超ワールドサッカー

久保が先発のニュルンベルク、3部チームにPK戦で辛くも勝ち上がり《DFBポカール》2018.11.01 05:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニュルンベルクは10月31日、DFBポカール2回戦でハンザ・ロストックとのアウェイ戦に臨み、2-2で延長戦を終えて迎えたPK戦の末に4-2で勝利した。ニュルンベルクのFW久保裕也は60分までプレーしている。

▽1回戦でリンクスを下したニュルンベルクは、1-1の引き分けに持ち込まれた直近のフランクフルト戦で先発した久保が引き続きスタメンとなった。

▽3部のハンザ・ロストックに対し、久保がフラットな[4-4-2]の右MFで先発したニュルンベルクは、10分にチャンス。ボックス左に侵入したクノールがシュートに持ち込んだが、枠の上に外してしまった。

▽それ以降、シュートシーンを作れなかったニュルンベルクは35分に失点する。カウンターを受けた流れで、クロスボールの処理を誤ったレインのミスを突かれ、ブライアーにネットを揺らされた。

▽後半に入って攻勢を強めたニュルンベルクだったが、立ち上がりのチャンスをクノールが決め切れない。

▽63分には久保がピッチを後にしたニュルンベルクは、90分に劇的な同点弾を奪う。サイド攻撃で揺さぶり、最後は左クロスにズレリャクが合わせた。

▽延長戦に入って押し込まれたニュルンベルクは延長前半4分、ヒルデブラントに直接FKを叩き込まれて勝ち越されるも、同13分にパラシオスのゴールで再び同点に追いつく。

▽そして2-2のまま迎えたPK戦でニュルンベルクは4人全員が成功して4-2で勝利。薄氷の勝ち上がりを見せた。

▽また、ブレーメンのFW大迫勇也がベンチ入りも出場しなかったブレーメンはフレンスブルクとのアウェイ戦に臨み、5-1で大勝している。

▽その他、10月31日に行われた2回戦の結果は以下の通り。

ドルトムント 3-2 ウニオン・ベルリン
ケルン 1-2 シャルケ
ハンザ・ロストック 2-3 ニュルンベルク
フレンスブルク 1-5 ブレーメン
ビーレフェルト 0-3 デュイスブルク
ホルシュタイン・キール 2-1 フライブルク
ボルシアMG 0-5 レバークーゼン
RBライプツィヒ 2-0 ホッフェンハイム

コメント

関連ニュース

thumb

ニュルンベルクで苦境に陥る久保裕也…ケルナー監督「新加入選手にとって簡単ではない」

ニュルンベルクに所属するFW久保裕也が&ldquo;危機&rdquo;に陥っているようだ。ドイツ誌『キッカー』は「クボに最初の危機」と題して記事を掲載している。<br><br>久保は今夏、ヘントからニュルンベルクへと加入。開幕戦から先発のチャンスを得ると、第2節のマインツ戦では高採点(2)を獲得するなど、上々のスタートを切った。しかし、そこから徐々にトーンダウン。第9節のフランクフルト戦では決定的なチャンスを逃し、3日後に行われたDFBポカールのハンザ・ロストック戦では60分に途中交代、3日に行われた第10節のアウクスブルク戦ではついに出場機会なしに終わっている。<br><br>ただ、いまだゴール、アシストなしと、苦境に陥る久保について、ミヒャエル・ケルナー監督は一定の理解を示している様子だ。<br><br>「新加入選手が我々のチームに加わるというのは簡単ではない。チームには独自のプレースタイルがあるからだ。何かを見つけるための忍耐もしなければならない。加えて練習での疲れという部分もある」<br><br>さらに続けてケルナー監督は、久保の内面を評価していることも明かした。<br><br>「彼は頭の中が明確で、素晴らしいキャラクターも持っている。浮き沈みがあることもわかっているからね」<br><br>10日に行われる第11節シュツットガルト戦で再び出番が与えられることになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.11.06 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

久保vs長谷部の日本人対決はアラーのAT弾でフランクフルトが引き分けに持ち込む《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第9節、ニュルンベルクvsフランクフルトが28日に行われ、1-1で引き分けた。ニュルンベルクのFW久保裕也は88分までプレーし、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を1-3と敗れて2連敗となった14位ニュルンベルク(勝ち点8)は、久保が [4-3-3]の左インサイドMFで先発復帰した。 ▽一方、前節デュッセルドルフ戦を7-1と圧勝してリーグ戦3連勝とした7位フランクフルト(勝ち点13)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアポロン戦を2-0と快勝し、EL3連勝とした。好調なチームをけん引し、先発出場を続ける長谷部は引き続き3バックの中央でスタメンとなった。 ▽序盤はホームチームのニュルンベルクが良い入りを見せ、チャンスを生み出す。まずは4分、久保のパスを受けたベーレンスが際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽さらに17分、左サイドからのアーリークロスをファーサイドのクノールがボレーで合わせたシュートが右ポストに直撃した。 ▽その後は徐々にフランクフルトがポゼッションする流れとなるも、ハーフタイムにかけては互いにチャンスを作れずゴールレスで前半を終えた。 ▽後半も主導権争いが続き、睨み合いとなった中、68分にフランクフルトが2枚代えを敢行する。レビッチとガシノビッチに代えてアラーとアランを投入した。 ▽すると77分、久保に決定機が訪れる。長谷部がクリアしたボールをペナルティアーク右の久保がダイレクトでシュート。しかし、枠の右を捉えたシュートはGKトラップのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも直後の78分、ニュルンベルクが先制する。久保のパスを受けたボックス右のミシジャンのクロスをファーサイドのズレリャクがヘディングで押し込んだ。 ▽途中出場ズレリャクのゴールで先制を許したフランクフルトは81分、スルーパスでボックス右に抜け出したダ・コスタがGKと一対一となるも、シュートを枠の上に外して決められない。 ▽突き放したいニュルンベルクは85分、右クロスに対し、久保がボックス左から左足ボレーで狙うも枠には飛ばせない。さらに86分にはボックス左に久保が抜け出したが、長谷部に対応されてシュートは打てなかった。 ▽すると追加タイム2分、フランクフルトが劇的な同点弾を決める。ダ・コスタの右からのクロスをファーサイドのアラーがスライディングシュートで押し込んだ。 ▽直後にタイムアップとなり、久保と長谷部がマッチアップした日本人対決はフランクフルトが引き分けに持ち込んでいる。 2018.10.28 23:51 Sun
twitterfacebook
thumb

久保が先発復帰もライプツィヒに6失点惨敗《ブンデスリーガ》

▽ニュルンベルクは7日、ブンデスリーガ第7節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、0-6で大敗した。ニュルンベルクのFW久保裕也は60分までプレーしている。 ▽前節デュッセルドルフ戦では開幕6試合目にして初めて先発を外れた久保。チームが3-0と快勝して2勝目を挙げた中、久保が先発に復帰し、[4-3-3]の右インサイドMFでスタートした。 ▽ここまで3勝2分け1敗スタートのライプツィヒに対し、ボールを保持する立ち上がりとなったニュルンベルクだったが、開始3分にあっさり失点する。ヴェルナーの左クロスのルーズボールをボックス左のカンプルにゴール右へ流し込まれた。 ▽さらに7分、ボックス左で仕掛けたヴェルナーのクロスをニアで受けたY・ポウルセンにDFを背負いながら反転され、シュートを蹴り込まれて瞬く間に2点を追う展開となる。 ▽攻撃の形がないニュルンベルクは21分、成す術なく3点目を奪われた。カンプルのスルーパスでボックス左に抜け出したサビツァーに左足でねじ込まれた。さらに32分、ヴェルナーにコントロールシュートを決められて0-4で前半を終えた。 ▽後半から久保が[4-4-2]の2トップの一角に入ったニュルンベルクは、53分にイシャクが際どいヘディングシュートを放つ。ようやくこの試合の1stシュートを放ったニュルンベルクだったが、55分にサビツァーのミドルシュートが決まって0-5とされた。 ▽さらに59分、Y・ポウルセンの左クロスのルーズボールをヴェルナーに押し込まれ、6失点目を喫する。直後に久保が交代となったニュルンベルクは、62分にボックス内にドリブルで侵入したヴェルナーをリーボルドが後方から手をかけて倒し、PKを献上するとともに一発退場となった。しかし、キッカーのヴェルナーのシュートはGKブレドウがセーブし、7失点目は許さない。 ▽それでも、10人となったニュルンベルクに反撃の力は残っておらず0-6で大敗している。 2018.10.08 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美が今季初先発のデュッセルドルフ、久保不出場のニュルンベルクに完敗《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第6節、ニュルンベルクvsデュッセルドルフが29日に行われ、3-0でニュルンベルクが快勝した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場せず、デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は58分までプレーしている。 ▽前節ドルトムント戦では2トップの一角で起用されたものの、圧倒的劣勢を強いられたことで見せ場を作れなかった久保は移籍後初めてスタメンを外れた。 ▽一方、前節レバークーゼン戦で途中出場し、ようやく今季の初出場を果たした宇佐美は今季初スタメンとなった。 ▽1勝2分け2敗同士の一戦。[4-3-3]の左ウイングに入った宇佐美のデュッセルドルフが押し込む立ち上がりで推移していく。 ▽しかし、20分にCKの流れからボックス内のミュールのシュートでゴールを脅かしたニュルンベルクが26分にPKを獲得する。ロングボールを受けたリーボルドがボックス左に進入したところでルケバキオに倒された。これをベーレンスが決めてニュルンベルクが先制した。 ▽失点したデュッセルドルフは33分、ルケバキオがロングカウンターからディフェンスライン裏に抜け出してGKと一対一に。しかし、シュートはブレドウに止められてしまう。 ▽迎えた後半、ニュルベンルクは54分にイシャクがヘディングシュートでネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。58分には見せ場を作れなかった宇佐美が最初の交代を命じられた中、ニュルベンルクが64分に突き放す。ロングボールに抜け出したイシャクがGKと一対一に。これを決めてニュルンベルクが追加点を挙げた。 ▽さらに78分に途中出場のパラシオスが加点したニュルベンルクが快勝。今季2勝目を挙げている。 2018.09.30 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

久保がフル出場、香川が途中出場の日本人対決はドルトムントが7発圧勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsニュルンベルクが26日に行われ、ドルトムントが7-0で大勝した。ドルトムントのMF香川真司は62分から出場し、ニュルンベルクのFW久保裕也はフル出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を10人となった中で1-1の引き分けに持ち込み2勝2分けとしたドルトムントは、前節初スタメンを飾った香川がベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ハノーファー戦を2-0と勝利して今季初勝利を挙げたニュルンベルクは、久保が開幕5試合連続スタメンとなり、[3-5-2]の2トップの一角でスタートした。 ▽3トップに右からプリシッチ、M・フィリップ、ラーセン、トップ下にロイスを置く[4-3-3]で臨んだドルトムントが立ち上がりから攻勢に出ると、開始9分に先制する。プリシッチの浮き球パスに抜け出したラーセンがゴールエリア右からシュートを流し込んだ。 ▽ラーセンのトップチーム初ゴールで先制したドルトムントがその後も攻勢に出ると26分、プリシッチがミドルシュートでゴールに迫る。さらに29分、ボックス左に侵入したシュメルツァーが際どいシュートを浴びせた。 ▽そして32分、ロイスがゴール正面からミドルシュートを叩き込んでドルトムントが順当にリードを広げる。苦しいニュルンベルクは最前線の久保を走らせるも単発な攻撃に終始し、チャンスを作れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、CKのサインプレーから久保が枠内シュートを放ったニュルンベルクだったが、直後にドルトムントが決定的な3点目を奪う。ロングカウンターからロイスのラストパスを受けたアクラフがシュートを突き刺した。 ▽アクラフにも移籍後初ゴールが生まれたドルトムントはさらに58分、ロイスがラーセンとのパス交換からシュートを決めて4-0に。余裕のドルトムントは、62分にロイスとヴィツェルに代えて香川とヴァイグルを投入。香川はそのままトップ下に入った。 ▽終盤にかけても攻め手を緩めないドルトムントはアカンジ、サンチョ、ヴァイグルがゴールを重ねて7-0で圧勝。香川途中出場のドルトムントが日本人対決を制している。 2018.09.27 06:03 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース