超ワールドサッカー

フルアム、イングランド代表GKベッティネッリと新契約締結!2018.10.26 00:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フルアムは25日、イングランド代表GKマーカス・ベッティネッリ(26)と2021年6月30日までの新契約を締結した。なお、今回の契約には1年間の契約延長オプションが付随している。

▽5年ぶりのプレミアリーグ復帰に貢献し、今季もスペイン代表GKセルヒオ・リコらとのポジション争いを制してフルアムの守護神として活躍するベッティネッリはクラブとの新契約に満足感を示している。

「これは僕が長年望んだことだった。だから、本当に幸せな気分だ。僕と家族にとって誇り高い瞬間だ。同時に自分が長年やってきた仕事が認められた気持ちだよ」

「オーナーたちや僕がここに残る機会を与えてくれたクラブに関わるすべての人に感謝を示したい。これからも僕のキャリアはこの素晴らしいクラブで続くんだ」

▽イタリアにルーツを持ちアカデミーでGKコーチを務めるヴィック・ベッティネッリを父親に持つベッティネッリは、2010年にトップチームに昇格。ダルフォードやアクリントンと下部カテゴリーのクラブへの武者修行を経て、クラブがチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した2014-15シーズンに正GKに昇格した。

▽その後、2シーズンは控えに甘んじたものの、昨シーズンの途中から守護神の座を掴むと、チームの5年ぶりのプレミア復帰に貢献。また、今季も引き続きレギュラーポジションを掴むと、今年9月にはイングランドのフル代表に初招集された。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲルは「NO」、フルアム新指揮官候補に挙がるも断っていた

▽スラビシャ・ヨカノビッチ監督を解任し、新指揮官にクラウディオ・ラニエリ監督を招へいしたフルアム。声を掛けた新監督候補には、アーセン・ヴェンゲル氏も含まれていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2017-18シーズン限りで、22シーズン率いたアーセナルの監督を退任したヴェンゲル氏。フリーとなっているヴェンゲル氏は、様々なクラブの監督候補に挙げられてきた。 ▽最近では、ミランの新監督に就任するとの報道が出るも、本人が否定。また、フレン・ロペテギ監督を解任したレアル・マドリーの指揮官候補にも挙げられていた。 ▽フルアムも例外ではなく、様々な監督候補の中にヴェンゲル氏が居たとのこと。プレミアリーグで3度、FAカップで7度優勝している名将を招へいするつもりだったようだ。 ▽しかし、ヴェンゲル氏が断りを入れて破談に。ヴェンゲル氏は2019年には監督業を再開させる予定だが、『スカイ・スポーツ』によるとイングランドではアーセナル以外のクラブで指揮を執る気はないようだ。 ▽なお、ラニエリ監督やヴェンゲル氏以外に候補に挙がっていたのは、モナコの監督を務めていたレオナルド・ジャルディム氏やチェルシーやトッテナムで指揮をしたアンドレ・ビラス=ボアス氏、ワトフォードで指揮を執ってキケ・サンチェス・フローレス氏らとのことだ。 2018.11.15 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位フルアムがミラクル・レスターを生んだラニエリ監督を招へい!

▽フルアムは14日、スラビシャ・ヨカノビッチ監督を解任し、クラウディオ・ラニエリ氏(67)を新監督に招へいしたことを発表した。 ▽今季5シーズンぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムは、2015年に就任したヨカノビッチ監督の下、第12節を終えた時点で1勝2分け9敗と低調なパフォーマンスを続け最下位に沈んでいた。 ▽就任当初、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で残留争いをしていたチームを昨季は3位に導き、プレーオフを制してプレミア昇格。その実績から、今夏にはチェルシーの新監督候補にも挙がっていたヨカノビッチ監督だが、シーズン開幕から調子が上がらず、クラブは解任に踏み切った。 ▽そして、新たに白羽の矢がったのが2015-16シーズンにレスター・シティを奇跡の優勝に導いたラニエリ監督だ。レスターの他にも、2000年から2004年にかけてチェルシーでも指揮を執っており、プレミアでの経験は十分。直近では2017-18シーズンにナントの監督を務めていた。 ▽ラニエリ新監督は2016-17シーズン以来となるプレミア復帰に喜びと意気込みのコメントを残している。 「シャヒド・カーン会長からの誘いを光栄に思う。フルアムのような素晴らしい伝統と歴史を持つクラブを率いるのは名誉なことだ」 「単に残留することが目標じゃない。我々は常に難しい相手と争わなければならない。そして成功を期待するべきだ」 「このチームには並外れた才能が揃っている。このような順位にいるべきじゃない」 ▽ラニエリ新監督の初陣は24日に行われるプレミアリーグ第13節のホームでのサウサンプトン戦だ。 ▽なお、現在のところ契約年数は明らかになっていないものの、イギリス『BBC』によれば複数年契約であるとのことだ。 2018.11.14 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

サラー&シャキリ弾でリバプールが最下位フルアムに完勝!《プレミアリーグ》

▽リバプールは11日、プレミアリーグ第12節でフルアムを本拠地・アンフィールドに迎え、2-0で勝利を収めた。 ▽前節アーセナルとの上位対決を1-1のドローで終え、未だリーグ戦無敗で首位のマンチェスター・シティに勝ち点「2」差で迫る3位・リバプール(勝ち点27)。しかし、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節では、ツルヴェナ・ズヴェズダに0-2で黒星を喫し、足をすくわれた。 ▽セルビアでの敗戦払しょくを目指す今節の最下位・フルアム(勝ち点5)戦に向けて、ユルゲン・クロップ監督は、ズヴェズダ戦から先発メンバー4名を変更。マティプ、ミルナー、ララナ、スタリッジに代えてJ・ゴメス、ファビーニョ、シャキリ、フィルミノを起用した。[4-2-3-1]を採用し、2列目は右からシャキリ、フィルミノ、マネ、最前線にサラーを据えた。 ▽最下位相手にポイントロスは許されないリバプールは4分、右サイドを突破したアーノルドがボックス内へクロスを供給。中央のフィルミノは収め損ねたが、ファーサイドに流れたボールをマネが右足でシュートを放つ。しかし、ファーストシュートはゴール右外へと外れた。 ▽その後もフルアムのミトロビッチをターゲットにした攻撃を跳ね返すリバプールは13分、フィルミノのパスを受けたシャキリがボックス右手前から左足を振り抜くが、わずかにゴール右外へ。さらにその3分後には敵陣中央でパスを受けたサラーがフィルミノとの2度のパス交換でボックス内に侵攻。GKとの一対一を迎えたが、GKセルヒオ・リコの好判断な飛び出しに阻まれた。 ▽この日も決定力不足に悩まされているリバプール。21分には敵陣中央やや右からのシャキリの浮き球のスルーパスにサラーが抜け出し、ボックス中央右からシュートを放つが、ここもGKセルヒオ・リコが立ちはだかり、先制点とはならない。 ▽チャンスをモノにできないでいると、一瞬の隙からフルハムにゴールを脅かされる。24分、GKセルヒオ・リコのゴールキックを敵陣中央でミトロビッチに逸らされると、落下地点を予測していたR・セセニョンの足に当たってボールはJ・ゴメスの股を抜ける。そのままR・セセニョンに最終ラインを突破され、ペナルティアーク左からのシュートを許すが、わずかにゴール右外へと外れ、難を逃れる。 ▽29分にはシュールレに強烈なミドルシュートを放たれ、少々嫌な雰囲気が漂うリバプール。35分にはロバートソンのパスに抜け出したマネがボックス左からグラウンダーのクロスを送り、その跳ね返りをシャキリが左足で合わせるも、枠を捉えきれない。 ▽リバプールがゴールを決めきれないでいると、フルハムにゴールネットを揺らされる。40分、カーニーのボックス右手前からのクロスをミトロビッチに頭で押し込まれる。先制点を許したかに思われたが、これはミトロビッチのオフサイド。するとすぐさまGKアリソンがゴールからボールを取り出し、リスタートで攻撃に転じる。GKアリソンからパスを受けたアーノルドが自陣右サイドから一気に前線へ。これに抜け出したサラーがそのままゴール前に右サイドからゴール前に持ち込んでGKセルヒオ・リコとの一対一を制した。 ▽リバプールがリードして迎えた後半、53分にマネがボックス手前から強烈なシュートを放っていく。するとその直後、左サイドのロバートソンのクロスをファーサイドのシャキリがインサイドステップで丁寧に合わせ追加点。良い時間帯にリードを広げた。 ▽これで肩の力が抜けたリバプールは62分にはフィルミノのパスからロバートソンがボックス左からシュートに持ちこむ。その後に2度、ゴール正面の好位置でFKを獲得し、それぞれファン・ダイクとアーノルドが狙っていったがどちらも壁に当ててしまう。 ▽69分にワイナルドゥムを下げてヘンダーソンを投入。公式戦5試合ぶりの復帰となった。さらに、シャキリに代えてミルナーを入れたリバプールは、若干のポゼッション低下はあったものの、それでも試合を支配し前線からのプレスでフルアムに圧力をかけていく。 ▽90分にはフルアムがカウンターで攻撃に転じようとしたところを逆に奪ってカウンター返し。サラーがボックス右から左足でシュートを放ったが、相手に当たって追加点ならず。 ▽そのまま試合終了。リバプールがリーグ戦無敗を維持している。 2018.11.11 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

復帰直後のデ・ブライネ、左ヒザ負傷で再離脱… 今月実施の“マンチェスター・ダービー”も欠場

▽マンチェスター・シティは2日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが左ヒザのケガで再び離脱したことを発表した。 ▽今年8月の右ヒザ側副じん帯断裂により、2カ月間の離脱が続いたデ・ブライネは、10月20日に行われたプレミアリーグ第10節のバーンリー戦で復帰。1日に行われたカラバオカップ4回戦のフルアム戦で復帰後2度目の先発出場を果たしたが、86分にDFフォス=メンサーとの接触プレーで左ヒザに違和感を覚えてプレーを止め、ピッチを後にしていた。 ▽シティによると、デ・ブライネは2日に検査を受診。その結果、左ヒザ関節痛と診断された。なお、手術の必要はないが、離脱期間は5~6週間と明かしている。 ▽シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、2日の公式会見でデ・ブライネの症状について以下のように語った。 「残念なことにケビンは負傷した。しかし、幸いなことに5~6週間で戻って来るだろう」 ▽なお、シティは今後、4日にプレミアリーグ11節でサウサンプトン戦、7日にチャンピオンズリーグ第4節でシャフタール戦を迎える。また、11日にはプレミア第12節でマンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”も控えている。 2018.11.03 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

新星FWディアスのトップ初ゴールを含む2発でシティが4回戦を突破!《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)4回戦のマンチェスター・シティvsフルアムが1日にエティハド・スタジアムで行われ、2-0でシティが勝利した。 ▽3回戦でオックスフォードを3-0と完勝したシティは、直近のプレミアリーグでトッテナムに辛勝。この一戦ではトッテナム戦の先発からストーンズ以外の10人を変更。ガブリエウ・ジェズスやザネ、デ・ブライネ、コンパニらが先発に名を連ねた。 ▽一方、3回戦でミルウォールを3-1で撃破したフルアムは、だが、直近のリーグ戦ではボーンマスに0-3と完敗しリーグ戦4連敗と苦境が続く。公式戦4戦ぶりの勝利を目指すフルアムはGKセルヒオ・リコやフォス=メンサー、シュールレ、ビエット、ミトロビッチらを先発で起用した。 ▽試合は地力で勝るシティが立ち上がりから攻勢を強めていくと、8分に決定機。ジンチェンコのパスでボックス左から侵入したザネが縦に切り込みクロス。しかし、ニアに走り込んだデ・ブライネにはわずかに合わず。 ▽主導権を握るシティは19分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたデルフがダイレクトクロスを供給。ファーサイドのコンパニがトラップミスを犯すが、こぼれ球に反応したディアスがシュート。ミトロビッチにディフレクトしたボールは角度が変わりゴール右に突き刺さった。 ▽その後もハーフコートゲームを展開するシティは、34分にデ・ブライネ、フォーデンと繋ぎ、ボックス左のザネがフリーでシュートを放ったが、大きくふかしてしまい好機を逸した。 ▽後半に入っても主導権を握るシティは51分、左サイドで獲得したFKを素早くリスタートするとデ・ブライネのパスをボックス左深くで受けたザネがクロス。これをゴール前のガブリエウ・ジェズスが頭で合わせたが、シュートは枠を外した。 ▽シティは65分、左サイドでボールを受けたザネがフォーデンとのパス交換でカットインを仕掛けると、ボックス手前からラストパスを供給。これに抜け出したガブリエウ・ジェズスのシュートは右ポストに弾かれたが、こぼれ球に反応したディアスが左足でゴールに叩き込み、追加点を奪った。 ▽ディアスの貴重な追加点で勝利を大きく近づけたシティは77分にディアスを下げてマフレズ、86分に足の違和感を訴えたデ・ブライネを下げてクラウディオ・ゴメスを投入し試合をクローズにかかる。 ▽結局、最後まで危なげない試合運びを見せたシティが2-0で完勝。なお、4回戦を突破したシティは準々決勝で、27日に行われるFW岡崎慎司を擁するレスター・シティとDF吉田麻也を擁するサウサンプトンの勝者と対戦する。 2018.11.02 06:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース