超ワールドサッカー

森保ジャパン、ウルグアイ戦へさいたま市内で練習! 昨日検査の伊東は別メニュー《キリンチャレンジカップ2018》2018.10.14 18:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。

(C)CWS Brains,LTD.
▽12日に新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に3-0で勝利した日本。来るウルグアイ戦に向けてさいたま市内でのトレーニングに移った。

(C)CWS Brains,LTD.
▽練習開始前には小岩井乳業株式会社様から小岩井 iMUSE ヨーグルトが贈呈。その後、練習を開始させた。パナマ戦で負傷し、13日に病院で検査を受けたFW伊東純也(柏レイソル)は、別メニュー。その他のメンバーは、GK組とフィールドプレーヤー組に分かれてウォーミングアップへと移った。

(C)CWS Brains,LTD.
▽フィールドプレーヤーは、ステップワークとストレッチを念入りに行い、2グループでのロンドを実施。最後にリフティングで身体を温めた後、非公開練習へと移行し、本格的な練習に入った。

(C)CWS Brains,LTD.
▽日本は現在森保一監督体制2試合連続3-0で勝利中。ウルグアイ戦は、16日(火)の19時35分にキックオフを迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

広島MF青山敏弘が右ヒザ痛で日本代表辞退…川崎FのMF守田英正が追加招集

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーからサンフレッチェ広島のMF青山敏弘がケガのため辞退することを発表した。また、川崎フロンターレのMF守田英正を追加招集することも併せて伝えている。 ▽クラブの発表によると、青山は右ヒザ痛のために代表参加を辞退するとのこと。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。 2018.11.12 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【質疑応答2】アジア杯前最後の2試合…森保一監督、テーマは“対応力” 五輪世代のA代表入りにも期待

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。 ▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、今回の2試合が違った試合になり、「対応力」が求められると主張した。また、自身のA代表での指揮が始まり、東京五輪世代に落とし込みたい部分も言及した。 ◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督) ──アジアカップを見据えた上で、今回重要になるテーマは 「アジアカップに向けて、今回初戦のベネズエラと2戦目のキルギスは、全く違う戦いになるのかなと思います。ベネズエラもキルギスも我々に対してどういう対策をとってくるかということは試合前なので分かりませんが、キルギスに関しては次のアジア大会を見据えた時にアジアでの戦いを想定できる試合ができるのかなと思います」 「ベネズエラ戦とキルギス戦、まだしっかり分析している訳ではないですが、まったく別の戦い方をしていかなくてはいけません。選手たちはこれまで非常にアグレッシブに、チームとしても個人としても自分たちの力を発揮してくれ、良いトライをしてくれたと思います。今回のキリンチャレンジカップの中で、アジアの戦い方とアジア以外の諸国との戦い方、違う戦いをしなくてはいけないということ、そして対応力が求められると思います」 「これまで通り選手たちにはアグレッシブにプレーして欲しいと思います。相手を崩していくために、相手に勝っていくために、どういう戦い方をしたら良いかを学べる、そしてアジアカップに向けて良いシミュレーションになると思っています」 ──A代表のメンバーは初招集のメンバーを除くとほぼ前回と同じメンバーになるが、その理由は 「全てが基本的にということですが、これまでキリンチャレンジカップで招集させてもらった選手を中心にアジアカップに臨んでいくということは考えています。ただ、まだ我々のチームに情報は吸い上げていますけど、招集していない選手はたくさんいます。その選手たちがアジアカップに入ってくるということも考えながらやっていきたいと思っています」 「選考していく中で、今回のキリンチャレンジカップの戦いは、このメンバー選考がベストだろうということで決めました。決めた結果、あまり変わらなかったということは今言われて気づきました(笑)」 ──A代表を指揮して、五輪世代に落とし込みたい部分は 「まずは全てのクオリティを上げるということが大切かなと思います。技術的なクオリティや判断の速さ、的確な判断をするというところをもっと上げていかなくてはいけないと思います。その技術を発揮するために、戦う球際の部分、インテンシティを上げていくというところ、これまで日本代表の監督をしてこられた方々が言ってきたインテンシティを高く持ってやっていくということ、デュエルの部分で強くやっていくということ、そこをベースとして持ちながら日本人の持っている技術を西野さん(西野朗前監督)が言われた通りに発揮していくということは、東京オリンピック世代の選手に全てを上げていくということに伝えていければと思います」 「そういった意味で、今回A代表のコーチとして9月、10月のキリンチャレンジカップを経験したコーチたちがまたUAEの遠征に行って、彼らに伝えていくということ、感覚的に伝えられるというのはすごく大きな経験をチームとしてもやれたと思います。より高いものを求めていけると思います。先ほども言いましたが、A代表を経験した選手がまたアンダー世代の活動に入っていくということ、そこでいろいろな部分を東京オリンピック世代の選手たちには刺激を受けて欲しいなと思います。A代表で経験した選手、伊藤達哉に関してはそこで経験したことをUAEの遠征で発揮してもらいたいと思います」 「U-21の活動に関しては、直近のアジア大会で準優勝することができました。そこは非常に自信を持ってほしいなと思います。ただ、自信が過信にならないようにもっともっと高めていくことを忘れずに、アンダー世代の代表で満足するのではなく、いつも言っているように東京オリンピック世代の選手たちは、A代表を目標にしながら、A代表で活動しながら東京オリンピックに関わっていくということへの強い気持ちを持ってもらいたいなと思っています」 「アジア大会の決勝で韓国に敗れてしまいましたが、非常に良い試合をしてくれました。今、彼らが持っている力を100パーセント出し切ってくれたかなと思います。ただ、韓国代表は素晴らしいチームでしたが、その戦いを最低限に持ってさらに高いものを目指して欲しいと思います。韓国代表との決勝でのインテンシティ、球際の戦い、粘り強く戦うというベースの部分を選手たちは見せてくれましたが、そこからどれだけ攻撃にできたかというところは満足できないものだったと思います。激しく厳しい戦いを東京オリンピックでは最低限6試合やって目標とするものが得られるので、そこのレベルアップの部分では厳しい気持ちを持って、UAEの遠征に臨んで欲しいなと思います」 2018.11.07 17:48 Wed
twitterfacebook
thumb

【質疑応答1】山中は「スペシャルなものを持っている」鈴木は「FWとして存在感」森保一監督、初招集2人を評価!

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。 ▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、初招集となった横浜F・マリノスのDF山中亮輔と鹿島アントラーズの鈴木優磨について言及した。 ◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督) ──A代表のコーチに斎藤俊秀氏と秋葉忠宏氏が入っているが、経緯や期待することは 「これからずっとこのような形になるかは分かりませんが、暫定ということでこの二つの活動をするにあたって、各世代のU-19、U-16を戦った影山ジャパンのコーチ、森山ジャパンのコーチにA代表の活動をサポートして頂ければと思っています。その活動の中で、我々がやっていることを各世代の代表のコーチたちに経験してもらうことで、影山ジャパンと森山ジャパンに戻った時にいろいろな部分で共通認識を持てればと思っています。全てのチームが同じにコピーしたようなチームではないと思いますが、どの世代の代表チームにも日本代表として誇りを持って戦えるように、日本人の良さを持って戦えるようにという思いを持ってやっていると思います。そういう意味で選手だけでなく、スタッフも共通認識をすることで各世代の融合ができればと思っています」 ──今回のメンバー同時発表で苦労したことは 「選手選考は毎回難しいと思っています。まず一つの代表チームを決めるだけでも、今回もフィールド20人、GKが3人ということで、もっと多くの候補の選手がいる中で絞り、チームの活動をしなくてはいけません。できればもっと多くの選手を呼んで活動することができればという思いは持っています。そこで日本代表を目指してくれている選手、日本代表の力になりたいと思ってくれている選手を招集できないということは、難しさという部分を感じています」 「A代表と東京オリンピック世代の融合を図るという意味でも、A代表の選手が年齢的にU-21でなければ下の方にスライドすることはできません。U-21の選手をどうやって上のA代表に引き上げるか、経験してもらうかというところは彼らの力を見つつ、どういう環境作りをしていければ良いかということも、兼任監督としてコーチも含めて何がベストなのかを考えてやっていく難しさはあると思います」 ──今回A代表でDF山中亮輔(横浜F・マリノス)とFW鈴木優磨(鹿島アントラーズ)を初招集したが、彼らに対する評価は 「クラブで継続して出場している、特長を発揮してくれている選手たちかなと思っています。鈴木優磨に関しては、鹿島で今ACL決勝を戦い、アジアのチャンピオンを目指す力のあるチームの中で、得点という結果を出していますし、前線の選手としてFWの選手として存在感を発揮してくれていると思い招集しました」 「山中については、マリノスで年間を通して継続して試合に出ていますし、良いパフォーマンスを出していると思い招集しました。ただ、パフォーマンスに波がある選手だと思いますが、特長、スペシャルなものを持っている選手だと思います。特に攻撃的なもの、左利きということを生かしたプレー、クロスや攻撃に絡むプレーは今回の代表招集につながった理由です」 「また、このグループの中で彼らがどういう力を発揮してくれるかというところを見たいと思っています。二人に関しては、初招集ですけどまずは思い切りプレーして、自分の個性を発揮して欲しいなと思っています」 2018.11.07 17:47 Wed
twitterfacebook
thumb

A代表と東京五輪世代がついに同時進行…森保一監督「全体の融合、レベルアップにつながる良い機会」

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。 ▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。今回の同時進行、そしてU-19アジア選手権を戦った選手、A代表を経験した選手が東京五オリンピックを目指すU-21日本代表に加わることで融合やレベルアップにつながることに期待を寄せた。 ◆森保一監督(日本代表兼U-21日本代表監督) 「今回A代表のキリンチャレンジカップとU-21日本代表のUAE遠征を同時に行います。私は、A代表で指揮を執り、U-21日本代表は横内昭展コーチに監督として指揮を執ってもらいたいと思います。同時に2つの活動を進めていくことになりますが、横内コーチとはこれまでも長く仕事をしてきていますし、意思疎通はとれていると思います。常に同じ絵を描きながら我々は進んできているというふうに思います。この2つの活動がこれからに向けて、成長につながる良い経験ができると思っています」 「A代表のキリンチャレンジカップについては、ベネズエラ戦とキルギス戦の2試合がありますが、これまで通りまずは勝ちにこだわっていくということ、チームとしての戦術浸透をさらに深めていく、また個々の力をより高めていけるように、そして初招集の選手の力をこのグループの中で見ていきたいと思っております」 「U-21日本代表の活動に関しては、私は直接行くことはできませんが、横内監督の指示すること、指揮することに関しては、全て私と同じだというふうに思っております。横内コーチが言っていることは、私が言っていることと同じだというふうに自信を持ってやっていただけると思います。選手にも同じ方向に向かっているということで、ベストを尽くしてもらいたいと思います」 「チームの活動としてこれまでA代表もアンダー世代の活動も融合というふうに考えています。今回A代表を経験した伊藤達哉(ハンブルガーSV)が、東京オリンピック世代のUAE遠征に加わります。そしてU-19アジア選手権で活躍した選手たちが、一つ上の東京オリンピック世代のチームに入って来てくれます。そこで各世代の融合を図りたいと思います。A代表を経験した選手がどういうことを経験したかということは、東京オリンピック世代の選手たちにも伝わると思いますし、そこで浸透を図っていければと思います」 「日本のサッカー界としてもU-19の世代、A代表と東京オリンピック世代がつながることによって全体の融合、レベルアップにつながる良い機会だと考えております」 2018.11.07 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

トップにつながる強化を…関塚隆技術委員長「U-16、U-19らの世代からサムライブルーへしっかりと強化を進めたい」

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーと、UAEでのドバイカップU-23に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦。U-21日本代表は、14日(水)にU-23ウズベキスタン代表と、17日(土)にU-23クウェート代表と、20日(火)にU-23UAE代表と対戦する。 ▽会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、両代表監督の森保一監督が出席。会見冒頭で関塚隆技術委員長は、世界への切符を掴んだU-16日本代表、U-19日本代表といった世代からA代表への強化につなげていくことに意気込んだ。 ◆関塚隆技術委員長(日本サッカー協会) 「いよいよ来週アジアカップに向けた最後の2試合が行われます。ベネズエラ、キルギスとの一戦に向けたメンバー発表ということで、ここまで森保新監督のもとチーム作りを進めて参りました。いよいよアジアカップという一つのトーナメントに向けたチーム作りをしっかりと協会としてもサポートしていきたいと思います」 「U-16、U-19の世代もアジアの最終予選を突破し、世界への切符を獲得することができました。こういう世代からサムライブルーへこれからもしっかりと強化を進めていきたいというふうに思っています。その中には、Jのクラブ、あるいは大学、高体連、中体連、いろいろな方々のサポートや支援があってのことだと思います。しっかりとまた前に進んでいきたいと思っています」 「今回、U-21の活動と同時に進めることになります。ここは、サムライブルー森保監督、U-21日本代表は横内昭展監督代行で進めていきたいと思います。皆様、どうぞよろしくお願いします。また、この2試合を特別協賛して頂いているキリンビール社、そしてキリンビバレッジさんにこの場を借りて感謝申し上げたいと思います。皆様にも今後ともご支援のほどよろしくお願いします」 2018.11.07 17:45 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース