超ワールドサッカー

ブンデスで躍動する“逸材ドリブラー”のネルソン、あの人気ゲームに夢中!?2018.11.01 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムのU-21イングランド代表FWレイス・ネルソンが、ピッチ外での趣味について明かしている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

▽アーセナルのアカデミー出身の逸材ドリブラーであるネルソンは、トップチームデビューを飾った昨シーズン公式戦16試合に出場。今シーズンは、ホッフェンハイムにレンタル移籍を果たし、ここまで公式戦9試合5ゴール1アシストと印象的な活躍を見せている。

▽そんなネルソンは、ブンデスリーガ公式サイトでのインタビューの中でピッチ外での生活について問われると、ゲームをプレーしていることを明かした。

「僕にとって家族はとても重要なものだ。家族もドイツに共に来てくれて、一緒の時間をグ押している。素敵なレストランに行ったりもするよ。あと個人的な話で言えば、家に居るときは“フォートナイト”をやるのが好きなんだ。あとは“コール・オブ・デューティ”の新作にハマっているね。そういう風にリカバリーに努めているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

攻撃陣爆発のシティが6発圧勝! しかし、リヨンが10人ホッフェンハイムに土壇場被弾ドローで突破は決まらず…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節、マンチェスター・シティvsシャフタールが7日にシティ・オブ・マンチェスターで行われ、ホームのシティが6-0で快勝した。 ▽折り返しの時点でシティが勝ち点6で首位に立ち、2位にリヨン(勝ち点5)、3位と4位に同じ勝ち点2のシャフタール、ホッフェンハイムが並ぶ予想通りの順位表となっているグループF。 ▽前節、敵地でシャフタールに3-0で快勝したシティは以降の公式戦3試合も全勝。トッテナムとの敵地でのリーグ戦を1-0で競り勝つと、直近のサウサンプトン戦は攻撃陣の躍動によって6-1の圧勝。デ・ブライネの再離脱というアクシデントこそあったもののチームとして好調が続く。今週末に宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えるチームは、サウサンプトン戦から先発3人を変更。メンディとアグエロ、ザネに代えてジンチェンコ、マフレズ、ガブリエウ・ジェズスを起用した。 ▽立ち上がりからホームチームがボールを握る展開の中で序盤は拮抗した状況が続く。しかし、13分にはボックス右で仕掛けたマフレズが細かい切り返しから利き足とは逆の右足で鋭いクロスを供給。これをゴール前のシルバが冷静にワンタッチで合わせ、シティが幸先良く先制に成功した。 ▽この先制点で勢いづくシティは引き続き相手を押し込むと、信じられない形から追加点を奪う。24分、ボックス左で縦に仕掛けたスターリングが地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込む。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告するお人好しな姿は見せず、キッカーのジェズスが冷静に決めて2点目とした。 ▽この2点目で完全に主導権を掴んだシティは30分過ぎにもスターリングのスルーパスからジェズスに3点目のチャンスが訪れたものの、相手DFのブロックに阻まれ、前半は2-0のスコアで終了した。 ▽しかし、迎えた後半の立ち上がり48分に左サイドのハーフスペースで縦パスを受けたスターリングが相手DF2枚を振り切る力強い突破からペナルティアーク付近で右足の見事なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、開始早々に3点目を奪った。 ▽61分にウォーカーを下げてダニーロを投入し、週末のダービーを見据えた戦い方にシフトした中、72分にはボックス内でシルバが相手DFに倒されて今度は正真正銘のPKを獲得。これを再びジェズスが際どいコースに決め切って4点目を奪取した。 ▽この4点目で勝利を確信したグアルディオラ監督はシルバとフェルナンジーニョを下げてギュンドアン、デルフを続けてピッチに送り込む。すると、84分にはカウンターから左サイドのスペースに抜け出したギュンドアンのクロスをボックス右で収めたマフレズが右足のシュートを流し込み5点目。 ▽さらに試合終了間際には再びカウンターからマフレズのラストパスに抜け出したジェズスがGKとの一対一を制してハットトリックまで達成して見せた。そして、シャフタールを6-0で粉砕したシティが週末のダービーに大きな弾みを付けた。 ▽また、同日行われたリヨンvsホッフェンハイムは、2-2のドローに終わった。 ▽ホッフェンハイムのホームで行われた前節で壮絶な3-3の打ち合いを演じた両者が、舞台をパルク・オリンピック・リヨンに移して再び対峙した今回の一戦。試合は立ち上がりからリヨンペースで進むと、19分にゴール前の混戦からフェキル、28分にはエンドンベレのミドルシュートが相手DFに当たって大きくコースが変わる幸運な形からホームチームが2点を奪った。 ▽そして、リヨンの2点リードで折り返した試合は後半立ち上がりにもホッフェンハイムのDFヌフが2枚目のイエローカードをもらって退場となり、完全にリヨンの流れとなる。 ▽しかし、ここから驚異の粘りを見せたホッフェンハイムは65分にクラマリッチのゴールで1点を返すと、試合終盤にかけて決死の猛攻に打って出る。すると、3-3のドローに終わった前回対戦を再現するかのように後半アディショナルタイムに劇的同点ゴールが生まれる。92分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーがニアに鋭いボールを入れると、これをジョエリントンがバックヘッドでファーへとすらす。これにフリーで反応したカデラベクのシュートがゴールネットを揺らし、10人のホッフェンハイムが土壇場でドローに持ち込んだ。 ▽この結果、リヨンの勝利で決まるはずだった首位シティの決勝トーナメント進出は次節以降にずれ込む結果になった。 2018.11.08 07:26 Thu
twitterfacebook
thumb

壮絶な乱打戦はホッフェンハイムがジョエリントンの後半AT弾で同点に持ち込む《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節のホッフェンハイムvsリヨンが23日に行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽ここまで1分け1敗でグループ最下位のホッフェンハイムが、グループ首位に立つリヨンを本拠地ライン・ネッカー・アレーナに迎えた一戦。試合は開始早々にリヨンが決定機を迎える。3分、右サイドからダイアゴナルに切り込んだトラオレがエンドンベレとのパス交換でゴール前まで侵入したが、シュートは枠の右に外れた。 ▽対するホッフェンハイムは20分、クラマリッチのスルーパスでボックス左深くまで侵入したサライの折り返しをニアに走り込んだベルフォディルが左足で合わせたが、こちらもシュートは枠を外れる。 ▽ピンチを凌いだリヨンは、27分にスコアを動かす。GKバウマンからのパスを受けたフォクトにトラオレが素早くプレスをかけると、パスミスを誘発。このボール奪ったトラオレが飛び出した相手GKをかわし、無人のゴールにシュートを流し込んだ。 ▽先制を許したホッフェンハイムだが、33分に反撃。グリリッチュの左クロスをファーサイドに走り込んだカデラベクが頭で折り返すと、デナイヤーのクリアミスをゴール左で拾ったクラマリッチが胸トラップから右足でゴール左隅に叩き込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、ホッフェンハイムは開始早々に勝ち越しゴールを奪う。47分、右サイドからのスローインの落としを受けたデミルバイが右クロスを供給。これをゴール左で受けたクラマリッチが胸トラップからハーフボレーでゴール左に流し込んだ。 ▽勝ち越しを許したリヨンだが、59分に反撃に転じる。テテのスルーパスでボックス右深くまで侵入したエンドンベレが強烈なシュート。これが、GKバウマン左腕に当たりそのままゴールに吸い込まれた。 ▽試合を振り出しに戻したリヨンは66分、自陣でのパスカットからカウンターを仕掛ける。アワールのロングフィードが相手DFのクリアミスを誘うと、これで抜け出したデパイがボックス左まで侵攻し、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽試合はリヨンの1点リードで後半アディショナルタイムに突入。このまま終わるかに思われたが92分、デミルバイのパスをボックス左手前で受けたクラマリッチが縦にパスを送ると、オーバーラップしたN・シュルツの折り返しを最後は途中出場のジョエリントンがゴールに押し込んでホッフェンハイムが土壇場で同点とした。 ▽結局、試合はそのまま終了。終了間際の劇的被弾で勝ち点3を逃したリヨンは、2位に転落。一方、勝ち点1を積み重ねたホッフェンハイムは3位に浮上している。 2018.10.24 06:26 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ホッフェンハイムの10番MFデミルバイ獲得へ

▽リバプールが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。加入以降通算60試合で8ゴール17アシストを記録している。今シーズンはケガの影響もあり、公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽デミルバイはリバプールのユルゲン・クロップ監督もよく知る選手。というのも、同選手は2013年にハンブルガーSVに移籍する前にドルトムントの下部組織に在籍しており、当時トップチームを率いていたクロップ監督も注目していたようだ。だが、そのドルトムントもデミルバイに興味を示しているようで、これまでにも関心を寄せていたとされるリバプールは獲得レースに巻き込まれる可能性があるようだ。 ▽なお、デミルバイは4月に2022年まで契約を延長。契約解除金は2800万ポンド(約41億円)に設定されているようだ。 2018.10.18 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、退場者出すもホッフェンハイムから2点差を守り切り今季3勝目!《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは7日、ブンデスリーガ第7節で、アウェイでホッフェンハイムと対戦し、2-1で勝利した。長谷部はフル出場を果たしている。 ▽ここまでのリーグ戦2勝1分け3敗と負け越しているフランクフルトは、直近の公式戦2試合では、ハノーファーとヨーロッパリーグでのラツィオ相手にいずれも4得点を挙げて連勝中。波に乗ったまま迎える今節は、長谷部やリーグ戦2試合連続得点中のレビッチ、デ・グズマンらが先発に名を連ねた。 ▽試合は両者慎重な入りを見せる。互いに3バックを敷き、守備に重きを置く試合展開に。それでも時間が経つにつれて主導権は徐々にホッフェンハイムへ。15分には、N・シュルツがボックスに侵入しシュートを狙っていく。しかし、このシュートは力なくGKトラップが難なくセーブする。 ▽30分にかけてもホッフェンハイムのペース。デミルバイがミドルシュートでゴールに迫ると迎えた29分、前半最大の決定機がホッフェンハイムに訪れる。左サイドのクロスから味方のシュートが弾かれたところを、ベルフォディルがヘディングシュート。だが、これはクロスバーを叩いてしまう。 ▽その直後、ピンチを凌いだフランクフルトはすぐさまカウンターへと転じた。レビッチがボックス右に侵入し、ドリブルで躱しにかかったところを相手に倒されるが笛はならず。判定に納得のいかないレビッチは審判への過ぎた抗議によって警告を受けてしまった。 ▽しかしこのレビッチが仕事をする。40分、自陣右サイドの相手のスローインを奪ったフランクフルトは、ヨビッチが前線に走り込んだレビッチにパスを供給。レビッチはボックス左から、中途半端に前に出てきたGKの頭上を抜くループシュートを決めて、守勢だったフランクフルトが先制した。 ▽リードを得たまま後半を迎えたフランクフルトは、すぐにこのリードを広げにかかる。46分、カウンターで後半頭から出場しているガシノビッチが左に左に展開すると、コスティッチの折り返しはGKに弾かれてしまうものの、こぼれ球をヨビッチがダイレクトで流し込んで追加点を挙げた。 ▽2点差としたフランクフルトだが65分、すでに1枚イエローカードを貰っていたレビッチが相手を引っ張ってしまい、2枚目のイエローカードで退場となってしまう。 ▽交代カードなどを使い無失点に抑えていたフランクフルトだったが、83分についに失点してしまう。途中出場のジョエリントンのパスで抜け出した、こちらも途中出場のネルソンが豪快に突き刺し1点差とした。 ▽さらに後半アディショナルタイムにも、CKからベルフォディルに危うく同点とされるシュートを打たれたが、GKトラップが最後まで集中を切らさないプレーで弾き出し、試合終了。フランクフルトが今季リーグ戦3勝目を手にした。 2018.10.08 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがシルバの土壇場弾でホッフェンハイムを下し今大会初勝利!《CL》

▽マンチェスター・シティは2日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第2節でホッフェンハイムとライン・ネッカー・アレーナで対戦し、2-1で勝利した。 ▽大会初戦でリヨンと対戦したシティは、前半に許した2点リードから逃げ切られ黒星スタートとなった。同時に今季初黒星を喫した優勝候補のシチズンズは、その後の国内カップ戦を含めた3試合で10得点無失点という好成績を残し復調に成功。初戦の敗戦を払拭したい今節は、スタート時の布陣は[4-2-3-1]を採用し、左サイドバックにラポルテ、ボランチにギュンドアンとフェルナンジーニョ、2列目の左にザネ、右sにスターリング、ワントップにアグエロを起用した。 ▽試合はいきなり動いた。開始45秒、右サイドのスローインからリスタートしたホッフェンハイムは、デミルバイのスルーパスでベルフォディルがシティの最終ラインをギリギリで抜け出す。そのままゴール前へ運びGKとの一対一を制して先制点を奪った。 ▽前節同様、先に相手の得点を許し出鼻をくじかれたシティだったが、同じ轍は踏むまいと7分に反撃。シルバの絶妙なスルーパスでボックス左に侵入したザネが中へ折り返すと、アグエロのシュートは一度相手に当たってしまうものの、すぐにこぼれ球を拾ったアグエロがそのまま押し込んで振り出しに戻した。 ▽失点からすぐに流れを引き戻したシティは15分、今度は右サイドのスターリングが味方のスルーパスに反応し爆発的なスピードで一気に逆転のチャンスに。左足でGKの股の間を狙ったが足に当たって枠を外れた。 ▽その後はシティが試合を支配する展開に。33分にザネの単独突破から最後はアグエロがシュート。その2分後にも、ボックス手前左でボールを持ったアグエロは今度はループシュートでGKを強襲。若干前に出ていたGKバウマンの隙を突いたシュートだったが、バウマンは何とか弾き出した。 ▽そんな中でもホッフェンハイムは39分、先制ゴールのベルフォディルがラポルテの軽率なバックパスを奪って絶好機を迎えるが、GKエデルソンに阻まれてしまった。 ▽同点で迎えた後半序盤はホッフェンハイムが良い入りを見せた。47分にベルフォディルがボックス右へ侵攻。シュートも狙えた場面でクロスを選択したが味方は合わせることは出来なかった。その直後にはグリリッチュがミドルシュートでトライ。枠に収めることは出来なかったものの、守勢に回った前半よりもアグレッシブな展開を作った。 ▽シティも少ないチャンスから決定機を演出。53分、ラポルテが左サイドで上手く相手と入れ替わりボックス左に侵入。グラウンダーのクロスにシルバがニアで合わせるが、シュートを枠に飛ばすことは出来ず。 ▽試合が拮抗してきた中、シティは64分にオタメンディを下げてストーンズを投入。この交代で4バックから3バックに変更。だがそんなシティにアクシデント。68分にギュンドアンが足を痛めてベルナルド・シウバと負傷交代を余儀なくされてしまう。 ▽そのまま中盤に入ったベルナルド・シウバは72分、左サイドに流れてチャンスを創出。クロスをアグエロが頭で合わせたが、GKの正面へ。その直後の73分には、最終ラインを抜け出したザネがボックス内で飛び出してきたGKに倒されるも、笛はならず。 ▽その後シティはマフレズをスターリングに代えて投入するも、ホッフェンハイムの堅い守備を崩すことができない。シルバやザネの個人技を駆使して打開を試みるも、なかなかシュートも許してもらえない。 ▽しかしそんな中迎えた86分、意外な形から試合は動く。シティの左サイドからのクロスをホッフェンハイムDFポッシュが余裕をもってトラップしてクリアしようとしたところを、背後から忍び寄ったシルバが奪取。こうなってしまったらもう万事休す。シルバは楽々とゴールに流し込み、シティが土壇場で逆転に成功した。 ▽その後、4分間の後半アディショナルタイムも過ぎ終了の笛。最後まで手を焼いたシティだったが、今季のCL初勝利を手にした。一方敗れたホッフェンハイムは、これで開幕から1分け1敗という苦しいスタートとなった。 2018.10.03 03:54 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース