“最高のロナウド”はどっち?! フィーゴの見解は…2018.11.02 22:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーOBの元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏が、“2人のロナウド”のどちらが最高かを語った。スペイン『アス』が伝えている。▽ポルトガル代表ではユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドと、マドリーでは元ブラジル代表FWロナウド氏と共にプレーしていたフィーゴ氏。どちらも同じ“ロナウド”という名を持つ伝説的な選手だが、彼らを目の当たりにしていたフィーゴ氏は1つの見解を述べている。

「クリスティアーノ(・ロナウド)は多くのゴールを頭で決めることができるが、2人のストライカーは共に強烈な印象だ」

「クリスティーノがまだ現役だけど、(元ブラジル代表の)ロナウドがゴール前でベストだと言えるね」

「でも、2人ともどんなチームでも多くのゴールを保証するんだ。(チームメイトの)みんながすべきことは、彼らにパスをして、残ったことをやるだけだ」

▽左右両足に加え頭でも得点を量産するC・ロナウドは、公式戦通算770試合578ゴールを記録。対するロナウド氏は負傷に悩まされたこともあり、公式戦438試合291ゴールに留まっているが、あの異次元の突破力と得点能力を“史上最高のストライカー”と称賛する声も大きい。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドに今夏クロース獲得の可能性!

マンチェスター・ユナイテッドが、今夏の移籍市場でレアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(29)を獲得する可能性があるようだ。イギリス『サン』が報じた。 2014年夏にバイエルンからマドリーに移籍したクロース。現在ではマドリーでも重要な選手の1人となっており、“メトロノーム”とも称される正確無比なプレーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇にも大きく貢献した。 しかし、今シーズンのマドリーは既にCL、コパ・デル・レイを敗退しており、リーガエスパニョーラでも首位バルセロナと勝ち点差12の3位と優勝は絶望的。今シーズンの低迷を味わったクロースは、他のクラブでキャリアの再建を図ろうとしているという。そして、『サン』によれば、ユナイテッドに移籍金5000万ポンド(約73億円)でのクロース獲得の可能性があるとのことだ。 ユナイテッドは、以前にもクロース獲得に接近。2013-14シーズンに同クラブを率いていたデイビッド・モイーズ氏が、「トニ・クロースは、私と共にマンチェスター・ユナイテッドに加入することに同意しており、彼と彼の妻にも会った。私たちは全ての面で合意に至っていた」と明かしており、2013夏に加入一歩手前まで交渉が進められていたことを示唆している。 そして、現指揮官のオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督もクロースの獲得を標榜。同選手のサラリーを確保するために、スター選手3人の放出を計画していることも伝えられている。 とはいえ、クロースにはパリ・サンジェルマン(PSG)も注視。6800万ポンド(約99億円)の高額な移籍金に加え、現行の1.5倍という魅力的な年俸でのオファーを打診していると見られている。 2019.03.23 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

痛恨ミスのクルトワが報道を批判! 「メディアが殺そうとしても僕は世界最高」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、スペインメディアを批判している。スペイン『アス』が伝えた。 世界最高の守護神の1人として、昨年の夏にチェルシーからマドリーに移籍したクルトワ。しかし、クラブの不調に引きずられるように、自身も目覚ましい活躍は出来ず、16日のリーガエスパニョーラ第28節セルタ戦ではスタメンを外れた。 さらに、21日に行われたユーロ2020予選・グループI第1節のロシア代表戦で、ベルギー代表のゴールマウスを守ったクルトワは、痛恨の凡ミス。1点のリードを奪った直後の16分、バックパスを受けた際にロシアFWのプレスを受けて自陣ボックス内で不用意にボールを失い、チェリシェフに無人のゴールに流し込まれた。その後、味方の援護により3-1で勝利したものの、「クルトワがお粗末なミスを犯した」と悪い意味で世間の話題を集めている。 しかし、試合後のインタビューに応じたクルトワは、以下のようにコメント。自身のパフォーマンスを自賛しつつ、スペインメディアを批判した。 「ロシアのアタッカーが少し気になった」 「クリアする力がなくて、少しミスをしてしまった。けど、それがゴールキーパーの人生だよ。その後は落ち着いてプレーした」 「僕は今でも自分自身が世界で最も優れていると考えている」 「スペインの報道は僕を殺したがっているけど、それでも僕は強さを感じる。落ち着いているし、良いトレーニングを積んで、良いプレーをしている」 2019.03.23 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとデ・ヘアの交渉が難航…両者の要求に大きな差

マンチェスター・ユナイテッドと、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の契約延長交渉が難航しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 しばらく契約延長交渉を続けているユナイテッドとデ・ヘアだが、両者の間に大きな溝があるようで、交渉は遅々として進んでいないようだ。『ミラー』によると、クラブ側は契約が2020年6月までとなっているデ・ヘアに対し週給35万ポンド(約5000万円)を用意。現在の20万ポンド(約2900万円)から大幅な増俸となる。 ところが、スペイン代表GKは週給50万ポンド(約7200万円)を要求。これにはユナイテッドも難色を示している模様だ。 デ・ヘアには、ジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアル・マドリーが関心を寄せているという噂もあり、このまま交渉が長引くようであれば、マドリーに隙を与えてしまいかねない状況にあるようだ。 2019.03.23 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、マドリー退団希望を同僚に通達か

レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)が、退団に向かっているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2011年にランスからレアル・マドリー入りし、初年度から並外れた潜在能力を示したヴァラン。すぐに出場機会を増加させると、25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝に大きく貢献した。 しかし、先日の報道によると、ヴァランは今夏のマドリー退団を検討。今シーズンもここまでの公式戦35試合に出場し、絶対的地位は揺らいでいないが、環境を変えて新たな挑戦をすることを希望していると伝えられていた。 そして、『マルカ』によれば、ヴァランは既にロッカールームの中でも親しい人々に退団希望を通達。ジネディーヌ・ジダン監督は同選手の残留を希望しているが、当人が決心してしまえばそれを妨げることは出来ないとも考えているという。 とはいえ、ヴァランに設定されている契約解除金は5億ユーロ(約622億円)という現実離れした金額だ。退団するためには、より低い金額のオファーを受け入れるよう、マドリーと交渉する必要があると伝えられている。 2019.03.23 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがナチョ獲得に動く? ミリトン加入でチャンス到来

ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。『フットボール・イタリア』がスペイン『アス』の情報をもとに伝えている。 昨夏に引き続き、ローマの照準はスペイン代表DFに絞られているようだ。モンチSD(スポーツ・ディレクター)が退団したことで補強方針に多少の変化が予想されるローマだが、ナチョへの関心は変わらず今夏にも獲得に動く可能性が高いという。 ユースからマドリーで過ごすナチョだが、今季は公式戦24試合の出場と、やや物足りない成績となっている。加えて、マドリーが新たにブラジル代表DFエデル・ミリトンを獲得したことで、来季はさらに出場機会を減らす恐れがあることも、ナチョが移籍に動く理由であるとメディアは指摘している。 ナチョの契約は2020年まで。30歳手前にして新たなステップに挑戦することに何ら不思議はない。 2019.03.22 16:06 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース