内転筋負傷の酒井宏樹の状況は…マルセイユ指揮官「まだ100%ではない」2018.11.03 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マルセイユのルディ・ガルシア監督が、日本代表DF酒井宏樹の現況について記者会見で明かしている。

酒井は10月に内転筋を負傷。一度は回復したが、10月25日に行われたヨーロッパリーグ・ラツィオ戦に出場したことで、痛みを再発させたと伝えられる。その後、前節のパリ・サンジェルマン戦は大事をとって欠場となった。

4日のモンペリエ戦で復帰できるかどうかに焦点が定まるが、ガルシア監督は現実的な目線で酒井について語る。

「酒井はまだ100パーセント回復していない。だからチームとともにまだトレーニングをしていない」

また、フランス代表での試合で負傷したフロリアン・トヴァンについても「ケガで1週間丸々休んだ後、昨日戻ってきた」と話し、先発入りは厳しいとの見方を示した。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース