超ワールドサッカー

猛攻イタリア、後半ATのビラギの値千金弾でポーランド下しUNL初勝利《UEFAネーションズリーグ》2018.10.15 05:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAネーションズリーグ・リーグA グループ3、ポーランド代表vsイタリア代表が14日に行われ、1-0でイタリアが勝利した。

▽ここまで1分け1敗と未だ勝利のない両チーム。互いに初勝利を目指して叩く今節は、ポーランドはGKシュチェスニーに、ベドナレク、ジエリンスキ、ミリク、レヴァンドフスキらが先発に。

▽一方、公式戦5試合未勝利のイタリアはキエッリーニやボヌッチ、ヴェッラッティ、ジョルジーニョ、インシーニェらがスタメンに起用された。

▽まずは2分、左サイドから攻めるイタリアはボックス前でボールを持ったジョルジーニョがクロスバー直撃のシュートで挨拶代わりの一発をかます。しかしその後は互いに中盤の組み立てに苦しみ、なかなかシュートまで運べない展開が続く。

▽そんな中23分に、イタリアは右サイドの突破から最後はベルナルデスキがボックス中央からシュートするが枠を外してしまう。31分には、相手のロングボールを奪って右サイドを侵攻。クロスにキエーザが合わせたが、再びクロスバーを叩いてしまった。

▽さらにイタリアは36分にキエッリーニ、44分にフロレンツィがゴールに迫るがいずれもGKシュチェスニーのファインセーブに阻まれて、試合はゴールレスで折り返した。

▽後半に入ってもゴールが遠いイタリアは65分、細かいパス回しからゴール正面を突破。最後はインシーニェがネットを揺らしたが、ラストパスを出したベルナルデスキがオフサイドポジションにいたためゴールは認められなかった。

▽ここまでチャンスらしいチャンスがなかったポーランドにようやく決定機が訪れる。73分、イタリアの攻撃を凌ぎ自陣でボールを奪い返したポーランドは、レヴァンドフスキの絶妙なスルーパスから後半頭から途中出場しているグロシツキがGKと一対一に。しかし、シュートはGKドンナルンマにセーブされ、さらにそのこぼれ球をミリクが拾ってシュートに持ち込むが枠を外してしまった。

▽このまま終わるかに思われた後半アディショナル、ついに試合が動いた。右CKを獲得したイタリアは、途中出場のラザーニャがクロスをニアで後ろに逸らす。ここに詰めていたビラギが滑り込みながら押し込んで、土壇場でゴールを記録。

▽もちろんこれが決勝点となり、イタリアはUEFAネーションズリーグ初勝利、公式戦6試合ぶり勝利を手にした。一方、ポーランドはこれでリーグ降格が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

国際プロ選手会が欧州スーパーリーグ構想に反対「スモールクラブが存続危機に」

▽国際プロサッカー選手会(FIFPro)が、欧州スーパーリーグ構想を巡り警告を発している。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽今月、暴露サイト『フットボール・リークス』のリークを基にドイツ『シュピーゲル』が進行中であることを伝えた、欧州スーパーリーグ構想。レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルンなど、主要リーグのエリートクラブを中心とした16クラブが、2021年からの実現で合意に至ったことが報じられていた。 ▽もし現実のものとなれば、チャンピオンズリーグ(CL)が大会として成り立たなくなり、各国リーグも沈没するといったデメリットが危惧される一方で、主要クラブに莫大な利益が集まり、新たなメガコンテンツになることが予想されるなど、確実にサッカー界全体を揺るがす構想だ。 ▽これに関して、危機感を訴える立場である国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、「欧州スーパーリーグに参加した選手をワールドカップ(W杯)など国別代表から締め出す可能性がある」とけん制。構想そのものを排除したい意思を明確に示した。 ▽また、各国のプロサッカー選手を保護する立場にあるFIFProも、「トップクラブや各コンペティションは業界全体に責任を負っていることを認識すべき」、「スモールクラブやリーグが経済的な存続危機に瀕しており、各コンペティションの競争力も薄れつつある。数百万人のファンや数千人の選手たちに影響を与える、サッカー界の存続にとっても重大な問題だ」と反対意思を表明した。 ▽その一方で、インファンティーノ会長の主張に対しては、「それでも、私たちは選手たちが母国を代表することが出来るよう、権利を守る」と、「待った」をかけている。 2018.11.14 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

伊代表新星“ニュー・ピルロ”トナリ「僕のアイドルはイニエスタやガットゥーゾ」

▽イタリア代表に初選出されたセリエBのブレシアに所属するMFサンドロ・トナリ(18)が、自身が“ニュー・ピルロ”や“ピルロ2世”と呼ばれていることについて言及した。イタリア『メディアセット』が伝えている。 ▽9日に発表されたイタリア代表メンバーに、18歳ながら初招集されたトナリ。昨シーズンにプロデビューしたばかりだが、そのプレースタイルや見た目から元イタリア代表のレジェンド、アンドレア・ピルロ氏になぞらえて“ニュー・ピルロ”や“ピルロ2世”と呼ばれ、早くも期待の声が挙がっている。 ▽そんなトナリだが、自分がピルロ氏と比較されていることについて否定するコメントを残している。 「僕はピルロのようなチャンピオンからインスピレーションを受けているけど、似てると思ったことはないよ。髪型は似てるけどね」 「僕のアイドルは(アンドレス・)イニエスタと(ジェンナーロ・)ガットゥーゾだよ。ガットゥーゾの狂犬ぶりや狡猾さは見習うところがある」 ▽自身をピルロよりもガットゥーゾタイプだと語るトナリ。イタリア代表は17日にUNLリーグA・グループ3でポルトガル代表と、20日にはアメリカ代表と国際親善試合を行うが、どんなプレーを見せてくれるのだろうか。 2018.11.14 15:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキがコンディション不良でイタリア代表を離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、イタリア代表メンバーからユベントスMFフェデリコ・ベルナルデスキが負傷離脱したことを発表した。 ▽FIGCによると、ベルナルデスキは12日に行われたトレーニング中に内転筋を負傷したとのこと。また、FIGCは発表の数時間後にベルナルデスキが所属先のユベントスに戻ったと明かしている。 ▽イタリア代表は、17日にUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ3でポルトガル代表と、20日にはアメリカ代表と国際親善試合を行う。 2018.11.14 00:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトガル戦に臨むイタリア代表メンバー発表!“ニュー・ピルロ”ら若手3選手が初招集《UEFAネーションズリーグ》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は9日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19のポルトガル代表戦および国際親善試合のアメリカ代表戦に臨むイタリア代表メンバーを発表した。 ▽ロベルト・マンチーニ監督は今回、“ニュー・ピルロ”と呼ばれるMFサンドロ・トナリや、MFステファノ・センシ、MFヴィチェンツォ・グリフォを初招集。 ▽そのほか、ここまで未出場のFWレオナルド・パヴォレッティがおよそ2年ぶりに復帰。また、先月にFWシモーネ・ザザの負傷を受けて追加で初招集され、ポーランド代表戦でデビューを果たしたFWケビン・ラザーニャも招集されている。 ▽一方で、前回3年ぶりの復帰を果たしたFWセバスティアン・ジョビンコは招集外に。さらに、シモーネ・ザザと同じように無償で代表を辞退したDFアレッシオ・ロマニョーリ、FWパトリック・クトローネ、DFダニーロ・ダンブロージオらは招集されていない。前回初招となったFWジャンルカ・カプラーリは今回は見送られている。 ▽イタリア代表は、17日にUNLリーグA・グループ3でポルトガル代表と、20日にはアメリカ代表と国際親善試合を行う。今回発表されたメンバー27人は以下の通り。 ◆イタリア代表メンバー27名 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) サルバトーレ・シリグ(トリノ) アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) DF クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) マッティア・デ・シリオ(ユベントス) ダニエレ・ルガーニ(ユベントス) エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド) アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ) MF サンドロ・トナリ(ブレシア) ステファノ・センシ(サッスオロ) ニコーロ・バレッラ(カリアリ) ロベルト・ガリアルディーニ(インテル) ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ) ジョルジーニョ(チェルシー/イングランド) マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス) ヴィチェンツォ・グリフォ(ホッフェンハイム/ドイツ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) FW ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) チーロ・インモービレ(ラツィオ) フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) ケビン・ラザーニャ(ウディネーゼ) レオナルド・パヴォレッティ(カリアリ) マッテオ・ポリターノ(インテル) 2018.11.10 00:35 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表が招集を目論むナポリMFアラン、来月ブラジル代表に招集か

▽ナポリのブラジル人MFアラン(27)が来月の代表戦でブラジル代表に招集される可能性が高いようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽リオデジャネイロ出身でヴァスコ・ダ・ガマでプロキャリアをスタートさせた中盤のダイナモであるアランは、2011年にU-20ワールドカップでブラジル代表の一員として優勝を経験。その後、2012年にウディネーゼに移籍し、その活躍を受けて2015年にナポリへ移籍して主力として活躍している。 ▽そのアランはイタリアとの二重パスポートを所有しており、イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が招集を考慮し、アランも乗り気であると報じられていた。 ▽ただ、ブラジル代表を率いるチッチ監督が現在チェルシーで活躍するブラジル出身のイタリア代表MFジョルジーニョの二の舞を避けるべく、来月の代表戦でアランを招集する意向のようだ。 ▽弱体化が叫ばれるイタリアにとっては中盤で攻守に貢献できるアランを代表に呼び込みたいところだが、ブラジルが阻む形になるのだろうか。 2018.10.25 02:50 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース