超ワールドサッカー

U-19日本代表がGS全勝で準々決勝へ! U-20W杯切符まであと1勝《AFC U-19選手権》2018.10.25 20:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-19日本代表は25日、AFC U-19選手権インドネシア2018グループB第3節のU-19イラク代表戦に臨み、5-0で勝利した。

▽開幕2連勝でグループステージ首位通過が決定済みのU-19日本代表。グループ全勝突破を懸けて、U-19イラク代表と対戦する。そのグループ最終戦に向けては、前節のU-19タイ代表戦の先発から石原を除く10名が変更に。大迫、小林、荻原、滝が大会初登場となり、山田と原は初先発を果たした。

▽試合は10分、右サイドの原大智からボールを受けた久保が左足アウトサイドでゴール前にボールを供給。滝が競り合いながらバックヒールでゴールに流し込み、U-19日本代表が先制に成功する。

▽続く27分、左サイドでオーバーラップした荻原がマイナス方向にクロス。これに反応した久保がスルーすると、後方からゴール前に侵攻の田川が右足で合わせ、U-19日本代表が追加点を手にした。

▽34分にも右サイドからクサビを田川がスルーすると、背後に入った原が右足で蹴り込み、U-19日本代表が3点目。前半のうちに大量リードに成功したが、迎えた後半も攻撃の手を緩めない。

▽77分、左CKから原がこの日2点目となるヘディングシュートを決めてチーム4得点目。さらに、85分に斉藤光毅がカットインから3試合連続ゴールとなる得点を挙げた。

▽大量5得点でグループステージ最終戦を白星で飾ったU-19日本代表は、3戦全勝で首位通過。28日に行われる準々決勝のU-19インドネシア代表戦で勝利すれば、U-20ワールドカップの出場権獲得となる。

コメント

関連ニュース

thumb

サウジアラビアに完敗で日本の大会連覇はならず… 決勝は韓国vsサウジアラビアに《AFC U-19選手権》

▽U-19日本代表は1日、AFC U-19選手権インドネシア2018準決勝でU-19サウジアラビア代表と対戦し、0-2で敗戦した。 ▽準々決勝でホスト国のU-19インドネシア代表を2-0で下した日本は来年行われるU-20ワールドカップ(W杯)出場権を獲得。最低限のノルマは達成した。大会2連覇を目指して挑む準決勝では、グループステージから全勝を続けている強敵サウジアラビアが相手。前回大会の決勝でも戦っており、真価が問われる一戦だ。 ▽インドネシア戦後、安部裕葵と藤本寛也の負傷離脱が伝えられた日本は、今回のスタメンは前回から橋岡大樹と伊藤洋輝を除く9選手を変更。注目の久保建英はベンチスタートとなった。 ▽序盤はコンパクトに保つサウジアラビアにペースを握られる日本。相手の個人の能力も高く、球際でタフな場面が見受けられる。 ▽互いになかなかシュートまで持ち込めない展開が続く中、試合は29分に動いた。日本が左サイドから攻める場面。マイナスに上げたクロスを奪われると、サウジアラビアはすぐさまカウンターを発動する。右サイドを烈火のごとく侵攻し、あっという間にボックス右に侵入。最後はアル=アマルのシュートを放つ。ボックス右深くからのグラウンダーのシュートだったが、これをGK若原がファンブル。オウンゴールで相手に先制点を許してしまった。 ▽勢いがついたサウジアラビアは33分には細かいパス回しで日本サイドを中央突破。ボックス右のアル=ジャシャンからゴール前にクロスが送られると、アル=カフタニが滑り込みながら合わせたが大きくふかしてしまった。 ▽その後も楽々と日本ゴールに迫るサウジアラビア。38分には三度右サイドを侵略。先ほどと同じようにゴール前にグラウンダーのクロスが送られたが、今度は橋岡がしっかりクリアしてみせた。 ▽枠内シュートがゼロに抑えられた日本。このまま後半に進みたかったが猛攻仕掛けるサウジアラビアはそれを許してくれなかった。前半アディショナルタイム、ボックス左からアル=ベシェにシュートを見舞われる。これはGK若原が弾いたものの、その先にいたアル=ガンナムに押し込まれリードを広げられてしまった。 ▽2点を追う日本は、後半から田川亨介と三国ケネディエブスを下げて久保と宮代大聖を投入。2トップに宮代と原を配置した[4-4-2]に布陣を変更した。後半開始から積極的にボールを奪いに行く日本だが、なかなかシュートチャンスまで至れず。 ▽後半に入っても細かいパス回しで日本ゴールに迫るサウジアラビアは59分、ドリブルで中央を切り裂いたアル=ジャシャンがラストパスを供給。これをボックス左から走り込んだアル=ガンナムがシュートまで持ち込むが、これはゴール右に外れた。 ▽ピンチを凌いだ日本は67分、宮代とのパス交換でボックス左から侵入した久保が縦に切り込むと角度のない位置からシュートを狙ったが、このシュートはゴール右に逸れる。1点が遠い日本は、71分に原大智を下げて斉藤光毅を投入。久保を2トップの一角に上げ、斉藤を右サイドMFに配置した。 ▽素早い攻守の切り替えを続けるサウジアラビアの守備を前にリズムを掴めない日本は、その後も攻撃陣が沈黙。0-2で痛恨の敗戦となった。この結果、日本は準決勝敗退となり大会連覇の夢は潰えた。 ▽なお、決勝戦は同日に行われたU-19カタール代表vsU-19韓国代表で1-3と勝利した韓国とサウジアラビアで行われる。 2018.11.01 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表、安部裕葵&藤本寛也が離脱…準決勝進出でU-20杯出場権獲得《AFC U-19選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、鹿島アントラーズのFW安部裕葵、東京ヴェルディに所属するMF藤本寛也のU-19日本代表離脱を発表した。 ▽安部の離脱理由はクラブ事情のため。藤本は28日に行われたAFC U-19選手権準々決勝のU-19インドネシア戦で負ったケガによる負傷離脱となる。 ▽両選手は、JFAの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆安部裕葵 「この度は途中でチームを抜けるという形になりました。まず、この大会期間中、サポートしてくださった全ての関係者に感謝します。色々な感情が生まれる中で前向きに前向きに理解し、自分に与えられたステージに誇りと感謝を持ち、プレーしていきます。最後に U-19日本代表の優勝を願っています」 ◆藤本寛也 「今回は途中離脱することになりましたが、また代表チームに戻れるように、チームで頑張っていきたいと思います。FIFA U-20 ワールドカップに出場するためにも、まずは怪我をしっかり治し、そして日々のトレーニング、試合から成長できるよう取り組んでいきます。U19日本代表がアジアチャンピオンになることを信じています」 ▽U-19日本代表は、インドネシアに勝利したため、来年開催のU-20ワールドカップの出場権を獲得。次は連覇を目指して、11月1日に行われる準決勝でU-19サウジアラビア代表と対戦する。 2018.10.30 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

宮代大聖&斉藤光毅が2戦連続弾! U-19日本、タイ下しGS首位突破を確定!《AFC U-19選手権》

▽U-19日本代表は22日、AFC U-19選手権インドネシア2018グループB第2節のU-19タイ代表戦に臨み、3-1で勝利した。この結果、日本がグループステージ首位突破を決めている。 ▽上位4チームに来年ポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019の出場権が与えられる今大会。先日、フル代表初得点を挙げたMF堂安律らを擁し前回大会で初優勝の日本は影山雅永監督の下、大会連覇と共にU-20W杯出場権獲得を目指す。 ▽第1節の北朝鮮代表戦を5-2で下して首位スタートを切った日本は、その一戦から先発メンバーを5人変更。GK谷晃生(ガンバ大阪)、最終ラインが右から石原広教(湘南ベルマーレ)、三國ケネディエブス(青森山田高校)、橋岡大樹(浦和レッズ)、東俊希(サンフレッチェ広島ユース)、ダブルボランチを伊藤洋輝(ジュビロ磐田)と齊藤未月(湘南ベルマーレ)が組み、右サイドハーフに郷家友太(ヴィッセル神戸)、左に安部裕葵(鹿島アントラーズ)が入った。2トップは斉藤光毅(横浜FCユース)と宮代大聖(川崎フロンターレU-18)がコンビを組んだ。 ▽試合開始前に終了したグループB第2節のもう1試合、U-19北朝鮮代表vsU-19イラク代表の一戦で、北朝鮮が1-0で勝利したため、勝てばグループステージ首位突破が確定する日本。3分に安部がボックス左から左足でシュートを放つが、グラウンダーのシュートはGKクリサワット・コンコットに正面で止められてしまう。 ▽その後はメンバーを複数人の入れ替えたからか、連係がかみ合わない場面も。それでも攻勢に出る日本は15分、安部からのパスを左サイドで受けた東がアーリークロスを供給。ファーサイドの郷家の折り返しを宮代が右足で合わせたが、これも相手GKの正面に飛んでしまい、先制点を奪うことができない。 ▽日本は迎えた27分、ボックス左手前でボールを持った安部が一気にボールを蹴り出して縦への突破を図る。一度は相手に防がれるも、ボールを奪い返してボックス左に侵攻。低いクロスはGKクリサワット・コンコットに弾かれたが、こぼれ球を宮代が押し込んで先制に成功する。 ▽宮代の2試合連続ゴールで先制した日本は42分に追加点。敵陣中央左でパスを受けた安部が宮代とのワンツーでボックス手前まで持ち込み、ゴール前へ絶妙なスルーパス送る。これに反応した斉藤光毅が飛び出したGKクリサワット・コンコットを冷静にかわしてゴールへ流し込んだ。斉藤も2試合連続ゴール。 ▽さらに日本はその2分後、ボックス左手前でFKを獲得。これをキッカーの宮代が右足を振り抜くと、ボールはGKクリサワット・コンコットの手を弾いてゴール左隅へと吸い込まれて、前半だけでスコアを3-0にした。 ▽3点をリードする日本だが、54分に一瞬のスキを突かれてしまう。タイに後方からロングボールを放り込まれると、ボックス手前のシティチョーク・パソに収められ、ボックス内へのスルーパスを許す。これを途中出場でピッチに登場したばかりのスファナート・ムアンタにシュートを打たれてしまい、GK谷が触れるもボールはゴールに吸い込まれてしまう。 ▽1点を返された日本はその2分後にもピンチ。再びロングボールで最終ラインの裏を突かれてしまい、コラウィット・タサにボックス内でループシュートを打たれてしまう。ボールはGK谷を抜けてゴール方向へ向かうが、ここは橋岡がカバーして追加点を許さない。 ▽不安定な守備から簡単にボックス内への侵攻を許してしまう時間帯が続く日本。再び突き放そうと60分に郷家のパスを受けた宮代がボックス右手前から切れ込み、左足で強烈なシュートを放つも、ここは左ポストに嫌われてしまう。 ▽追加点を奪うことができない日本は、徐々に足が止まり始め、勢いが停滞。81分には齊藤未月の縦パスを受けた宮代が反転してボックス中央やや左から左足でシュートを放つが、わずかにゴール左外へ。日本はその後、88分に郷家に代えて久保を投入して試合を終わらせた。 ▽宮代と斉藤の2試合連続ゴールで3-1と勝利した日本は、これでグループステージ首位突破が確定。その日本は25日、第3節でU-19イラク代表と対戦する。 U-19タイ代表 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 U-19日本代表</span> 【U-19タイ代表】 スファナート・ムアンタ(後9) 【U-19日本代表】 宮代大聖(前27) 斉藤光毅(前42) 宮代大聖(前44) 2018.10.22 22:56 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英&伊藤洋輝が圧巻ゴラッソ! U-19日本が北朝鮮を5発撃破で白星発進《AFC U-19選手権》

▽U-19日本代表は19日、AFC U-19選手権インドネシア2018グループB第1節のU-19北朝鮮代表戦に臨み、5-2で勝利した。 ▽上位4チームに来年ポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019の出場権が与えられる今大会。先日、フル代表初得点を挙げたMF堂安律らを擁し前回大会で初優勝の日本は影山雅永監督の下、大会連覇と共にU-20W杯出場権獲得を目指す。 ▽今回のグループステージでは優勝候補のU-19イラク代表、U-19タイ代表、北朝鮮と同じグループBに。この厳しいグループを突破するうえで重要な北朝鮮との初戦に向けては、GKに谷晃生(G大阪)、4バックに東俊希(広島)、橋岡大樹(浦和)、菅原由勢(名古屋)、瀬古歩夢(C大阪)を起用。中盤は伊藤洋輝(磐田)、藤本寛也(東京V)のダブルボランチに郷家友太(神戸)、斉藤光毅(横浜FC)をサイドハーフ、2トップは久保建英(横浜FM)、田川亨介(鳥栖)のレフティコンビとなった。 ▽ピッチ状態を確かめながらのやや慎重な入りを見せた日本だったが、久保の圧巻の左足が早々の先制点をもたらす。8分、右サイドから強引に中へドリブルで切り込んだ久保が複数のDFを引き付けてボックス左のスペースへ絶妙なスルーパス。これに斉藤光がオフサイドラインぎりぎりで抜け出して右足のシュート。一度は相手GKのセーブに遭うが、こぼれ球を再び斉藤光が冷静に右隅へ蹴り込んだ。 ▽幸先良く先制に成功した日本は幾つかミスから相手に決定機を与えるものの、相手の連動性を欠くプレスを久保や郷家、藤本がダイレクトプレーでうまくいなしながら積極的に2点目を目指す。すると19分、相手陣内中央で斉藤光が短く繋いだボールを受けた伊藤が左足を一閃。30メートルを超えるロングレンジのシュートがゴール右隅を射抜き、ゲームキャプテンのゴラッソで貴重な追加点を挙げた。 ▽これで余裕の展開と思われた日本だったが、前半30分を過ぎて相手の球際とシンプルな攻めに押され始める。すると、36分には自陣での素早いパス回しに対して後手の守備を強いられると、右サイドでキム・フィファンがダイレクトで入れたグラウンダーのクロスをDF2枚の間から飛び出したケ・タムに滑り込みながらのワンタッチで流し込まれる。さらに前半終了間際の42分には背後への長いボールに対してDF瀬古の身体の向きが悪くケ・タムに入れ替わられると、たまらずボックス内で手を使って倒してしまい痛恨のPK献上。これをキッカーのカン・クチョルに決められてしまい、2点差を追いつかれて前半を終えることに。 ▽嫌な流れて試合を折り返すも選手交代なしで後半に臨んだ日本。すると、立ち上がりの48分には波状攻撃から左サイドの東が斜めに入れたグラウンダーのパスがゴール右でドフリーの郷家に渡る。ここで郷家はワントラップからゴール右隅をグラウンダーのシュートで狙うが、やや丁寧に行き過ぎたかこれは相手GKのビッグセーブに阻まれる。 ▽その後はやや行ったり来たりの展開が続く中、日本ベンチは63分に田川を下げて宮代大聖(川崎F)を2トップの一角として送り込む。すると、ファーストプレーで相手陣内中央右をドリブルで縦に突破した宮代がボックス手前で倒されてFKを獲得。ここでキッカーを務めた久保がやや距離のある位置から左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さり、またしても久保の左足が勝ち越しゴールをもたらした。 ▽今度こそ逃げ切りたい日本だが、73分にゴール前のキム・クジンの反転シュートでゴールを脅かされるなど要所で見せる北朝鮮の鋭い攻めに苦戦を強いられる。この流れの中で76分には先制点を決めた斉藤光を下げて背番号10の安部裕葵(鹿島)を投入する。 ▽その後、82分には郷家が競り合いで倒れた際にシン・グァンソクに胸を故意に踏み付けられ、このラフプレーでシン・グァンソクにレッドカードが出される。すると、数的優位を手にした日本は危なげなく試合を進めていくと、89分にはロングカウンターから相手陣内をドリブルで切り裂いた宮代が味方のサポートをオトリに対面のDFを鮮やかな仕掛けでかわしてシュートを流し込み、決定的な4点目を奪取。さらに93分にはペナルティアーク付近で藤本のラストパスを受けた安部が右足のグラウンダーシュートを流し込みダメ押しの5点目まで奪って見せた。 ▽そして、久保や途中出場の宮代、安部など攻撃陣爆発の日本が北朝鮮を5-2で下し今大会を快勝スタート。グループ首位に躍り出た。 ▽また、同日行われたグループB第1節のもう1試合、U-19イラク代表vsU-19タイ代表は、3-3のドローに終わった。 ▽世代屈指のイラクに対してタイが先制点を奪うが、地力で勝るイラクは前半のうちに2点を奪い逆転に成功。さらに、後半半ばにもダメ押しの3点目を奪い、ここから守備を固めて逃げ切り態勢に。しかし、試合終盤に決死の猛攻を見せたタイは87分と後半アディショナルタイムに続けてゴールネットを揺らし、劇的な形で3-3のドローに持ち込んだ。 ▽なお、日本は22日に行われる第2節でタイと、北朝鮮は同日にイラクと対戦する予定だ。 2018.10.19 23:04 Fri
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表に久保建英、齊藤未月、郷家友太…メンバー23名発表《AFC U-19選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は2日、AFC U-19選手権インドネシア2018に臨むU-19同国代表メンバー23名を発表した。 ▽影山雅永監督率いるU-19日本代表。この世代の代表格であるFW久保建英(横浜F・マリノス)が順当にメンバー入りしたほか、MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)や、MF齊藤未月(湘南ベルマーレ)、MF郷家友太(ヴィッセル神戸)といった面々も選ばれた。 ▽U-19日本代表は、グループBに入り、北朝鮮(19日)、タイ(22日)、イラク(25日)と対戦。ベスト4以上に勝ち上がれば手にできる来年5月にポーランドで開催のU-20ワールドカップ出場権と、その先の優勝を目指した戦いとなる。 ◆U-19日本代表メンバー GK 23.大迫敬介(サンフレッチェ広島) 1.若原智哉(京都サンガF.C.) 12.谷晃生(ガンバ大阪) DF 17.石原広教(湘南ベルマーレ) 4.橋岡大樹(浦和レッズ) 21.荻原拓也(浦和レッズ) 15.瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18) 22.三國ケネディエブス(青森山田高校) 5.菅原由勢(名古屋グランパスU-18) 3.小林友希(ヴィッセル神戸U-18) 2.東俊希(サンフレッチェ広島ユース) MF 6.齊藤未月(湘南ベルマーレ) 10.安部裕葵(鹿島アントラーズ) 7.伊藤洋輝(ジュビロ磐田) 14.郷家友太(ヴィッセル神戸) 8.藤本寛也(東京ヴェルディ) 19.山田康太(横浜F・マリノス) 16.滝裕太(清水エスパルス) FW 11.田川亨介(サガン鳥栖) 13.原大智(FC東京) 20.宮代大聖(川崎フロンターレU-18) 9.久保建英(横浜F・マリノス) 18.斉藤光毅(横浜FCユース) 2018.10.02 15:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース