超ワールドサッカー

堂安初ゴールに南野2Gで3戦連発! 若手躍動で強豪ウルグアイとの打ち合い制す《キリンチャレンジカップ》2018.10.16 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は16日、埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に臨み、4-3で勝利した。

▽先月行われた初陣のコスタリカ代表戦、12日に行われたキリンチャレンジカップのパナマ代表戦をいずれも3-0で制し、無傷の森保ジャパン。FIFAランキング5位の強豪、ウルグアイ戦に向けてはパナマ戦からスタメンを9名変更。最後尾にGK東口、ディフェンスラインに酒井宏、三浦、吉田、長友。中盤に堂安、遠藤、南野、柴崎、中島、1トップに大迫を配置した。

▽対するウルグアイも、主力メンバーを起用。DFゴディン、MFベンタンクール、FWカバーニらを起用した。

▽高いテンションの入りを見せたウルグアイが試合の立ち上がりから日本ゴールに向かっていく。6分には左サイドバックのラクサールが最終ラインの裏にまで飛び出していくが、精度を欠いたスルーパスはDF三浦が処理する。

▽しかし10分、絶好調の日本の9番が華麗な身のこなしで世界レベルのセンターバックを翻弄する。左サイドでボールを持った中島は、ボックス内へのスルーパスを選択。これを受けた南野がボックス内でマークに付いていたDFゴディンをワンタッチで剥がし、鋭くターン。右足でネットを揺らした。

▽17分、反撃に出るウルグアイが右CKを獲得。高い弾道のクロスが供給されると、ボックス内中央で飛び上がったゴディンが強烈なヘディングシュートを放つ。しかし、これをGK東口が好守で阻みリードを守った。

▽ウルグアイが前がかりになった20分、右サイドの酒井が低い位置からフィードを入れると、ウルグアイ陣内中央付近の遠藤がダイレクトで前線にスルーパスを送る。しかし、抜け出した大迫が一対一の場面でボックス右から放ったシュートは右に逸れ、追加点とはならない。柴崎との良い距離を保ちつつ頻繁に高い位置まで上がる遠藤がアクセントとなり、前線に起点を作り始める。

▽それでも28分、ウルグアイが怖さをみせる。右サイドでのFKからデ・アラスカエタがファーサイドにクロスを上げると、DFコアテスが頭で中央に折り返す。ゴール目前でフリーになっていたG・ペレイロが、ワントラップして冷静に押し込んだ。

▽セットプレーから初失点を喫してしまった森保ジャパンだが、不動の1トップがすぐにストライカーとしての仕事を果たす。ボックス手前左でボールを持った中島がミドルシュートを放つと、GKムスレラがボックス内に弾く。いち早く反応した大迫がムスレラの股を抜くシュートを決め、スコアを2-1とした。

▽徐々に日本が支配力を高めていくと、ウルグアイのエースFWカバーニが中盤まで降りてきてボールに触る回数を増加させる。だが、そこからはチャンスにつなげることはできず。日本がリードしたまま試合を折り返した。

▽巻き返しを図るウルグアイはハーフタイム中に2名を入れ替え。ベンタンクール、デ・アラスカエタに代えてバルベルデ、ホナタン・ロドリゲスを投入した。

▽後半開始早々、ウルグアイがいきなりチャンスを迎える。左サイドからクロスが上がると飛び込んだのはペレイロ。しかし、ゴール上端を捉えたヘディングシュートにはまたしてもGK東口が立ちはだかる。さらに51分にもカバーニのヘディングシュートが日本ゴールを脅かすが、これは枠を外れ事なきを得た。

▽しかし57分、痛恨のミスから同点弾を許してしまう。ディフェンスラインでボールを持った三浦がGK東口へのバックパスを送る。すると、前に残っていたカバーニにボールをカットされ、難なくネットを揺らされた。

▽それでも、直後の59分に期待の若手がチームを救う働きをする。ウルグアイがカウンターに移ろうかという瞬間に堂安が相手陣内中央でボールをカット。酒井と連携してボックス内に侵攻すると、キレのあるフェイントでチェックに来たウルグアイDFをかわし、ゴール左隅に流し込み、待望の代表初ゴールを奪う。

▽さらに66分、勢いに乗る日本の若手は止まらない。ボックス手前で相手の連係のミスを突いた堂安が、迷わず左足を振り抜き強烈なミドルシュートを放つ。GKムスレラが弾いたところ、南野がたたみ掛けるようにシュートを放ち自身のこの日2得点目とした。

▽日本が4-2でリードする展開。このままでは終われないウルグアイが75分に一瞬の隙を突く。柴崎に代わり青山が投入された直後、やや守備が緩慢になったところを見逃さなかったカバーニが、ボックス手前中央からボックス左に浮き球のスルーパスを送る。待ち構えていたホナタン・ロドリゲスがトラップから、右足で流し込み、点差を1点に縮める。

▽その後は一進一退の攻防が続く中、日本は比較的優位に試合を進行。ウルグアイに引き分けるチャンスを与えず。FIFAランキング5位の強豪との打ち合いを制し、森保体制での連勝記録を「3」に伸ばした。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表の一員になり、仲間と共に世界と戦え!

▽ロシア・ワールドカップでベスト16の成績を残した日本代表。その後に就任した森保一監督の下では、国際親善試合で3連勝と結果を残している。 ▽新生日本代表には新たな風が吹き込み、選手たちの立ち位置にも変化が。監督をはじめ、ワールドカップを戦った選手たちの半数以上が入れ替わっており、来年1月のアジアカップ、そして4年後のカタール・ワールドカップに向けて、新たなチームを作り上げている。 ▽ワールドカップ終了後、日本代表は9月~11月まで3度新チームで活動。森保監督は、その全てで初招集となる選手を呼んでおり、9月、10月はその初招集選手たちがデビューを果たしている。 ▽また、2020年の東京オリンピックに出場するU-23日本代表も兼任で指揮を執る森保監督は、若手選手もA代表で起用。顔ぶれだけでなく、取り組みとしても新たな風を吹かせている。 ▽過去を超える目標達成を目指し、新たなチーム作りをスタートさせた日本代表。そんな日本代表の一員になれるゲームが『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_1" target="_blank">新規登録でガチャが引ける!!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div>▽『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』は、日本代表選手が実名実写で登場。ユーザーが1人の選手となり、ギルド形式で試合を楽めるゲーム。他ユーザーと1つのチームを組み、ギルド形式で試合に臨み、勝利を目指すゲームだ。 ▽試合に臨むフォーメーションや各ユーザーが担当するポジションは、「チームチャット」を利用して相談が可能。各ユーザーが担当する選手の能力を最大限に生かし、チーム力を高めて勝利に近づくことができるぞ。 ▽また、ゲーム内ではリーグ戦やカップ戦が開催。頂点を目指し、白熱のバトルが繰り広げられる。また、日本代表選手は定期的に最新の代表招集選手が追加されるので、新たな選手が呼ばれた場合でも、しっかりとゲーム内に登場するのでご安心を。 ▽さらに、『myGAMECITY』の『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』で今新規登録をすると、様々な特典が!「新規登録&1,500GCコイン還元キャンペーン」として、10回分のガチャが引ける【激スターメダル】をプレゼント。さらに、初回無料のガチャが引ける、お得なキャンペーンを実施している。 ▽また、選手を一気に成長させられるアイテム【シンドウコーチ24時間契約チケット】もプレゼントされるため、今から始めてもすでにプレーしているユーザーに追いつくことができるぞ。選手の体力を回復させる【体力ドリンク】も200個プレゼントされるので、練習や試合に最初から励むことができる。 ▽その他にも、1,500GCコイン以上を使用すると、キャンペーン期間終了後に1,500GCコインを還元。10連ガチャを引くことで、その分がしっかり還元されるので、今のうちにガチャを利用してはいかがだろうか。また、毎月15日にはGCコインがお得にチャージ可能となるため、この機会を逃さないことをオススメする。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_2" target="_blank">日本代表選手が実名・実写で登場!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div> 2018.11.14 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷で辞退の鹿島FW鈴木優磨に代わりC大阪FW杉本健勇が日本代表に追加招集《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス代表戦に臨む日本代表に、セレッソ大阪のFW杉本健勇を追加招集することを発表した。 ▽当初招集されていた鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が、AFCチャンピオンズリーグのペルセポリス戦で負傷。そのため代表招集を辞退し、代わりに杉本が招集された。 ▽杉本は、9月に行われたコスタリカ代表戦に臨む日本代表に招集。森保ジャパンの初陣のメンバー入りを果たしていたが、トレーニング中に負傷し途中離脱していた。なお、試合出場となれば今年3月に行われたベルギー遠征のウクライナ代表戦以来となる。 ▽今シーズンの杉本は、ここまで明治安田生命J1リーグで28試合に出場し5得点を記録。10日に行われた川崎フロンターレ戦でもゴールを記録していた。 2018.11.13 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、鹿島初制覇のACL決勝でケガ…初招集の代表辞退

▽鹿島アントラーズは13日、FW鈴木優磨の負傷離脱を発表した。 ▽鈴木は、10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦のペルセポリス戦の78分に負傷交代。チームドクターの検査を受けたところ、右足関節ねん挫で約2週間の治療期間を要する見込みだという。これにより、初招集を受けた日本代表も辞退が決まった。 ▽2015年に鹿島下部組織出身からトップチームに昇格の鈴木は今シーズン、明治安田生命J1リーグ30試合に出場してキャリアハイの11得点を記録。クラブとして初制覇したACLでも全14試合に出場して2得点を挙げ、日本人選手4人目のMVPに輝いた。 2018.11.13 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ対ノルウェーで思い出した選手/六川亨の日本サッカーの歩み

▽アジアのクラブNo1チームを決めるACL決勝第2戦が10日にテヘランのアザディ・スタジアムで行われ、第1戦を2-0で勝っていた鹿島は、第2戦もペルセポリスに0-0で引き分け、初のアジア王者に輝いた。 ▽国内タイトル19冠と日本最強クラブと言ってもいい鹿島にとって、唯一足りないのがACLのタイトルだった。Jリーグの黎明期である93年から95年は無冠に終わったものの、その後は黄金時代を築く。4-4-2の布陣から堅守速攻というスタイルは25年間変ることがない。むしろACLを勝ち抜くには格好のスタイルだとも思っていた。それがなぜかACLでは早い段階で脱落してきた。 ▽しかし今大会は準決勝のアウェー水原戦で1-3から同点に追いつく粘りを見せた。準々決勝からの6試合で5ゴールを稼いだ途中加入のセルジーニョの活躍が示すように、今大会は持ち味である堅守よりも攻撃的な姿勢が実を結んだと言える。 ▽12月12日からUAEで開催されるFIFAクラブW杯での活躍が楽しみだが、その前に鹿島は来シーズンのACL出場権獲得のためのリーグ戦と、天皇杯の準々決勝という負けられない試合も残っている。これまでも過密日程の中でACLを勝ち上がってきただけに、今回の優勝がプラスと出るのか、選手のメンタリティーにも注目したい。 ▽翌11日は鳥取のとりぎんバードスタジアムでなでしこジャパン対ノルウェーの親善試合が開催された。現コーチで、中学生でL(女子)リーグにデビューした天才少女の大部由美さんが鳥取出身のため地元での開催となったのだろう。 ▽試合は横山のFKから先制すると、岩渕も2ゴールをあげる活躍で4-1の大勝を飾った。ノルウェーは北欧のスウェーデンと並んで女子サッカーが盛んな国だ。95年の第1回女子W杯で優勝すると、00年シドニー五輪では金メダルに輝いた。過去の対戦成績は4勝3敗とほぼ互角。日本は96年アトランタ五輪、99年第3回W杯はいずれも0-4と大敗した。 ▽しかし07年の親善試合で初勝利(1-0)を奪うと、その後のなでしこジャパンは澤や宮間、永里らが中心選手となってチームを牽引しノルウェーに3連勝と立場は逆転する。そして08年の北京五輪ではベスト4に進出するなど、後のW杯制覇やロンドン五輪銀メダルの礎を築いた。 ▽前出した大部コーチが現役時代にデビューしたチームは日興證券ドリームレディースという名のチームだったが、そのチームで忘れられない選手がいる。ノルウェー代表として152試合出場64ゴールを記録したリンダ・メダレンという選手だ。92年に来日すると、いきなり最多ゴール、最多アシストの記録を達成。95年の第1回女子W杯でも優勝の原動力となっていた。 ▽そんな彼女の本職は婦人警官で、フルタイムで働きつつ、空き時間をサッカーに費やしていた。来日後は5ヶ月ほどLリーグでプレーすると、帰国後の7ヶ月は母国での警察官という生活を送っていたものの、94年からは日興證券ドリームレディースのプロ選手としてプレーし、96年にはチームを初優勝に導いた。 ▽96年から日本人選手もプロとなり、日興證券ドリームレディースはリーグ3連覇を果たしたものの、社業の業績悪化のため絶頂期である98年のシーズン中に廃部を決定。大部を始めサッカーを続ける選手は他チームへの移籍を余儀なくされた。 ▽98年といえば、横浜フリューゲルスの出資会社の1つである佐藤工業が本業の経営不振のためクラブ運営からの撤退を表明。さらに親会社の全日空も赤字に陥ったことで、単独でクラブを支えることができない窮地に陥った。クラブを消滅させないためにJリーグが下した決断は、横浜マリノスとの合併だった。LとJで2つのクラブが消滅した98年でもあった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.11.12 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

広島MF青山敏弘が右ヒザ痛で日本代表辞退…川崎FのMF守田英正が追加招集

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーからサンフレッチェ広島のMF青山敏弘がケガのため辞退することを発表した。また、川崎フロンターレのMF守田英正を追加招集することも併せて伝えている。 ▽クラブの発表によると、青山は右ヒザ痛のために代表参加を辞退するとのこと。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。 2018.11.12 13:55 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース