本田圭佑が2試合連続アシスト! メルボルン・ビクトリーが今季初白星《Aリーグ》2018.11.03 21:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは3日、オーストラリア・Aリーグ第3節でニューカッスル・ジェッツと対戦し、0-1で勝利。シーズン初白星を飾った。

▽開幕2連敗を喫していたメルボルン・ビクトリー。初勝利を目指す今節も本田は先発出場。3試合連続でピッチに立った。

▽最初にチャンスを掴んだのはホームのニューカッスル・ジェッツ。11分、左サイドを突破すると、マイナスのクロスをボックス中央でロナルド・バルガスがダイレクトシュート。しかし、クロスバーに嫌われゴールとはならない。

▽メルボルン・ビクトリーは31分、相手陣内のルーズボールを本田がカット。このパスを受けたジャイ・インガムがボックス手前左からシュートを放つが、わずかに枠の右に外れる。

▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がり3分にメルボルン・ビクトリーが決定機。絶妙なスルーパスに抜け出したコスタ・バーバルーゼスが、GKの位置をうまく見てシュート。無人のゴールにシュートが決まるが、わずかにオフサイドを取られノーゴールとなる。

▽こう着状態が続く中迎えた71分、右サイドでボールを持った本田が中央へと仕掛けながら横パス。これを受けたテリー・アントニスが、ボックス手前中央から左足シュート。これが右隅に決まり、メルボルン・ビクトリーが先制に成功する。

▽前節のパース・グローリー戦では、後半アディショナルタイムに勝ち越しを許したメルボルン・ビクトリー。84分にはゴール正面で相手にFKを与えるも、ディミトリ・ペトラトスが直接狙ったシュートはGKががっちりキャッチ。

▽後半アディショナルタイムには、CKからボックス内で混戦となると、ケイン・シェパードが豪快にシュート。しかし、ここは身体を張ってブロックし、試合終了。メルボルン・ビクトリーが0-1で勝利し、今シーズン初白星を記録した。

ニューカッスル・ジェッツ 0-1 メルボルン・ビクトリー
【メルボルン・ビクトリー】
テリー・アントニス(後26)
コメント
関連ニュース
thumb

絶好調の本田圭佑、ハムストリング負傷で4週間離脱へ…今季ここまで5G3A

Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、元日本代表MF本田圭佑が右足ハムストリング損傷と診断されたことを発表した。4週間離脱する見込み。 Aリーグ直近2試合を欠場していた本田だが、クラブの発表によると2日の検査によって判明。現在、リハビリプログラムを開始しているとのこと。 メルボルン・Vを指揮するケビン・マスカット監督は、「これはケイスケ(本田圭佑)、チームメイト、クラブ、そしてファンにとって残念なことだ」とコメントしている。 2018年8月にメルボルン・Vに加入した本田は、デビュー戦のメルボルン・シティ戦で初ゴールを記録すると、その後も絶好調を維持。ここまでリーグ戦8試合5ゴール3アシストという成績を残していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 2019.01.03 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

Aリーグで7試合4G3Aの本田圭佑、PFA選出10/11月の月間最優秀選手賞を受賞!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの10月と11月の月間最優秀選手に選ばれた。リーグ公式が伝えている。 ▽2018年8月にメルボルン・ビクトリーへ加入した本田は、10月の開幕戦から7試合4ゴール3アシストを記録。Aリーグ選出の週間ベストイレブンにすでに5回選ばれるなど、高いパフォーマンスを継続している。 ▽同賞を受賞した本田は、Aリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「驚いています。受賞できてとても幸せです。ただ、チームが勝利することの方が幸せです」 「この賞を貰えたことをありがたく思いますが、チームメイトのおかげでもあると思います。僕に投票してくれた皆さんに感謝しています」 2018.12.12 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

好調・本田圭佑、またも! Aリーグ第5節ベスト11で早くも4度目の選出!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第5節のベストイレブンに選出された。リーグ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは25日、Aリーグ第5節でシドニーFCと対戦した。前節今シーズン2点目を決めた本田はこの日も先発出場を果たし、1-1で迎えた71分に本田がボックス内で倒されてPKを獲得。これを自ら決めきり、リードを奪い、本田の2戦連発でメルボルン・ビクトリーが3連勝を飾った。 ▽開幕5試合で3得点3アシストと好調をキープする本田は、4回目のベストイレブン選出。公式サイトは「ビクトリーのケビン・マスカット監督は本田を『優秀』と称賛。彼の評価に対して、議論は起きない。94回のタッチ、5本のクロス、3度のタックル、4度のファウル獲得で試合を終えた」と評価している。 ◆リーグA第5節ベスト11 GK グレン・モス(ニューカッスル・ジェッツ) DF ニコライ・トポル=スタンリー(ニューカッスル・ジェッツ) ゲオルグ・ニーダーマイアー(メルボルン・ビクトリー) テイラー・リーガン(アデレード・ユナイテッド) MF ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ) コナー・オトゥール(ブリスベン・ロアー) ニール・キルケニー(パース・グローリーFC) 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) クリストファー・オイコノミディス(パース・グローリーFC) FW アダム・タガート(ブリスベン・ロアー) ケン・イルセ(アデレード・ユナイテッド) 2018.11.27 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今季2点目の本田圭佑がAリーグ第4節ベスト11選出! すでに3度の選出に「褒め言葉が尽きてしまう」

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第4節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦。前節アシストを記録した本田は、[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場し、この日も多くのチャンスで顔を出してゴールに迫った。すると30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、ボックス右手前でボール奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を制した。その後もメルボルン・Vの攻撃をけん引し、フル出場で4-1での勝利に貢献している。 ▽本田はこれですでに3回目のベストイレブン選出。公式サイトは「まだ11月なのにビクトリーの日本人プレーメーカーへの褒め言葉が尽きてしまう。日本のスターは4度のチャンスを作り、勤勉なプレーを魅せた」 ◆リーグA第4節ベスト11 GK フィリップ・クルト(ウェリントン・フェニックス) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) シェイン・ローリー(パース・グローリーFC) アレックス・グラント(セントラルコースト・マリナーズ) ジョプ・ファン・デル・リンデン(シドニーFC) MF 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) アレックス・ロペス(ブリスベン・ロアー) フローリン・ベレンガー(メルボルン・シティ) FW アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) オリオル・リエラ(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC) 2018.11.12 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、ボール奪取から今季2点目! メルボルン・ビクトリーが今季初の連勝!《Aリーグ》

▽本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは11日、オーストラリア・Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦し、4-1で勝利した。本田はフル出場を果たし、1ゴールを記録している。 ▽前節シーズン初白星を飾ったメルボルン・ビクトリーは、現在1勝2敗で8位に位置。連勝を目指す一戦に本田は[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場を果たした。 ▽試合はホームのメルボルン・Vが序盤から相手を押し込む。10分、自陣中央右の本田は浮き球を頭で味方に落とし、縦への走り出す。味方のスルーパスを呼び込み、最後はボックス右手前から右足でクロスを入れたが、中央のバーバルーゼスにわずかに合わない。 ▽メルボルン・ビクトリーは13分、ボックス手前でFKを獲得。これをキッカーの本田が左足を振り抜くと、ボールはゴール左下隅を捉えたが、ここは相手GKにパンチングで防がれた。 ▽その後も攻勢を続けるメルボルン・Vは22分、ボックス手前で縦パスを受けたトロイージがゴールに背を向けたままワンタッチで相手最終ラインの背後へ浮き球スルーパス。これに反応したバーバルーゼスが飛び出した相手GKをループシュートで欺いてゴールネットを揺らした。しかし、これはオフサイドの判定が下されてしまい、先制点とはならない。 ▽それでも迎えた30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、本田がボックス右手前でボールを奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を冷静に制してメルボルン・Vが先制に成功する。 ▽先手を奪ったメルボルン・Vはさらに35分、右サイドからカットインした本田のスルーパスは相手に防がれた。しかし、セカンドボールを味方が左サイドに展開すると、アントニスのスルーパスをゴール前左に走り込んだトロイージがゴール右に蹴り込んでスコアを2-0にした。 ▽立て続けにゴールを奪ったメルボルン・Vは、前半アディショナルタイム2分にもC・ブラウンがネットを揺らし、3-0で試合を折り返した。 ▽順調な試合運びを見せるメルボルン・Vは、後半に入っても試合を優位に進める。しかし、62分、一瞬の隙から自陣右サイドを崩されると、マコーマックのシュートがシャボウに当たってゴールへ。2点差に詰め寄られてしまう。 ▽その後メルボルン・Vは、相手の反撃受けるも、最後までゴールを許さず。試合終了間際には、ホープが1点を追加して試合終了。4-1で勝利したメルボルン・Vが今シーズン初の連勝を飾った。 メルボルン・ビクトリー 4-1 セントラルコースト・マリナーズ 【メルボルン・V】 本田圭佑(前30) トロイージ(前35) C・ブラウン(前47) ホープ(後49) 【セントラルコースト・マリナーズ】 シャボウ(後17) 2018.11.11 19:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース