フルアム、イングランド代表GKベッティネッリと新契約締結!2018.10.26 00:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フルアムは25日、イングランド代表GKマーカス・ベッティネッリ(26)と2021年6月30日までの新契約を締結した。なお、今回の契約には1年間の契約延長オプションが付随している。

▽5年ぶりのプレミアリーグ復帰に貢献し、今季もスペイン代表GKセルヒオ・リコらとのポジション争いを制してフルアムの守護神として活躍するベッティネッリはクラブとの新契約に満足感を示している。

「これは僕が長年望んだことだった。だから、本当に幸せな気分だ。僕と家族にとって誇り高い瞬間だ。同時に自分が長年やってきた仕事が認められた気持ちだよ」

「オーナーたちや僕がここに残る機会を与えてくれたクラブに関わるすべての人に感謝を示したい。これからも僕のキャリアはこの素晴らしいクラブで続くんだ」

▽イタリアにルーツを持ちアカデミーでGKコーチを務めるヴィック・ベッティネッリを父親に持つベッティネッリは、2010年にトップチームに昇格。ダルフォードやアクリントンと下部カテゴリーのクラブへの武者修行を経て、クラブがチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した2014-15シーズンに正GKに昇格した。

▽その後、2シーズンは控えに甘んじたものの、昨シーズンの途中から守護神の座を掴むと、チームの5年ぶりのプレミア復帰に貢献。また、今季も引き続きレギュラーポジションを掴むと、今年9月にはイングランドのフル代表に初招集された。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアム、オランダ代表FWバベルの獲得を正式発表! 今季終了までのレンタルで背番号は12を着用

フルアムは15日、ベシクタシュからオランダ代表FWライアン・バベル(32)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、背番号は12を着用することを合わせて発表している。 バベルはクラブ公式サイトで喜びを示している。 「僕はフルアムが現状から立ち直ることができると確信しているし、それがここに来た一つの理由だ。僕はすでにプレーする準備ができている。今は興奮しているしプレーするのが待ち遠しいよ」 かつてアヤックスやリバプールなどで活躍したバベルは、2017年1月にデポルティボからベシクタシュに加入。同クラブでは在籍2年間で公式戦89試合に出場し29ゴールを記録。今季ここまでは公式戦19試合に出場し6ゴールを挙げている。 そして、ベシクタシュでの印象的なパフォーマンスが評価されて2017年に6年ぶりの代表復帰を果たすと、現在は頼れるベテランとしてロナルド・クーマン監督率いる新生オランイェの中心選手として活躍している。 現在残留争いの真っ只中にいる19位のフルアムは、ここまで19ゴールと深刻な得点力不足を解消するため、バベルの獲得に動いたようだ。 2019.01.16 04:35 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがオランダ代表FWバベルをレンタルで獲得へ! リバプール時代以来8年ぶりのプレミア復帰へ

フルアムがベシクタシュに所属するオランダ代表FWライアン・バベル(32)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得する見込みだ。オランダ『Telegraaf』が伝えている。 かつてアヤックスやリバプールなどで活躍したバベルは、2017年1月にデポルティボからベシクタシュに加入。同クラブでは在籍2年間で公式戦89試合に出場し29ゴールを記録。今季ここまでは公式戦19試合に出場し6ゴールを挙げている。 そして、ベシクタシュでの印象的なパフォーマンスが評価されて2017年に6年ぶりの代表復帰を果たすと、現在は頼れるベテランとしてロナルド・クーマン監督率いる新生オランイェの中心選手として活躍している。 『Telegraaf』が伝えるところによれば、現在残留争いの真っ只中にいる19位のフルアムはここまで19ゴールと深刻な得点力不足を解消するため、バベルの獲得に動いているという。そして、財政難に陥っているベシクタシュに対して今シーズン終了までのレンタル移籍を打診したところ、これが受け入れられたようだ。 なお、バベルは15日にメディカルチェックを受診した後、正式にフルアムの一員となる模様だ。 2019.01.13 06:11 Sun
twitterfacebook
thumb

フォス=メンサー、予定より早くユナイテッド復帰か

フルアムにレンタル移籍しているオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサー(21)が、今冬にマンチェスター・ユナイテッドに戻る可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2016年にユナイテッドでプロデビューを果たしたフォス=メンサーは、昨季はクリスタル・パレスへ、今季はフルアムへレンタル移籍し成長の機会をうかがっている。しかし、今シーズンはここまでリーグ戦8試合の出場にとどまっており、元日に行われたアーセナル戦は第12節以来の出場となった。 そのような状況の中、フルアムのクラウディオ・ラニエリ監督は、オランダ代表DFのユナイテッド復帰のタイミングが早まる可能性を示唆した。 「もし、マンチェスター・ユナイテッドが望むなら、彼はここを出ていくことができる。私の下では彼はあまりプレーできていない。若い選手はもっと試合に出る必要がある」 「現時点では、目標を達成することが私にとって最も大事なことなんだ。それがフルアムを救うことにつながる」 一方、オーレ・グンナー・スールシャール監督が暫定指揮を務めているユナイテッドは、最近ではリーグ戦4連勝と復調してきている。その中で、フォス=メンサーが主戦場とする右サイドバックはMFアシュリー・ヤングやDFアントニオ・バレンシア、DFジオゴ・ダロトが代わる代わる務めており、レギュラーは定まっていない模様。果たして、今冬のフォス=メンサーの復帰は実現するのだろうか。 2019.01.05 00:38 Sat
twitterfacebook
thumb

事実上戦力外通告のケイヒル、昇格組・フルアムへのレンタル移籍が濃厚に?

チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)のフルアム移籍が迫っているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 昨シーズンチェルシーでキャプテンを務めたケイヒルだが、今シーズンはマウリツィオ・サッリ新体制の下、出場機会が激減。プレミアリーグでの出場はここまでわずか1試合にとどまっており、12月にはサッリ監督から「彼はボックス内では最高だが、私は技術のある選手を欲している」と事実上の戦力外通告を受けていた。 そんなケイヒルに対して、現在プレミアリーグで19位に沈んでいる昇格組のフルアムが低迷の要因であった守備改善に向けて注目。そして今回伝えられるところによると、今冬にレンタルで獲得することが濃厚となっているようだ。 ケイヒルがフルアム加入となれば、守備強化に大きい補強となるが、果たしてこのままフルアム行きが決定するのだろうか。 2019.01.03 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアムに4発快勝で3戦ぶり勝利のアーセナル、リバプール戦大敗を払しょく《プレミアリーグ》

アーセナルは1日、プレミアリーグ第21節でフルアムをホームに迎え、4-1で快勝した。 3日前に行われた前節リバプールとのビッグマッチを1-5と大敗した5位アーセナル(勝ち点38)は、そのリバプール戦のスタメンから3選手を変更。トレイラ、リヒトシュタイナー、ラムジーに代えてラカゼット、グエンドウジ、コシエルニーを起用した。 ここ3試合1勝2分けと負けのない19位フルアム(勝ち点14)に対し、リーグ戦4試合ぶりに3バックに戻したアーセナルは、[3-4-3]を採用。3バックに右からムスタフィ、パパスタソプーロス、コシエルニーと並べ、中盤に右からナイルズ、グエンドウジ、ジャカ、コラシナツ、3トップに右からオーバメヤン、ラカゼット、イウォビと並べた。 そのアーセナルが押し込む流れで立ち上がっていくも、15分にピンチ。スルーパスに抜け出したR・セセニョンにボックス右まで進入されて決定的なシュートを打たれるも、わずかに枠を外れて助かった。さらに24分、左クロスに反応したファーサイドでフリーのR・セセニョンにシュートを押し込まれかけたが、ミートせず再び助かった。 すると直後の25分、アーセナルが先制する。左サイドのイウォビのパスを受けたジャカが胸トラップからシュートを蹴り込んだ。 先手を取ったアーセナルは32分、ショートカウンターを受けた流れからミトロビッチにヘディングシュートを打たれるも、GKレノが守備範囲でセーブした。 すると34分、イウォビの意表を突くヒールパスから決定機。しかし、ゴール前に飛び込んだジャカのシュートはGKに阻まれ、追加点とはならない。さらに40分、イウォビの左クロスにオーバメヤンがニアに飛び込んでヘッドで合わせるもわずかに枠の左に外れた。 続く42分にもラカゼットがジャカとのパス交換でボックス左に侵入して決定的なシュートを浴びせたが、GKセルヒオ・リコのファインセーブに阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 後半からムスタフィに代えてトレイラを投入したアーセナルは[4-3-3]に変更。そのアーセナルは55分に加点する。左サイドのスローインの流れからイウォビ、オーバメヤン、コラシナツとうまく繋いで最後はボックス中央のラカゼットが冷静にシュートを蹴り込んだ。 58分にもジャカのロングフィードを受けたラカゼットがGKと一対一となるなどペースを握っていたアーセナルだったが、69分にミトロビッチの決定的なヘディングシュートを許すと、直後に失点する。トレイラのボールロストからショートカウンターを受けると、R・セセニョンの左クロスからファーサイドのカマラに押し込まれた。 それでも79分、アーセナルが4分前に投入されていたラムジーによって勝負を決定付ける。コラシナツの左クロスにオーバメヤンが合わせたシュートはポストに直撃するもルーズボールをラムジーが蹴り込んだ。 さらに83分、CKの流れからボックス右のオーバメヤンがゴールを決めて4-1。終わってみれば快勝のアーセナルが新年初戦を制し、3戦ぶりの勝利を飾っている。 2019.01.02 01:53 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース