ブンデスで躍動する“逸材ドリブラー”のネルソン、あの人気ゲームに夢中!?2018.11.01 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムのU-21イングランド代表FWレイス・ネルソンが、ピッチ外での趣味について明かしている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

▽アーセナルのアカデミー出身の逸材ドリブラーであるネルソンは、トップチームデビューを飾った昨シーズン公式戦16試合に出場。今シーズンは、ホッフェンハイムにレンタル移籍を果たし、ここまで公式戦9試合5ゴール1アシストと印象的な活躍を見せている。

▽そんなネルソンは、ブンデスリーガ公式サイトでのインタビューの中でピッチ外での生活について問われると、ゲームをプレーしていることを明かした。

「僕にとって家族はとても重要なものだ。家族もドイツに共に来てくれて、一緒の時間をグ押している。素敵なレストランに行ったりもするよ。あと個人的な話で言えば、家に居るときは“フォートナイト”をやるのが好きなんだ。あとは“コール・オブ・デューティ”の新作にハマっているね。そういう風にリカバリーに努めているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

シュツットガルト、ホッフェンハイムからスイス代表MFツバーをレンタルで獲得!

シュツットガルトは9日、ホッフェンハイムからスイス代表MFシュテファン・ツバー(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 母国のグラスホッパーでキャリアをスタートさせたツバーは、2013年夏からCSKAモスクワでプレー。その後、2014年夏にホッフェンハイムに移籍。ここまでは左サイドハーフやセントラルMFを主戦場に公式戦99試合に出場し8ゴールを記録。今季は公式戦13試合に出場し1ゴールを挙げていた。 また、2017年にデビューを果たしたスイス代表ではここまで通算21試合に出場し5ゴールを記録。昨年行われたロシア・ワールドカップ本大会にも出場していた。 2019.01.09 20:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのイタリア代表MFグリフォ、フライブルクにレンタルで復帰

フライブルクは6日、ホッフェンハイムのイタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでプロデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。 この活躍が認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍したものの活躍できず、2018年夏に3年ぶりにホッフェンハイムに2022年までの契約で復帰していた。しかし、今季もここまでブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ1試合の出場に留まり、活躍できていなかった。 2019.01.06 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

後半戦での巻き返しを狙うハノーファー、ホッフェンハイムDFアクポグマをレンタルで獲得

▽ハノーファーは30日、ホッフェンハイムからDFケビン・アクポグマ(23)をレンタル移籍で獲得した。アクポグマは2019年1月2日にハノーファーに合流する。 ▽カールスルーエの下部組織出身のアクポグマは、2012-13シーズンにトップチームに昇格すると、翌年の夏にホッフェンハイムへ完全移籍。加入当初からセカンドチームでのプレーが続くと、2015年の夏からはデュッセルドルフへ2年間のレンタル移籍で加入した。 ▽ホッフェンハイムへ復帰した昨シーズンは、ブンデスリーガで22試合に出場するなど主力としてプレーしたが、今シーズンはここまでリーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 2019.12.31 01:45 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、不調ホッフェンハイム相手にホームで痛恨のドロー《ブンデスリーガ》

▽大迫勇也の所属するブレーメンは19日、ブンデスリーガ第16節でホッフェンハイムと対戦し、1-1野引き分けに終わった。大迫は86分までプレー。 ▽前節のドルトムント戦を惜敗した9位ブレーメンが、公式戦6試合勝利のない8位ホッフェンハイムをホームに迎えた一戦。ブレーメンの大迫はトップ下で3試合ぶりの先発復帰となった。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が展開されると、ブレーメンは12分に決定機。モフワルドのラストパスが相手DFにディフレクトすると、このこぼれ球に反応した大迫はゴールエリア右付近からシュートを放ったが、これはサイドネットに外れた。 ▽チャンスを逃したブレーメンは、31分に失点を許す。ドリブルでボックス左深くまで切り込んだN・シュルツにマイナスの折り返しを供給されると、走り込んだビッテンコートがゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽迎えた後半、1点を追うブレーメンは57分に決定機。左サイドから仕掛けたアウグスティンションのクロスをファーサイドに走り込んだゲブレ・セラシェが頭で叩き込み、試合を振り出しに戻した。 ▽1-1のままこう着状態が続く中、83分にホッフェンハイムがチャンスを迎える。左サイドでボールを受けたグリリッチュがアーリークロスを供給すると、ボックス中央のクラマリッチが胸トラップシュートを放ったが、これはGKパブレンカの好セーブに阻まれた。 ▽一方のブレーメンは、86分に大迫を下げてピサロを投入。すると89分、クルーゼのスルーパスをボックス右に走り込んだカインツが折り返すと、フリーのラシカがダイレクトシュート。だが、これは枠の上に外してしまった。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。不調同士の対戦は勝ち点1を分け合う結果となった。 2018.12.20 06:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ザネが圧巻FK弾含む2ゴールで逆転勝利演出! ホッフェンハイム破ったシティが首位通過!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループF最終節、マンチェスター・シティvsホッフェンハイムが12日に行われ、ホームのシティが2-1で勝利した。 ▽前節、決勝トーナメント進出を決めた首位のシティ(勝ち点10)と、初出場で決勝トーナメント進出を逃すも3位浮上の可能性を残す最下位のホッフェンハイム(勝ち点3)による一戦。勝ち点1以上で首位通過が確定するシティだが、直近のリーグ戦でチェルシー相手に今季プレミア初黒星を喫しているだけにバウンスバックが求められる。 ▽そのチェルシー戦から先発5人を変更。負傷のシルバやフェルナンジーニョ、マフレズらに代えてジンチェンコ、ギュンドアン、ガブリエウ・ジェズス、フォーデン、オタメンディを起用した。 ▽いつも通りの[4-3-3]の布陣を採用したシティに対して、ホッフェンハイムは通常[3-5-2]の形が多い中、この試合ではサイドバックのブレネットを右ウイングに配する[4-3-3]の布陣を採用。立ち上がりから相手のビルドアップを積極的に牽制しつつ、サイドアタック、ジョエリントンのキープ力を生かしながら押し込む入りを見せた。 ▽すると16分、ホッフェンハイムはセットプレーの二次攻撃の場面でルーズボールに反応したヒュブナーがDFラポルテに倒されてPKを獲得。これをキッカーのクラマリッチが冷静に決めてアウェイチームが先制に成功した。 ▽ホームで先制を許してバタつくシティはやや不用意なボールの失い方から相手のロングボールに晒される苦しい状況が続く。それでも、相手の深い位置に侵攻しながらセットプレーを獲得していく。このセットプレーから19分にはザネのクロスにジェズスが頭で合わすが、これは右ポストを叩く。さらに制空権を握ったセンターバック陣が競り勝ってシュートを枠に飛ばすが、ことごとくGKバウマンの正面やクロスバーに阻まれる。 ▽前半半ばから終盤にかけてはシティが押し込む状況が続くが、フォーデンのシュートがDFの身体を張ったブロックに遭うなど決め切ることができない。しかし、このままハーフタイム突入と思われた前半アディショナルタイム1分にスーパーゴールで追いつく。ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーのザネが左足を振り抜くと、右に巻きながらドライブ回転のかかった強烈なシュートがゴール右隅を射抜いた。 ▽ザネのスーパーゴールによって1-1で折り返した中、両チームのベンチはハーフタイム明けに動く。シティは右サイドバックでの起用となったストーンズを下げて本職のウォーカーを投入。対するホッフェンハイムはブレネットに代えてこちらも本職ウイングのネルソンを投入した。 ▽この攻撃的な選手交代の影響もあって後半はよりオープンな展開に。55分には相手CKのロングカウンターからザネ、ベルナルド・シウバ、スターリングの快足トリオが3対1の数的優位でゴール前に迫るが、ここは手数をかけ過ぎた結果ベルナルド・シウバのシュートがGKに止められる。その直後にはホッフェンハイムのカウンターからボックス右に持ち込んだネルソンに決定機もGKエデルソンの好守に遭う。 ▽試合巧者のシティに珍しく行ったり来たりの展開を強いられたが、61分には自慢の高速カウンターで勝ち越す。先ほどと似たようなシュチュエーションのカウンターから右サイドのスターリングが冷静にボックス左へ走り込むザネにラストパス。ややトラップが足下に入ったものの得意の左足で流し込んだ。 ▽これで窮地に立たされたホッフェンハイムはアミリ、ベルフォディルと攻撃的なカードを切ってリスクを冒して攻めに出る。一方、シティはジンチェンコに代えてデルフ、ベルナルド・シウバに代えてコンパニをピッチに送り込んで試合を締めにかかる。 ▽その後は前がかりなホッフェンハイムの背後を幾度も突いてシティに3点目のチャンスが訪れるも、相手GKバウマンの好守やスターリングやジェズスの決定機逸もあり、試合はこのまま2-1でタイムアップ。ザネの見事な2ゴールで勝ち切ったシティはチェルシー戦の敗戦を払拭すると共に首位通過を決定。敗れたホッフェンハイムはCL初挑戦のシーズンをグループ最下位で終えることになった。 2018.12.13 07:05 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース