トッテナムがイングランド代表MFデレ・アリと5年半の契約延長! 「スパーズでの時間をずっと愛してきた」2018.10.30 20:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムは30日、イングランド代表MFデレ・アリ(22)との契約を2024年までの5年半延長したことを発表した。

▽デレ・アリは、2015年2月にMKドンズからトッテナムに完全移籍。半年間はレンタルという形でMKドンズでのプレーを続けたが、初年度となった2015-16シーズンから公式戦46試合10ゴール11アシストとセンセーショナルな活躍を披露した。トッテナムでの公式戦通算では、153試合で48ゴール41アシストの成績を残している。

▽また、イングランド代表としても22歳にして31キャップを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)でも5試合1ゴールをマークし、母国のベスト4進出に貢献していた。

▽デレ・アリは、自身の公式ツイッターアカウント(@dele_official)を通じて以下のように喜びを伝えている。

「2024年までの新契約にサインできて嬉しい。会長、監督、全てのチームメイト、そしていつもサポートしてくれるファンにとても感謝したい。スパーズでの時間をずっと愛してきたし、将来が固まって興奮している! 」
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナムに大打撃…ケインが左足首じん帯損傷 3月上旬に練習復帰予定

トッテナムは15日、イングランド代表FWハリー・ケインの負傷を発表した。 ケインは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発したが、試合終盤に足首を負傷していた。腫れがひどく、落ち着くまで正確な検査を受けられない状況だったという。 そんな中、クラブは今回左足首のじん帯損傷と診断されたことを発表。リハビリを開始し、3月上旬にトレーニングへ復帰する見込みであることを伝えている。 ケインは今シーズンここまでプレミアリーグ22試合に出場し、得点ランクトップタイとなる14ゴールを記録している。絶対的エースの離脱にトッテナムは苦しい戦いが強いられることになりそうだ。 2019.01.16 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソン・フンミンが離脱のトッテナム、代役としてマウコムの獲得を検討か

トッテナムが、バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)の獲得を検討しているようだ。『ESPN』が伝えた。 トッテナムでは、1月13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦で、終盤にケインが足首を負傷。足首のじん帯損傷の疑いがあり、完治までには少なくとも4週間がかかる見込みのようだ。また、韓国代表FWソン・フンミンがアジアカップを戦う同代表合流のため、その一戦を最後にチームから離脱している。韓国が決勝まで進んだ場合には、最低でも2月1日まではイングランドに戻ることができない。 攻撃陣が手薄になっているトッテナムは、バルセロナで不遇の時を過ごしているマウコムのレンタル移籍での獲得を検討しているようだ。 昨夏に推定移籍金4100万ユーロ(現在のレートで約51億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、選手層の厚いバルセロナでスタメンを奪うことはできておらず、リーガエスパニョーラでのプレー時間は97分にとどまっている。なお、選手当人もレンタル移籍にはオープンな姿勢でいるようだ。 2019.01.15 18:24 Tue
twitterfacebook
thumb

古傷再発のケイン、1カ月アウトか

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインに負傷離脱の可能性が高まった。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ケインは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発。この試合の終盤に足首を負傷した。腫れがひどく、落ち着くまで正確な検査を受けられない状況だという。 その部位はケインにとって古傷。そういった過去もあり、全治最低4週間が見込まれ、診断結果次第でより長期の戦線離脱という最悪の事態になる恐れも孕んでいる模様だ。 これにより、ケインはリーグ戦や、チェルシーとのEFLカップ準決勝2ndレグ、FAカップ4回戦のクリスタル・パレス戦など、今月中の試合を欠場することが決定的とみられる。 また、トッテナムは同試合でフランス代表MFムサ・シソコが負傷。そして、韓国代表FWソン・フンミンがアジアカップを戦う同代表合流のため、その一戦を最後にチームから離脱した。 2019.01.15 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズMFムサ・デンベレの移籍先に捻じれ? 北京国安ではなく広州恒大加入へ!

今冬の中国スーパーリーグ移籍が決定的なトッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31)だが、新天地は北京国安ではなく広州恒大となる模様だ。14日に同選手の北京国安行きを伝えたイギリス『スカイ・スポーツ』が最新情報として広州恒大行きを伝えた。 『スカイ・スポーツ』は既報でデンベレが900万ポンド(約12億5000万円)での北京国安移籍に向けて、香港に向かっていると伝え、同地でメディカルチェックを受診した後、正式契約にサインする見込みだと報じていた。 しかし、このレポートから数時間後、同メディアはデンベレが北京国安ではなく広州恒大移籍に向けてメディカルチェックを受診していると訂正した。 さらに、現時点でデンベレと広州恒大の間で正式な契約書へのサインは行われておらず、逆転での北京国安行きの可能性も否定できないと伝えている。 なお、デンベレの新天地が仮に広州恒大となった場合、トッテナムで2年間共にプレーしたブラジル代表MFパウリーニョと再タッグを組むことになる。 ここ数年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムの中盤で主力を担ってきたデンベレだが、今季限りで切れる契約を更新せず、今冬あるいは今夏の移籍の可能性が盛んに報じられている。 昨夏には北京国安やインテル行きの可能性が報じられたが、最終的に交渉はまとまらず、クラブに残留する形となった。しかし、度重なる負傷によって戦線離脱が続く間にMFムサ・シソコ、新星MFオリヴァー・スキップらが台頭しており、トッテナム残留の可能性は低くなっていた。 2019.01.15 03:44 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズMFムサ・デンベレが北京国安移籍に向け香港に飛ぶ! ACLで浦和と対戦

中国スーパーリーグに所属する北京国安がトッテナムに所属するベルギー代表MFムサ・デンベレ(31)の獲得を決定的なモノとしているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、デンベレは900万ポンド(約12億5000万円)での北京国安移籍に向けて、現在香港に向かっているという。同地でメディカルチェックを受診した後、正式契約にサインする見込みだ。 ここ数年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムの中盤で主力を担ってきたデンベレだが、今季限りで切れる契約を更新せず、今冬あるいは今夏の移籍の可能性が盛んに報じられている。 昨夏には北京国安やインテル行きの可能性が報じられたが、最終的に交渉はまとまらず、クラブに残留する形となった。しかし、度重なる負傷によって戦線離脱が続く間にMFムサ・シソコ、新星MFオリヴァー・スキップらが台頭しており、トッテナム残留の可能性は低くなっていた。 かつてレッドブル・ザルツブルクやレバークーゼンを率いたロジャー・シュミット監督が率いる北京国安にはブラジル代表MFレナト・アウグスト、DRコンゴ代表FWセドリク・バカンブ、元スペイン代表MFジョナタン・ビエラの3選手が在籍。その強力なスカッドに新たな助っ人としてデンベレが加わることになる。 なお、新シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では浦和レッズ、全北現代(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)と同じグループGに入っている。 2019.01.14 23:25 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース