【アンケート結果】3戦連続ゴールの南野拓実が高評価! 次戦ベネズエラ戦への期待も2018.10.17 17:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽森保一監督体制3戦目となったウルグアイ戦。相手はロシア・ワールドカップでベスト8に進出した強豪チームということもあり森保監督も「今の力を測る最高の相手」と評価する中で、試合は若手が躍動。南野拓実や堂安律のゴールなどで4-3で勝利しました。

▽ユーザーの皆様の評価では、3試合連続ゴールの南野が「7.3」で最高点に。先制点をアシストした中島翔哉は「7.0」で次点。4得点を奪った攻撃陣は及第点以上の評価で、3失点を喫した守備陣は比較的低い採点結果になっています。なお、途中出場も出場時間の少なかった原口元気は採点対象外とさせていただきました。

▽皆様の意見の中には「希望を抱かせる戦いぶりでした」などの明るい意見が多くあったものの、「3失点は改善しなければならない」という厳しい意見も。ベネズエラ代表、キルギス代表との試合が予定されている11月の親善試合に期待する声も多く挙がりました。


◆ウルグアイ戦のユーザー採点結果
GK
東口順昭 5.1

DF
酒井宏樹 6.0
三浦弦太 4.3
吉田麻也 5.5
長友佑都 5.7

MF
遠藤航 6.0
柴崎岳 5.5
→ 青山敏弘 5.3
堂安律 6.5
南野拓実 7.3
→ 原口元気 -
中島翔哉 7.0

FW
大迫勇也 6.3

監督
森保一 6.4

◆皆様の声(一部)
・久々にワクワクしたゲーム!

・10番が眩しい。

・中島翔哉を中心にしたチームが見えてきた。

・若手の躍動とベテランの頑張りが光ったゲームでした。格上相手に複数得点を取れたことが良かった。

・みんなの必死さが伝わる白熱した展開で、見ていてとにかくワクワクしました。

・今日の試合は結果が負けだったとしても将来に明るい期待が持てた。頑張れ日本代表!
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、セルタで躍動のマキシ・ゴメス獲得を検討!

▽アトレティコ・マドリーが、セルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコでは、ジエゴ・コスタが2日のリーガエスパニョーラ第14節ジローナ戦後にブラジルへ帰郷。左足に感じていた慢性的な痛みを解消するため、専門医の下で手術を受けることや、離脱期間が10週間から2ヵ月程になることが伝えられている。 ▽『マルカ』によると、アトレティコはしばらく戦線から離れるジエゴ・コスタの代役の獲得を画策。今シーズンから加入しているクロアチア代表FW二コラ・カリニッチは、5日のコパ・デル・レイ4回戦サン・アンドレウ戦でようやく初ゴールを決めたところであり、今冬の補強なしでは心許ない陣容となっている。 ▽そこで、候補として挙がっているのがマキシ・ゴメスだ。同選手は、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入し、初年度から公式戦39試合18ゴール5アシストを記録。また、今シーズンもここまでの公式戦13試合7ゴール4アシストと、実力の高さを証明し続けている。 ▽マキシ・ゴメスには、5000万ユーロ(約64億円)の契約解除金が設定されているが、アトレティコは半額程度でのオファーを計画。しかし、過去に中国やイングランドのクラブからの関心を跳ねのけたセルタにとっては、あまり魅力的な入札とはならなさそうだ。 ▽また、もしアトレティコがマキシ・ゴメスを獲得した場合、給与制限をクリアするために、カリニッチもしくはポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスを放出する可能性もあると、記事は伝えている。 2018.12.07 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルーのPK弾でフランスがウルグアイに辛勝!ムバッペが負傷交代《国際親善試合》

▽国際親善試合のフランス代表vsウルグアイ代表が20日に行われ、1-0でフランスが勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップで準々決勝で激突した両者。王者となったフランスは、今回は[4-2-3-1]の布陣で、ボランチにエンドンベレとカンテを並べ、2列目にムバッペ、グリーズマン、マテュイディ、ワントップにジルーを起用。 ▽一方のウルグアイは[4-4-2]。カセレスとブルーノ・メンデスのセンターバックに、中盤にはヴェシーノやベンタンクール、トレイラ、バルベルデが並び、2トップはスアレスとカバーニが組む陣容で臨んだ。 ▽互角の攻防を見せる両チーム。15分に、フランスは自陣からのロングボールを起点に、グリーズマンのスルーパスを受けたムバッペがボックス右に侵入しゴールを狙うが、シュートは枠の左に逸れた。 ▽さらにフランスは18分にビッグチャンスを迎える。敵陣中央右サイドからのFKの場面でマテュイディがゴール正面で収め、振り向きざまにシュートを放つ。枠は捉えていたもののゴール前でヴェシーノに当たり枠を外れてしまった。 ▽徐々にゴールが近くなってきたフランスは30分、マテュイディの糸を引くようなスルーパスに反応したムバッペがオフサイドラインギリギリで抜け出しGKと一対一になるも、一瞬飛び出しが早かったGKにボールを奪われシュートを打たせてもらえなかった。 ▽さらに、このプレーでムバッペが右肩を負傷する事態に。GKを躱しきれず倒れた際に右肩から着地。地面と体に挟まれるように衝撃を受け続行不可能となり、トヴァンとの交代でピッチを退いた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、52分にフランスが試合を動かした。右サイドのクロスを起点に、ファーサイドにいたF・メンディの折り返しをグリーズマンがシュート。するとこれがブルーノ・メンデスの腕に当たり、フランスにPKが与えられる。これをジルーが沈めて先制に成功した。 ▽その後は互いに交代選手を投入するが、大勢は変わらず膠着した時間が続く。試合終盤に、自陣の左サイドで相手に囲まれながらもマルセイユ・ルーレットで巧みに躱すF・メンディや、その直後にラミがバックヒールでGKに戻すなど余裕が出てきたフランス。 ▽それに対しウルグアイは84分に、右サイドに流れたカバーニの左足クロスに途中出場のホナタン・ロドリゲスがゴール前に飛び出すも、シュートは空振り。頭を抱えてしまった。 ▽後半アディショナルタイムには、ウルグアイはヴェシーノがボックス手前からシュートを放ったがGKの正面。その後まもなく試合終了の笛が鳴り決着。1-0でフランスが勝利した。 2018.11.21 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニ「ネイマールは同僚、友人、兄弟さ」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがブラジル代表FWネイマールについて語った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽PSGで共に攻撃陣をリードする存在である傍ら、ことあるごとに対立関係が取り沙汰され続けるカバーニとネイマール。16日に両国のエースとして激突した国際親善試合の舞台でもカバーニのネイマールに対するファウルが話題となり、不仲説が再熱している。 ▽カバーニはフランス『RMC Sport』のインタビューで、その件について問われると、次のように言及。ネイマールを「チームメイトであり、友人であり、兄弟だ」と話した。 「フィールドでやることはフットボールさ。でも、終われば、チームメイトであり、友人であり、兄弟だ」 「試合で勝利を目指せば、ああいうことは起きる。それは普通。自分のチームを守るためにね」 「僕は何にもしていない。触れてもいない。それを言うために彼のところに会いに行ったよ」 「だから、あの件について僕から話す必要はない。何もね。メディアが議論すれば良いさ」 2018.11.20 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「フレンドリーマッチなど存在しない」カバーニがPSG同僚ネイマールへのタックルに言及

ウルグアイ代表のエディンソン・カバーニは、パリ・サンジェルマンのチームメイトであるブラジル代表のネイマールへのタックルについて言及した。<br><br>16日に行われた国際親善試合でウルグアイ代表はエミレーツ・スタジアムでブラジル代表と対戦。ウルグアイ代表がイエローカードを6枚提示されるなどやや激しいプレーが見受けられたこの試合、76分にPKからネイマールが奪った得点を守り切った、ブラジル代表が1-0で勝利している。<br><br>中でも0-1で迎えた終盤、カバーニはドリブルで突破を試みたネイマールへやや危険なタックルを見舞い、イエローカードを受けた。このクラブチームの同僚にケガをさせかねないプレーについて、試合後にウルグアイ代表FWは口を開いた。<br><br>「2つの南米のチームが対戦するとき、いつも少し激しくなる。試合後にはペナルティの判定について抗議したけれど、とても良い試合だったと思う。あのようなことが起きてしまったけれど、ブラジルのようなビッグチームやネイマールや他の選手みたいに最高のライバルたちとの対戦はいつでも歓迎だ」<br><br>「フットボールにフレンドリーマッチなんて存在しない。時には激しさがあるし、スタジアムの熱気もそれを後押しする。でも、試合が終わってしまえばそこにあるのは平和だ。ピッチの外は平穏でしかない」<br><br>提供:goal.com 2018.11.18 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールのPK弾でブラジルがウルグアイに辛勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のウルグアイ代表vsブラジル代表が16日にロンドンで行われ、0-1でブラジルが勝利した。 ▽先月行われた日本代表戦と韓国代表戦を連敗したウルグアイは、ゴディンやホセ・ヒメネスを負傷で欠く中、スアレスやカバーニ、トレイラらがスタメンとなった。 ▽一方、先月行われたアルゼンチン代表戦とサウジアラビア代表戦を連勝したブラジルは、コウチーニョやマルセロ、カゼミロといった主力が負傷で欠く中、ネイマールやフィルミノ、ドグラス・コスタらが先発となった。 ▽共に[4-3-3]で臨んだ一戦。ウルグアイはGKにカンパーニャ、4バックに右からM・スアレス、ブルーノ・メンデス、カセレス、ラクサール、中盤アンカーにトレイラ、インサイドにヴェシーノとベンタンクール、3トップに右からG・ペレイロ、スアレス、カバーニと並べた。 ▽対するブラジルはGKにアリソン、4バックに右からダニーロ、マルキーニョス、ミランダ、フィリペ・ルイス、中盤アンカーにワラセ、インサイドにR・アウグストとアルトゥール、3トップに右からドグラス・コスタ、フィルミノ、ネイマールと並べた。 ▽立ち上がりから押し込むブラジルは6分、ネイマールの直接FKでゴールに迫ると、続く11分にはフィリペ・ルイスの左クロスをネイマールが押し込んでネットを揺らすも、わずかにオフサイドに阻まれる。 ▽カバーニが守備に追われ、スアレスが前線で孤立し、攻め手のないウルグアイは22分、スアレスがミドルシュートで牽制すると、ここから盛り返しポゼッションを高めていく。 ▽互角の攻防で推移する中、前半追加タイム1分、ウルグアイはショートカウンターからスアレスのフィードをボックス右のカバーニがボレー。決定的だったが、GKアリソンの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、開始5分にスアレスが直接FKでGKアリソンを強襲したウルグアイに対し、流れを引き寄せられないブラジルは59分、レナト・アウグストに代えて代表デビューとなるアランを投入した。 ▽さらに67分、ドグラス・コスタに代えてリシャルリソンを投入したブラジルは、75分にPKを獲得する。ルーズボールをクリアにかかったラクサールがボックス右のリシャルリソンを蹴ってしまったとしてPKとなった。 ▽これをネイマールが決めたブラジルが終盤にかけてウルグアイに付け入る隙を見せずに1-0で辛勝している。 2018.11.17 07:24 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース