超ワールドサッカー

この先もレスターに未来あり! イングランド代表DFチルウェルが新契約にサイン2018.10.21 10:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは20日、イングランド代表DFベン・チルウェル(21)の契約延長を発表した。新契約は2024年までとなる。

▽チルウェルは、レスター下部組織出身の左サイドバックで、2015年にトップチームデビュー。今シーズンはここまでプレミアリーグ8試合に出場しており、今年9月にイングランド代表デビューを果たすなど、将来が有望視される若手の1人だ。

▽新契約にサインしたチルウェルは、「このクラブは大きく、長期的なプランもある。それに関わることができて、すごくエキサイティングな気持ちだよ」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

今冬にラツィオ入団のカセレス、来年1月にも退団か

▽ラツィオに所属するウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(31)が、来冬にもクラブを離れる可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽バルセロナやユベントス、セビージャ、サウサンプトンと多くのクラブを渡り歩いたカセレスは、1月にラツィオに入団。しかし、ラツィオでは公式戦わずか6試合の出場に留まっている。 ▽今回の報道の報道によると、現状に満足していないカセレスは今後も出場機会が確保できない場合は来年1月での退団を検討しているとのこと。また、ラツィオ側も1年の延長オプションが付随する2019年6月までの契約を残すカセレスに対して、オプションの行使は考えていない模様だという。 ▽なお、同紙によればカセレスは16日にもクラブ側と直接的な話し合いの場を設けるという。 2018.11.16 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノ、18歳FWミリコと2023年6月まで契約延長! 今季プリマヴェーラで8戦12発中

▽トリノは14日、U-19イタリア代表FWヴィンツェンツォ・ミリコ(18)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 ▽2011年7月にユベントスアカデミーからトリノアカデミーに移籍したミリコ。左ウイングを主戦場とし、今シーズンのイタリアのプリマヴェーラ1部では、現在8試合12ゴール1アシストを記録している。チームは現在リーグ4位、自身は得点ランキング2位につけている。 2018.11.15 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

わずか3勝、“オズの魔法使い”の魔法は通用せず…キューウェル監督が解任

▽リーグ2(イングランド4部)のノッツ・カウンティは13日、ハリー・キューウェル監督(40)との契約解除を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽現役時代はリーズやリバプールで一時代を築き、その後もガラタサライやメルボルン・ビクトリー、アル・ガラファ、メルボルン・シティなどでプレーしたキューウェル監督。オーストラリア代表としても活躍していたが、2014年に現役を引退。引退後は指導者の道を歩んでいた。 ▽2015年7月からはワトフォードU-23の監督に就任すると、2017年5月にはコヴェントリー・タウンの監督に就任。今シーズン途中からノッツ・カウンティで指揮を執っていた。 ▽開幕から6試合を終えて1分け5敗のチームを率いることとなったキューウェル監督は、一時は3連勝を含む6戦無敗とチームを立て直しかける。しかし、再び勝てなくなり、リーグ戦17試合を終えて3勝5分け9敗。残留ラインである22位と低迷していた。 ▽ノッツ・カウンティは、キューウェル監督に関して「迅速な行動が必要不可欠だと感じた」とし、解任に踏み切った。 「ハリーの情熱とコミットメントには疑いがない」 「仕事に対する彼の愛情を初めてみた時は、楽しい物だった。そして、彼をクラブから離すことは絶対に喜ぶことではない」 「しかし、残念なことに、彼にとってメドウ・レーン(ノッツ・カウンティの本拠地)での仕事は簡単なものではなかった」 「結果は十分ではなく、パフォーマンスのレベルは継続する懸念事項だった。我々にとって、変化しない物を続ける理由は見当たらない」 2018.11.14 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表MFジョー・コールが現役引退! チェルシーやハマーズで活躍

▽元イングランド代表MFジョー・コール(37)が13日に現役引退を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽2016年からUSLプロフェッショナルリーグ(アメリカ2部)に所属するタンパベイ・ローディーズでプレーし、今季からアシスタントコーチも兼任していたコールだが、同クラブでのシーズン終了をもってスパイクを脱ぐ決断をした。 「すべての夢を叶えることができた。今後の20年間がこれまでプロとしてやってきたこれまでの20年間と同じように特別なものとなることを願っているよ」 「チェルシーで獲得したトロフィーは僕にとって本当に特別なものだ。それらの思い出は自分と共に永遠に生き続けるはずだ。そして、プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだった」 「すべてのプロキャリアを通じて多くの重要な瞬間があった。そのひとつはウェストハムの若手時代だね」 「キャリアの終盤に差し掛かっていたベテランプレーヤーが“すべてのゲームを楽しめ。そうしないとキャリアはあっという間に過ぎて大事な瞬間を見逃してしまうぞ”って言われたんだ」 「彼の言葉は正しかったよ。そういった言葉は昔も今でさえも響くものだと思うよ。プロフットボーラーになれたことは本当に名誉なことだったし、僕は彼からのアドバイスを聞きながら毎日努力してきたんだ」 「ファンとしてはテクニックのある往年のプレーヤーを見ることが好きだったんだ。そういったプレーヤーたちからインスピレーションを受けた」 「スタンドに座ってそういったプレーヤーがプレーするところを見るのは僕にとって特別なものだった。そして、それを自分がプレーヤーとして再現しようとしていたんだ。僕のプレーを長年見守ってくれたファンや多くの人たちにそういう気持ちを与えることができていたとしたら嬉しいな」 ▽ロンドンで生まれ育ったコールはウェストハムのアカデミーに在籍。1998-99シーズンに17歳でトップチームデビューを果たすと、以降は“ネクスト・ガッザ”の愛称に相応しい卓越した足下の技術と攻撃センスを武器にすぐさま主力に定着。4年後には名門ハマーズの若きキャプテンを務めた。 ▽その後、2003年にハマーズの2部降格に伴い、ロマン・アブラモヴィッチ体制1年目のチェルシーに完全移籍を果たすと、その翌年に指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下、右ウイングの主力としてチームのプレミアリーグ2連覇に貢献した。 ▽2009-10シーズン終了後にチェルシーを退団したコールは、リバプールやリール(レンタル)、ウェストハム、アストン・ビラ、コヴェントリー・シティと幾つかのクラブを渡り歩いた後、2016年から大西洋を渡り、タンパベイ・ローディーズに加入し、現役引退までプレーした。 ▽また、2001年にデビューを飾ったイングランド代表では通算56試合に出場し10ゴールを記録。2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会と3大会連続でワールドカップにも出場した。 2018.11.13 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタで監督交代! モハメド解任で前ナント指揮官ミゲル・カルドソ招へい

▽セルタは12日、アントニオ・モハメド監督(48)の解任を発表。また、後任として今季途中までナントを率いていたミゲル・カルドソ氏(46)を招へいしたことを伝えている。 ▽昨季を13位で終えたセルタはフアン・カルロス・ウンスエ前監督との契約を更新せず。そして今夏、インデペンディエンテやティフアナ、クラブ・アメリカなど母国アルゼンチンとメキシコの強豪クラブの指揮官を歴任してきたモハメド監督(写真左)を新指揮官に招へいした。 ▽モハメド監督新体制ではリーガエスパニョーラ第3節でアトレティコ・マドリーを破るなど上々のスタートを切ったが、以降リーグ戦6戦未勝利と失速。さらに、直近のレアル・マドリー戦で2-4の大敗を喫するなど、直近も公式戦3戦未勝利という状況が続き、クラブは監督交代に踏み切った。 ▽一方、2004年から母国ポルトガルで指導者のキャリアをスタートしたカルドソ氏(写真右)は昨季、ポルトガル1部のリオ・アヴェで初めて監督に就任すると、監督挑戦1年目でチームをクラブ史上最高位タイの5位に導く卓越した手腕を発揮。そして、クラウディオ・ラニエリ氏の後任として今季からナントの指揮官に就任も、開幕から1勝4敗3分けの19位に低迷。先月初めに解任されていた。 ▽なお、開幕12試合で3勝4敗5分けの14位に位置するセルタは代表ウィーク明けの第13節でレアル・ソシエダと対戦する予定だ。 2018.11.13 16:37 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース