レバンテ、プレースキックの名手バルディと新契約締結!2018.10.24 03:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバンテは23日、マケドニア代表MFエニス・バルディ(23)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。なお、今回の契約ではクラブ側に2年間の契約延長オプションが付随している。

▽昨夏、ハンガリーのウーイペシュトからレバンテに加入したバルディはトップ下や左ウイングを主戦場に公式戦30試合に出場し9ゴール2アシストを記録。卓越した攻撃センスとドリブル、パスを武器に攻撃を牽引。とりわけ、高精度の右足から繰り出されるプレースキックは素晴らしく昨季は5本の直接FKを決めていた。また、今季のリーグ初ゴールもヘタフェ戦で決めた直接FKだった。

▽また、2015年にデビューを飾ったマケドニア代表ではここまで11試合に出場し1ゴールを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、グリーズマンPK弾でレバンテに勝利もサビッチが開始早々に負傷交代…《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは13日、リーガエスパニョーラ第19節でレバンテと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ15試合負けの無い2位アトレティコ(勝ち点35)が、4試合勝ちの無い10位レバンテ(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。アトレティコは1-1で引き分けた前節のセビージャ戦から2名変更し、サウール、レマルに代えて、アリアス、ビトロを起用した。 試合開始早々の9分、アトレティコにアクシデントが発生。サビッチがピッチにうずくまるとプレー続行不可との判断が下され、ヒメネスとの交代でピッチを退くことに。それでも直後の11分にはコケがネットを揺らしたかに思われたが、これはVARによりそれ以前の場面でファールが取られて取り消し。嫌な雰囲気を振り払うことができない。 早めに先制点が欲しいアトレティコは普段以上にボールを保持して攻め込もうとするが、なかなか守備をこじ開けることができず。対するレバンテも長所である攻撃力を発揮する場面を迎えることができないまま時計の針が進み、こう着状態が続く。 その後、右サイドのアリアスが幾度も積極的なオーバーラップからボックス内にクロスを供給するが、味方になかなか合わない。35分には飛び込んだグリーズマンがニアでダイレクトシュートを放ったが、GKオイエルに阻まれた。 0-0で迎えた後半、アトレティコが早々に試合を動かす。ボックス左に侵攻したトーマスがグラウンダーのボールを折り返すと、スライディングでブロックに行ったブクセビッチの残した手がボールにヒット。これがPKの判定になると、キッカーのグリーズマンが57分に思い切りよく蹴り込んで先制点とした。 反撃に出たいレバンテは、アトレティコの堅守に苦しみながらも70分に決定機。鋭く左サイドを飛び出したモラレスがボールを持つと、迷わずシュートを狙う。しかし、オンターゲットのボールにはGKオブラクが立ちはだかり、アトレティコがリードをキープする。 その後、アトレティコは立て続けに選手交代を敢行。72分にコレアに代えてレマルを、76分にビトロに代えてカリニッチを送り込んだ。疲れの見える選手を休ませつつ、アタッカーを投入して牽制を続ける。 結局、レバンテが盛り返すことはなく試合が終了。この結果、アトレティコは16試合負け無しに。対するレバンテは5戦勝ち無しとなった。 2019.01.13 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

主力温存のバルセロナ、敵地でレバンテに大苦戦も1点差敗戦で凌ぎ2ndレグへ《コパ・デル・レイ》

バルセロナは10日、コパ・デル・レイ5回戦1stレグでレバンテとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。 4回戦でレオネサに2戦合計5-1で勝利したバルセロナは、メッシやスアレス、ピケにラキティッチ、ジョルディ・アルバらを温存した。 4回戦でルーゴを下したレバンテに対し、[4-3-3]を採用したバルセロナはGKにシレッセン、4バックに右からN・セメド、ムリージョ、チュミ、ミランダ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにビダルとアレーニャ、3トップに右からマウコム、デンベレ、コウチーニョと並べた。 そのバルセロナは開始4分に失点する。左サイド低い位置のFKからフリーとなっていたカバコにヘディングシュートを流し込まれた。失点し、思うように主導権を握れないバルセロナは12分にもピンチ。右サイドをコケに突破され、E・ボアテングに押し込まれたが、GKシレッセンが好守で凌いだ。 そして18分、ミランダのパスをインターセプトされた流れからからショートカウンターを受け、リードを広げられてしまう。E・ボアテングのパスを受けたボックス右のマジョラルにムリージョの股間を抜けるシュートをゴール左隅に決められ、2点のビハインドを負ってしまった。 まさかの展開となったバルセロナは20分にデンベレが枠内シュートを浴びせると、続く21分にはマウコムが独走してGKと一対一に。しかし、アイトールにセーブされてしまった。 好機を逸したバルセロナはハーフタイムにかけても攻めあぐねると、44分にピンチ。FKの流れからボックス左のマジョラルに際どいボレーシュートを打たれ、前半を2点ビハインドで終えた。 後半からミランダに代えてセルジ・ロベルトをそのまま左サイドバックに投入したバルセロナは、54分にマジョラルに枠内シュートを打たれ、やはりペースを掴めない。 さらに64分、直前に投入されていたホセ・モラレスに決定機を許すも、GKシレッセンのビッグセーブで凌いだ。 終盤にかけても苦しい時間が続いたバルセロナだったが、84分に途中出場のデニス・スアレスが個人技でPKを獲得する。右サイドでドリブルを仕掛けたデニス・スアレスがボックス内に侵入したところでコケに倒された。 このPKをコウチーニョが決めて1点差に詰め寄り、1-2で1stレグは終了。逆転を目指す2ndレグは17日にカンプ・ノウで行われる。 2019.01.11 07:22 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ3G2Aで首位バルセロナが曲者レバンテに快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは16日、リーガエスパニョーラ第16節でレバンテとのアウェイ戦に臨み、5-0で快勝した。 ▽前節エスパニョールとのダービーをメッシの直接FK弾2発などで4-0と快勝して首位をキープしたバルセロナ(勝ち点31)は、4日前の消化試合となったトッテナム戦を1-1で引き分けた。その試合のスタメンから7選手を変更。メッシやスアレス、ピケらがスタメンに戻った。 ▽6位と好位置に付けるレバンテ(勝ち点22)に対し、[3-5-2]を採用したバルセロナは2トップにメッシとスアレス、中盤右にデンベレ、左にジョルディ・アルバ、アンカーにブスケッツ、インサイドにラキティッチとビダル、3バックのセンターにラングレ、右にピケ、左にヴェルメーレンを並べた。 ▽そのバルセロナは開始5分、スルーパスに抜け出したE・ボアテングにボックス右から際どいシュートを浴びるピンチを迎えが、10分にメッシがミドルシュートで牽制すると、ここから敵陣で試合を運んでいく。 ▽互いに目立ったチャンスのない中、26分にメッシが直接FKで枠内シュートを記録したバルセロナは、33分にE・ボアテングにバー直撃のシュートを浴びる大ピンチを切り抜けると、直後の35分に先制する。 ▽敵陣でボールを奪った流れからメッシがボックス左へ持ち運ぶと、クロスボールをスアレスがボレーで合わせた。 ▽さらに43分、ブスケッツが相手のパスをカットしてスルーパスを送ると、メッシがボックス右へ侵入。右足でシュートをねじ込んで追加点を奪った。 ▽バルセロナが2点をリードして迎えた後半、開始2分に3点目を奪った。スアレスが相手のミスパスをカットして持ち上がり前線左へパス。ジョルディ・アルバの折り返しをボックス中央のメッシがゴール右へ流し込んだ。 ▽余裕の展開としたバルセロナはヴェルメーレンに代えてアルトゥールを投入。ラキティッチを右センターバックに据えた。 ▽すると60分、メッシがハットトリックを達成する。スアレスが左サイドを突破してクロスを入れ、ファーサイドのビダルが折り返し、最後はメッシが押し込んだ。 ▽76分にデンベレを削ってカバコが退場したレバンテに対し、バルセロナは終盤にかけて流し気味にプレー。そして88分、流れの中で上がっていたピケがメッシのパスを受けて決め5-0で快勝し、首位をキープしている。 2018.12.17 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴァラン背信のマドリーがレバンテに敗れ泥沼3連敗で5戦未勝利…CL挟んで次節はクラシコ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、レアル・マドリーvsレバンテが20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのレバンテが2-1で勝利した。 ▽前節、アラベス相手の衝撃的な敗戦によって公式戦4戦未勝利(3敗1分け)に加え、その間無得点とロペテギ体制で最初の危機を迎えているマドリー。5試合ぶりのゴールと勝利を目指す今節は土曜のランチタイムキックオフで難敵レバンテを迎え撃った。自身の進退も問われる一戦に向けてロペテギ監督は負傷明けのマルセロ、イスコを復帰させた。一方、ベイルとクロース、ベンゼマをベンチに置き、前線はアセンシオと今季リーグ初先発のルーカス・バスケス、マリアーノを起用した。 ▽FIFAウイルスと来週ミッドウィークから再開されるチャンピオンズリーグ(CL)の影響でタフな戦いが想定された今回の一戦。マドリーにとっては悪夢のような立ち上がりとなる。開始7分、ハーフウェイライン付近でセルヒオ・ポスティゴが出した背後へのボールに対してDFヴァランが中途半端な対応でクリアし損ねると、ボックス内に抜け出したホセ・モラレスが飛び出したGKクルトワを浮き球でかわし無人のゴールへシュートを流し込み、アウェイチームが先制点を奪う。 ▽さらに13分にはボックス付近でロジェールの浮かしたボールをDFヴァランが手を使ってブロックすると、最初はボックスの外からのFKと判定される。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ハンドがボックス内と訂正されて痛恨のPK献上。これをキッカーのロジェールに決められて瞬く間に2点のビハインドを背負うことに。 ▽早くもざわつくサンティアゴ・ベルナベウの空気を鎮めたいマドリーはすぐさま反撃。17分には右CKからカゼミロのヘディングシュートがクロスバーを叩きこぼれ球をアセンシオが頭で流し込む。しかし、VARによる検証の結果、アセンシオがオフサイドを取られてゴールは認められない。 ▽それでも、気持ちを切り替えて相手を押し込むマドリーはサイドからのクロスやセットプレーから再三の決定機を作り出す。だが、バスケスやセルヒオ・ラモスのシュートはことごとく相手GKオイエルの好守に遭う。さらに34分にはセットプレーの流れからバスケスのクロスにゴール前のマリアーノが頭で合わせるが、これもバーに阻まれる。その後、前半終了間際には相手のカウンターからロジェールにゴールネットを揺らされるが、ここはその前のトーニョ・ガルシアのオフサイドにより事なきを得た。 ▽前半終了時にマドリディスタから強烈なブーイングを受けたホームチームはハーフタイム明けにオドリオソラを下げて切り札のベイルを投入。この交代でバスケスが右サイドバックに下がり、より攻撃的な布陣で逆転を目指す。立ち上がりの50分にはボックス内のモドリッチにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。 ▽前半同様に決め切れない状況が続くマドリーは60分、アセンシオとイスコを下げてダニ・セバージョス、ベンゼマを同時にピッチへ送り込んで早々に3枚の交代枠を使い切る。65分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのベイルがゴール左隅に飛ばすが、これも相手GKオイエルのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるマドリーは72分、右サイドからのクロスをベイル、ベンゼマとボックス内で繋ぐと、ボックス中央でフリーのマルセロが右足の強烈なシュートを中央上隅に突き刺し、待望の5試合ぶりのゴールを奪った。 ▽このゴールで一気にヒートアップしたスタジアムの後押しを受けてマドリーは一気呵成の攻めを見せる。76分には左サイド深くでのセバージョスのボール奪取からマルセロを経由したボールをボックス左角のベンゼマが右足のコントロールシュート。だが、このシュートはクロスバーを叩く。さらに攻勢を強めるホームチームは88分、バスケスの右クロスをベンゼマが頭で合わせ、GKが弾いたボールをマリアーノがすかさずゴールへ蹴り込む。しかし、マリアーノはオフサイドを取られてしまい、絶好の同点機会を逸した。 ▽そして、無情にも試合はこのままタイムアップ。マドリディスタの怒号に晒されたロペテギ率いるチームは、公式戦3連敗で5戦未勝利に。CLビクトリア・プルゼニ戦を挟んだ次節、バルセロナとのエル・クラシコを最悪な状態で迎えることになった。 2018.10.20 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

白熱のダービーはドロー決着…バレンシア、10人のレバンテに勝ち切れず《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは2日、リーガエスパニョーラ第3節でレバンテのホームに乗り込み、2-2で引き分けた。 ▽前節セルタ戦を1-2で落とし連勝を逃したレバンテが、開幕2戦1分け1敗と未勝利に苦しむバレンシアをホームに迎えた“バレンシア・ダービー”。 ▽バレンシアは、0-2で敗北した前節のエスパニョール戦からスタメンを2名変更。コンドグビア、サンティ・ミナに代えて、チェリシェフ、ガメイロを起用した。また、注目のFWゲデスは欠場となった。 ▽また、レバンテはセルタ戦からスタメンを3名変更。R・スアレス、ドゥクレ、ジェイソンに代えて、チェマ・ロドリゲス、プルチッチ、E・ボアテングを起用した。 ▽試合の序盤、パレホを中心として緩急をつけた攻めを展開するバレンシアが押し込み、レバンテが最終ラインで跳ね返しつつ素早いカウンターを狙うという構図が続く。 ▽レバンテがバレンシアのリズムに慣れ始めた13分、ピッチ中央付近でパレホがボールをロスト。カウンターを発動させたレバンテは、ホセ・モラレスが2人、3人とかわしボックス手前まで中央を侵攻していく。2対3でバレンシアが数的優位に陥ると、ボックス左のE・ボアテングにスルーパスが通る。E・ボアテングのシュートはGKネトが防いだものの、こぼれ球に詰めたロジェールが押し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアは、直後の16分に反撃を浴びせる。ボックス手前右でボールを持ったソレールが右足でクロスを供給すると、ボックス内中央のチェリシェフが反応。そのままヘディングシュートを放ち、スコアをイーブンに戻した。 ▽さらに26分、バレンシアに逆転のチャンスが訪れる。左サイド深い位置でボールを持ったガヤが、レバンテDFの股を抜くパスをボックス内に送る。ボックス内左フリーの状態でボールを持ったチェリシェフがGKオイエルを引き付けてグラウンダーのボールを中央に折り返すと、ガメイロが駆け込む。しかし、素早い球足に上手くミートさせることができず、無人のゴールを目前にして枠を外した。 ▽試合はその後、どちらが優勢ともつかない一進一退の攻防に。34分、ややボールが持てる時間の増えてきたレバンテは、バレンシア陣内右サイド浅い位置のバルディが最前線に高精度のフィードを通す。すると、抜け出したロジェールがボックス内左でワントラップして左足でゴール右隅を射抜き、勝ち越し弾とした。 ▽レバンテが2-1でリードして迎えた後半も、バレンシアはなかなか主導権を握ることができない。逆に、ホセ・モラレスのキープやE・ボアテングのフィジカルに苦しみ、度々ピンチに瀕する。 ▽それでも、左サイドからクロスが上がると反応したソレールがボックス内右でDFトーニョ・ガルシアに倒され、PKを獲得。52分、キッカーのパレホがゴール左に豪快に蹴り込み、耐える展開の中でもスコアを振り出しに戻した。 ▽この得点でやや息を吹き返したバレンシアは、最前線でコンビを組むガメイロとロドリゴのカウンターから幾度かゴールに迫るが、詰めの部分で息が合わずネットを揺らすことができない。68分にガメイロに代えてバチュアイを、70分にチェリシェフに代えてフェラン・トーレス投入し、打開を図っていく。 ▽すると76分、ドリブルを仕掛けたフェラン・トレースが倒されると、DFコケにこの日2枚目のイエローカードが提示される。バレンシアは数的優位を手にすることに。 ▽しかし、その後のバレンシアの猛攻もレバンテが決死の守備を見せ、ゴールを許さない。結局、試合は2-2のスコアで終了の笛を聞くことなった。 ▽この結果、バレンシアはまたしても白星の奪取に失敗。開幕3試合連続で未勝利となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 21:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース