超ワールドサッカー

元アトレティコ主将がグリーズマンのバロンドール受賞を願う「彼でなければ意義を疑う」2018.11.03 11:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
アントワーヌ・グリーズマンがバロンドールを受賞できなければ、同賞は全ての意味を失うとアトレティコ・マドリーの元チームメイト、ガビが主張した。

フランス代表でワールドカップを、アトレティコ・マドリーでヨーロッパリーグとUEFAスーパーカップを制し、この12カ月で3つのビッグタイトルを獲得したグリーズマン。この活躍を受け、先日『フランス・フットボール』が発表した2018年バロンドールの候補者30選手に選出された。

2018年の同賞を巡っては、レアル・マドリーでチャンピオンズリーグ3連覇を果たし、ワールドカップでクロアチア代表を史上初となる決勝進出に導いたルカ・モドリッチや3年連続の受賞を目指すクリスティアーノ・ロナウドが本命と目されている。しかし、元アトレティコ・マドリーで、現在カタールのアル・サッドでプレーするガビは、グリーズマンの受賞が最も理にかなっていると『Goal』のインタビューで語った。

「今年のバロンドールがグリーズマンの手に渡らなかったら、私は理解に苦しむだろう。例を挙げれば(ファビオ)カンナヴァーロだ。彼はワールドカップで優勝したからバロンドールを受賞した。それに、この1年でグリーズマンよりもタイトルを獲得した人間はいないはずだ」

「彼はワールドカップとスーパーカップ、ヨーロッパリーグに勝利し、ファイナルではベストの選手だった。彼は本当に多くを勝ち取った。だからグリーズマンが受賞できなければ、バロンドールの意義を疑う」

2018年バロンドール受賞者は12月3日に発表される。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース