超ワールドサッカー

神戸DF高橋峻希がイニエスタ欠場漏洩問題を公式謝罪 「自覚の甘さが招いた行為、弁解の余地はありません」2018.10.12 17:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸は12日、部外者に対して出場予定メンバー情報を漏洩しクラブから1カ月間の謹慎処分、Jリーグからけん責(始末書をとり、将来を戒める)を科されたDF高橋峻希(28)の謝罪コメントを掲載した。▽高橋は一連の問題を受け、以下のようなコメントを発表した。

「この度の私の軽率な行為により、Jリーグ、ヴィッセル神戸をはじめとする関係者の皆様、ならびにファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫び申しあげます。選手として、社会人としての自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません」

「今後は、二度と同様の行為を繰り返さないよう選手として、一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります。失った信頼を回復できるよう日々務めていきますので、これからもよろしくお願いいたします」

「改めまして、この度は、誠に申し訳ございませんでした」

▽今回の問題は9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節、浦和レッズ戦のメンバー発表前に、高橋が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道があり、その後クラブは本人への聞き取り調査、外部弁護士による調査を依頼し実施。

▽その後、外部弁護士による調査により、高橋が当日の試合を観戦することを予定していた知人から『LINE』を経由して、MFアンドレス・イニエスタの出場の有無について問われたところ、高橋は同じく『LINE』を経由してイニエスタの欠場を明らかにした事実が確認された。

▽これを受けて、クラブは高橋の当該行為が「日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断。

▽高橋に対して、9月24日から10月23日までの1カ月間の謹慎処分を科すことを決定した。

▽また、Jリーグは12日、神戸による処分発表後、高橋に対してけん責処分を科したことを発表した。この処分理由に関してJリーグは以下のように説明していた。

「高橋選手の行為はJリーグ規約違反となる軽率な行為であることは免れない。一方で、既に、クラブによる同選手への処分は一ヶ月の謹慎となっていることから、同選手個人への制裁はほぼその目的を達している。従って、Jリーグとしては、けん責の処分をするにとどめる。なお、これまでチーム内にてSNSへの注意喚起を実施してきた事から、クラブには制裁は科さないものとする」

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタが語るJリーグの「良い驚き」と難しさ「一つのリズムでプレーするから…」

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタが、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組&rdquo;プラネタ・カジェハ&rdquo;でインタビューに応じた。<br><br>現在神戸は、勝ち点41で12位に位置。残り2試合の結果次第では、16位転落の可能性もあるなど、今季は残留争いに巻き込まれている。バルセロナで常にリーガ優勝を争ってきたイニエスタにとっては初の経験だが、慣れない経験に戸惑う部分もあるようだ。<br><br>「これだけ敗戦を重ねるのは、(プロデビュー以降の)15年間で一度も経験したことがない。うん、絶対なかった。悪い時期を過ごしたことはあったけれど&hellip;&hellip;。もちろん、心は痛む。負けることに慣れる? いや、慣れない。慣れないよ(苦笑)」<br><br>そして、Jリーグには「良い意味での驚き」があったとも語っている。<br><br>「良い意味で驚いたのはレベル、各チームのレベルだね。首位から最下位の勝ち点差が20とか、多くても25なんだよ。スペインだったら首位と5位で勝ち点20差だったりするのに。ここは対等なんだよ」<br><br>「(Jリーグと欧州リーグの質は同じ?)ノー、ノーだね。ここのフットボールは止まるといったことがない。勝っていようが負けていようが一つのリズムでプレーする。ポーズを置くチームはわずかだ。ずっと攻撃し続ける? うん、試合をコントロールすることが難しい。ここに来た目的の一つは、フットボールのアイデアを伝えることで、そういったプロジェクトもあるけれど」<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸指揮官リージョが語るJリーグの問題とは?「ショウガナイ」という表現があるが…

ヴィッセル神戸のフアン・マヌエル・リージョ監督が、スペインのテレビ局『クアトロ』の番組『プラネタ・カジェハ』でインタビューに応じた。<br><br>今年の9月半ばに神戸指揮官に就任したリージョ。ジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が師と仰ぐ53歳の知将は、日本の地で自身の哲学を浸透させるべく日々仕事を続けている。<br><br>そんなリージョ監督が、『クアトロ』の番組に登場。冒険家であり登山家である同番組の司会者ヘスス・カジェハ氏が神戸を訪れ、同指揮官にインタビューを行った。<br><br>現在指導をするMFアンドレス・イニエスタについて問われると、「アンドレスは私がここに来た大きな理由の一つだ」とし、元スペイン代表を絶賛している。<br><br>「アンドレスはここのプレーを象徴する選手だ。彼のプレーの解釈はすさまじい。さまざまなスペースでプレーできる選手などほかに誰も存在しない。彼はすべてのスペースでプレーできるんだ。彼はすべてを包括するスペシャリストなんだよ」<br><br>また、選手とのコミュニケーションにも言及。「言葉(通訳)には大きな問題がある。一人を介するだけならいいが、例えば、ルーカス(・ポドルスキ)と話すときは、スペイン語から日本語、日本語からドイツ語にしなくてはいけない。タイ人とも韓国人とも同じだ。組織づくりを何周もしないといけない」と明かし、言語の問題に苦労していると語った。<br><br>そして、Jリーグの特徴について以下のように語った。<br><br>「日本のフットボールは、ピッチ前方の半分は欧州レベルにも耐え得るが、後方のもう半分は違う。ペナルティーエリアで点取り屋に耐え切ることができない」<br><br>「エリア内の仕事が足りていないんだ。エリア内では意志の強さが必要だが、ここの選手たちにはそれが不足している。ここには『ショウガナイ』という表現がある。それはよくできた表現だと思うが、まるで『負けても大事ではない』と言っているようだ。しかし敗戦は適切な場所に置かなくてはならない。敗戦は実際的な問題と関連付いているからだ」<br /><br />「フットボールをエンターテインメントに導くのは、それで素晴らしいと思う。しかし私たちは人の命を救うわけでもないし、実際に功績となることを行っているわけではないんだよ」<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

注目のイニエスタvsF・トーレスは痛み分け…神戸とゴールレスの鳥栖が名古屋かわし15位浮上! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節のヴィッセル神戸vsサガン鳥栖が10日、ノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽11位神戸(勝ち点40)は、2-1で勝利した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを1人変更。三原に代えて、藤谷を起用した。 ▽4戦白星がない16位鳥栖(勝ち点36)は、1-0で勝利した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを1人変更。趙東建に代わり、金崎が先発に名を連ねた。 ▽イニエスタとフェルナンド・トーレスの元スペイン代表同士が、初めて日本で相見えた一戦。試合序盤は神戸がボールを保持しボックス前まで持ち運んだが、決定的なチャンスを作るには至らない。 ▽優勢ながらもなかなかチャンスを作れない神戸は30分、敵陣中央で三田からのパスを受けたイニエスタがポドルスキとのワンツーからゴールを狙う。しかし、枠を右に外れ得点とはできず。 ▽37分、神戸がボックス左でFKを獲得。キッカーの藤田がサインプレーでファーサイドのポドルスキにクロスを供給。しかし、フリーでポドルスキが放った左足の強烈なボレーシュートも鳥栖DFにブロックされてしまう。 ▽試合は、枠内シュートは神戸1本に対し、鳥栖は1本も打てず。決定機を欠いた試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽ボールを保持する時間が多い神戸は63分、ボックス手前左のイニエスタがボックス左の三田にパスを送る。すると、三田が落としポドルスキがシュートを放ったが、ポストに嫌われた。 ▽ヒヤッとした鳥栖は直後に反撃に出る。65分、ハーフウェイライン付近から高橋秀人がボックス中央左の小野にロングフィードを供給。小野がヘディングでパスを繋ぎ最後は金崎がボックス中央手前から狙ったが、シュートはゴール右に外れていく。 ▽85分、またしても鳥栖にチャンスが訪れる。ボックス中央手前でボールを受けた途中出場の田川がボックス手前右に走り込んできた小林にパス。小林がクロスを入れるとファーサイドの小野が反応する。しかし、シュートはミートできず、土壇場の先制弾にはできない。 ▽後半もアディショナルタイムに突入した94分、神戸は最後のチャンスを得る。いつ笛が鳴ってもおかしくないこの時間に、ボックス手前中央でボールを持ったのはイニエスタ。しかし、左足で狙ったシュートは枠には飛ばず、このまま0-0で試合は終了した。 ▽この結果、神戸は連勝を逃し勝ち点41で12位に転落。一方の鳥栖(勝ち点37/-6)はリーグ3試合負けなしとし、名古屋グランパス(勝ち点37/-8)を抜き15位の残留圏内に浮上した。 2018.11.10 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸MFイニエスタが語るJリーグの印象は?! スペインでのあの解任劇にも言及

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、レアル・マドリーを解任されたフレン・ロペテギ前監督について、そしてJリーグについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)直前にレアル・マドリーへ引き抜かれ、スペイン代表指揮官の座を追われたロペテギ監督。さらに、今シーズンから采配を振るったマドリーでも成績不振に陥り、先月29日に解任された。 ▽ロペテギ監督下のスペイン代表でも重要な役割を担ったイニエスタは、元指揮官へメッセージを送ったことを明かしている。 「僕と(フレン・)ロペテギは良好な関係で、彼はいつも僕を信頼してくれた」 「ナショナルチームでの彼は僕を上手く扱ってくれて、自分が重要な存在なんだと常に感じさせてくれたよ」 「ワールドカップで起こったようなことを起こしたくはなかった。彼が解任された時にはメッセージを送ったよ」 ▽また、イニエスタは今年の夏にバルセロナを退団して神戸に加入。明治安田生命J1リーグのレベルに驚いたとコメントしている。 「日本のリーグのフィジカリーな要求やテクニックのレベルの高さには驚かされたよ」 「競争を保ちたいと思ったし、僕は日本のリーグでそうすることができる」 2018.11.07 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタの極上アシストにスペインメディアも興奮!「魔法を生み出し続けている」

スペイン最大手紙『マルカ』が、ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタの活躍を伝えている。<br><br>3日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節で、名古屋グランパスと対戦した神戸。開始10分でルーカス・ポドルスキが先制点を奪うと、一時同点に追いつかれたが、終盤に再びポドルスキがネットを揺らし、2-1で勝利を挙げた。<br><br>この試合の先制点は、イニエスタから生まれたものだった。バイタルエリアでボールを受けた背番号8は、相手守備陣の意表を突く浮き球パスを供給。これにきっちりと反応したポドルスキが、ジャンピングボレーでゴールに突き刺している。<br><br>『マルカ』は、「イニエスタは日本で魔法を生み出し続けている」と題し、元バルセロナMFの活躍を伝えている。<br><br>「神戸対名古屋戦で、アンドレス・イニエスタはルーカス・ポドルスキに抜群のアシストを提供した」<br><br>また、「フアンマ・リージョが5試合前にチームを引き継いで以降、初勝利を飾った」と、途中就任のスペイン人指揮官にも言及している。<br><br>8月22日の天皇杯4回戦・サガン鳥栖戦(0-3)以降、8試合勝利から見放されていた神戸。久しぶりの勝利で、11位に浮上している。<br><br>提供:goal.com 2018.11.04 13:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース