するGKネトの牙城を崩すことが出来ず。バレンシアがゆったりとボールを回し、リードを保って試合を折り返す。 後半に突入した試合もどちらが優勢とも取れない展開で進行。1点を追うレガネスのチーム内得点王エン=ネスティリをターゲットとした攻撃は中々実を結ばないが、カウンターを繰り出すバレンシアも思う様にシュートまで持ち込めない。 それでも、追加点が欲しいバレンシアは60分にチャンスを作り出す。右サイド深い位置でボールを持ったピッチーニが対峙したレガネスDF2人の間を抜くドリブルを披露。そのままボックス内中央にボールを渡すとロドリゴがワントラップして左足を振り抜いたが、シュートは左に外れる。 攻め込まれる回数が増えてきたレガネスは、65分に選手を交代。一枚カードをもらっていたDFクラベツに代えて、FWエル・ザハルを投入した。より攻撃的なアタッカーに打開を託し、戦況を覆しにかかる。対するバレンシアも、ロドリゴに代えてガメイロを送り出した。 しかし、ここでバレンシアにアクシデントが発生。空中戦の競り合いの中で相手の肘を顔面に受けてしまったガヤが、倒れ込んでしまいプレー続行が不可能に。78分にディアカビとの交代を強いられた。 次第に身体のぶつかり合いが増えていく中、お互いに中々アタッキングサードまでボールを持ち込めない。バレンシアは82分に3枚目のカードを切り、コクランに代えてパレホを投入して試合を締めにかかる。 しかし、試合終了間際にホームサポーターの大歓声が巻き上がる。89分、エル・ザハルの右サイドからのクロスに反応したブラースヴァイトがダイレクトシュートを放つと、ボールは一度DFガブリエウにブロックされる。しかし、跳ね返りが再びブラースヴァイトの下に転がり、土壇場の同点弾とした。 その後再びバレンシアがリードを奪うことは無いまま1-1のスコアで試合が終了。この結果、バレンシアはリーガ4試合連続で引き分けることとなった。 2019.02.24 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

新たなサムライがスペインへ! リーガ1部のレガネスがドイツ4部のDF井⼿ウィリアム航輔と契約

レギオナルリーガ(ドイツ4部に相当)のアレマニア・アーヘンU-23チームに所属するDF井手ウィリアム航輔が、リーガ・エスパニョーラ1部のレガネスと契約したことがわかった。同選手とのパートナー契約を締結している『Ascenders』が発表した。<br><br>アメリカ・カリフォルニア州アーバイン出身で日本とアメリカの二重国籍である井手ウィリアム航輔は、2011シーズンから2015シーズンまでメジャーリーグサッカー(MLS)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーのアカデミーに在籍。その後、サンタアナウインズFCといったアメリカのクラブでプレーしたのち、2017年からドイツに渡った。<br><br>現在所属するアレマニア・アーヘンU-23では、チームの中心メンバーとして活躍。今月に21歳となる井手は、日本語と英語だけでなく、スペイン語とドイツ語も話すことができる。プレー面では、左右のサイドバックをこなすことができ、豊富な運動量とスピードを活かした攻撃参加からの正確なクロスを売りにしている。<br><br>契約に際し、井手は以下のようにコメントを残している。<br><br>「今回、まずこのチャンスを得られた事に本当に感謝しております。また、常にサポートをしてくれた家族や、この契約に関わってくれた皆様に感謝しております。自分の中では10年後、15年後、引退後のビジョンは出来上がっているので、今後とも選手として成長していき、それを一つ一つ叶えていきますので、今後とも宜しくお願い致します」<br><br>井手が加入するレガネスは現在、リーガ・エスパニョーラで暫定13位に位置。リーグ18位以下が降格圏となるリーガで残留争いを強いられている。まずはU-23チームで調整することになる井手だが、アピールに成功し、トップチームで出場チャンスを得ることができるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.10 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ディエゴ・レジェスがレガネス移籍 今季フェネルバフチェ加入のメキシコ代表DF

レガネスは1月31日、フェネルバフチェに所属するメキシコ代表DFディエゴ・レジェス(26)のレンタル加入を発表した。契約期間は今シーズン終了まで。背番号は「4」を着用する。 2012年のロンドン・オリンピック優勝メンバーであるディエゴ・レジェスはA代表通算57キャップ(1得点)を誇る身長190cmの長身DF。2010年にクラブ・アメリカでプロデビュー後、ポルト、レアル・ソシエダ、エスパニョールを渡り歩き、2018年夏にフェネルバフチェにフリー加入した。 だが、新天地トルコで思ったように出場機会を掴めず、国内リーグ戦出場数は8試合のみ。センターバックや守備的MFとしてプレーしたが、公式戦でも14試合1得点の成績にとどまった。 2019.02.01 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

レガネス、キャプテンのDFブスティンサと2021年まで契約延長

レガネスは23日、DFウナイ・ブスティンサ(26)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。 ビルバオの下部組織出身のブスティンサは、2010年7月に加入したバスコニアでプロデビュー。翌年からセカンドチームのビルバオBに復帰すると、2014年10月にトップチームデビュー。しかし、その後も出場機会には恵まれず、2015年7月にレガネスにレンタルで加入すると、翌年に完全移籍。 レガネスでは、在籍2シーズン半で公式戦79試合に2ゴール2アシストをマーク。今シーズンからはキャプテンに就任し、公式戦14試合に出場している。 2019.01.24 02:32 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース