アヤックスが若き天才FWドルベリと2022年まで契約延長!2018.10.23 20:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アヤックスは22日、デンマーク代表FWカスパー・ドルベリ(21)との契約延長を発表した。新契約は2022年までとなる。

▽ドルベリは、デンマークのシルケボー出身。2015年7月にアヤックスU-19へと加入すると、2016年7月にトップチームに昇格していた。

▽アヤックスでは、加入1年目に29試合に出場し16ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグでも13試合に出場し6ゴール1アシストを記録。チームを決勝に導いていた。

▽2017-18シーズンはエールディビジで23試合に出場し6ゴールとトーンダウン。今シーズンはここまで4試合に出場し3ゴール1アシストを記録と復活を予感させる活躍を見せている。

▽デンマーク代表としても9試合に出場。ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、グループステージのフランス代表戦に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

タグリアフィコ、移籍金25億円に設定か バルセロナは獲得に難色

アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(26)の移籍金額が設定されたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 先月末に、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)との契約を2024年6月末まで延長したことを発表したバルセロナ。不動の左サイドバックの確保に成功し、契約解除金を5億ユーロ(約630億円)に設定したことで当面の不安も無くなった。 しかし、ジョルディ・アルバの年齢や例年の過密日程を踏まえて、バルセロナは今夏の移籍市場で左サイドバックの補強を標榜。そして、そのうちの候補の1人として挙げられているのがタグリアフィコだ。 母国のバンフィールド、インデペンディエンテでのプレーを経て昨年1月にアヤックスに加入したタグリアフィコは、左足のキック精度と攻撃性能に長けた左サイドバック。今シーズンもここまでの公式戦34試合で5ゴール5アシストを記録しており、アルゼンチン代表においても昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で同国の全4試合に出場し、その後の親善試合でも主将を務めている。 今回の報道によれば、タグリアフィコの移籍金が恐らく2000万ユーロ(約25億2000万円)に設定されたとのこと。しかし、バルセロナはあくまでジョルディ・アルバのバックアップとしての役割を求めており、この金額に難色を示しているようだ。とはいえ、アーセナルやアトレティコ・マドリーからの関心も以前に伝えられており、去就が見守られる選手の1人となっている。 2019.03.22 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

デ・リフトがF・デ・ヨングに続きバルセロナ移籍へ! ライオラに自身の希望伝える

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が、クラブと代表のチームメートであるMFフレンキー・デ・ヨング(21)を追う形でバルセロナ移籍を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今シーズンから名門アヤックスのキャプテンを務めているデ・リフト。187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバックは攻撃面の貢献も著しい逸材だ。 すでにユベントスやパリ・サンジェルマン、リバプールなどビッグクラブの関心を集める19歳は今夏の移籍市場における最注目銘柄の1人だ。 そのデ・リフトに関してバルセロナの有力な地元紙『ムンド・デポルティボ』は、デ・ヨングに続いてカタルーニャ行きの可能性が高まってると主張してる。 同メディアによると、アヤックス、オランダ代表でのプレーを通じて自信を深めたデ・リフトは、自身の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏に対して、“ビッグクラブに挑戦する時期が訪れた”ことを伝え、その“ビッグクラブ”がバルセロナであることを伝えたという。 また、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンへの再チャレンジが伝えられるバルセロナだが、実際はデ・リフトの獲得を最優先事項としており、両者の思惑は完全に合致しているようだ。 2019.03.22 02:25 Fri
twitterfacebook
thumb

フレンキー・デ・ヨングってどんな子? 母がバルサ加入決定の息子を語る

アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの母が、息子の性格について明かした。スペイン『マルカ』がオランダ『Telegraaf』を引用して報じている。 2015年から名門アヤックスでプレーするF・デ・ヨング。中盤とセンターバックの複数ポジションをこなし、長短のパスセンスを兼備する将来を嘱望されているプレーヤーだ。今冬の移籍市場では幾多のビッグクラブから注目を集めた中、来シーズンのバルセロナ加入が決定している。 そんなF・デ・ヨングとはどんな人間なのか。同選手の母がエピソードを交えながら語り、息子を誇りに思っていることを明かした。 「バルセロナの選手になったとしても、彼は普通の少年で居続けると思うわ」 「フレンキーは落ち着いていて、思いやりのある子なの。私は息子を誇りに思っているわ。彼が何も考えずに決断するということはないの」 「お金のために決断することはしないわ。いつも何か一歩踏み出す時には数回考えてから決断するの」 「彼が良いフットボーラーであることは重要。でも、良い人間であることがより重要なの。私たちは彼を穏やかで謙虚な人になるよう育ててきたつもりだわ」 「多くの選手たちはタトゥーを入れてたりするわよね。私は息子に『中には年齢を重ねた時に、そのタトゥーが美しく見えないものもある』と言ったの。そしたら息子は笑って『どんなタトゥーも入れるつもりはないよ(笑)』と話していたわ」 2019.03.20 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、来季新指揮官にアヤックスコーチのスロイデル氏が内定! 昨年1月までナーゲルスマン監督の下でコーチを歴任

ホッフェンハイムは19日、現在アヤックスでアシスタントコーチを務めているアルフレッド・スロイデル氏(46)を来季からの新指揮官に迎えることが内定したことを発表した。契約期間は2019年7月1日からの4年間となる。 ホッフェンハイムでは昨年6月に、ここまで3年間に渡ってチームを指揮して2017-18シーズンにはクラブ史上初となるチャンピオンズリーグの出場権獲得に導いたユリアン・ナーゲルスマン監督(31)の今季限りでの退任を発表していた。 そして、その後任に任命されたのは、2015年10月から2018年1月までナーゲルスマン監督の下でアシスタントコーチを務めた経験があるスロイデル氏。 スロイデル氏は今回の発表に際して、ホッフェンハイム公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでの挑戦は私にとってとても魅力的で素晴らしいチャレンジになると思っている。今から本当に楽しみだよ」 「私はホッフェンハイムの監督になることを望んでいた。私のエッセンスを加え、これまで以上の成績残したいと思っている。また、すでにクラブの構造や関係するすべての人々について知っていることもプラスに働くと思っているよ」 現役時代、フェイエノールトででキャリアをスタートさせたスロイデル氏は、トゥベンテやフィテッセなどオランダ国内のクラブで活躍。現役引退後は古巣のフィテッセでアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタートし、2013年2月にトゥベンテの暫定監督に就任すると、一度はアシスタントコーチに戻ったが2014年7月に正式監督に就任し監督業初挑戦。その後はホッフェンハイムとアヤックスでアシスタントコーチを歴任していた。 2019.03.20 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが引き抜きを画策していたオーフェルマルスSD、アヤックスと2024年まで契約延長

アヤックスは18日、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルク・オーフェルマルス氏(45)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 現役時代にウインガーとしてアーセナルやバルセロナ、アヤックスにオランダ代表などで活躍したオーフェルマルス氏は現役引退後、2012年からアヤックスのSDに就任していた。 そのオーフェルマルスSDに対しては、スヴェン・ミスリンタート氏の退団によりSDが不在となっているアーセナルが引き抜きを画策していたと報じられていたが、今回の契約延長により失敗に終わった格好だ。 また、アーセナルはモンチSDにも興味を示していたが、こちらも先日、セビージャへの復帰が決まり、クラブの命運を左右する補強担当が決まらない状況でいる。 2019.03.19 01:53 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース