アヤックスが若き天才FWドルベリと2022年まで契約延長!2018.10.23 20:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスは22日、デンマーク代表FWカスパー・ドルベリ(21)との契約延長を発表した。新契約は2022年までとなる。

▽ドルベリは、デンマークのシルケボー出身。2015年7月にアヤックスU-19へと加入すると、2016年7月にトップチームに昇格していた。

▽アヤックスでは、加入1年目に29試合に出場し16ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグでも13試合に出場し6ゴール1アシストを記録。チームを決勝に導いていた。

▽2017-18シーズンはエールディビジで23試合に出場し6ゴールとトーンダウン。今シーズンはここまで4試合に出場し3ゴール1アシストを記録と復活を予感させる活躍を見せている。

▽デンマーク代表としても9試合に出場。ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、グループステージのフランス代表戦に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ヨングはやはりPSG行き…夏に移籍金87億円で加入へ

ビッグクラブからの関心が止まないアヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)だが、やはり行き先はパリになるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 デ・ヨングにはパリ・サンジェルマン(PSG)の他、マンチェスター・シティやバルセロナも強く興味を示していると報じられている。しかし、今冬の移籍市場では移籍をしないと本人が名言していた。 冬の移籍こそ消滅した形となったデ・ヨングだが、夏にはやはりアヤックスを離れることになるとのこと。行き先は、PSGになるようだ。 『マルカ』によると、デ・ヨングは7000万ユーロ(約87億円)の移籍金でPSG移籍に近づいているとのこと。間もなく交渉も終わるとのことだ。 PSGは、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に抵触する恐れがあり、冬に動くことはないとのこと。また、収入を得る必要があり、バルセロナ行きが取り沙汰されているフランス代表MFアドリアン・ラビオの去就は引き続き注目されている。 2019.01.15 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

去就注目のアヤックス若手2選手が今季の残留を明言「夏までは100%チームに残る」

ビッグクラブが獲得に躍起になるフレンキー・デ・ヨングとマタイス・デ・リフトは、今冬の移籍市場でアヤックスから離れることはないと明言した。<br><br>オランダのエールディビジで活躍を続けるデ・ヨングとデ・リフト。それぞれ21歳と19歳の両選手はすでにオランダ代表デビューを飾るなど、将来を嘱望される逸材だ。この活躍を受け、ヨーロッパ中のビッグクラブが引き抜きを狙っている。<br><br>以前からバルセロナやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンなどがアヤックスに高額なオファーを送ったと報じられるなど、移籍の噂が後を絶たない両選手だが、少なくとも1月の移籍市場で新天地を求めることはないと強調した。<br><br>デ・ヨングは、アヤックスのツイッターに投稿されたインタビューの中で、今冬にステップアップは実現しないと明言。「間違いなくこの冬に離れることはない。夏までは100%ここに残ることになる」<br><br>「他の人が何をしているかは知らないが、僕個人として、このグループがこのまま一緒にいられるのならそうできることを望んでいる。僕たちはなかなか良い状態で、シーズンの前半を過ごせた。グループ内の雰囲気も非常に良く、チームには十分な力がある。仮に誰かがこのクラブから去ることになれば、相当がっかりするだろう」<br><br>一方のデ・リフトも1月の移籍市場で新天地を求めることはないとオランダ『NOS』で語った。「この移籍市場で移籍が起きることはない。アヤックスのファンがこのことについて心配する必要はない。エールディヴィジで優勝することを望んでいるし、そのために全員がここに残る必要がある」<br><br>アヤックスの若手2選手の去就に関するさまざまな憶測が飛び交う中、両選手のこれらの発言により、少なくともシーズン終了後まではこの話題は落ち着きを取り戻しそうだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.11 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ボカ・ジュニアーズの主力CBマガジャンを獲得

アヤックスは2日、ボカ・ジュニアーズからアルゼンチン人DFリサンドロ・マガジャン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年半となる。 母国のヒムナシア・ラ・プラタでプロキャリアをスタートしたマガジャンは185cmの右利きのセンターバック。2012年には母国屈指の名門、ボカ・ジュニアーズに完全移籍で加入。その後、ロサリオ・セントラルなどへの武者修行を経て2017シーズンより主力に定着した。惜しくも準優勝に終わった今季のコパ・リベルタドーレス決勝、リーベル・プレートとのスーペル・クラシコでも2試合共に出場していた。 また、フル代表経験はないものの2016年のリオデジャネイロ・オリンピックではU-23アルゼンチン代表の一員としてプレーしていた。 2019.01.03 04:02 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、F・デ・ヨング獲得に向けて個人間合意!

バルセロナがアヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)獲得に向けて個人間合意に至ったようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。 その超逸材に関してはバルセロナとマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン、バイエルンという4つのメガクラブが激しい争奪戦を繰り広げている。ただ、先日にデ・ヨング自身がシティのジョゼップ・グアルディオラ監督に対して現時点でプレミアリーグ移籍の意思がないことを伝えたとも報じられており、現時点ではバルセロナ行きの可能性が高まっている。 そして、今回『スポルト』はバルセロナとデ・ヨングが5年契約での加入に向けて合意に至ったと主張している。また、ドイツ『ビルト』など国外メディアも同様の報道を行っており、信ぴょう性は高そうだ。 ただ、デ・ヨングとの合意にこぎ着けたバルセロナだが、アヤックスとのクラブ間での合意を取り付けるのにはタフな交渉を強いられそうだ。現在、アヤックスは同選手の放出条件を7500万ユーロ(約95億円)に設定していると言われているが、バルセロナは6000万ユーロ(約76億円)程度のオファーしか準備しておらず、今後この大きな溝を埋めていく必要がある。 2019.01.02 02:14 Wed
twitterfacebook
thumb

「アヤックスはマドリーを倒すのに一番いい状態」スナイデルが古巣同士の対戦を語る

▽カタールのアル・ガラファでプレーする元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが、古巣同士の対戦について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽スナイデルは2002年にアヤックスでプロデビューした後、2007年にレアル・マドリーに移籍し、加入初年度にリーガエスパニョーラ制覇に貢献。この両クラブは来年2月13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦で激突する。 ▽古巣同士の対戦を前に、スナイデルは自身の見解を示した。 「アヤックスにとって、マドリーと対戦するのに一番いいタイミングだ。マドリーは今、ここ数年での強さを見せられていない。明らかにね。アヤックスはとても若いチームだけど、間違ってはいけないのが、彼らは高いクオリティを持っているしとても上手いということ。特にアムステルダムではね。マドリーにとって難しい試合になる」 「マドリーは何があっても僕のお気に入りのチームだけど、見ておいてよ! もしアヤックスがホームでいい成績を残すことが出来たらマドリーは問題を抱えることになる。これはアヤックスにとって彼らの質を試すいい機会となる。3連覇中の王者と対戦するなんて、すごくエキサイティングじゃないか」 ▽スナイデルが語るように、平均年齢が非常に若いことで知られるアヤックスは、今季はビッグクラブが争奪戦を繰り広げているというMFフレンキー・デ・ヨング(21)とDFマタイス・デ・リフト(19)を中心に、ベテランのMFドゥシャン・タディッチやMFハキム・ジイェフが得点を決め、エールディビジでは2位、CLではバイエルンの2試合で引き分けるなど、無敗でグループステージを突破。今最も勢いのあるチームであることに疑いの余地はない。 2018.12.29 19:27 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース