超ワールドサッカー

バルサが首位セビージャを4-2で下してトップ返り咲き!1G1Aのメッシは右ひじ負傷で途中交代…《リーガエスパニョーラ》2018.10.21 05:49 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第9節、バルセロナvsセビージャが20日に行われ、4-2でバルセロナが勝利した。

▽2位のバルセロナと1位のセビージャによる首位攻防戦。第5節以降3分け1敗と低調続くバルセロナ。前節のバレンシア戦に続くビッグマッチだが、何としてでも勝利を取り戻したい一戦だ。スタメンにはN・セメド、ラングレ、コウチーニョ、アルトゥールらが名を連ねた。

▽対して、第6節ではレアル・マドリーを3-0で下すなどリーグ4連勝と波に乗るセビージャ。この4試合で14ゴールと攻撃陣は特に好調で、アンドレ・シウバやイェデル、フランコ・バスケスらが先発となった。

▽試合はいきなり動く。2分、N・セメドが右サイドを突破したバルセロナは、トップのスアレスを経由してメッシへ。ボックス手前で受けたメッシがワンタッチでボックス左のコウチーニョに出すと、コウチーニョがダイレクトシュート。これがゴール右上に見事に決まり、バルセロナが先制した。

▽出鼻を挫かれたセビージャも6分、バネガのパスから左ウイングバックのアラーナがボックス左手前からシュートを選択。だがこれは惜しくも右ポスト叩いた。

▽先制後も攻撃的な姿勢を貫くバルセロナは9分、メッシのロングスルーパスでジョルディ・アルバが左サイドを突破。折り返しに再びメッシが飛び込むなどメッシが目立つ。すると12分、ピッチ中央で相手のクリアミスを奪ったスアレスがダイレクトで右サイドのメッシへ供給。広大なスペースをドリブルで切り裂き相手のチェックをもろともせず、右からカットインし左足でネットを揺らした。

▽試合開始からわずか12分で1ゴール1アシストを記録したメッシにアクシデントが起こる。相手のボールを奪いに行った際、弾かれてバランスを崩したメッシは地面に付いた右手に全体重がかかるような倒れ方をしてしまう。しばらくピッチの外に出た後、包帯を巻いて出場を試みたがかなりの痛みのようで、26分にデンベレと交代した。

▽メッシ離脱後、頼りになったのはスアレスだった。30分過ぎ、スアレスのポストプレーからコウチーニョが得意の左45度の角度からシュートを放つ。その後はスアレスのスルーパスからデンベレが最終ラインを突破。しかしシュートは枠を外れてしまう。スアレスのお膳立てから2度チャンスを迎えたバルセロナだったが、3点目を奪うに至らなかった。

▽後半もスアレスを中心に攻め込むバルセロナだが、セビージャも意地を見せる。61分、この試合何度も好機を演出しているヘスス・ナバスのクロスにアンドレ・シウバが頭で合わせる。ゴール左上を捉えていたがGKテア・シュテーゲンが右手一本で掻き出す。さらにそこにフランコ・バスケスが詰めていたが、これもテア・シュテーゲンが体でブロック。バルセロナの守護神のビッグセーブが光った。

▽守護神の活躍に応えるように、バルセロナのストライカーが魅せる。63分、味方のパスでGKと一対一になったスアレスは、抜きにかかったところをGKバシリクに倒されPKを獲得。自らこのPKを決めて、試合を決定づける3点目を奪った。

▽その後、互いに交代枠を使いながら迎えた79分、セビージャが意地の一発を返す。ボックス右手前でボールを持ったサラビアが左足を振り抜くと、ラングレの頭を掠めてゴールに突き刺さった。

▽しかしバルセロナが再び突き放す。88分、アタッキングサードでのデンベレのパスが相手の足に当たり浮き上がったところを、ラキティッチがダイレクトボレーでボックス右からゴールを決めて4-1に。だが、セビージャも負けじと後半アディショナルタイムに途中出場のムリエルがボックス左からネットを揺らし、またも2点差に。

▽だが、これ以上セビージャの反撃の時間は残されておらず4-2で試合終了。バルセロナが5試合ぶりの勝利を取り戻すとともに、首位に返り咲いた。

コメント

関連ニュース

thumb

566ゴールのメッシが単一クラブでのゴール数歴代2位

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがまた1つ記録を作った。バルセロナ公式サイトが伝えた。 ▽メッシは11日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のレアル・ベティス戦で2ゴールを記録。このゴールにより、バルセロナでの公式戦のゴール数を「566」に伸ばした。なお650試合で達成した。 ▽メッシは、バルセロナのカンテラからトップチームへと昇格。移籍することなく、バルセロナ一筋でプレー。1つのクラブで記録したゴール数で歴代2位となり、バイエルンでプレーした元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏を抜いて2位となった。 ▽なお、1位はサントスでプレーし、神様とも呼ばれている元ブラジル代表FWペレ氏。「643」ゴールを18シーズンで記録している。メッシはあと78ゴールを記録すればペレ氏を抜くことになるが、これまでのペースで行けば早ければ来シーズン中にも抜く可能性がある。 ▽ちなみに、最も多くゴールを決めた相手はセビージャで「32」ゴール。アトレティコ・マドリーの「28」、レアル・マドリーの「26」と続いている。また、アウェイで最もゴールを決めたスタジアムはサンチャゴ・ベルナベウで「15」、ビセンテ・カルデロンで「14」、リアソールで「13」となっている。 ◆リオネル・メッシ ゴール内訳 リーガ・エスパニョーラ…392ゴール チャンピオンズリーグ…105ゴール コパ・デル・レイ…48ゴール スーペル・コパ…13ゴール クラブ・ワールドカップ…5ゴール UEFAスーパーカップ…3ゴール 2018.11.15 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

パコ・アルカセルが凄すぎる! 5大リーグ断トツNo.1の得点率

▽ドルトムントに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルが、欧州No.1の得点率を誇っている。スペイン『マルカ』が称賛した。 ▽アルカセルは、今夏にバルセロナからドルトムントに買い取りオプション付きのレンタルで加入し、公式戦23試合7ゴール4アシストに終わった昨シーズンが嘘のように爆発。ここまでブンデスリーガ6試合に出場して8ゴールを奪っている上に、先発出場はわずか2試合のみだ。 ▽凄まじいまでの得点率を記録するアルカセルを、『マルカ』が称賛。5大リーグの内、5試合以上に出場している選手の中では、プレー時間当たりの得点数が抜きん出ている。 ◆<span style="font-weight:700;">1G当たりの所要時間</span>(今季5大リーグ5試合以上出場) 1位<span style="font-weight:700;">パコ・アルカセル</span>(25)/ドルトムント [6試合8G 29分間] 2位<span style="font-weight:700;">レイス・ネルソン</span>(18)/ホッフェンハイム [7試合6G 55分間] 3位<span style="font-weight:700;">ルカ・ヨビッチ</span>(20)/フランクフルト [9試合9G 62分間] 4位<span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(19)/パリ・サンジェルマン [9試合11G 64分間] 5位<span style="font-weight:700;">アルフレッド・フィンボガソン</span>(29)/アウグスブルク [6試合7G 70分間] 6位<span style="font-weight:700;">エミリアーノ・サラー</span>(28)/ナント [12試合11G 77分間] 7位<span style="font-weight:700;">エディンソン・カバーニ</span>(31)/パリ・サンジェルマン [8試合8G 82分間] 2018.11.14 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、バルサMF獲得か…サッリ監督はナポリ時代にも興味

▽チェルシーが、バルセロナのスペイン代表MFデニス・スアレス(24)に関心を持っているようだ。イギリス『メトロ』がスペイン『マルカ』の報道をもとに伝えている。 ▽現在、バルセロナで苦境に立たされているデニス・スアレス。2013年にクラブの下部組織に入団し、セビージャやビジャレアルへの移籍を経て2016年に復帰したものの、満足のいく出場機会に恵まれず、今季に至っては公式戦1試合しか出られていないのが現状だ。 ▽そんな不遇の時を過ごすデニス・スアレスには、ビジャレアル時代の恩師であるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いるバレンシアやナポリが興味。さらにナポリ時代にも興味を示していたとされるマウリツィオ・サッリ監督のチェルシーも触手を伸ばしているようだ。 ▽ただしチェルシーは、現在レアル・マドリーからレンタルしているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの去就が影響してくるようで、同選手を来期以降も確保できるかどうかが、デニス・スアレス獲得の鍵となるようだ。 2018.11.14 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

将来的にはバルサの監督に? イニエスタ「最高の場所に戻りたいと思う」

▽ヴィッセル神戸に所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身の将来について言及している。スペイン『マルカ』がスペインのラジオ『カデナ・セル』を引用して伝えた。 ▽22年間過ごしたバルセロナを離れ、今夏神戸に加入したイニエスタ。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで12試合2得点2アシストを記録しているほか、卓越したテクニックやパスセンスで日本のサッカーファンを魅了している。 ▽そんなイニエスタは、長い時間を過ごしたバルセロナとの現在の関係や自身の将来についてコメント。 「日程の都合で16時15分キックオフの試合なら観れるんだ。ただ、元チームメイトたちの状況はチェックしているよ」 「この前だと、メッシが腕をケガしたときには彼にメッセージを送ったし、(ジェラール・)ピケや(セルヒオ・)ブスケッツ、(イヴァン・)ラキティッチとは結構連絡を取ったりしているよ」 「最高の場所に戻りたいとは思っている。多分将来バルサの監督をしているんじゃないかな」 2018.11.14 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、ネイマールが宿敵マドリーに加入しても「傷つかない」

▽ヴィッセル神戸に所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールについて言及している。スペイン『マルカ』がスペインのラジオ『カデナ・セル』を引用して伝えた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。今冬にはバルセロナの宿敵であるレアル・マドリーへの移籍の噂が囁かれ、最近では一転バルセロナへの復帰の可能性も浮上していた。 ▽そんな中、ネイマールとバルセロナ時代に共にプレーしたイニエスタは、ネイマールがライバルクラブに移籍しても傷つかないと主張している。 「もし仮にネイマールがレアル・マドリーに移籍しても、傷つかないよ」 「それでもバルサには毎年全てのタイトルを勝ち取るだけの偉大な選手たちが揃っているからね。ただ、ネイマールがバルサに戻ることはないと断言することはできない。彼は確かに周りと違いを生むことができる選手だからね。戻ってくることは難しいかもしれないけど、否定はできないよ」 2018.11.14 12:25 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース