超ワールドサッカー

大混戦J1昇格サバイバル最終局面へ! 大宮がファンにサポートを要請「熱い声援で選手へ強い後押しを」2018.10.17 19:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽大宮アルディージャは17日、公式サイト上で『ファン、サポーターの皆さまへ』と題した声明を出し、応援を呼び掛けた。▽今シーズンから明治安田生命J2リーグに降格した大宮は、J2第37節終了時点で昇格プレーオフ圏内の暫定5位(勝ち点63)。自動昇格圏に位置する暫定2位の大分トリニータ(勝ち点66)との勝ち点差は「3」、首位の松本山雅FC(勝ち点69)との勝ち点差は「6」だ。

▽残り5節の時点で、首位の松本から7位の東京ヴェルディ(勝ち点63)まで勝ち点差6内に、昇格を狙うチームがひしめき合っている今シーズンのJ2。1年でのJ1復帰を目指す大宮は、以下のようにサポーターへのメッセージを掲載した。

「いつも大宮アルディージャに熱いご声援を頂戴し、誠にありがとうございます。明治安田生命J2リーグは37節を終え、チームは10月17日時点暫定5位という順位で残り5節の最終局面に入ってまいりました」

「今年4月23日、10節を終えた時点で皆さまにご説明させていただいた通り、監督、スタッフは様々な改善に取り組み、次の対戦相手に対する分析を行い、戦術をたて勝利を目指し、選手もJ2優勝という目標に向け日々厳しいトレーニングに励んで来ました。現時点の順位に決して満足しているわけではありませんが、選手・監督・スタッフの頑張りはもとより、ファン、サポーターの皆さま、大宮アルディージャを支えてくださる多くの皆さまからの熱い声援、サポートがあったからこそ今期の目標であるJ2優勝またJ1昇格を何とか掴み取ることができる位置に踏みとどまれていると考えております。しかし目標を達成するためには、これからの5試合、1試合も落とすことはできず、残り試合の全てに勝ち続けることが求められています」

「選手、監督、コーチ、スタッフは残り5試合に全て勝利して優勝、昇格することを目指し、集中して次の試合に向けて更にハードなトレーニングに取り組みます。ラストスパートの局面ではライバルとなる他チームもこれまで以上に強い気持ちで試合に臨んできますし、これからの試合はこれまで以上に厳しいものになるはずです。このような状況下で勝負を分けるのは、選手は終了の笛が鳴る最後の一秒まで絶対勝利するという強い気持ちで戦い続けること、そしてファン・サポーターの皆さまからの熱い声援、そして皆さまとクラブスタッフも含めて一つになって戦うことだと考えます」

「今シーズン「ONE」のスローガンの下でこれまで皆さまと一つになり戦ってまいりましたが、ここからの残り5試合「ONE」の想いをより強く持ち、ともに戦うことで必ず勝利を掴み取れるものと考えます。これからの1試合1試合をトーナメントのつもりで集中して戦い勝利を積み重ねれば、必ずや最後に皆さまと喜びをわかち合えるものと信じております。どうか皆さま、あらためて大宮アルディージャを応援する皆が一つになり、そして残り5試合ホームはもちろん、可能であればアウェイも含めスタジアムにぜひ足を運んでいただき、熱い声援で選手へ強い後押しをしていただけますよう心からお願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

山形MF松岡亮輔が契約満了…2014年にはJ1昇格に貢献

▽モンテディオ山形は15日、MF松岡亮輔(34)の来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2007年に阪南大学からヴィッセル神戸に入団してプロキャリアをスタートさせた松岡。ジュビロ磐田を経て、2014年に山形に加入し、同シーズンにはJ2リーグで34試合1得点を記録してチームのJ1昇格に貢献した。今シーズンは明治安田生命J2リーグに3試合、天皇杯に2試合出場している。 ▽山形退団が決定した松岡は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「5年間在籍させていただいたモンテディオ山形を、今シーズンを持ちまして退団することになりました。チームの力になれず、本当に申し訳なく思っています」 「5年間を振り返ると、怪我で長期間の離脱やJ1昇格、J2降格など、個人としてもクラブとしても浮き沈みのあった時でした。そんな中、皆さまの変わらない前向きな声援が、僕たちへの後押しとなり、前へ歩ませて頂く力になりました。本当にありがとうございました」 「背番号7を背負わせていただいたことも感謝しています。背番号7の価値を十分に分かったつもりで着用を承諾しましたが、加入して歴代の選手達の素晴らしさを見聞きするたびに、身の引き締まる思いを更に感じました。この背番号には、自分一人だけが幸せになればいいのではなく、モンテディオに関わるすべての人達に影響を与え、幸せを分配しなくてはいけない。そんな責務があるのだと思うようになりました」 「山形での5年間は、地域にプロスポーツクラブが存在することの大切さを知ることが出来ました。それと同時に、地域に対してプロスポーツ選手が果たすべき役割を、自分なりに考え行動してきました」 「2014年の天皇杯決勝では試合前の国歌斉唱で、身震いするほど気持ちが高揚したのを覚えています。あのときの気持ちを、もう一度体感出来るチャンスがまだあります。引き続き、皆さまのご声援を宜しくお願い致します」 2018.11.15 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

低迷の新潟を救った片渕浩一郎監督の来季続投が決定「J1昇格を目指す」

▽アルビレックス新潟は14日、片渕浩一郎監督(43)の続投を発表した。 ▽片渕監督は、2016年に続き、今年8月に鈴木政一監督の後任として内部昇格。19位とチームは低迷していたが、就任後5連勝を含む9戦無敗と調子を上げ、最終節を残して15位に浮上。来シーズンのJ1復帰に向けて、シーズン終盤に調子を取り戻してきていた。 ▽片渕監督はクラブを通じてコメント。来季の飛躍を誓った。 「今シーズン、アルビレックス新潟のために、多くのサポーターの皆さんから、非常に大きなご声援をいただきました。心より御礼を申し上げます」 「このたび、来季もトップチームの指揮を執らせていただくこととなりました。私を成長させてくれた、そして、私にとって大切なクラブで監督を務めることができ、とても嬉しく思うと共に、大きな責任も感じています」 「引き続き、攻守においてアグレッシブに、そしてハードワークすることを掲げ、躍動感のあるサッカーで、J1リーグ昇格を目指します。そして、常に感謝の気持ちを胸に、県民の皆様に応援したいと思っていただけるようなチームにしたいと考えています」 「クラブを支えてくださるサポーターの皆様、アルビレックス新潟後援会員の皆様、株主やスポンサーの皆様には、引き続き、ご声援とご支援を賜りますよう、お願いいたします。来季も一緒に戦いましょう」 ▽なお、新潟は最終節でホームにレノファ山口FC(9位)を迎える。 2018.11.14 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表

▽モンテディオ山形は13日、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表。17日のホーム最終戦大分トリニータ戦以降に開催される、臨時取締役会にて正式に決定する見込みであることを伝えた。 ▽また、後任決定までの期間は、取締役、管理部担当・指定管理事業本部担当の渡邉修氏が暫定的に代表取締役社長の任にあたる。 ▽森谷氏は、2015年11月に株式会社モンテディオ山形の取締役に就任。同年12月に代表取締役社長の職に就いていた森谷氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆森谷俊雄代表取締役社長 「モンテディオ山形に熱いご声援、ご支援をいただき心から感謝申し上げます」 「クラブ代表に就任以来、J1昇格と新スタジアム構想を胸に、多くの皆様のご支援、ご協力、励ましをいただきながら、微力ではありましたが懸命に経営を担ってまいりました。特に、この2018シーズンは、クラブ創立20周年という節目、新スタジアム実現に向けた道筋をつける重要なシーズンであり、特別な思いを持って臨んだ一年でした。しかし、皆様の熱い心強い応援にもかかわらずJ1昇格を果たすことができませんでした。モンテディオ山形に期待を寄せ、最後まで諦めずに応援してくださった全ての皆様にお詫びと心からの感謝を申し上げます」 「一方、Jリーグクラブを取り巻く環境は、大きく変わりました。リーグは、各クラブが着実に成長を遂げている中で、『各地域に裾野を広げること』を重視した方針から、『クラブ間競争を促す』方針に舵が切られ、クラブ間の競争が激化しています。モンテディオ山形が将来に向かって成長を続け、J1のステージで戦い続けることができるクラブになるためには、地域に根差した経営に加え、J1仕様の戦略構想力・実行力のある経営体制を築いていくことが不可欠であると痛感しています」 「これまで2年11か月余り全力を傾注してまいりましたが、予算編成やチーム編成など来季に向けた諸準備に着手する時期を迎えるにあたり、J1昇格に向けより強固な新しい経営体制に道筋をつけるべく、今季リーグ戦終了後に社長職を退任することを決意いたしました。後任には、プロスポーツを中心に様々な形でスポーツビジネスを経験されている方を、外部から招聘すべく調整を進めており、前向きに検討いただいております。新たな風を吹き込み、情熱を持ってこれからのモンテディオ山形をリードしていただけると確信しております」 「モンテディオ山形は、木山監督のもとで、皆様と一緒に、天皇杯優勝につなぐ戦い、来季につなげる戦いを続けてまいります。どうか、モンテディオ山形に、一層のご支援、ご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「お陰様で、就任して3シーズン、観客数、スポンサー・会員数ともに着実に伸び、その結果、黒字経営を継続するなど安定した経営を確保することができました。ひとえに、スポンサー・会員各位、スタジアムに足を運んでくださった皆様のお力添え、チーム・フロント全員の努力の賜物に他なりません。また、お会いするたびに温かい励ましの言葉をかけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。チーム・フロント、ご協力いただいた関係各位に感謝申し上げます」 「最後に、皆様のご厚情は生涯の宝物です。皆様と一緒にモンテディオ山形を応援してまいります。ありがとうございました」 ▽今シーズンの山形は、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の12位。しかし、天皇杯ではベスト4に残っており、12月16日(鹿島アントラーズがベスト4入りした場合は12月5日に変更)に準決勝のベガルタ仙台戦を戦う予定となっている。 2018.11.13 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

満員のサポーターの前でJ2優勝&J1昇格へ! 松本、最終節徳島戦ホーム側チケット完売

▽松本山雅FCは12日、17日にサンプロアルウィンで行われる明治安田生命J2リーグ最終節の徳島ヴォルティス戦のホーム側チケット完売を発表した。 ▽今回完売したのは、松本サポーターの入場可能席種チケット。「現在アウェイ自由席のみ販売中ではございますが、ホームグッズの着用や応援は出来ませんのでご理解・ご協力の程お願いいたします」とクラブは呼び掛けている。 ▽今後については、現在予約中のチケットが期限内に決済されず、キャンセルが発生した場合のみ再販売される場合があるとのこと。そのほか、当日について以下のようにコメントしている。 「当日は大変な混雑が予想されます。お一人さま一席、席を詰めあって、お声掛けいただきながら熱くフェアに、応援いただきますようお願い申し上げます」 「安全・安心・全緑のスタジアムを山雅ファミリー全員で共に作り上げられますよう、ご協力の程よろしくお願いいたします」 ▽松本は現在、明治安田生命J2リーグで首位に位置。次節徳島戦に勝利すれば、無条件でJ2優勝とJ1昇格が決定する。 2018.11.12 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】倉田&パトらが次節欠場…J2ではPO目指す大宮MFマテウスが最終節出場停止

▽Jリーグは12日、明治安田生命J1リーグ第33節、J2リーグ第42節、J3リーグ第32節、第33節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、浦和レッズのMF柏木陽介、ガンバ大阪のMF倉田秋、サンフレッチェ広島のFWパトリック、V・ファーレン長崎のMF中村慶太が次節出場停止に。 ▽J2では、J1参入プレーオフ出場を目指す大宮アルディージャのMFマテウスが最終節のファジアーノ岡山戦に出場することができないなど、5名が出場停止に。 ▽J3では、藤枝MYFCのDF阿渡真也が次節出場停止に。また、セレッソ大阪U-23のDF森下怜哉は、今シーズン2度目の累積警告により2試合出場することができない。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF柏木陽介</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs湘南ベルマーレ(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsベガルタ仙台(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWパトリック</span>(サンフレッチェ広島) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs名古屋グランパス(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中村慶太</span>(V・ファーレン長崎) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsガンバ大阪(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF栗山直樹</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ第42節 vs大分トリニータ(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWバティスタ</span>(水戸ホーリーホック) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsツエーゲン金沢(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFマテウス</span>(大宮アルディージャ) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsファジアーノ岡山(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF加藤大</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsレノファ山口FC(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮本航汰</span>(FC岐阜) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsアビスパ福岡(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF阿渡真也</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第32節 vs鹿児島ユナイテッドFC(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF森下怜哉</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第32節 vsグルージャ盛岡(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsカターレ富山(11/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) 2018.11.12 16:10 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース