超ワールドサッカー

敵地で3発快勝のフランクフルトが公式戦7戦無敗で暫定3位に浮上!《ブンデスリーガ》2018.11.03 06:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽長谷部誠の所属するフランクフルトは2日、ブンデスリーガ第10節でシュツットガルトと対戦し、3-0で勝利した。MF長谷部はフル出場している。

▽公式戦6試合負けなしの7位フランクフルトが、3連敗中のシュツットガルトの本拠地に乗り込んだ一戦。前節のニュルンベルク戦を引き分け連勝がストップしたフランクフルトは、その試合からガシノビッチに代えてアラーを起用した。

▽長谷部を引き続き3バックの中央で起用したフランクフルトが開始早々に決定機。4分、自陣からのロングフィードに抜け出したレビッチが頭で繋ぐと、ボックス中央に走り込んだヨビッチがシュート。これは相手DFに当たるも、こぼれ球に反応したレビッチが反転で相手GKをかわし無人のゴールに流し込むも、わずかにオフサイドでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にノーゴールとなってしまった。

▽それでも、主導権を握るフランクフルトは11分にスコアを動かす。中央を持ち上がったレビッチのラストパスを受けたヨビッチがペナルティアーク内からシュート。これは相手GKが弾くも、こぼれ球をアラーが押し込みゴールネットを揺らした。

▽先制したフランクフルトは32分、自陣からのカウンターを仕掛けるとボックス左まで侵攻したコスティッチの折り返しをアラーがダイレクトシュート。これは相手GKの好セーブに阻まれたが、こぼれ球を右サイドで拾ったヨビッチが素早くクロスを上げると走り込んだレビッチがヘディングでゴール左に叩き込んだ。

▽迎えた後半、2点を追うシュツットガルトはエリック・トミーに代えてエズカンを投入。対するフランクフルトはジェルソン・フェルナンデスを下げてシュテンデラを投入。

▽するとフランクフルトは49分、右サイドでボールを受けたエンディカがボックス中央へロングパスを供給。これに走り込んだヨビッチがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の右に逸れた。さらに58分にも、長谷部のロングフィードをアラーが頭で繋ぐと、ボックス中央に侵入したヨビッチがループシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。

▽シュツットガルトは68分、ボックス右からカットインしたマフェオがシュート。相手DFに当たったボールがアオゴに当たり、こぼれ球をエズカンが流し込んだが、アオゴのポジションでオフサイドを取られノーゴールとなった。

▽試合終了間際の44分、フランクフルトはボックス左深くでボールを受けたヴィレムス縦への切り込みからクロスを供給。これを途中出場のニコライ・ミュラーがダイビングヘッドで叩き込み、試合を決定づける3点目を奪った。

▽結局、試合はそのまま3-0で終了。敵地で完勝のフランクフルトが、公式戦7戦無敗で暫定3位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、絶好調ヨビッチのドッペルパックなど3発でシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは11日、ブンデスリーガ第11節でシャルケをホームに迎え、3-0で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節シュツットガルトに3-0と快勝してリーグ戦ここ5試合で4勝1分けと絶好調の5位フランクフルト(勝ち点17)は、ヨーロッパリーグ(EL)では早くもグループステージ突破を決めた。そのフランクフルトは3日前に行われたアポロン戦でもフル出場した長谷部が引き続き3バックの中央でスタメンとなった。 ▽14位シャルケ(勝ち点10)に対し、立ち上がりから押し込む姿勢を見せたフランクフルトだったが、8分にピンチ。ウートのスルーパスでボックス左に抜け出したブルクシュタラーに右足でシュートに持ち込まれる。だが、GKトラップがファインセーブで凌いだ。 ▽その後は互いにシュートまで持ち込めずにいた中34分、シャルケがロングカウンターからウートのミドルシュートでゴールの可能性を感じさせたものの枠を捉えきれず、見せ場の少ない前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からボールを保持したシャルケだったが、52分にアクシデント。左足太もも裏を痛めてプレー続行不可能となったウートに代わってコノプリャンカが投入された。 ▽そのシャルケに対し、フランクフルトが61分に先制する。レビッチがルーズボールを拾って持ち上がり、ラストパスを受けたヨビッチがボックス中央に侵入して左足でゴール右へシュートを突き刺した。 ▽さらに66分、S・サネと入れ替わったレビッチがボックス左から右ポスト直撃のシュートを浴びせると、73分に突き放す。コスティッチがボックス左深くまでえぐって送ったクロスをヨビッチが左足ボレーで蹴り込んだ。 ▽78分にコノプリャンカのシュートがバーを直撃してひやりとしたフランクフルトは、81分にCKの流れからヨビッチのシュートのこぼれ球をアラーが蹴り込んで3-0。終わってみれば快勝のフランクフルトがリーグ戦3連勝としている。 2018.11.12 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

「長谷部誠は絶対的な存在」監督が好調の要因として最初に挙げたのは元日本代表MFの名前

フランクフルト率いるアディ・ヒュッタ―監督にとって、元日本代表MF長谷部誠はチームの好調のカギを握る存在のようだ。シャルケ戦に向けた記者会見で認めている。<br><br>DFLスーパーカップでバイエルン・ミュンヘンに大敗を喫すると、DFBポカールでは1回戦で敗退。ブンデスリーガでも1勝1分3敗と低調なスタートとなったフランクフルトだったが、直近の公式戦8試合は負けなしと好調を維持。リーグでは勝ち点17で7位につけ、マルセイユやラツィオら強豪と同組のヨーロッパリーグでは、開幕4連勝で2試合を残しながら決勝ラウンドへの進出を決めた。<br><br>波に乗るフランクフルトだが、今夏に就任したヒュッタ―監督は好調の要因についてどう考えているのだろうか。9日に開かれたブンデスリーガ第11節のシャルケ戦に向けた会見で、「公式戦8試合負けなしに導いた要素は?」と問われると、次のように答えている。<br><br>「複数の要素があるだろう。後方から見てみると、そこにはマコト・ハセベがいる。彼は私にとって、安定感をもたらす絶対的な存在だ。ボールを保持している状況でも相手ボールとなったときも、信じられないほどクレバー、かつインテリジェントなプレーを見せてくれる」<br><br>「それにエヴァン・ヌディッカはまだ19歳になったばかりなのに関わらず素晴らしい成長を見せている。ダビド・アブラハムやマルコ・ルスもピッチに立てば、それぞれ好パフォーマンスを出してくれた」<br><br>現バイエルン指揮官のニコ・コバチ前監督がフランクフルトで導入し、長谷部を3バックの中央に配置するフォーメーションの復活にも触れた。<br><br>「1トップのシステムではなく、3-1-4-2、又は3-5-2フォーメーションに変えたこともチームに好影響を及ぼしただろう。それも我々を勝利に導いた重要なポイントと考える。あと、場合によっては相手に打ち勝てるようなフィジカルの好調も挙げなければならない」<br><br>7ゴールでブンデスリーガ得点ランキングでともに首位タイにつけるFWセバスティアン・アレルやルーカ・ヨヴィッチ、クロアチア代表FWのアンテ・レビッチ(4ゴール)など攻撃陣の決定力が話題を集めるフランクフルト。しかし、好調の要因としてヒュッタ―監督がまず最初に口にしたのは長谷部の名前。元日本代表のベテランは、指揮官の全幅の信頼を勝ち取ったと言っても過言ではないようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.10 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

第4節で8チームがGS突破!チェルシーとアーセナルは順当に、南野拓実のザルツブルクや長谷部誠のフランクフルトも《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)の第4節が8日に各地で行われた。 ▽グループAでは2位のレバークーゼン(勝ち点6)と首位のチューリッヒ(勝ち点9)が激突し、イェドバイのゴールでレバークーゼンが1-0で勝利。一方、同組のもうひと試合、ルドゴレツ(勝ち点1)vsラルナカ(勝ち点1)が0-0に終わったため、レバークーゼンとチューリッヒのグループステージ突破が決まった。 ▽また、グループDでは、開幕から4連勝を飾ったディナモ・ザグレブが突破を決め、残りの人枠はフェネルバフチェ(勝ち点7)かトルナヴァ (勝ち点3)に絞られた。森岡亮太が所属するアンデルレヒト(勝ち点1)は、この後2勝しても、当該成績でフェネルバフチェに敗れているため突破の可能性は消滅している。 ▽その他、グループBでは南野拓実所属のザルツブルクが、グループEではアーセナルが突破を決め、グループHでは4連勝を収めた長谷部誠のフランクフルトと、酒井宏樹が所属するマルセイユを下したラツィオが決勝トーナメントの切符を手にした。さらにグループLで4連勝を収めたチェルシーもとッパが決まっている。 2018.11.09 07:18 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、退場者を出すも逃げ切って4連勝! GS突破《EL》

▽フランクフルトは8日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節でアポロン・リマソルとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 ▽前節アポロン戦を3-0と快勝して3連勝とした首位フランクフルトは、ヨビッチやアラーが先発し、レビッチやコスティッチがベンチスタートとなった中、長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽3位アポロン(勝ち点1)に対し、勝利すればグループステージ突破となるフランクフルトは、シュテンデラがミドルシュートを浴びせて牽制していく。すると17分に先制した。ヴィレムスのスルーパスに抜け出したボックス左のヨビッチが左足で蹴り込んだ。 ▽その後も長谷部を軸に試合をコントロールするフランクフルトは前半終盤の41分に追加点のチャンス。アラーがスルーパスに抜け出してシュートに持ち込んだが、DFに戻られて枠を捉えきれなかった。 ▽迎えた後半もフランクフルトが主導権を握ると、55分に加点する。左サイドからのガシノビッチのクロスをアラーが右足ボレーで流し込んだ。 ▽さらに58分、ボックス手前左からガシノビッチのミドルシュートが決まって3-0としたフランクフルトは、71分にFKからセラヤのヘディングシュートで1点を返されてしまう。 ▽その後も劣勢を強いられると、81分にシュテンデラが2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまった。 ▽終盤にかけても劣勢を強いられたフランクフルトは試合終了間際にセラヤにPKを決められるも3-2で逃げ切り。4連勝でグループステージ突破を決めている。 2018.11.09 04:58 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルト若手CB、長谷部らベテラン組との関係に言及「彼らのアドバイスは心強い」

フランクフルトに所属するU-20フランス代表DFエヴァン・ヌディッカにとって、元日本代表MFの長谷部誠やアルゼンチン人DFダビド・アブラハムは頼もしい存在のようだ。クラブの公式ウェブサイトが同選手のコメントを伝えている。<br><br>今夏フランス2部のオゼールからフランクフルトへと渡ったヌディッカは8月に19歳の誕生日を迎えたばかりの192センチと長身なセンターバック。今後の成長を見越した獲得だった彼だが、他のDFの負傷離脱もあり、リーグ開幕節からスタメン出場を続けている。<br><br>アディ・ヒュッタ―監督は、ほとんどの試合で採用する3バックでは同選手を中央の長谷部、右側のアブラハム(あるいはマルコ・ルス)と並び左側のCBに配置。若手として、隣でプレーするベテランたちから学ぶものも多いようだ。<br><br>「彼らはとても豊富な経験の持ち主で、視野の広さが群を抜いている。そういうところに関して、彼らからとても多くのことを学べる。僕はトレーニングで吸収して、実際にピッチで実践しようと試みている」<br><br>「彼らのアドバイスはとても心強い。常に最適なポジションについてやどうやってポジショニングを改善できるのか教えてもらっている。彼らの隣でプレーさせてもらってとても幸せだ」<br><br>フランクフルトはシーズン序盤こそパフォーマンスが安定していなかったが、ここ最近の公式戦7試合では6勝1分けと絶好調。決定力を発揮中のアタッカー3人(セバスティアン・アレル、アンテ・レビッチ、ルーカ・ヨビッチ)が&ldquo;マジックトライアングル&rdquo;として話題を集めているが、ベテラン組とともに3バックを構成するヌディッカは着実な成長を続けている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.07 21:10 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース