超ワールドサッカー

カッサーノ、イカルディに不満?「見下すつもりはないが昔のインテルだったら…」2018.11.02 19:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノが、イタリア紙『セーコロXIX』のインタビューの中で、インテルのFWマウロ・イカルディの実力に疑問を呈した。

先月、現役引退を発表したカッサーノは、現在のセリエAのレベルに不満を感じているようだ。昨シーズン、ラツィオのFWチーロ・インモービレとともにセリエA得点王に輝き、直近のリーグ戦3試合で5得点を挙げて称賛されているインテルの主将イカルディについて言及。“フェノーメノ(怪物)”こと元ブラジル代表のロナウド氏や、“重戦車”こと元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏を引き合いに出し、自身の見解を示した。

「今のセリエAのレベルは大したことないね。イカルディが1999年にいたとしたら、インテルでプレーできなかっただろう。『今のセリエAのレベルが大したことない』と言ったが、見下しているつもりはない。ただ自分の頃と比較して考えたことだ。もしイカルディがあの頃のインテルにいたとしたら、ロナウドやヴィエリと相まみえることになった。彼はプレーできただろうかね?」

以前もイタリアのテレビ番組において、「最近の選手たちはみんな下手くそだ」などと批判していたカッサーノ。セリエA全盛期を肌で体感しているだけに、現在のクオリティの物足りなさを改めて実感しているようだ。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース