久保建英&伊藤洋輝が圧巻ゴラッソ! U-19日本が北朝鮮を5発撃破で白星発進《AFC U-19選手権》2018.10.19 23:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽U-19日本代表は19日、AFC U-19選手権インドネシア2018グループB第1節のU-19北朝鮮代表戦に臨み、5-2で勝利した。

▽上位4チームに来年ポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019の出場権が与えられる今大会。先日、フル代表初得点を挙げたMF堂安律らを擁し前回大会で初優勝の日本は影山雅永監督の下、大会連覇と共にU-20W杯出場権獲得を目指す。

▽今回のグループステージでは優勝候補のU-19イラク代表、U-19タイ代表、北朝鮮と同じグループBに。この厳しいグループを突破するうえで重要な北朝鮮との初戦に向けては、GKに谷晃生(G大阪)、4バックに東俊希(広島)、橋岡大樹(浦和)、菅原由勢(名古屋)、瀬古歩夢(C大阪)を起用。中盤は伊藤洋輝(磐田)、藤本寛也(東京V)のダブルボランチに郷家友太(神戸)、斉藤光毅(横浜FC)をサイドハーフ、2トップは久保建英(横浜FM)、田川亨介(鳥栖)のレフティコンビとなった。

▽ピッチ状態を確かめながらのやや慎重な入りを見せた日本だったが、久保の圧巻の左足が早々の先制点をもたらす。8分、右サイドから強引に中へドリブルで切り込んだ久保が複数のDFを引き付けてボックス左のスペースへ絶妙なスルーパス。これに斉藤光がオフサイドラインぎりぎりで抜け出して右足のシュート。一度は相手GKのセーブに遭うが、こぼれ球を再び斉藤光が冷静に右隅へ蹴り込んだ。

▽幸先良く先制に成功した日本は幾つかミスから相手に決定機を与えるものの、相手の連動性を欠くプレスを久保や郷家、藤本がダイレクトプレーでうまくいなしながら積極的に2点目を目指す。すると19分、相手陣内中央で斉藤光が短く繋いだボールを受けた伊藤が左足を一閃。30メートルを超えるロングレンジのシュートがゴール右隅を射抜き、ゲームキャプテンのゴラッソで貴重な追加点を挙げた。

▽これで余裕の展開と思われた日本だったが、前半30分を過ぎて相手の球際とシンプルな攻めに押され始める。すると、36分には自陣での素早いパス回しに対して後手の守備を強いられると、右サイドでキム・フィファンがダイレクトで入れたグラウンダーのクロスをDF2枚の間から飛び出したケ・タムに滑り込みながらのワンタッチで流し込まれる。さらに前半終了間際の42分には背後への長いボールに対してDF瀬古の身体の向きが悪くケ・タムに入れ替わられると、たまらずボックス内で手を使って倒してしまい痛恨のPK献上。これをキッカーのカン・クチョルに決められてしまい、2点差を追いつかれて前半を終えることに。

▽嫌な流れて試合を折り返すも選手交代なしで後半に臨んだ日本。すると、立ち上がりの48分には波状攻撃から左サイドの東が斜めに入れたグラウンダーのパスがゴール右でドフリーの郷家に渡る。ここで郷家はワントラップからゴール右隅をグラウンダーのシュートで狙うが、やや丁寧に行き過ぎたかこれは相手GKのビッグセーブに阻まれる。

▽その後はやや行ったり来たりの展開が続く中、日本ベンチは63分に田川を下げて宮代大聖(川崎F)を2トップの一角として送り込む。すると、ファーストプレーで相手陣内中央右をドリブルで縦に突破した宮代がボックス手前で倒されてFKを獲得。ここでキッカーを務めた久保がやや距離のある位置から左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さり、またしても久保の左足が勝ち越しゴールをもたらした。

▽今度こそ逃げ切りたい日本だが、73分にゴール前のキム・クジンの反転シュートでゴールを脅かされるなど要所で見せる北朝鮮の鋭い攻めに苦戦を強いられる。この流れの中で76分には先制点を決めた斉藤光を下げて背番号10の安部裕葵(鹿島)を投入する。

▽その後、82分には郷家が競り合いで倒れた際にシン・グァンソクに胸を故意に踏み付けられ、このラフプレーでシン・グァンソクにレッドカードが出される。すると、数的優位を手にした日本は危なげなく試合を進めていくと、89分にはロングカウンターから相手陣内をドリブルで切り裂いた宮代が味方のサポートをオトリに対面のDFを鮮やかな仕掛けでかわしてシュートを流し込み、決定的な4点目を奪取。さらに93分にはペナルティアーク付近で藤本のラストパスを受けた安部が右足のグラウンダーシュートを流し込みダメ押しの5点目まで奪って見せた。

▽そして、久保や途中出場の宮代、安部など攻撃陣爆発の日本が北朝鮮を5-2で下し今大会を快勝スタート。グループ首位に躍り出た。

▽また、同日行われたグループB第1節のもう1試合、U-19イラク代表vsU-19タイ代表は、3-3のドローに終わった。

▽世代屈指のイラクに対してタイが先制点を奪うが、地力で勝るイラクは前半のうちに2点を奪い逆転に成功。さらに、後半半ばにもダメ押しの3点目を奪い、ここから守備を固めて逃げ切り態勢に。しかし、試合終盤に決死の猛攻を見せたタイは87分と後半アディショナルタイムに続けてゴールネットを揺らし、劇的な形で3-3のドローに持ち込んだ。

▽なお、日本は22日に行われる第2節でタイと、北朝鮮は同日にイラクと対戦する予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

森保一監督「粘り強くタフに戦ってくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。試合後の日本代表を率いる森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは決勝トーナメントでは勝つことが重要でした。そんな中、アジアの中でトップクラスの強敵サウジアラビアに選手たちが粘り強くタフに戦ってくれて無失点に抑えて勝つことができて良かったと思います。次は中2日の戦いとなり、相手より準備期間が短い中での試合となりますが、次も勝てるように最善の準備をしていきたいです」 ――今日はそれ程、力を出せなかったと思うが 「まずはサウジアラビアは力のあるチーム、そこは彼らをリスペクトしたいです。もっと攻撃を仕掛ける、ボールを保持することができれば良かったが、先制して相手が押し込む状況の中、粘り強く無失点に抑えながら追加点を奪いにいくことができました。粘り強く戦うことが今後トーナメントの中で必要なことですし、それを選手たちができたことをポジティブに捉えたいです」 ――準々決勝で対戦するベトナムについて 「まずはベトナムがしっかりとした粘り強い守備から攻撃に転じることができるチームだという印象です。アンダー世代も指導している監督が務めていることで、スタイルが各年代で浸透しています。守備だけでなく攻撃にも良い選手がいると思っています」 ――今日試合をやってさらにコンディションが上がったか 「もっと攻撃の部分でできると思われる方もいると思いますが、コンディションが上がっているからこそ、あれだけ押し込まれても守り切れたと思っています」 ――これほど押し込まれることは想定していたか 「まずは相手にプレッシャーをかける良い入りをしてくれたと思います。しかし、サウジアラビアの攻撃を受ける形となりました。サウジアラビアはボールを保持しながら危険な攻撃を仕掛けてくることのできるチーム。そこをうまく対応しながら攻撃につなげられるようにと試合前から選手には話していました」 「先制点を奪ってから彼らが圧力をかけてきた時に、素早い攻撃を仕掛けることが前半はまずまずできていたと思います。リードしてからの戦いを選手たちが表現してくれたと思います。少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」 ――南野に代えて伊東を投入した後、堂安が真ん中に入ったが 「堂安をトップ下に入れたのは彼のところで攻撃の起点を作ってほしいという思いです」 ――勝敗を分けたポイントは 「サウジアラビアは攻守ともにアグレッシブで良いチーム。そこは試合前から選手にも話していましたし、厳しい試合になることは覚悟して臨みました。勝負を分けたポイントは、サウジアラビアは失点することは考えていなかったでしょうし、サウジアラビアが攻撃の圧力をかけてくる、本来は両方がボールを握りたいという中で臨機応変に試合の流れに対応した日本が勝利できたと思います」 2019.01.22 02:24 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に痛手…ベテランの広島MF青山敏弘がケガで離脱《AFCアジアカップ2019》

日本サッカー協会は21日、サンフレッチェ広島に所属するMF青山敏弘が右ヒザ痛のため、日本代表から離脱することを発表した。 青山は17日に行われたグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻いて先発出場。しかし、21日に行われた決勝トーナメント・ラウンド16のサウジアラビア代表戦ではベンチ外となっていた。 そのサウジアラビア戦で日本は1-0で勝利。24日、準々決勝でベトナム代表と対戦する。 2019.01.21 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-0 サウジアラビア代表《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦に臨み、1-0で勝利。ベトナム代表の待つベスト8に駒を進めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 5.5 相手の低いシュート精度に助けられて無失点。その中で、バックパス処理にもたつく場面やシュートに反応できない場面もあったが、クロス対応は概ね安定。 DF 19 酒井宏樹 5.5 12分に自サイドから突破を許すなど、試合を通じて、辛抱の時間が続いた。何度か裏を取られたものの、要所で身体を張るなど戦った。 16 冨安健洋 7.0 記念すべき代表初ゴールが殊勲の決勝点に。肝心の守備面でも集中を切らさず、吉田と共に最後まで踏ん張り続け、ベスト8進出に大きく貢献した。 22 吉田麻也 6.5 12分に気迫の顔面ブロックでピンチ阻止。逆に、62分に釣り出されてピンチを招いた場面は冷やりとさせたが、GKの前にそびえ立つ砦として、頼もしさが光った。 5 長友佑都 5.5 試合を通じて、執拗に背後を突いてくる相手の対応に追われる苦しい展開に。持ち前の攻撃参加は鳴りを潜め、終始苦戦したが、粘り強い対応を続けた。 MF 6 遠藤航 6.5 ボールの刈り取り役として中盤センターを徹底監視。読みの鋭いパスカットからカウンター機の起点になるシーンもあり、フィルター役として機能した。 7 柴崎岳 5.5 CKやFKのキック精度が冴え、冨安の決勝弾をお膳立て。押し込まれる展開になると、やはり守備面の脆さを露呈したが、最後までファイトした。 21 堂安律 5.0 守備でエネルギーを削がれた印象。幾度か右サイドから攻撃面で違いになろうとする姿が際立ったが、決定的な仕事はできず。細かなミスが目立った。 (→塩谷司 -) 9 南野拓実 5.0 前線からの守備で奮闘が光る内容。流れの中でも起点になろうと頑張ったが、幾度かのカウンター機も不意に…。終盤はガス欠状態となり、ピッチを後に。 (→伊東純也 -) 8 原口元気 5.5 最終ラインに吸収される時間帯が多く、サイドバック化の場面が散見。アタッカーとしては消化不良な出来だったが、運動量を生かした守備面の貢献度は評価に値する。 FW 13 武藤嘉紀 5.0 体幹の強さを生かして前線で起点になろうとする動きは印象的。守備にも尽力したが、60分の決定機をモノにできないあたりにストライカーとして物足りなさを感じさせた。次戦は累積で出場停止。 (→北川航也 -) 監督 森保一 6.0 現状のベストメンバーを注ぎ込み、大半の時間で守勢に。2大会ぶりのベスト8進出という結果こそが全て。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 冨安健洋(日本代表) 泣いても笑っても一発勝負の戦いで日本代表のアジアカップ史上最年少得点(20歳77日)で代表初ゴールをゲット。これが決勝点となり、ベスト8進出の立役者に。守備でも失点ゼロで抑え込み、相手攻撃陣の前にそびえ立った。 日本代表 1-0 サウジアラビア代表 【日本】 冨安健洋(前20) 2019.01.21 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安代表初ゴールを死守! 森保ジャパン、強豪サウジに苦戦もベスト8進出!《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。 グループリーグを全勝して決勝トーナメント進出を決めた日本は、ベスト8進出に向けて、ウズベキスタン代表戦から先発メンバー10人を変更した。GKには権田が復帰。最終ラインは右から酒井、冨安、吉田、長友を並べた。 中盤には柴崎、遠藤を起用。2列目は右から堂安、南野、原口、1トップは武藤が入った。 試合は立ち上がりからサウジアラビアにポゼッションを許す展開に。12分にはアル・シャハラニのクロスのこぼれ球をアル・ビシに拾われ、ボックス右手前からシュートを打たれてしまう。しかし、ここはコースに入っていた吉田が顔面で防いだ。 日本は序盤こそ不安定さを露呈。しかし20分、この嫌な雰囲気を若きセンターバックが断ち切る。左サイドでCKを獲得すると、キッカーを務めた柴崎がゴール前にクロスを供給。これをうまくマークを外した冨安が頭で合わせてゴール左に押し込んだ。このゴールは冨安にとって代表初ゴール、アジアカップ最年少ゴールとなった。 先制点で落ち着きを取り戻した日本。しかし、前線では思うようにボールが収まらず。すると35分、1点を追うサウジアラビアのバフブリにボックス右から左足で巻いたシュートを許してしまうも、ボールはわずかにゴール左外へと外れた。 助かった日本だったが、37分に武藤がアルブラシにアフター気味でタックル。このプレーに対してファウルをとられてしまうと、武藤にイエローカードが提示。これで武藤は累積2枚目となってしまい、次戦出場停止となった。 1-0の日本リードで試合を折り返すと、再びサウジアラビアにボール保持を許してしまう。それでも日本は60分、カウンターから自陣右サイドに転がったセカンドボールに、酒井が反応して敵陣ボックス左手前へ絶妙なロングパス。ここにフリーで走り込んでいた武藤がボックス内に侵攻し、切り返しからシュートを放ったが、相手DFに阻まれ、追加点を奪うことができない。 すると日本はここからサウジアラビアの反撃を受ける。62分に右サイドへのロングボールに反応したアル・ムワラッドが吉田を振り切り、ボックス内マイナス方向へ折り返される。最後はアル・ドサリにシュートを許すも、ボールは枠に飛ばず相手のミスに救われる。 その後も日本は、65分にバフブリのミドルシュート、71分にはアルブラシにヘディングシュートで立て続けにゴールを脅かされ、我慢の時間が続く。 後半のほとんどの時間を自陣で過ごす日本。それでもサウジアラビアの猛攻を体を張ったブロックで防ぐ。なんとしても逃げ切りたい日本は89分に堂安を代えて塩谷を投入して守備固めに。その後、北川航也を投入して3枚のカードを切った中、後半アディショナルタイム4分にアルブライクが右サイドで長友を振り切ってクロス。これがゴール前に飛んだが、ここはGK権田が好判断な飛び出しを見せてキャッチした。 日本はその後も最後までサウジアラビアの猛攻を耐え凌ぎ、試合終了。冨安のゴールを死守して、ベスト8進出を決めた。日本は24日、準々決勝でベトナム代表と激突する。 2019.01.21 21:59 Mon
twitterfacebook
thumb

1トップは武藤嘉紀! 日本代表、ウズベク戦から先発10名を変更!《AFCアジアカップ2019》

本日21日にシャールジャ・スタジアムでキックオフ(20時)を迎えるAFCアジアカップ2019のサウジアラビア代表戦に向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループリーグを全勝して決勝トーナメント進出を決めた森保ジャパン。グループEを2勝1敗で突破した“中東の雄”との一戦へ、第3戦ウズベキスタン戦のスターティングメンバーからFW武藤嘉紀を除く10人を変更した。 GKには権田修一(サガン鳥栖)が復帰。最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、冨安健洋(シント=トロイデン)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)を並べた。 中盤には柴崎岳(ヘタフェ)、遠藤航(シント=トロイデン)を起用。2列目は右から堂安律(フローニンヘン)、南野拓実(ザルツブルク)、原口元気(ハノーファー)となり、1トップは武藤嘉紀(ニューカッスル)が務める。 ◆vsサウジアラビア 日本代表スタメン GK:権田修一 DF:酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都 MF:遠藤航、柴崎岳、堂安律、南野拓実、原口元気 FW:武藤嘉紀 2019.01.21 19:02 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース