レアル・マドリーがロペテギ監督を解任、後任は暫定でソラーリ氏2018.10.30 06:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは29日、フレン・ロペテギ監督(52)を解任したことを発表した。後任は暫定でサンティアゴ・ソラーリ氏(42)が指揮を執ることになる。▽ロシア・ワールドカップ前にスペイン代表監督を電撃解任され、今季からレアル・マドリーの指揮を執っていたロペテギ監督だったが、リーガエスパニョーラ10試合を終えて4勝2分け4敗の9位と、チャンピオンズリーグ3連覇中の欧州王者とは思えない低調な成績に終わっていた。

▽そして直近のバルセロナとのエル・クラシコでは1-5と大敗し、ロペテギ監督の解任が既定路線となっていた。そのロペテギ監督の解任についてレアル・マドリーは公式サイトで次のような声明を発表している。

「この決断は最高レベルの責任から採択されており、今シーズンのすべての目標が達成可能な現時点でトップチームの現状を立て直すことを目的にしたものであります。クラブ役員会は今日までの結果はクラブのこれまでの歴史にもなかったものであり、次のバロンドール候補8名を揃えたレアル・マドリードメンバーのタレントを発揮できていないものであると理解しています」

「クラブはフレン・ロペテギ監督とそのスタッフの仕事とこれまでの働きに感謝しており、彼らのキャリアが今後幸運に満たされるものになることを祈っています。暫定的にサンティアゴ・ソラーリが監督を務め、明日火曜日からトップチームを指揮します」

▽暫定ながら後任を務めるソラーリ氏はレアル・マドリーのOBで2016年からカスティージャ(レアル・マドリーのBチーム)で指揮を執っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージ守り抜いたマドリーがレガネスに雪辱果たして8強進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、レガネスvsレアル・マドリーが16日に行われ、ホームのレガネスが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り抜いたマドリーが2戦合計3-1としてベスト8進出を決めた。 ホームで戦った先週ミッドウィークの1stレグを3-0で快勝したマドリーは、先週末に行われたリーガエスパニョーラのベティス戦もダニ・セバージョスの劇的恩返し弾で競り勝ち公式戦2連勝を達成。絶対優位で迎えた敵地での2ndレグに向けてはベティス戦から先発4人を変更。セルヒオ・ラモス、カルバハル、モドリッチ、ベンゼマに代わってマルセロ、オドリオソラ、イスコ、ルーカス・バスケスを起用。システムも[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。 トップ下にイスコ、左右ウイングにバスケス、マルセロ、1トップにヴィニシウスを配した攻撃ユニットでこの試合に臨んだマドリーは序盤からボールを握るもののアタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュの形を見いだせない。 すると、時間の経過と共に相手のシンプルな縦に速い攻撃に手を焼き始める。それでも、相手のフィニッシュの精度に助けられて大きなピンチはなかったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制を許す。右サイドのエラソからのクロスをブラースヴァイトに頭で合わせられると、これは右ポストに救われる。だが、ゴール前の混戦からブラースヴァイトに蹴り込まれてネットを揺らされた。 その後も勢いづくレガネスにレシオ、ブスティンサとゴールを脅かされたマドリーは何とか1点ビハインドの状態で前半を終えた。 迎えた後半、マドリーはレギロンを下げてセバージョスをハーフタイム明けに投入。この交代でイスコを“ファルソ・ヌエベ”に配した[4-3-3]の布陣に変更した。 ここから試合の流れを好転させたいマドリーだが、前半同様に前線で起点を作れず、ヴィニシウスらの個人技以外で決定的な場面を作り出せない。その一方、守備の局面では粘り強い対応で決定機は許さない。 その後、精彩を欠いたイスコに代えてクリスト、バスケスに代えてディアスをピッチに送り込み逃げ切りを図るマドリーだったが、85分には最終ライン裏へ抜け出したサビンにあわや2点目という決定機を許す。 試合終盤にかけては左サイドを圧巻のスピードで突破したヴィニシウスのお膳立てからディアスに移籍後初ゴールのチャンスが訪れるが、これは相手GKと左ポストに阻まれる。その直後にはレガネスの猛攻からブラースヴァイト、サビンと続けて決定機が訪れたが、GKケイロル・ナバスの驚異的な連続セーブにより試合はこのまま0-1でタイムアップ。 敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージを守り切ったマドリーが2戦合計3-1のスコアで昨季準々決勝で敗れたレガネスにリベンジを果たし、ベスト8進出を決めた。 また、同日行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、セビージャvsアスレティック・ビルバオは、ビルバオが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り切ったセビージャが2戦合計3-2でベスト8進出を決めている。 2019.01.17 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バジェホが今季4度目の筋肉系トラブルで約1カ月の離脱へ…右手骨折のベンゼマは週末セビージャ戦翌日に手術か?

レアル・マドリーは16日、DFヘスス・バジェホが左足ハムストリングにグレード2の損傷を負ったことを発表した。 今季ここまで3度の筋肉系のトラブルで欠場が続いているバジェホは今週行われたトレーニングセッションで再び負傷。負傷直後には涙を流し、サンティアゴ・ソラーリ監督に慰められる一幕もあった。 そして、このケガによってバジェホは最低1カ月程度の戦線離脱を強いられる見込みだ。 また、バジェホと同様に先週末のベティス戦で右手の小指を骨折したFWカリム・ベンゼマに関しては20日に手術を受けることになる模様だ。 スペイン『マルカ』が伝えるところによれば、前線に負傷者が目立つマドリーは19日にセビージャとの上位対決を控えており、ベンゼマを同試合で起用したい意向のようだ。 2019.01.16 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ、C・ロナウド加入で「CL制覇は夢から目標に」

ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入でヨーロッパ制覇が夢ではないと語っている。 ユベントスは近年チャンピオンズリーグ(CL)優勝を目標に掲げ、ヨーロッパ王者を目指してきたが、ここ2年間レアル・マドリーによってそれを阻まれてきた。中でも当時マドリーに所属していたC・ロナウドには、2016-17シーズンの決勝(4-1でマドリーが勝利)で2得点、2017-18シーズンの準々決勝(2戦合計スコア4-3でマドリーが勝利)で3得点を奪われるなど、苦汁を飲まされてきた。 そんなユベントスは、今シーズンそのC・ロナウドを獲得。キエッリーニは、これでCL制覇への準備が整ったと主張した。 「クリスティアーノは、何度も何度も僕らに対してゴールを奪ってきた。そして何度も僕らの夢を打ち砕いてきた。カーディフ、マドリッド、トリノでね」 「以前までチャンピオンズリーグは夢だった。けど今は、目標さ。なぜなら世界最高の選手であるクリスティアーノが加入したんだからね。彼は僕らが最後のステップに進むために必要なことだったのさ」 2019.01.16 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、PSGのマルキーニョスをトップリストに!

レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョス(24)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『El Pais』の情報をもとに同『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 来シーズンに向けて守備の強化を掲げているマドリー。『El Pais』が報じたところでは、マルキーニョスがリストのトップに据えられているようだ。また、マドリーが既に2022年までPSGと契約を残しているマルキーニョス側と接触したことも伝えられている。同選手の代理人も移籍の可能性を検討しているようだ。 コリンチャンス下部組織出身のマルキーニョスは2011年にトップチーム昇格を果たすと、2012年夏にローマへ期限付き移籍で加わった。加入当初はベンチを温めていたが、徐々に頭角を現し同年冬に完全移籍。加入初年度ながら公式戦30試合に出場していた。その後、2013年にPSGへステップアップを果たし、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場している。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、マルキーニョスの市場価値は6000万ユーロ(約75億円)と評価されている。 2019.01.15 21:33 Tue
twitterfacebook
thumb

サントス、今夏マドリー加入内定のロドリゴの年内残留を望む…

サントスが、今夏のレアル・マドリー入団が内定しているU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)の年内残留を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 左ウイングを主戦場とするロドリゴは、2017年11月にトップチームデビュー。2018シーズンには公式戦34試合7ゴール3アシストを記録しており、3月にはコパ・リベルタドーレスで史上最年少ゴールをマークしていた。 そんなロドリゴは、ブラジルの逸材として“ネイマール2世"と評されており、昨夏の移籍市場でマドリーが約4500万ユーロ(約56億円)の移籍金で獲得。そして、マドリーはロドリゴが18歳を迎える今夏に入団すると発表していた。 しかし、サントスはロドリゴのマドリー行きを遅れさせることを望んでいるようだ。同クラブのジョセ・カルロス・ペレス会長は、テレビ番組『Round Table』でマドリーとの交渉について言及している。 「我々は、レアル・マドリーに(ロドリゴに関する)オファーを提示した。返答を待っている」 「話すには時期尚早だが、万が一のために(夏行うはずの交渉を)持ち掛けた」 また、サントスの新指揮官に就任したホルヘ・サンパオリ監督は「彼のキャリアのためにも、数年間クラブにとどまることが、私にとっても彼にとってもグッドアイディアだと思う」と残留を願っているようだ。 ブラジルの逸材は、どのタイミングでエル・ブランコのユニフォームに袖を通すのか注目が集まる。 2019.01.15 20:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース