超ワールドサッカー

C・パレスMFマッカーサーが31歳でスコットランド代表を引退2018.10.30 01:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クリスタル・パレスに所属するスコットランド代表MFジェームズ・マッカーサー(31)が29日、自身の公式ツイッターを通じて代表引退を発表した。

▽2010年11月のフェロー諸島代表戦でスコットランド代表デビューを飾ったマッカーサーは、2017年10月に行われたスロベニア代表戦を最後に1年近く代表の活動から遠ざかっていた。ここまで通算32試合に出場し4ゴールを記録していた。

▽マッカーサーは、代表引退を決断した理由に関して体力的な問題が大きかったと明かしている。

「代表の活動から引退するときが来たと思っている。この10年ほどスコットランド代表の一員となり、32回もこの国を代表してプレーできたことを誇りに思っているよ」

「ただ、昨年から多くの身体的な問題に悩まされてきた。そして、それを管理していくのは今後より難しくなっていくと思う。今回の決断に関しては周囲とも多くの議論を重ねてきたが、自分にとってトップレベルでプレーし続けるために代表の舞台から退くことが適当だと考えたんだ」

「スコットランド代表でのキャリアを共有してきた監督やスタッフ、仲間たちに感謝の言葉を贈りたい。同時にアレックス・マクリーシュと彼のチームの幸運を祈っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

主力温存のポルトガルが敵地でスコットランドに3発快勝《国際親善試合》

▽ポルトガル代表は14日、国際親善試合でスコットランド代表とアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 ▽11日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のポーランド代表戦を勝利し、UNL2連勝を飾ったポルトガル。チームを率いるフェルナンド・サントス監督は、ポーランド戦のスタメンからルベン・ジアス以外の10人を変更。エデルやエウデル・コスタ、ブルマ、ブルーノ・フェルナンデスらサブ組がスタメンに名を連ねた。 ▽立ち上がりから一進一退の膠着状態が続く中、最初の決定機はホームのスコットランド。37分、右サイドでボールを受けたフォーレストのクロスをネイスミスがダイビングヘッドで合わせたが、これは僅かにゴール左に外れた。 ▽ピンチを凌いだポルトガルは41分、セルジオ・オリベイラとのパス交換でボックス内に侵入したブルマのパスを中央で受けたエデルが反転から右足を振り抜いたが、このシュートはGKゴードンが正面でセーブ。 ▽0-0のまま前半終了かと思われたが、43分に試合が動く。ブルマのパスで左サイド深くまで切り込んだセドリックがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだエウデル・コスタが滑り込みながらゴールに押し込んだ。 ▽迎えた後半も、先にチャンスを作ったのはスコットランドだった。53分、J・マッギンの左CKからボックス中央でフリーとなったマッケンナがダイビングヘッドを狙ったが、ボールはゴール左に外れた。 ▽対するポルトガルは74分、バイタルエリア手前でFKを獲得すると、レナト・サンチェスのFKからエデルがヘディングを叩き込み、追加点を奪う。 ▽さらに84分には、ジェドソン・フェルナンデスのロングパスで抜け出したブルマがボックス左から侵入。カットインからゴール右にシュートを突き刺し、リードを広げた。 ▽試合終了間際の94分にネイスミスのゴールで1点を返されたポルトガルだが、試合はそのまま3-1で終了。主力を温存しながらも敵地で完勝のポルトガルが、インターナショナルマッチ3連勝と好調を維持している。 2018.10.15 03:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー、途中出場バチュアイの2発など4Gでスコットランドに快勝《国際親善試合》

▽ベルギー代表は7日、国際親善試合でスコットランド代表とアウェイで対戦し、4-0で快勝した。 ▽ロシア・ワールドカップで史上最高位となる3位に輝いたベルギーは、デ・ブライネを負傷で欠く中、アザールやルカク、GKクルトワといった主力を先発で起用した。 ▽ロバートソンやフレイザー、アームストロングといったプレミアリーグでプレーする面々をスタメンで起用してきたスコットランドに対し、ベルギーは[3-4-3]を採用。3トップに右からメルテンス、ルカク、アザール、中盤右にカスターニュ、左にT・アザール、センターにデンベレとティーレマンスを置き、3バックにコンパニ、ヴェルトンゲン、ボヤタと据えた。 ▽立ち上がりこそホームチームが前に出たものの、徐々にポゼッションを高めたベルギーは、8分にアザール兄弟のパス交換からトルガンがシュートを浴びせる。 ▽しかし、押し込むものの攻め手のないベルギーはメルテンスやティーレマンス、アザールらがミドルシュートでスコットランドをけん制していく。 ▽すると28分に先制した。デンベレが敵陣でボールを奪ってボックス左のT・アザールにつなぎ、最後はルカクがゴールに蹴り込んだ。 ▽その後も主導権を握ったベルギーは45分、カスターニュの右クロスをニアに飛び込んだアザールがヘディングで合わせたシュートはGKゴードンの好守に阻まれ、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半からルカクやメルテンス、コンパニら4選手を変更してバチュアイやカラスコ、ムニエを投入したベルギーは開始1分に加点する。左サイドで仕掛けたカラスコのパスをボックス左で受けたアザールが左足で豪快にゴール右上へ蹴り込んだ。 ▽さらに52分、敵陣でデンベレがボールを奪った流れからアザールのラストパスを受けたバチュアイが冷静に左足でゴールに流し込み、3-0と突き放した。 ▽60分にも敵陣でティーレマンスがボールを奪った流れからバチュアイが確実にゴールネットを揺らし、4-0で快勝した。 ▽ベルギーは今後、11日にUNLでアイスランド代表とのアウェイ戦を戦い、スコットランドは10日にUNLでアルバニア代表とのホーム戦を戦う。 2018.09.08 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

追跡装置付きで先発出場…ダンディーFCで前代未聞の出来事

▽スコットランドの1部リーグで珍事が発生している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽スティーブン・ジェラード監督のグラスゴー・レンジャーズ指揮官デビューが話題となった、スコティッシュ・プレミアシップ。8日に行われた第1節では、レンジャーズはアベルディーンFCに1-1で引き分けたものの、名選手の新たな門出にスコットランドのサッカー界は大いに沸き立っている。 ▽しかし、その一方で不名誉な形で注目を浴びている選手がいるようだ。『マルカ』によると、その選手はダンディーFCに所属するスコットランド人MFポール・マクゴーワン。先発出場した第1節セント・ミレン戦で判明した。 ▽マクゴーワンは、なんと足首に犯罪者用のトラッキング・デバイスを巻いて登場。同選手は、先月にナイトクラブで警備員に食って掛かったことで現在保護観察中の身にあり、プレー中も装置を外すことが許されなかったという。 ▽マクゴーワンには多数の犯罪歴があり、2010年からこれまでに、公共の秩序を乱したことや粗暴な言動を理由として5度逮捕されている。現在のトラッキング・デバイスの着用は2カ月間義務付けられ、1年間の保護観察が続けられるようだ。 ▽なお、マクゴーワンはキャリア通算で公式戦332試合に出場し36ゴール44アシストを記録している。意外なことに、その中で退場した試合は1試合のみ。プライベートでの振る舞いには問題があるものの、ピッチの中ではクリーンな選手だ。 2018.08.11 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

メキシコ、ジョバニ・ドス・サントス弾でスコットランド撃破も決定力欠き1ゴールにとどまる《国際親善試合》

▽3日に国際親善試合のメキシコ代表vsスコットランド代表が行われ、1-0でメキシコが勝利した。 ▽6月に開幕するロシア・ワールドカップ出場を決めたメキシコは、ドイツ代表、韓国代表、スウェーデン代表が組み込まれたグループFに所属。この一戦に向けてはGKオチョア、ラユン、ジョバニ・ドス・サントスらを起用した。 ▽試合は開始から攻勢に出るメキシコが先制する。13分、右サイドのアルバレスのクロスを中央のジョバニ・ドス・サントスが納めてボックス左手前へ落とす。これを受けたベラはシュートまで持ち込めず、中央に戻すとジョバニ・ドス・サントスが左足でシュートを放ち、ゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制以降もスコットランドを押し込み続けるメキシコは27分、ボックス手前でセカンドボールを拾ったラユンが右足で巻いたシュート。しかし、右ポストに直撃してしまい、追加点とはならない。37分にはロサーノが強烈なミドルシュートを放つが、今度はGKマクラフリンに弾かれた。 ▽1-0で試合を折り返したメキシコは、後半開始から自身5度目のW杯出場を目指す39歳のマルケスを投入する。 ▽しかし、ここまで抑え込まれていたスコットランドもメキシコを脅かす。49分、ボックス右外に抜け出したマクゴーフのクロスをマクバーニーがヘディングシュート。しかし、右ポストに嫌われてしまい、試合を振り出しに戻すことができない。 ▽ヒヤリとする場面を迎えたメキシコは66分、味方のスルーパスに抜け出したロサーノが縦への突破から対峙した相手DFをはがして右足を振りぬく。ボックス右から放たれたシュートはクロスバーに直撃してしまう。72分には味方のヘディングシュートのこぼれ球をペラルタがプッシュ。ゴールネットを揺らしたものの、オフサイドの判定が下されてしまい、なかなか追加点を奪うことができない。 ▽その後もスコットランドゴールに幾度となく迫ったメキシコだったが、リードを広げることができず試合終了。1-0でメキシコが勝利している。 2018.06.03 11:04 Sun
twitterfacebook
thumb

クエバ&ファルファン弾! ペルーが2発でスコットランド撃破《国際親善試合》

▽日本時間30日に国際親善試合のペルー代表vsスコットランド代表が行われ、2-0でペルーが勝利した。 ▽ニュージーランド代表との大陸間プレーオフを制して、6月に開幕するロシア・ワールドカップへの出場を決めたペルー代表は、オーストラリア代表、デンマーク代表、フランス代表が組み込まれたグループCに所属。フローレス、クエバ、ファルファンらが先発に名を連ねた。 ▽試合はペルーが37分、相手ボックス内でハンドを誘い、PKを獲得。これをキッカーのクエバが右足でゴール左下隅に突き刺して、先制に成功する。 ▽1-0で試合を折り返すと、リードするペルーが後半開始早々に追加点。47分、ボックス左に抜け出したジョトゥンがクロスを試みるが、相手DFにブロックされてジョトゥンの足元へ。再び中央へクロスを送り、最後はファルファンが左足で押し込んだ。 ▽試合はそのまま終了し、2-0でペルーが勝利。W杯に出場するペルーは、3日にサウジアラビア代表、9日にスウェーデン代表との国際親善試合を経て、16日にグループリーグ初戦のデンマーク代表戦を迎える。 2018.05.30 12:07 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース