神戸DF高橋峻希がイニエスタ欠場漏洩問題を公式謝罪 「自覚の甘さが招いた行為、弁解の余地はありません」2018.10.12 17:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸は12日、部外者に対して出場予定メンバー情報を漏洩しクラブから1カ月間の謹慎処分、Jリーグからけん責(始末書をとり、将来を戒める)を科されたDF高橋峻希(28)の謝罪コメントを掲載した。▽高橋は一連の問題を受け、以下のようなコメントを発表した。

「この度の私の軽率な行為により、Jリーグ、ヴィッセル神戸をはじめとする関係者の皆様、ならびにファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫び申しあげます。選手として、社会人としての自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません」

「今後は、二度と同様の行為を繰り返さないよう選手として、一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります。失った信頼を回復できるよう日々務めていきますので、これからもよろしくお願いいたします」

「改めまして、この度は、誠に申し訳ございませんでした」

▽今回の問題は9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節、浦和レッズ戦のメンバー発表前に、高橋が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道があり、その後クラブは本人への聞き取り調査、外部弁護士による調査を依頼し実施。

▽その後、外部弁護士による調査により、高橋が当日の試合を観戦することを予定していた知人から『LINE』を経由して、MFアンドレス・イニエスタの出場の有無について問われたところ、高橋は同じく『LINE』を経由してイニエスタの欠場を明らかにした事実が確認された。

▽これを受けて、クラブは高橋の当該行為が「日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断。

▽高橋に対して、9月24日から10月23日までの1カ月間の謹慎処分を科すことを決定した。

▽また、Jリーグは12日、神戸による処分発表後、高橋に対してけん責処分を科したことを発表した。この処分理由に関してJリーグは以下のように説明していた。

「高橋選手の行為はJリーグ規約違反となる軽率な行為であることは免れない。一方で、既に、クラブによる同選手への処分は一ヶ月の謹慎となっていることから、同選手個人への制裁はほぼその目的を達している。従って、Jリーグとしては、けん責の処分をするにとどめる。なお、これまでチーム内にてSNSへの注意喚起を実施してきた事から、クラブには制裁は科さないものとする」
コメント
関連ニュース
thumb

【2019 超WS編集部J1順位予想④】神戸の“VIP”がJ席巻の予感…監督の思考を再現できるかが浮沈のカギ

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。 “蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190222_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 1位:ヴィッセル神戸 今季から元スペイン代表FWダビド・ビジャを加え、世界王者の“トリデンテ”を形成。フアン・マヌエル・リージョ監督の戦い方が浸透し、補強に見合った結果を残す 2位:川崎フロンターレ ゼロックス・スーパーカップで新助っ人FWレアンドロ・ダミアンが一発回答。新たな攻撃オプションを手にするも、アジアとの両輪が足枷になり3連覇はならないか 3位:名古屋グランパス 昨季得点王のFWジョーに加え、大宮アルディージャからアタッカーMFマテウスを補強。攻撃陣がより強固となり、風間八宏監督の下、アタッキングフットボールが完成か。問題は守備陣の出来 4位:浦和レッズ オズワルド・オリヴェイラ監督がスタートから指揮を執る今季。ゼロックス・スーパカップでは川崎Fの前に敗れるも、補強の充実度はリーグ随一。アジアとの両立が上手くいくかどうかがカギ 5位:ガンバ大阪 アジアの戦いもなく、リーグ戦に集中できることが大きなアドバンテージに。宮本恒靖監督の下で巻き返した昨季後半の戦いがスタートから出せれば、さらなる上も見えてくる 6位:鹿島アントラーズ AFCチャンピオンズリーグのプレーオフで結果を残し、アジア連覇への準備は整った。リーグ奪還に関しては、後方の選手層に大きな不安を抱える。既存選手の成長とタイトル獲得の両立はやや難しいミッションか… 7位:セレッソ大阪 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎えたものの、主力選手がチームを去った。チームとしての完成度を高めることが上位進出へのキーポイントとなる。ロティーナ・サッカーをいつ体得できるか 8位:清水エスパルス ヤン・ヨンソン体制2年目の今季は適材適所の補強。昨季終盤の戦いぶりを継続できるかどうかが順位を大きく左右するだろう。日本代表で揉まれたFW北川航也の活躍もカギ。FWドウグラスの去就次第では… 9位:北海道コンサドーレ札幌 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下で上位進出を目指す札幌は充実の補強。しかし、前線の陣容が一新されたことが完成度に影響の可能性。FW鈴木武蔵、FWアンデルソン・ロペス、FW岩崎悠人がどこまで早くフィットするか 10位:横浜F・マリノス アンジェ・ポステコグルー監督がチーム変革を初めて1年。今シーズンもスタイル継続は約束されている。攻撃のキーマンが複数退団したことがどう影響するのか。新加入選手の働き次第ではACL出場の可能性も秘めている 11位:サガン鳥栖 ルイス・カレーラス監督を迎えた鳥栖は、FWフェルナンド・トーレスを最大限に活かすべくMFイサック・クエンカを獲得。プレシーズンでも良い関係を見せており、クエンカの働きがカギ。気になるのは守備陣の整備か 12位:FC東京 昨季は6位でフィニッシュも、FWディエゴ・オリヴェイラの活躍に成績が左右された印象。中盤から前線にかけては若手選手を補強したものの、新戦力がどこまでの働きを見せるかが未知数だ。長谷川健太監督の手堅く勝てるサッカーができれば上位進出も考えられる 13位:サンフレッチェ広島 昨季はシーズン後半に大失速したものの2位フィニッシュの広島。選手の入れ替えを行なったが、正直なところ計算が立たない状況でもある。また、開幕を前にケガ人も多く、チームとしてベストな状態にいかに早くなれるかが重要 14位:ベガルタ仙台 渡邉晋監督が6年目を迎える仙台だが、昨季の中心選手が揃って退団。その穴を埋める選手を手堅く獲得したものの、大きな上積みはできていない印象だ。天皇杯決勝まで進んだチームをベースに、いかにブラッシュアップできるのか。攻撃陣が不発に終われば下位に低迷する可能性 15位:大分トリニータ J3にまで転落した大分がJ1へ復帰。片野坂知宏監督の下、一丸となって戦うチーム力はJ2屈指だった。昨季の主力が残留し、J2で結果を残した選手を補強。爆発力ある攻撃陣がJ1でどこまで通用するかが残留へのカギとなる 16位:湘南ベルマーレ 昨季はYBCルヴァンカップのタイトルを獲得も、最後まで残留争いをした湘南。今季も例年のごとく多くの選手が入れ替わり、一からチーム作りをする状況に。それでも、曺貴裁監督のサッカーを知る選手も加わっており、残留争いを勝ち抜く可能性は大きい 17位:ジュビロ磐田 昨季はシーズンを通して勝ちきれない試合が多く入れ替え戦に。なんとか残留を果たしたが、選手補強は4名と異例の状況で新シーズンを迎える。昨季のケガ人の復帰が大きな補強となればいいが、名波浩監督がどこまでマネジメントできるか。歯車が噛み合わなければ自動降格もあり得るだろう 18位:松本山雅FC 昨季のJ2王者である松本が2度目のJ1に挑む今季。反町康治監督が8年目の指揮を執るチームは、選手こそ大きく入れ替わるも体現するサッカーは変わらない。J2では攻守でしっかりと数字を残したが、J1の舞台でも再現できるのか。J1経験の少なさが気になるポイント 2019.02.22 12:03 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】“山口蛍帰還”の関西ダービーで27年目のJリーグ開幕!《C大阪vs神戸》

22日、いよいよ27年目のJリーグが幕を開ける。昨年に引き続き“金夜”開催となる注目のオープニングゲームはセレッソ大阪vsヴィッセル神戸。開幕ゲームをモノにする関西拠点のクラブは果たして…。 ◆ロティーナ・セレッソの輪郭は〜セレッソ大阪〜 2年にわたる尹晶煥体制に終止符を打ったC大阪。今シーズンから昨年まで2年間にわたり、東京Vを率いたロティーナ監督が指揮を執る。今オフに主力流失が相次いだが、奥埜や藤田、都倉ら実力者を獲得。C大阪に新たな風を吹き込む新戦力として大いに期待がかかる。そのロティーナ・セレッソはプレシーズン中、4バックや3バックを試運転。現時点で面子も完全に定まっていない。初の公式戦となるこの開幕戦で輪郭が見えてくるだろう。 ◆いざ初の頂へ〜ヴィッセル神戸〜 対する神戸はリージョ体制2年目。ただ、昨年途中に就任したリージョ監督にとって、開幕から初めてチームを指揮を執るシーズンとなる。その今冬も大型補強。チームとして“3人目の世界的ビッグスター”ビジャを新たに引き入れたほか、西や初瀬、山口といった実力者の獲得に成功した。基本布陣は[4-3-3]が濃厚。神戸にとって、今年はイニエスタの能力を最大限に生かした“バルセロナ化”をより推し進め、初の頂を目指す戦いとなる。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆セレッソ大阪[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:奥埜博亮、藤田直之、水沼宏太、ソウザ、田中亜土夢 FW:柿谷曜一朗 監督:・ミゲル・アンヘル・ロティーナ<hr>開幕ゲームの布陣は柿谷を1トップに配する[4-2-3-1]か。新たなゴールゲッターとして期待がかかる都倉は17日のプレシーズンマッチで初実践の清武と共にベンチスタートになる様相だ。 ◆ヴィッセル神戸[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:前川黛也 DF:西大伍、大崎玲央、那須大亮、初瀬亮 MF:山口蛍、三田啓貴、アンドレス・イニエスタ FW:ルーカス・ポドルスキ、ビジャ、田中順也 監督:フアン・マヌエル・リージョ<hr>年俸総額約40億円とされる世界的“VIPトリオ”の先発揃い踏みが濃厚。攻撃の軸であるイニエスタの負担を減らすため、三田と田中をハードワーカー役として起用する可能性が高まっている。 【注目選手】 ◆FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>C大阪の注目プレーヤーはシンボルプレーヤーである柿谷だ。昨年はわずか4ゴール。同年夏に宿敵G大阪への移籍話も浮上するなど、チームの不和も強めた。今年は山口や杉本、山村らが去り、クラブの顔として認知される柿谷はより責任が重くのしかかるシーズンとなる。昨年のような低調ぶりは許されない。まずは開幕戦で結果にこだわりたい。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190222_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>神戸の注目選手は、早くも古巣戦となる山口だ。2016年夏にチームの力添えを受け、C大阪に復帰。尹晶煥体制下でクラブ史上初のタイトルを獲得するなど、一時代を築いた。だが、今オフに愛着のあるC大阪を飛び出して同じく関西の神戸移籍を決断。縁めいた古巣本拠で神戸の一員としてプレーで何を示せるか。“新たなチャレンジ”の一步に注目だ。 ◆スペイン人指揮官対決 驚きの神戸移籍で注目を集めた山口の古巣初凱旋試合として話題を呼ぶ開幕戦だが、スペイン人指揮官対決も見どころの1つとなる。両者は共にスペインのバスク州出身で、過去にリーガエスパニューラを舞台に対戦経験もある間柄。それぞれ戦術家としても知られ、テクニカルエリアからの指揮からも目が離せない。明治安田生命J1リーグ第1節のオープニングマッチとなる関西ダービーはヤンマースタジアム長居で19時半キックオフだ。 2019.02.22 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸に新たな外国人が…ポルトガル・ヴィトーリアがブラジル人DFダンクレールの移籍を発表

ポルトガルのヴィトーリアは16日、ブラジル人DFダンクレール(27)がヴィッセル神戸へと移籍することを発表した。 ヴィトーリアの発表によると、センターバックを務めるダンクレールに対し、神戸からオファーがあったものの、一度はそのオファーを拒否したとのこと。しかし、神戸が、ダンクレールの契約解除条項を満たすオファーを出したため、承諾する必要があったと説明している。 ダンクレールは、ブラジルのヴィトーリアやボタフォゴ、ジョウインヴィレでプレー。その後、ポルトガルのエストリル、フランスのRCランスでプレーし、2018年8月にヴィトーリアへと加入。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで17試合に出場していた。 神戸にはDF那須大亮、DF渡部博文、DF宮大樹、DF大崎玲央、DF小林友希とセンターバックが所属。ダンクラーが加入となれば、再び競争が激しくなる。 [写真はボタフォゴ時代(2014年)] 2019.02.17 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸MFウエスクレイが昨季期限付き加入のセアラーに完全移籍「神戸は今年大きな成功をおさめるでしょう」

ヴィッセル神戸は16日、ブラジル人MFウエスクレイ(27)がセアラーSC(ブラジル)に完全移籍することを発表した。 ドリブラーのウエスクレイは、2017年にセアラから神戸に加入。初年度は明治安田生命J1リーグ13試合、Jリーグカップ4試合、天皇杯2試合に出場した。しかし、昨シーズンも期限付き移籍加入でセアラーでプレーしており、そのまま母国に腰を据えることとなった。 ウエスウレイは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MFウエスクレイ 「短い期間でしたが、神戸で過ごした時間は特別な時間でした。いつも応援して下さった、サポーターの皆様、本当に感謝しております。再来日する事が決まった時から、多くのメッセージを受け取りました。皆様に会えなくなる事は、心残りではありますが、新たな挑戦へ進んでまいります」 「ヴィッセル神戸は、今年大きな成功をおさめるでしょう。遠く離れた場所からになりますが、皆様と一緒に神戸サポーターとして、これからも神戸を応援してまいります。本当にありがとうございました、またいつか何処かでお会いしましょう」 2019.02.16 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】大型補強でバルサ化に期待 一抹の不安をどう払しょくするか《ヴィッセル神戸》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第15弾はヴィッセル神戸を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆ビジャら大型補強で豪華さ増すも…</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_vissel_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「バルサ化」を宣言し、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得を目標に掲げた2018シーズンの神戸だったが、残留争いに巻き込まれる期待外れのシーズンを送った。前年途中から指揮を執った吉田孝行監督の下、継続路線でシーズンをスタートするも、ゲームを支配するスタイルの構築に苦戦。バルセロナの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが夏に加入したが、パスサッカーの権化と評されるスペイン人指揮官のファン・マヌエル・リージョ新監督が就任するまで形を見いだせず、10位で自力残留を決めるという最低限の結果で締めくくった。 今シーズンの目標は、引き続き「ACL出場権獲得」。そこに向けて今オフも再び大きく動いた。最注目は、ニューヨーク・シティから加入したダビド・ビジャ。クラブだけでなく、代表歴代最多得点を誇るスペイン代表でも数多くのタイトルを獲得してきたゴールゲッターだ。タイミングの良い動き出しと卓越したゴールセンス、周囲を生かすこともできるプレースタイルは、神戸の掲げるポゼッションサッカーにとっても、うってつけ。バルセロナ時代の元同僚であるアンドレス・イニエスタからのパスを神戸でも引き出すことができれば、今シーズンの大きな武器になる。 また、日本屈指のボランチである日本代表MF山口蛍も獲得。リージョ監督のアンカー起用で復活を匂わせていたDF伊野波雅彦や主力を担ったMF藤田直之が退団したことは痛手だが、その穴を埋めるのに十分な経験と素質は兼ね備えている。さらに、元日本代表DF西大伍と五輪世代期待のDF初瀬亮の両サイドバックも獲得。両選手ともにサイドで攻撃の起点になることができ、リージョ監督のパスサッカーを体現するに相応しい選手を獲得した。 国内外から実績十分の実力者を加えたことで、その豪華さは増した。しかし、守備面では課題も残した。DFアフメド・ヤセルが退団し、層が薄くなったCBに目立った補強はない。リージョ就任以降も定位置を確保し続けたのは、DF大崎玲央のみと絶対的な主力が不在。攻撃面は胸躍る一方、守備面は心細い陣容に。攻守のバランスは気になるところだ。 従って、今シーズンはリージョ監督の戦術浸透やアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャらを擁する強力な攻撃陣のけん引によってどれだけ守備面をカバーできるかが一つのキーになる。しかし、今年でアンドレス・イニエスタは35歳、ルーカス・ポドルスキは34歳、ダビド・ビジャは38歳。昨シーズンを見ても、アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキを負傷で欠いた時期があった。チームとしてJリーグ史上最高とも言える助っ人トリオを中心としたチーム作りをしているだけに、彼らがフルシーズン戦えるかどうかも重要になってくる。そうした細かなエクスキューズを最小限にとどめることができれば、上位争いを繰り広げる可能性は多いに秘めている。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_vissel_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 【IN】 GK伊藤元太(18)←松山工業高校/新加入 DF小林友希(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格 DF初瀬亮(21)←ガンバ大阪/完全 DF西大伍(31)←鹿島アントラーズ/完全 MF山口蛍(28)←セレッソ大阪/完全 MF中坂勇哉(21)←ペララーダ(スペイン)/復帰 MFウエスクレイ(27)←セアラ(ブラジル)/復帰 FWダビド・ビジャ(37)←ニューヨーク・シティ(アメリカ)/完全 FW小川慶治朗(26)←湘南ベルマーレ/復帰 【OUT】 DF北本久仁衛(37)→シモークFC(タイ)/完全 DF高橋峻希(28)→柏レイソル/完全 DF伊野波雅彦(33)→退団 DFアフメド・ヤセル(24)→アル・ドゥハイル(カタール)/期限付き満了 DFティーラトン(29)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き満了 DF山口真司(22)→AC長野パルセイロ/完全 DF東隼也(21)→福島ユナイテッド/完全 MF松下佳貴(24)→ベガルタ仙台/完全 MF藤田直之(31)→セレッソ大阪/完全 MF小林成豪(25)→大分トリニータ/完全 MF野田樹(20)→カターレ富山/期限付き延長 MF前田凌佑(24)→大分トリニータ/完全 FW大槻周平(29)→モンテディオ山形/完全 FW長沢駿(30)→ガンバ大阪/期限付き満了 FWハーフナー・マイク→バンコク・ユナイテッド(タイ)/期限付き FW向井章人→FC今治/期限付き延長 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MFアンドレス・イニエスタ(34)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_vissel_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>新加入のダビド・ビジャや山口蛍など注目選手が多数いる中、初めてフルシーズンを戦うアンドレス・イニエスタに注目したい。昨夏に加入した司令塔のJリーグ初年度は、14試合3ゴール3アシストを記録。華麗なゴールやアシストに加え、繊細なボールタッチや類まれなゲームコントロール力は、世界のトップに昇りつめた所以を示した。 しかし、自身は「去年は適応の時間が必要だった」と語る。昨シーズンは途中加入ながらケガで離脱したこともあり、フルで戦うことがチームのバランスを保つ上でも重要だ。 今シーズンは新たにクラブと代表で共に世界一を手にしたダビド・ビジャも加入。自身を知り尽くす頼もしい盟友とのコンビで相手守備陣を切り裂けるか。「今年はベストのバージョンを見せて、チームの優勝に貢献できれば」と本領発揮を誓うアンドレス・イニエスタがどれほどの輝きを見せられるかが、神戸の躍進のカギとなるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> MF郷家友太(19)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_vissel_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>DF藤谷壮、初瀬、MF中坂勇哉と多くの東京五輪世代を抱える神戸だが、19歳のMF郷家友太の成長に期待だ。 昨シーズンに青森山田から加入した郷家は、ルーキーイヤーながらリーグ戦22試合に出場。リージョ監督就任以降は、メンバーから外れることも増えたが、明治安田生命J1リーグ最終節のベガルタ仙台戦ではフル出場を果たし、勝利を大きく手繰り寄せるゴールも記録した。 プロ2年目を迎える今シーズンはより数字が求められる1年になる。森保一監督率いるU-21日本代表にはまだ一度も招集されたことがない。まずはクラブで定位置を確保し、今年5月から開催されるU-20ワールドカップで結果を残すことで、東京五輪出場の座を争う位置まで食い込みたい。 2019.02.15 18:15 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース