超ワールドサッカー

ノイアー、チアゴの故障者リスト入りに「負傷のほとんどは相手選手が直接的に関与したもの」2018.11.03 17:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
先月30日のカップ戦で負傷交代のバイエルン・ミュンヘンのスペイン代表チアゴ・アルカンタラは数週間の離脱を強いられる。ドイツ代表GKのマヌエル・ノイアーは、バイエルン選手が負ったケガについて指摘している。

今シーズン、フランス代表FWキングスレー・コマンやMFコランタン・トリッソ、ブラジル人DFラフィーニャらが相手のチャレンジを受け、負傷による離脱を余儀なくされてきたバイエルン。DFBポカール2回戦のレーディングハウゼン戦で相手選手のタックルが足首のじん帯を損傷したチアゴも故障者リストに加わることに。それを受けたノイアーは地元紙『TZ』で次のように話している。

「たくさんの大事な試合で僕たちに勝利をもたらしてくれただけに、彼の不在は確かに非常に痛い。みんなで彼の抜けた穴を埋めていかなければいけない。ケガしているのはチアゴ1人ではないし、他の負傷者のことも含めて考えると、当然かもしれないが、さらに悔しくなるね」

ノイアーによれば、チームメイトたちの負傷は例年とは異なるという。

「彼(ニコ・コバチ監督)は夏のプレシーズンではフィットネスやスタミナのトレーニングに力を入れたので、それに関しては僕たちは新たなレベルに到達したと思う。今のところ大きな筋肉系の問題が生じていないこともそれを示している。最近の負傷のほとんどは相手選手が直接的に関与したものによることが目立つね」

バイエルンは3日に行われるブンデスリーガ第10節でフライブルクをホームに迎えると、7日のチャンピオンズリーグでのAEK戦(ホーム)を挟んで10日の第11節ではボルシア・ドルトムント(アウェー)とのビッグゲームが待っている。ラフィーニャはすでに復帰したが、コマンやトリッソ、チアゴはこれら試合を欠場する見通しとなっている。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース