超ワールドサッカー

本田圭佑が2試合連続アシスト! メルボルン・ビクトリーが今季初白星《Aリーグ》2018.11.03 21:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは3日、オーストラリア・Aリーグ第3節でニューカッスル・ジェッツと対戦し、0-1で勝利。シーズン初白星を飾った。

▽開幕2連敗を喫していたメルボルン・ビクトリー。初勝利を目指す今節も本田は先発出場。3試合連続でピッチに立った。

▽最初にチャンスを掴んだのはホームのニューカッスル・ジェッツ。11分、左サイドを突破すると、マイナスのクロスをボックス中央でロナルド・バルガスがダイレクトシュート。しかし、クロスバーに嫌われゴールとはならない。

▽メルボルン・ビクトリーは31分、相手陣内のルーズボールを本田がカット。このパスを受けたジャイ・インガムがボックス手前左からシュートを放つが、わずかに枠の右に外れる。

▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がり3分にメルボルン・ビクトリーが決定機。絶妙なスルーパスに抜け出したコスタ・バーバルーゼスが、GKの位置をうまく見てシュート。無人のゴールにシュートが決まるが、わずかにオフサイドを取られノーゴールとなる。

▽こう着状態が続く中迎えた71分、右サイドでボールを持った本田が中央へと仕掛けながら横パス。これを受けたテリー・アントニスが、ボックス手前中央から左足シュート。これが右隅に決まり、メルボルン・ビクトリーが先制に成功する。

▽前節のパース・グローリー戦では、後半アディショナルタイムに勝ち越しを許したメルボルン・ビクトリー。84分にはゴール正面で相手にFKを与えるも、ディミトリ・ペトラトスが直接狙ったシュートはGKががっちりキャッチ。

▽後半アディショナルタイムには、CKからボックス内で混戦となると、ケイン・シェパードが豪快にシュート。しかし、ここは身体を張ってブロックし、試合終了。メルボルン・ビクトリーが0-1で勝利し、今シーズン初白星を記録した。

ニューカッスル・ジェッツ 0-1 メルボルン・ビクトリー
【メルボルン・ビクトリー】
テリー・アントニス(後26)

コメント

関連ニュース

thumb

今季2点目の本田圭佑がAリーグ第4節ベスト11選出! すでに3度の選出に「褒め言葉が尽きてしまう」

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第4節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦。前節アシストを記録した本田は、[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場し、この日も多くのチャンスで顔を出してゴールに迫った。すると30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、ボックス右手前でボール奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を制した。その後もメルボルン・Vの攻撃をけん引し、フル出場で4-1での勝利に貢献している。 ▽本田はこれですでに3回目のベストイレブン選出。公式サイトは「まだ11月なのにビクトリーの日本人プレーメーカーへの褒め言葉が尽きてしまう。日本のスターは4度のチャンスを作り、勤勉なプレーを魅せた」 ◆リーグA第4節ベスト11 GK フィリップ・クルト(ウェリントン・フェニックス) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) シェイン・ローリー(パース・グローリーFC) アレックス・グラント(セントラルコースト・マリナーズ) ジョプ・ファン・デル・リンデン(シドニーFC) MF 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) アレックス・ロペス(ブリスベン・ロアー) フローリン・ベレンガー(メルボルン・シティ) FW アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) オリオル・リエラ(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC) 2018.11.12 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、ボール奪取から今季2点目! メルボルン・ビクトリーが今季初の連勝!《Aリーグ》

▽本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは11日、オーストラリア・Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦し、4-1で勝利した。本田はフル出場を果たし、1ゴールを記録している。 ▽前節シーズン初白星を飾ったメルボルン・ビクトリーは、現在1勝2敗で8位に位置。連勝を目指す一戦に本田は[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場を果たした。 ▽試合はホームのメルボルン・Vが序盤から相手を押し込む。10分、自陣中央右の本田は浮き球を頭で味方に落とし、縦への走り出す。味方のスルーパスを呼び込み、最後はボックス右手前から右足でクロスを入れたが、中央のバーバルーゼスにわずかに合わない。 ▽メルボルン・ビクトリーは13分、ボックス手前でFKを獲得。これをキッカーの本田が左足を振り抜くと、ボールはゴール左下隅を捉えたが、ここは相手GKにパンチングで防がれた。 ▽その後も攻勢を続けるメルボルン・Vは22分、ボックス手前で縦パスを受けたトロイージがゴールに背を向けたままワンタッチで相手最終ラインの背後へ浮き球スルーパス。これに反応したバーバルーゼスが飛び出した相手GKをループシュートで欺いてゴールネットを揺らした。しかし、これはオフサイドの判定が下されてしまい、先制点とはならない。 ▽それでも迎えた30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、本田がボックス右手前でボールを奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を冷静に制してメルボルン・Vが先制に成功する。 ▽先手を奪ったメルボルン・Vはさらに35分、右サイドからカットインした本田のスルーパスは相手に防がれた。しかし、セカンドボールを味方が左サイドに展開すると、アントニスのスルーパスをゴール前左に走り込んだトロイージがゴール右に蹴り込んでスコアを2-0にした。 ▽立て続けにゴールを奪ったメルボルン・Vは、前半アディショナルタイム2分にもC・ブラウンがネットを揺らし、3-0で試合を折り返した。 ▽順調な試合運びを見せるメルボルン・Vは、後半に入っても試合を優位に進める。しかし、62分、一瞬の隙から自陣右サイドを崩されると、マコーマックのシュートがシャボウに当たってゴールへ。2点差に詰め寄られてしまう。 ▽その後メルボルン・Vは、相手の反撃受けるも、最後までゴールを許さず。試合終了間際には、ホープが1点を追加して試合終了。4-1で勝利したメルボルン・Vが今シーズン初の連勝を飾った。 メルボルン・ビクトリー 4-1 セントラルコースト・マリナーズ 【メルボルン・V】 本田圭佑(前30) トロイージ(前35) C・ブラウン(前47) ホープ(後49) 【セントラルコースト・マリナーズ】 シャボウ(後17) 2018.11.11 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

本田2アシストも実らず、後半ATの失点でパースに敗戦…メルボルン・Vの今季初勝利はお預け《Aリーグ》

▽本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは28日、オーストラリア・Aリーグ第2節でパース・グローリーと対戦し、2-3で敗れた。 ▽開幕節でメルボルン・シティとのダービーマッチに臨んだメルボルン・Vは、今夏加入の本田の初ゴールも虚しく1-2で敗戦。初勝利を目指す今節は、本田が中盤の右サイドで前節に引き続き先発出場を果たした。 ▽試合を動かしたのはアウェイのパース・グローリー。8分、右サイドからゴール前へ大きめのクロスを供給。ファーサイドにいたダビッドソンが折り返すと、メルボルン・Vの選手のクリアミスがゴール前のチアニーズの下へ転がり、それを押し込む形でパースが先制した。 ▽さらに、攻めあぐねるメルボルン・Vを尻目にパースは23分に追加点を奪う。メルボルン・Vのゴール前まで攻め込んだパース。一度ブラウンにクリアされるものの、これをムルセラが頭で撥ね返すとボールはゴール前のアンディ・キーオの下へ。キーオは慌てて飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを流し込んでパースに追加点。メルボルン・Vは2点のビハインドを背負って後半へ向かった。 ▽後半立ち上がりに、メルボルン・Vは1点を返す。47分、敵陣右サイド中央の本田のパスを受けたアントニスがボックス手前から左足をコンパクトに振り抜くと、これが右ポストを叩いてゴールイン。見事なシュートで点差を縮めた。 ▽このゴールで勢いがついたメルボルン・Vはパススピードを速めて攻撃のリズムを作る。68分には横パスを受けた本田がボックス手前から強烈なミドルシュートを見舞うがGKにセーブされてしまう。 ▽しばらく拮抗した時間帯が続き迎えた87分、メルボルン・VにCKのチャンスが訪れる。キッカーは本田。左CKを左足で上げたクロスをルーが頭で合わせて同点に追いついた。 ▽しかし、終盤に攻め込まれると、後半アディショナルタイムにオイコノミディスのゴールを許し試合終了。本田の2アシストで一度は同点に追いついたメルボルン・Vだったが、最後の最後に失点。今季初勝利はお預けとなった。 2018.10.28 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

味方と交錯した本田圭佑、監督は出場問題なしと明言

▽トレーニング中の負傷が伝えられたメルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑だが、第2節での起用が可能のようだ。ケビン・マスカット監督が状態についてコメントした。 ▽本田は、昨シーズン限りでパチューカを退団し、8月にAリーグのメルボルン・ビクトリーへと入団。カンボジア代表の実質的監督との二足の草鞋を履くこととなったが、20日に行われた開幕戦のメルボルン・シティ戦では、豪快なヘディングで見事にデビュー戦初ゴールを記録した。 ▽しかし、本田は26日のトレーニング中にチームメイトと交錯してヒザを負傷したと報道。第2節のパース・グローリー戦の出場が危ぶまれていた。 ▽メルボルン・ビクトリーのマスカット監督は、試合前の会見で本田の状態についてコメントした。 「本田は良い状態だ。トレーニングではこのようなことが起きる可能性はある。彼は不自然な形で着地した。ただ、ぶつかったことは影響ないだろう」 「彼は明日プレーしても大丈夫だろう」 ▽一方で、本田と同じく今夏加入したスウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンのデビューはまだ待つ必要があるようだ。 「トイヴォネンは我々の治療により、ふくらはぎの痛みが和らいでいる」 「十分にトレーニングする時間は得られていないが、シーズンは長い。シーズンの終盤には、試合が多く、我々がリスクを取らなければいけないこともある。彼を急がせることはない」 2018.10.27 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑デビュー戦ゴールも…メルボルン・ビクトリー、ダービー逆転負けで開幕黒星スタート《Aリーグ》

▽Aリーグ開幕節のメルボルン・ビクトリーvsメルボルン・シティが20日にマーベル・スタジアムで行われ、2-1でメルボルン・シティが勝利した。メルボルン・ビクトリーの日本代表MF本田圭佑はフル出場して、1ゴールを記録している。 ▽19日に開幕を迎えたオーストラリアのAリーグ。昨シーズン4位で終えたメルボルン・ビクトリーは、開幕節で同じ街のライバルである昨シーズン3位のメルボルン・シティと激突した。 ▽今年8月にメルボルン・ビクトリーに入団したMF本田圭佑は、[4-2-3-1]の右サイドハーフでキャプテンとして先発。試合はメルボルン・ビクトリーが11分、ボックス右外でボールを持った本田がクロスを送る。これをケニー・アティウが頭で合わせたが、枠を捉えることはできない。 ▽さらにメルボルン・ビクトリーは18分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの本田がボックス内へクロスを送るが、これは相手DFに跳ね返されてしまう。 ▽それでも攻勢を続けるメルボルン・ビクトリーは28分に先制点を奪う。右サイドでボールを持った本田は味方にボールを預けて自身はゴール前へ。右サイドでのパス回しからオーバーラップしたストーム・ルーがクロスを送り、最後は中央で本田が競り勝ち、頭でゴール左へと押し込んだ。 ▽先制点を奪ったメルボルン・ビクトリーは35分、味方のロングフィードのクリアボールを本田がボックス右手前で回収。相手を一人かわしてボックス右外からクロスを送り、テリー・アントニスがボックス左手前からトラップからシュートを放つが、これはGKガレコビッチの正面に飛んでしまう。 ▽しかし直後、メルボルン・ビクトリーは、相手の反撃を受ける。36分、自陣ボックス右で仕掛けたフォルナローリに対して複数人でチェックに行くと、相手を倒してしまう。ボックス内ギリギリの位置でファウルを与えた中、最初はFKの判定が下されたが、直後に主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を実施。この結果、PKに判定が覆った。 ▽そのPKではキッカーを務めたベレンガーのシュート。一度はGKトーマスが弾くも、右ポストに当たったこぼれ球をデ・ラエトに押し込まれた。 ▽後半に入ると、勝ち越しを狙うメルボルン・ビクトリーが相手を押し込む。58分、ハーフウェイライン付近でボールを持った本田がドリブルでバイタルエリアに侵攻し、ボックス右へラストパス。走り込んだバーバルーゼスが右足を振り抜くが、ミートできず相手DFにクリアされてしまう。 ▽さらに65分、本田のパスを敵陣中央右で受けたトロイージが左足でミドルシュート。しかし、左ポストに嫌われてしまい、勝ち越しゴールを奪うことができない。 ▽このチャンスを決めきれなかったメルボルン・ビクトリー。すると70分、メルボルン・シティに逆転を許す。カウンターからブラッタンに右サイドでの持ち上がりを許すと、ボックス内へのスルーパスを通され、走り込んだマッグリーにゴールネットを揺らされた。 ▽1-2と逆転を許したメルボルン・ビクトリーは、その後攻勢を強めたものの、最後まで同点ゴールは生まれず。そのまま試合は終了し、黒星スタートとなった。 メルボルン・ビクトリー 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 メルボルン・シティ</span> 【メルボルン・ビクトリー】 本田圭佑(前28) 【メルボルン・シティ】 デ・ラエト(前40) マッグリー(後25) 2018.10.20 20:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース