堂安初ゴールに南野2Gで3戦連発! 若手躍動で強豪ウルグアイとの打ち合い制す《キリンチャレンジカップ》2018.10.16 21:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は16日、埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に臨み、4-3で勝利した。

▽先月行われた初陣のコスタリカ代表戦、12日に行われたキリンチャレンジカップのパナマ代表戦をいずれも3-0で制し、無傷の森保ジャパン。FIFAランキング5位の強豪、ウルグアイ戦に向けてはパナマ戦からスタメンを9名変更。最後尾にGK東口、ディフェンスラインに酒井宏、三浦、吉田、長友。中盤に堂安、遠藤、南野、柴崎、中島、1トップに大迫を配置した。

▽対するウルグアイも、主力メンバーを起用。DFゴディン、MFベンタンクール、FWカバーニらを起用した。

▽高いテンションの入りを見せたウルグアイが試合の立ち上がりから日本ゴールに向かっていく。6分には左サイドバックのラクサールが最終ラインの裏にまで飛び出していくが、精度を欠いたスルーパスはDF三浦が処理する。

▽しかし10分、絶好調の日本の9番が華麗な身のこなしで世界レベルのセンターバックを翻弄する。左サイドでボールを持った中島は、ボックス内へのスルーパスを選択。これを受けた南野がボックス内でマークに付いていたDFゴディンをワンタッチで剥がし、鋭くターン。右足でネットを揺らした。

▽17分、反撃に出るウルグアイが右CKを獲得。高い弾道のクロスが供給されると、ボックス内中央で飛び上がったゴディンが強烈なヘディングシュートを放つ。しかし、これをGK東口が好守で阻みリードを守った。

▽ウルグアイが前がかりになった20分、右サイドの酒井が低い位置からフィードを入れると、ウルグアイ陣内中央付近の遠藤がダイレクトで前線にスルーパスを送る。しかし、抜け出した大迫が一対一の場面でボックス右から放ったシュートは右に逸れ、追加点とはならない。柴崎との良い距離を保ちつつ頻繁に高い位置まで上がる遠藤がアクセントとなり、前線に起点を作り始める。

▽それでも28分、ウルグアイが怖さをみせる。右サイドでのFKからデ・アラスカエタがファーサイドにクロスを上げると、DFコアテスが頭で中央に折り返す。ゴール目前でフリーになっていたG・ペレイロが、ワントラップして冷静に押し込んだ。

▽セットプレーから初失点を喫してしまった森保ジャパンだが、不動の1トップがすぐにストライカーとしての仕事を果たす。ボックス手前左でボールを持った中島がミドルシュートを放つと、GKムスレラがボックス内に弾く。いち早く反応した大迫がムスレラの股を抜くシュートを決め、スコアを2-1とした。

▽徐々に日本が支配力を高めていくと、ウルグアイのエースFWカバーニが中盤まで降りてきてボールに触る回数を増加させる。だが、そこからはチャンスにつなげることはできず。日本がリードしたまま試合を折り返した。

▽巻き返しを図るウルグアイはハーフタイム中に2名を入れ替え。ベンタンクール、デ・アラスカエタに代えてバルベルデ、ホナタン・ロドリゲスを投入した。

▽後半開始早々、ウルグアイがいきなりチャンスを迎える。左サイドからクロスが上がると飛び込んだのはペレイロ。しかし、ゴール上端を捉えたヘディングシュートにはまたしてもGK東口が立ちはだかる。さらに51分にもカバーニのヘディングシュートが日本ゴールを脅かすが、これは枠を外れ事なきを得た。

▽しかし57分、痛恨のミスから同点弾を許してしまう。ディフェンスラインでボールを持った三浦がGK東口へのバックパスを送る。すると、前に残っていたカバーニにボールをカットされ、難なくネットを揺らされた。

▽それでも、直後の59分に期待の若手がチームを救う働きをする。ウルグアイがカウンターに移ろうかという瞬間に堂安が相手陣内中央でボールをカット。酒井と連携してボックス内に侵攻すると、キレのあるフェイントでチェックに来たウルグアイDFをかわし、ゴール左隅に流し込み、待望の代表初ゴールを奪う。

▽さらに66分、勢いに乗る日本の若手は止まらない。ボックス手前で相手の連係のミスを突いた堂安が、迷わず左足を振り抜き強烈なミドルシュートを放つ。GKムスレラが弾いたところ、南野がたたみ掛けるようにシュートを放ち自身のこの日2得点目とした。

▽日本が4-2でリードする展開。このままでは終われないウルグアイが75分に一瞬の隙を突く。柴崎に代わり青山が投入された直後、やや守備が緩慢になったところを見逃さなかったカバーニが、ボックス手前中央からボックス左に浮き球のスルーパスを送る。待ち構えていたホナタン・ロドリゲスがトラップから、右足で流し込み、点差を1点に縮める。

▽その後は一進一退の攻防が続く中、日本は比較的優位に試合を進行。ウルグアイに引き分けるチャンスを与えず。FIFAランキング5位の強豪との打ち合いを制し、森保体制での連勝記録を「3」に伸ばした。
コメント
関連ニュース
thumb

大迫とは違う特長を! 鈴木武蔵、背後への抜け出しに自信「そういうところでJリーグでも点が取れた」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、FW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)がメディア陣による取材に応対。FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)とは違う特長である「背後への抜け出し」を加えていくことに意気込み、「そういうところでJリーグでも点が取れた」と自信を示した。 ──リオデジャネイロ五輪以来の代表について 「久々に日の丸のユニホームで試合ができること、今までやってきた仲間たちとこうやってできるのは非常に楽しみです」 ──同世代がいることでチームに馴染めるのは早かったか 「そうですね。大丈夫でした」 ──森保一監督に求められていることは 「自分の特長である背後に抜けるところや、クロスのところは思い切って出して欲しいということ、あとは起点になることです。あとは、なるべくペナルティエリアの幅で動いて決定的なパスを受けるポジション取りや、背後の取り方などを言われています」 ──森保体制になって同世代が中心になっていることについて 「観てた時はやはり同世代が活躍しているのは、刺激になりました。10代の頃から一緒にやっている選手もいるので、早く自分もここで試合に出て、またみんなとサッカーやりたいなと見てました」 ──実際、代表入りしてみての印象は 「観てた印象とあまり変わらないです。みんなの特長も十分、把握していますし、僕の特徴も今までやってきた選手はわかってくれていると思います。新しくやる選手にはどんどんわかってもらいたいです」 ──これまで攻撃は大迫のポストワークが中心だったが、特長である背後への抜け出しを加えたいか 「加えたいです。そこが自分の一番の特長なので。クロスに入っていくことももちろんです。そういうところでJリーグでも点が取れたので、そこは自信を持ってやっていきたいです」 ──ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーになって自身のプレーの変化は 「我慢するというところですね。最初、練習やった時とかすごい『動きすぎ』と言われていました。タイミングやどこに自分が動かないといけないか、その予測っていうところは練習のときから言われています」 ──ペトロヴィッチ監督と森保監督のサッカーの共通点は 「ポゼッションのところをを大事にしている部分と、奪った後になるべく前につけるという所です」 ──香川真司(ベシクタシュ/トルコ)とプレーした感想は 「技術も高くて、頭も良い。観てた以上に守備のこともすごく考えているなという印象でした」 ──親善試合2試合での目標は 「FWなので、1番はゴールを取ることです。まだまだ日が浅いので、試合の中でも話し合ってコンビネーションや連携面を向上できれば良いと思っています」 2019.03.21 23:55 Thu
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳、新たな競争を歓迎「新加入組の競争心は非常にプラス」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がメディア陣による取材に応対。森保一監督のもとで、中盤での舵取りを担っている司令塔はチームへの競争を歓迎している。 ──アジアカップからメンバーが変わっての雰囲気は 「初招集の選手もいますし、久しぶりの代表招集の選手もいますし、アジアカップを経験したメンバーに比べると、緊張感は多少はあるかなって感じです」 ──新戦力の機能のさせ方についての役割は 「新加入組の競争心というか、そういったものは非常に大きなプラスをもたらしてくれると思います。もちろんチームありきでコンセプトを理解しながら、自分のプレーを出さなければいけないっていうのもありますけども、今はまだメンバーも固定されていないですし、競争的なチームである必要があるので悪くないことかなって思います。ただそういったなかでもともといる選手が、バランスをチーム内外で見る必要があると思いますし、個人的にはそういったところを見られればなって思います」 ──アジアカップから変化するチームで柴崎が変化させようとしていることは 「アジアカップで得たプラスな部分もありますし、もちろんネガティブな部分もあります。それはピッチ内外共にあると思うんで、やっぱり生かさないといけないと思いますし、そういった立場でもありますし、チームをもっと引き締めて緊張感をもつことは大事かなと思います。」 「監督は結構選手に任せることが多いので、そこに選手が甘えるのではなくて、選手たち自信で、練習の雰囲気もそうですし、日本代表の責任と誇りを持ちながらやっていくことは大事かなと思います」 ──アジアカップから感じたチームのテーマ 「チームとしては、さらに試合中の修正力を高めていかないといけないと思いますし、それは今までが上手く行き過ぎていた部分ももちろんあると思います」 「アジアカップで露呈した様々な相手への対応力というのはこれからどんどんあげていかなきゃいけないと思いますし、個人的にもチームの舵取り役として方向性を導くことは大事かなと思うんで、そういう所を担っていきたい部分ではあります」 2019.03.21 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田麻也不在も…DF冨安健洋、昌子源との連携に不安なし「特に問題とかは感じない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)がメディア陣による取材に応対。森保一体制で不動のCBとして欠かせない存在になっている若き侍は、アジアカップでコンビを組んだDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が不在も、新たにコンビを組む可能性が高いDF昌子源(トゥールーズ/フランス)との連携に不安はないようだ。 ──ラダメル・ファルカオ(モナコ)の止め方のイメージは 「まだ、個人的な映像は見てないですけど、しっかり分析していきたいです。もちろん、一対一になる状況もあると思いますけど、みんなで良い距離感を作ってコンパクトにしながら守ることができればと思います」 ──パートナーがDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)ではないことについて 「アジアカップとかで一緒にやらせてもらい、助けてもらいながらやってきましたけど、今回はいません。僕自身、チャレンジでもあると思います。でも、(昌子)源君もいますし、しっかりコミュニケーションを取ってやることができればと思います」 ──DF昌子源(トゥールーズ/フランス)との連携の手応えは 「練習からコミュニケーションをとりながらやれてます。特に問題とかは感じないです」 ──アジアカップでの経験を経て、チームでの自信は 「そんなに大きく変わった感じはしていないです。チームでも結局、プレーオフに行くことはできなかったですし、結果という意味では、チームとしても個人としても弱さが出たのかなって思います」 ──個人の弱さとは 「一対一のドリブルの対応というところで、最近やられてしまうことが多くて、ボールが入る前の準備、ポジショニングであったり、そういったところが大切になるというのは改めて感じています。先に予測して良いポジションを取ることができないと難しくなると思っています」 ──昌子から聞いたコロンビアの印象は 「ハメス・ロドリゲスは捕まえにくいと言ってました。ハメスが持った時はちょっと早めに下がるとか、選手によってやり方をほんの少し細かいところではありますけど、そういうところは今日の練習でもコミュニケーションを取ってやりました」 ──昌子との役割分担は 「役割分担という感じではないですけど、そこの統一というのは練習中からやっている感じです」 ──今回の代表で持ち帰りたいものは 「(ラダメル・)ファルカオ選手であったり、トップの選手とやることができるので、僕にとってもチャレンジする部分でもあります。ゼロに抑えるという所は、相手がどこであっても変わらない所ではあるので、そこは個人としてチームとしてもチャレンジだと思います」 ──チームメイトであるFW鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)との代表でのコミュニケーションは 「普通です(笑) クラブにいる時は結構、一緒にいますけど、こっちではずっと一緒にいるという感じではないです」 ──コロンビアの高さを抑えるには 「僕らはアジアカップでCKの時はマンツーマンで、FKの時はゾーンというやり方でやりました。マンツーマンの時はもちろん身長も関係ありますけど、最後のところで体ぶつけてやらせないことや、最後の粘りの部分であったりというのは求められています。ボールが切れるまで集中を切らさず、プレーを続けるという所は言われています。そういったやるべきことをやらないといけないなと思っています」 ──代表に来る回数が増えて心境は変わったか 「今回もメンバーが少し変わっていますし、心境としての変化はめちゃめちゃあるというわけではないです」 2019.03.21 22:33 Thu
twitterfacebook
thumb

「どんな格上の相手も隙は絶対ある」南野拓実、ELの経験を引き合いに強豪撃破に意欲《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 アジアカップに続く選出となったMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)は、同大会から「何を学んできたかを証明したい」と意気込み。また、コロンビアとの一戦に向けては、自身のヨーロッパリーグ(EL)での経験から「どんな格上の相手でも隙というのは絶対にあります」と強豪撃破への可能性について言及した。 ◆南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) ──改めてチームに合流して 「(香川)真司くんだけではなく、実績もあってレベルの高い選手ばかりですし、練習をしていてすごく楽しいです。自分も刺激を貰いながら、試合に向けて良い準備ができているのではないかなと思います」 ──森保一監督は明日のコロンビア戦を「アジアカップの主力+新戦力」で戦いたいと言っていた。これまでとは違い自身が1トップ、MF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)がトップ下の可能性もありそうだが 「僕が1トップに入ったとしても、このチームでプレーするイメージはあります。ただ、どうなるかは分からないですし、いろいろな状況を想定しながらやっていければと思います」 ──1トップに入った場合のイメージは 「このチームではまだやったことがないので、なんとも言えないです。イメージはサコくん(大迫勇也)のように前で起点になって、ゴール前でも存在感を出していけるようなプレーが必要になると思います。まずは、自分が良いプレーができるようにどうやっていくかということを意識していきたいです」 ──自身がトップ下で前にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)やFW鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)が入った場合は 「(鈴木)武蔵に関しては今までも一緒にプレーしてことがある選手です。彼の裏に抜けるスピードやダイナミックさを活かしていければチームとしても良いと思います」 「(鎌田)大地に関しては、武蔵よりも足元で受けたいタイプだと思いますし、引いてプレーもできると思います。大地が入ったとしたら、どちらもポジションをチェンジしながらやっていけると思います。そういうイメージはあります」 ──MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)がアジアカップが復帰。昨年の良いイメージは残っているか 「(中島)翔哉のボールを持てば前を向いて仕掛けるプレーというのは、武器になります。そういうプレーを練習からしてくれています。もし一緒に出れば、翔哉が前を向いた時にチームのスイッチが入ると思います」 ──MF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)とは競争になるか、共存になるかという見方があるが、自身はどう思っているか 「どちらも競争だと思います。真司くんは誰が見ても日本で一番実績のある選手で、経験も実力もある選手です。真司くんの良い部分を見て学んで、自分らしいプレーをしていければと思います」 ──鈴木とはリオ五輪以来だと思うが、裏に抜けるスピードやダイナミックさはスケールが増しているか 「練習の中で11vs11をやることはないですし、それは今の所、難しいですね。ただ今年、札幌で見せているプレーは、ハイライトで観たりしていますけど、彼の良さがどんどん出てきているのかなと思います」 ──コロンビア代表のイメージ 「ミーティングでビデオを観ましたけど、強烈な選手が何人かいます。そこをどう対応するかがチームとしてのポイントになると思います。攻撃の部分では、どれだけこちらが前向きにボールを持てるか、自信を持って押し込めるかだと思います。そういう風にプレーしたいです。格上ですけど、自信を持ってプレーしないといけないと思います」 ──ヨーロッパリーグなどで格上との対戦を経験していると思うが 「そうですね。どんな格上の相手でも隙というのは絶対にあります。そういうところを自分や攻撃の選手が突いていくなり、隙を作れるようにどうやってプレーするかというのは意識していければと思います」 ──今回、FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)が不在。FW陣は初招集の選手だが、自身の役割が変わる部分はあるか 「正直、試合になってみないとわかりません。試合の中でそういうことは出てくると思います。というのも、サコくんと今回招集された2人はタイプが違います。その中で考えながらプレーしていかないといけない場面は出てくると思います」 ──アジアカップから13名が変更。この2試合はどういうものにしたいか 「まずは結果にこだわる。ホームですし、2チームとも良いチームなので、自分たちがアジアカップで何を学んできたかを証明したいです。それを結果で出さればと思います」 2019.03.21 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

室屋成、トップレベルの体感を心待ち「慣れなくてはいけない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トップレベルを体感したことがないと語るFC東京のDF室屋成は、世界のトップ選手たちが揃う南米の強豪との一戦に胸を躍らせた。 ◆DF室屋成(FC東京) ──今日の練習内容 「セットプレーやゲームの確認をしました」 ──アジアカップからの進化はあるか 「進化とかはないですけど、新しい選手が多くいます。短い期間の中で合わせるというところや特長を理解しなくてはいけないところがありますね」 ──調整の時間は短かったが 「そうですね。ただ、代表はそういう場所だと思っていますし、そういう中でやっていかなくてはいけない場所ではあるので、そんなに気にはしていないです」 ──今日の練習ではコロンビア戦を想定していると思うが、イメージは 「今日はミーティングでも映像を観ました。やはり個人の能力が高い選手が多いです。まずは1対1の部分では負けてはいけない部分があると感じました」 ──MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)やFWラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)がいるが、抑え方へのイメージは 「自由にしてはいけないですし、スペースを与えたら危険な選手たちです。できるだけタイトにして、相手の自由を奪うようなプレーを90分間、切らさずにやらなくてはいけないと思います」 ──監督は個の部分で特長を出して欲しいと言っていたが、出したい部分は 「長所は多くありますけど、試したいこととして、僕はこういうトップの国に対する1対1の守備の部分を、体感したことがありません。それはやはり体感していないといけないですし、慣れなくてはいけないというのは自分の中でも思っていることです」 「明日出る機会があれば、そういう部分を試していきたいです。それが楽しみです」 ──攻撃面では 「どんどん仕掛けたいですし、自分の良さを出していきたいです」 ──MFハメス・ロドリゲスとマッチアップする可能性もあるが、意識したりすることはあるか 「あまりないですけど、全員が危険な選手ですし、誰が来ようとタイトにやって自由を与えてはいけないと思います」 ──アジアカップが終わってから心がけてきたことは 「守備の部分では特に意識して、(相手に)やらせてはいけないと思いながらプレーすることが多くなりました」 ──今回はDF酒井宏樹(マルセイユ)が不在。新しい競争相手も入っている中、ポジション獲得のチャンスでもあるが 「(酒井)宏樹くんのことはよく聞かれますけど、個人的にはそこまで気にしていません。試合に出れれば、いつもやっているプレーを代表でもしなくてはいけないと思います。それができれば良いプレーもできると思います。とにかく楽しんで自分のいつものプレーを表現できればと思います」 2019.03.21 22:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース