超ワールドサッカー

6戦ぶり勝利のイタリア、指揮官マンチーニは満足「新たな歴史が始まった」2018.10.15 18:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
イタリア代表指揮官のロベルト・マンチーニは、イタリア国営放送『Rai』のインタビューに応じ、6試合ぶりとなる勝利を喜んだ。

イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3第4節において、アウェイでポーランドと対戦。負ければリーグBへの降格が決定する中、イタリアは多くのチャンスを作ったがGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守でスコアが動かず。それでも後半のアディショナルタイムにDFクリスティアーノ・ビラギが決勝点を挙げて、辛くもネーションズリーグ初勝利を手にした。

イタリアにとって、5月の親善試合サウジアラビア戦以来6戦ぶりの白星を挙げた指揮官のマンチーニはようやく安堵した。また勝利に限らず、納得できるパフォーマンスだったことを喜んだ。

「試合開始から終了まで我々が支配していた。もっと早く試合を決めなければならなかった。今日、0-0に終わっていたら、不当な結果だった。選手たちは全力を尽くそうと努力していて、素晴らしい試合になったと思う。我々はゴールに相応しかったし、そのために奮闘していた。パフォーマンスは良かった。時間はかかるが、もっと良くなっていくだろう。我慢が必要だ」

マンチーニは81分、FWフェデリコ・ベルナルデスキに代えてFWケヴィン・ラザーニャを投入し、周囲を驚かせた。昨シーズン、インテルのFWマウロ・イカルディと並び得点王に輝いたラツィオのエースFWチーロ・インモービレを起用しなかった理由を指揮官は説明した。

「インモービレよりラザーニャを好んだ理由は、彼が空中戦により強いからだ。もう少し高さが欲しかった。チームに序列はない。最終的に勝利をつかむことができた。新たな歴史が始まった。だがここに魔術師がいるわけではないからね」


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース