超ワールドサッカー

メルテンスのトリプレッタなどでナポリが5発大勝!《セリエA》2018.11.03 06:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは2日、セリエA第11節でエンポリとサン・パオロで対戦し、5-1で勝利した。▽公式戦5試合負けなしの3位ナポリが、9試合勝利の未勝利中のエンポリをホームに迎えた一戦。前節、ローマとの“デルビー・デル・ソーレ”を引き分けに終えたナポリは、その試合から先発を7人変更。GKカルネジスやメルテンス、ジエリンスキ、ログらが先発に名を連ねた。

▽試合は地力に勝るナポリが立ち上がりから攻勢を強めると10分、中盤でボールを奪ったクリバリがドリブルでカウンターを仕掛けると、ラストパスに反応したインシーニェがボックス左から冷静にゴール右隅へシュートを流し込んだ。

▽先制を許したエンポリの反撃は15分、ウチャンのパスをボックス左で受けたアントネッリがカプートとのパス交換でゴール左前に抜け出しシュート。これがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽一進一退が続く中、ナポリが再び試合を動かす。38分、中盤でボールを受けたメルテンスがドリブルで持ち上がると、ボックス左手前からミドルシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、待望の追加点を奪った。

▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはエンポリだった。58分、クルニッチのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したカプートがボックス右からシュートをゴール左隅に流し込んだ。さらに62分にも、ディ・ロレンツォ右クロスをゴール前のウチャンが胸トラップからのボレーシュートで狙ったが、これは右サイドネットに外れた。

▽1点差にされたナポリは、63分にファビアン・ルイスとログを下げてカジェホンとアランを投入する2枚替えを敢行。すると、直後の64分にカジェホンのパスをボックス右手前に走り込んだメルテンスのダイレクトシュートがゴール左隅に突き刺さった。

▽リードを広げたナポリは、試合終了間際の90分にも途中出場のミリクがゴールネットを揺らすと、93分にはインシーニェのロングスルーパスに反応したメルテンスが、飛び出したGKをかわし無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽結局、試合はそのまま5-1で終了。メルテンスのトリプレッタなどで大勝のナポリが、インテルをかわし暫定2位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

試合巧者ナポリ、洪水ピッチを味方につけジェノアに逆転勝利!《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第12節でジェノアと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽現在8勝1分け2敗で3位に付けているナポリ。チャンピオンズリーグのユベントス戦の敗戦を最後に公式戦7戦無敗を続けている。直近ではパリ・サンジェルマンと対戦し1-1のドロー。今節はその試合からスタメンを3人変更。マクシモボッチ、ファビアン・ルイス、メルテンスに代えて、ヒサイ、ジエリンスキ、ミリクが先発となった。 ▽まずゴールに迫ったのはジェノア。成長株のピョンテクがボックスの外から思い切りよく狙っていったが枠の右へ。対するナポリは、12分にインシーニェがボックス手前から放ったスートが左ポストに嫌われてしまう。 ▽19分にもインシーニェからマリオ・ルイと繋いでジエリンスキのシュートまで運んだナポリだったが、20分に先制を許してしまう。ジェノアは右サイドに流れたロムロがクロスを供給。これをクアメが頭で合わせネットを揺らした。 ▽ゴールを取り返そうとナポリが猛攻を仕掛ける。35分にボックス左のジエリンスキの折り返しをアランがダイレクトで狙うが、相手のブロックに遭う。さらのその1分後に、今度はカジェホンの右サイドからのクロスをゴール前でミリクが合わせるが、GKI・ラドゥのビッグセーブに遭う。 ▽1点ビハインドのナポリは後半からミリクとジエリンスキを下げてメルテンスとファビアン・ルイスを投入した。56分にその二人がチャンスを演出。ボックス左でボールを持ったファビアン・ルイスからフリーランで侵入してきたメルテンスにパスが送られると、ボックス右からファーを狙ったがカーブをかけきれず、シュートは枠の外へ。 ▽その後、大雨の影響で一時中断された試合は、中断明けも所々水溜まりが出来ているピッチが両チームを苦しめる。全くボールが走らず、ナポリは得意の流動的なサッカーが展開できない。60分にはカウンターに転じるも、ピッチ中央のコンディションが酷く、まともにドリブルが出来ないまま相手に奪われてしまった。 ▽それでもナポリは62分、ボックス手前右のアランからペナルティアーク付近のメルテンスに縦パスが入ると、メルテンスがワンタッチではたいたボールをファビアン・ルイスがゴール正面から流し込んで同点に追いついた。 ▽その後も劣悪ピッチに苦しめられる両者だが、ナポリはこのピッチを味方につける。86分、相手のハンドで敵陣左サイドでFKを獲得。これをインシーニェがグラウンダーでゴール前に入れると、バウンドしたボールが予想より速いスピードで跳ねたためシジェノアのビラスキが対応し切れずオウンゴールを献上してしまう。 ▽後半アディショナルタイムにはジェノアに迫られる場面もあったものの、洪水ピッチを攻略したナポリが逆転勝利。これで公式戦8戦負けなし、リーグ戦2連勝とした。 2018.11.11 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティ、ナポリを選んだ理由はコミュニケーション「母語で話せるから」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、『DAZN』のディレッタ・レオッタ記者のインタビューに応じ、ナポリのオファーを快諾した理由などクラブでのエピソードを明かした。<br><br>過去にミランやレアル・マドリー、バイエルンなどを指揮し、ヨーロッパの4つのリーグを制覇した名将アンチェロッティ。今夏、母国イタリアのナポリで指揮を執ることを決断した。<br><br>イタリア人指揮官は、その理由を説明している。「オファーを引き受ける上で、イタリア語で話せるということに引かれた。母語で話せるということは、感情的、心理的な面においても全く違ってくる」と述べ、母語でのコミュニケーションを重要視したことを明かした。<br><br>続いてナポリ指揮官は、前任のマウリツィオ・サッリ(現チェルシー監督)について言及。「土壌はよく耕されていただけでなく、草木も生い茂っていた。サッリの仕事は非常に重要だった」と述べ、功績を称えた。<br><br>また中国からのメガオファーを受けていた主将MFマレク・ハムシクを引き留めるに至った舞台裏については、「彼の役割を変更するつもりであると前もって伝えた。新しいことへの挑戦を望んでいたので、まさにそれが残留を後押ししたのかもしれない」と振り返った。<br><br>最後にアンチェロッティは、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長との関係についても述べた。「私が(エディンソン)カバーニをパリ・サンジェルマンに引き抜こうとしたときに連絡を取った。成功はしなかったけどね。今年の夏はバカンスを一緒に過ごした。非常に率直で表裏がなく、非常に面白い人物だよ」と明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.10 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 1-1 パリ・サンジェルマン《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節、ナポリvsパリ・サンジェルマン(PSG)が6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181107_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 失点場面以外に難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 19 マクシモビッチ 6.0 後半に攻撃参加を増やし、猛攻の要因を生み出した (→ヒサイ -) 33 アルビオル 6.0 ややネイマールのアジリティに苦戦も耐えきった 26 クリバリ 6.5 さすがのフィジカルで怪物ムバッペと互角に渡り合う 6 マリオ・ルイ 6.0 課題の守備で綻びを見せず、攻撃にも絡んだ MF 7 カジェホン 6.0 守勢の時間はしっかり守り、PK獲得 5 アラン 6.5 前回のPSG戦に続き好パフォーマンス。同胞ネイマールをうまく抑えた 17 ハムシク 6.0 正確なパスワークでリズムを生んだ 8 ファビアン・ルイス 5.5 前半は守勢に回ったが、後半は攻撃に関わった (→ジエリンスキ 5.5) すんなりと試合に入った FW 14 メルテンス 6.0 インシーニェと共に攻撃を牽引 (→ウナス -) 24 インシーニェ 6.5 PK獲得につながるパスを供給。そしてPKも決めた 監督 アンチェロッティ 6.0 後半の猛攻は見事。引き分けに値する内容だった ▽パリ・サンジェルマン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181107_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 6.0 PKを献上したが、後半序盤のピンチを立て続けに防ぐ DF 5 マルキーニョス 6.0 安定したプレーで守備を締める 2 チアゴ・シウバ 5.0 概ね安定していたものの、PK献上につながる大きなミスがあった 4 ケーラー 6.0 左右のセンターバックで安定したプレー (→チュポ=モティング -) MF 12 ムニエ 5.5 前半は推進力を生かして攻撃に参加 (→キンペンベ 5.5) 左センターバックで無難にプレー 11 ディ・マリア 6.0 2トップにうまく関わった 6 ヴェッラッティ 6.0 不用意なボールロストなくゲームを作った 23 ドラクスラー 5.5 攻守のリンクマンとしてまずまず機能 14 ベルナト 6.0 意外な飛び出しで先制点。攻守にそつなし FW 7 ムバッペ 6.0 先制点をアシスト。さすがのスプリント能力で違いを生んだ 10 ネイマール 6.0 ムバッペと共に攻撃を牽引。下がった位置からのチャンスメークも担った 監督 トゥヘル 6.0 ムバッペとネイマールの2トップが機能。3バックもほぼ安定していた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリバリ(ナポリ) ▽ムバッペとの攻防は痺れるマッチアップだった。一歩も引かない守備で応戦した。 ナポリ 1-1 パリ・サンジェルマン 【ナポリ】 インシーニェ(後17[PK]) 【パリ・サンジェルマン】 ベルナト(前47) 2018.11.07 07:11 Wed
twitterfacebook
thumb

猛攻実ったナポリがインシーニェのPK弾でPSGに追いつき首位再浮上《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節、ナポリvsパリ・サンジェルマン(PSG)が6日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節PSGとのアウェイ戦を終了間際の被弾で2-2の引き分けに持ち込まれた2位ナポリ(勝ち点5)は、5-1で大勝した4日前のエンポリ戦のスタメンから6選手を変更。ハムシクやカジェホン、アランといった主力が先発に戻った。 ▽一方、ディ・マリア弾で辛くもナポリに引き分けた3位PSG(勝ち点4)は、2-1で勝利した4日前のリール戦と同様のスタメンで臨んだ。古巣対決となるカバーニはベンチスタートとなった。 ▽ここ最近同様、フラットな[4-4-2]を採用したナポリに対し、PSGは[3-5-2]を採用。3バックに右からマルキーニョス、チアゴ・シウバ、ケーラー、中盤アンカーにヴェッラッティ、インサイドにドラクスラーとディ・マリア、右にムニエ、左にベルナト、2トップにネイマールとムバッペを配した。 ▽そのPSGが圧力をかける入りとなるも、徐々にナポリも主導権を握り返し、互角の攻防で推移していく。 ▽共にミスの少ないハイレベルな攻防が繰り広げられる中、ネイマールとムパッペの推進力で牽制するPSGは23分、浮き球パスに抜け出したボックス左のムバッペが左足ボレー。際どかったが、シュートは枠の上に外れた。 ▽ここからPSGの圧力が再び強まるも、ナポリもクリバリを軸に集中した守備を見せてシュートチャンスを許さない。息詰まる攻防がハーフタイムにかけても続き、互いに決定機なくゴールレスで前半を終えるかと思われたが、追加タイム2分にPSGが先制した。 ▽ネイマールの浮き球パスを受けたムバッペがボックス左で仕掛けてラストパスを送ると、ボックス中央に侵入したベルナトが受けてゴールへ突進し、右足でねじ込んだ。 ▽PSGが1点をリードして迎えた後半、51分にナポリがゴールに迫る。マクシモビッチのアーリークロスから、ボックス手前のメルテンスが枠の左を捉えるシュートを浴びせるもGKブッフォンの好守に阻まれた。 ▽続く52分にもメルテンスのループシュートでゴールに迫ったナポリは、53分にはカジェホンがメルテンスのラストパスを受けてボックス右からボレーシュートと、猛攻を仕掛けていく。 ▽さらに57分、右クロスをファビアンがボレーで合わせたシュートはGKブッフォンの正面を突いたが、61分にPKを獲得した。インシーニェのアウトにかけたパスをチアゴ・シウバがカットできず後方に逸らすと、ルーズボールに反応したボックス内のカジェホンがGKブッフォンに倒された。このPKをインシーニェがゴール左隅に決めて、ナポリが試合を振り出しに戻した。 ▽1-1となって以降はPSGがポゼッションして盛り返しにかかる中、76分にディ・マリアに代えてカバーニを投入。対するナポリは左腕を負傷したメルテンスが83分に交代となり、終盤にかけてはゴールに迫れず。互いに勝ち点1を分け合い、ナポリが首位に再浮上している。 2018.11.07 07:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリの象徴ハムシク、PSG戦の出場でクラブの歴代最多出場記録更新へ

▽ナポリに所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシク(31)が、クラブの歴代最多出場記録の更新が迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2007年の夏にブレシアからナポリに加入したハムシクは、初年度から攻撃的MFとしてレギュラーの座を確保。在籍11シーズンで公式戦511試合に出場し、1972年~88年まで在籍したジュゼッペ・ブルスコロッティ氏の歴代最多出場記録に並んでいる。 ▽ナポリは、現地時間6日にチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節のパリ・サンジェルマン戦が控えており、ハムシクが出場すれば出場数を「512」に伸ばして、歴代最多出場記録を更新する。 2018.11.07 01:15 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース